Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

Dolphins Daily News 7.27―トレーニングキャンプ明日開始

トレーニングキャンプがいよいよ明日、開始されます。

ドルフィンズはその直前にロースターの変更を行ったんですが、LBコア・ミーシーが正式に故障者リストに登録されています。これによりミーシーは今シーズン全休が確定したんですが、ある情報によるとNFLからの引退を決断したようです。明日チームに引退の意向を伝えるということです。

なお、ミーシーが使えなくなってLBの選手が少なくなるんですが、ドルフィンズはすぐに代わりのLB獲得に動くことはないようで、当面は現有の戦力で様子を見るようです。

それと同時にSレシャッド・ジョーンズがフットボール以外の怪我のためにキャンプのスタートを欠場することも発表されました。これはサプライズだったようですが、どの程度の怪我でどのぐらい長引くのか心配されるところです。これまでのチーム練習などで怪我の報道はなかっただけに、大したことがなければいいんですが。

その一方で、臀部の怪我で心配されたCマイク・パウンシーについてはキャンプを欠場することはなさそうで、初日から練習に参加するようです。ただし、練習の内容は大事を取って制限されるかもしれませんね。しかしパウンシーがキャンプ初日から練習できるというのは朗報です。



Dolphins Daily News 7.26―LBミーシーが故障者リスト入り

LBコア・ミーシーが故障者リスト入りすることが決定しました。これでミーシーは今シーズンのプレー復帰は事実上なくなったとみられています。

昨日、首の怪我の回復が思わしくないためにトレーニングキャンプを欠場する見込みだと報じれれていましたが、それより重いシーズン全休となってしまいました。

解雇が噂されていたミーシーは3月に契約内容を見直して復帰に向けてドルフィンズに残留しましたが、これで今後ドルフィンズでプレーすることは絶望的になりました。というよりは、NFLでプレーすることもできない可能性が高くなっています。

このまま引退かとも言われていますが、ミーシーの代理人はそれを否定しています。しかし、ミーシーは今シーズン終了後FAとなりますが、ドルフィンズが再契約することはほぼありえないでしょうし、といって他チームが興味を示すとも思えませんので、そのまま引退する可能性は高いでしょう。

今思えば3月に解雇しておけばよかったのではないかと思いますが、いろいろと事情があったんでしょうか。


ミーシーの故障者リスト入りによりロースターの枠が空きましたが、その代わりにベテランCBアルテラウン・バーナーという選手と契約しています。

ドルフィンズはバーナーとトニー・カーターという2人のCBの選手をテストしていたんですが、そのうちバーナーを選びました。バーナーはスロットCBのポジションをボビー・マッケインやマイケル・トーマスと争うとみられています。

28歳のバーナーは2010年ドラフト4巡目指名でテネシータイタンズに入団し、2014年にはFAでタンパベイバッカニアーズに異性しています。ベストシーズンは2013年で、16試合すべてに先発出場してリーグトップの22パスディフェンスと5つのインターセプトを記録しプロボウルにも選出されています。

しかし2015年から控えに降格し、今年の2月に解雇されています。金銭的な理由からだと思われますが、バッカニアーズとの長期契約により気が緩んだんでしょうか、プレーの質も落ちてきていたと思われます。

ドルフィンズで最終ロースターに残れるかどうかはわかりませんが、実績と経験があり7年のキャリアでわずか2試合しか欠場していないという怪我の少なさもプラスになるかもしれません。CBのポジションの競争が一層激しくなりましたね。



Dolphins Daily News 7.25―LBミーシーは練習できる状態でない

ベテランLBコア・ミーシーがトレーニングキャンプを欠場することが濃厚になっています。

ミーシーは昨シーズン、首を痛めてわずか3試合しか出場できませんでした。一時はNFLでのプレーは無理かと思われ、解雇されるのではないかと思われていました。

しかし、回復する可能性があるということで、ドルフィンズはミーシーとの契約を見直してチームに残留させることを決めました。それほどまでにミーシーを残したかった理由は、ミーシーがランに対するディフェンスに長けていたからです。

ただ、いくらランディフェンスがいいからと言ってプロボウルレベルではなく、しかも今年30歳になるミーシーを残したかった背景には、ランディフェンスを少しでも向上させたいということがあったと思います。

当初はミーシーとドラフト2巡目指名の新人レークワン・マクミランが先発LBのポジションを争うと思われていましたが、ミーシーはチーム練習を全休しており、さらにトレーニングキャンプ開始直前となっても身体的に準備ができていない状態にあります。

ミーシーの復帰がいつになるのか、あるいは使えなくて解雇されるということもあるかもしれませんが、いずれにしてもトレーニングキャンプでポジション争いをする予定だったマクミランにとっては先発の座を勝ち取る大きなチャンスと言えます。このチャンスを活かしてもらいたいですね。




Dolphins Daily News 7.22―新人2人が怪我で出遅れ

少なくとも2人の新人選手がトレーニングキャンプのスタートが遅れることが報じられています。RBデベオン・スミスとOTエリック・スミスが怪我のためにリザーブリストに登録されたということです。

2人のスミスはいずれもドラフト外でドルフィンズに入団しました。デベオンはミシガン大学で2235ヤードを走って22TDを記録しています。またエリックはバージニア大学ではRTとしてプレーし、2014〜16年はすべての試合に出場しています。

なお、ふたりは怪我がよくなればチームに復帰して練習にも参加できるということです。


Dolphins Daily News 7.21―ベテランDTをテスト

トレーニングキャンプが1週間後に迫ってきましたが、ドルフィンズが今週、ベテランDTの選手をテストしたというニュースが報じられています。

ロイ・ミラーという選手で、今年の3月にジャクソンビルジャガーズを解雇されて、現在FAとなっています。今年30歳となったミラーは昨シーズンはアキレス腱を痛めて故障者リスト入りし、わずか6試合の出場に止まっていました。

もともとは2009年のドラフト3巡目指名でタンパベイバッカニアーズに入団しています。バッカニアーズで4年間プレーした後、2013年にジャガーズに移籍しました。通算成績は244タックル、8.0QBサックで、NFLでは平均的なDTの選手だったんでしょうか、プロボウルには選出されていません。

ミラーにとっては、もしドルフィンズと契約するということになれば、フロリダ州を本拠地にする3チームすべてでプレーする可能性がありますが、果たしてどうなるでしょうか。怪我の回復具合が気になりますが、ミラー本人は健康状態は問題ないと言っているようです。

しかし、キャンプを前にしたこの時期にベテランDTをテストするということは、DTのポジションに不安があるということでしょう。先発が予定されているダムコン・スーとジョーダン・フィリップスの他は新人選手2人を含むほとんど経験のない選手ばかりです。

その2人の新人選手ですが、ダボン・ゴッドチョーとビンセント・テイラーはこれまでのチーム練習などではあまり目立っておらず、評価は芳しくないようです。このトレーニングキャンプで評価を上げるような結果を出してくれることを期待しています。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ