Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

Dolphins Daily News 7.20―ドルフィンズのRB陣

USA Todayのウェブサイトによると、ドルフィンズのRB陣はNFLで8番目に優れているということです。

https://www.usatoday.com/story/sports/nfl/2017/07/19/ranking-nfl-running-backs-ezekiel-elliott-cowboys-steelers-leveon-bell/481473001/

これは、昨年ブレークしたRBジェイ・アジャイの存在によるところが大きいのですが、今シーズンも少なくとも昨シーズン並の成績を期待したいと思います。

USA Todayのネイト・デービス氏は、アジャイは200ヤード以上のラッシングを3試合で記録したが、それ以外では12試合中11試合でラッシングヤードが100ヤードを下回っており、その波をなくすことが次の課題だ、と言っています。

ランオフェンスの成否についてはオフェンシブラインの安定感も重要な要素なのですが、昨シーズンのドルフィンズのオフェンシブラインはPro Football Focusによると、NFLで7番目に悪いとされており、今シーズンも現時点では大きな向上は望めそうもありません。そのあたりをどう改善するのかも課題となります。

それと今シーズンは2年目のRBケニアン・ドレイクが走る機会が多くなると思われます。昨シーズンのドレイクは平均5.4ヤードのラッシングを記録しており、アジャイとはまた違ったタイプです。そのふたりが上手く融合してくると、もうひとりダミアン・ウイリアムスもいるので多彩なランオフェンスが展開できるかもしれません。



Dolphins Daily News 7.19―Top 10 Safeties

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズのセーフティの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-safeties-of-all-time-20170717-photogallery.html

1位はディック・アンダーソン、2位はジェイク・スコット、3位はルイス・オリバー、そして4位に現役のレシャッド・ジョーンズが入っています。

アンダーソンとスコットのプレーは見たことがありませんが、2人とも1972年のパーフェクトシーズンを支えた選手です。特にスコットはワシントンレッドスキンズとのスーパーボウルで2つのインターセプトを記録してMVPになっています。

アンダーソンはドルフィンズ一筋の選手で1968〜77年までの10年間で計34個のインターセプトを記録しています。特に1973年12月3日のピッツバーグスティーラーズとのマンデーナイトゲームでは4つのインターセプトを記録しています。

またドルフィンズのジャージNo.13といえば普通はQBダン・マリーノなんですが、オールドファンにとってはドルフィンズのジャージNo.13はスコットです。ドルフィンズには1970〜75年まで6年間在籍したんですが、その間に35個のインターセプトを記録しています。

その他、5位にブロック・マリオンが入っていますが、1998年に『どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜』を立ち上げた時に、最初にドルフィンズのニュースとして取り上げたのがマリオンの加入だったことを今でもよく覚えています。




Dolphins Daily News 7.18―Top 10 CBs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのCBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-cornerbacks-of-all-time-20170715-photogallery.html

1位がサム・マディソン、2位がパトリック・サーティン、3位がトロイ・ビンセント、そして4位にブレント・グライムスが入っています。

マディソンとサーティンはジミー・ジョンソンがドラフトした選手です。この2人がほぼ同時期にドルフィンズでプレーしていましたが、その時代を知っているだけに、最近のディフェンスバック陣は随分見劣りします。

マディソンは1997年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2005年まで在籍し、2006年にニューヨークジャイアンツに移籍しました。そして2008年を最後にNFLを引退しています。

ドルフィンズでの9シーズンで計31個のインターセプトを記録し、4度のプロボウルと4度のオールプロに選出されています。さらにジャイアンツ時代の2007年シーズンにはスーパーボウル制覇に貢献しています。

またサーティンは1998年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2004年まで在籍し、2005年にドラフト2巡目指名権との交換でカンサスシティチーフスに移籍しました。そして2008年シーズンまでチーフスでプレーした後、NFLを引退しています。

ドルフィンズでの7シーズンで計29個のインターセプトを記録し、3度のプロボウルと2度のオールプロに選出されています。

ちなみに、サーティンのトレードで獲得したドラフト2巡目指名権で、ドルフィンズが指名したのはDEマット・ロスでした。ロスはドルフィンズでは期待外れに終わった選手だったので、サーティンの代わりとしては大損だったんですが、サラリーの問題などもありトレードは仕方なかったんでしょうかね。

現在のザビアン・ハワードがマディソン、サーティンに匹敵する選手に成長してくれればいいんですが、2年目の今シーズンに期待したいと思います。



Dolphins Daily News 7.14―Top 10 MLBs

Sun Sentinelのウェブサイトで、ドルフィンズのミドルLBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-ilbs-pg-20120710-photogallery.html

1位はニック・ボニコンティ、2位はザック・トーマス、ジョン・オファドール、A.J.デュー、5位はブライアン・コックスといった面々で、順当なところでしょう。

個人的にはトーマス、オファドール、コックスですね。ボニコンティは殿堂入りしている選手ですから1位は当然ですが、実際にプレーを見たことがないのでよくわかりません。

ボニコンティは1962年にドラフト13巡目指名でボストンペイトリオッツ(現在のニューイングランドペイトリオッツ)に入団しています。そして1969年にトレードでドルフィンズに移籍し、1972年のパーフェクトシーズンを支えた選手です。

公式な記録が残されていないのでどれぐらいのタックルを記録したのかわかりませんが、インターセプトだけは通算で32個という記録が残っています。

身長180cmという小柄な体格だったのですが、トーマスと同じ身長です。ということはトーマスのようなガッツあふれるプレーが身上だったのでしょうか、ふたりともドルフィンズのハート&ソウルですね。

トーマスは1996年ドラフト5巡目指名でドルフィンズに入団し、2007年まで在籍しました。その後ダラスカウボーイズ、カンサスシティチーフスを経て、最後は2010年5月18日に1日だけドルフィンズと契約して、ドルフィンズの選手として引退しています。

同世代に活躍した義兄弟であるジェイソン・テイラーが今年殿堂入りしましたが、ザック・トーマスもいつか殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 7.12―Top 10 DEs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのDEの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-ends-of-all-time-20170711-photogallery.html

1位はジェイソン・テイラー、2位はキャメロン・ウェイク、3位はビル・スタンフィルとなっていて、まあ順当なところでしょうか。

それ以外では7位のトレース・アームストロング、8位のジェフ・クロス、9位のアデワール・オグンリエ、10位のマルコ・コールマンの4人も印象に残っています。

アームストロングは1998年シーズンのプレーオフでバッファロービルズのQBダグ・フルーティにQBサックを決めて勝利を呼び込んだプレーが思い出されます。

また、コールマンは1992年のドラフト1巡目(全体12番目)指名でスポーツイラストレイテッドの新人王にも選出されたんですが、この選手もともとはアウトサイドLBだったんですね。

それとクロスはこの4人の中ではただひとり、ドルフィンズ一筋の選手で、1988〜96年まで在籍しました。地味ながら堅実なDEで1990年にはプロボウルにも選出されています。

オグンリエは2000年にドラフト外でドルフィンズに入団したんですが、2003年にはAFCトップの15QBサックを記録してプロボウルとオールプロに選出されました。オグンリエの成長には同時期にプレーしていたテイラーの存在も大きく影響したと思います。

ちなみにそのテイラーもアームストロングと同時期にプレーしていたということで、アームストロングから学んだことは少なくなかったと思います。

今年のドラフト1巡目指名のチャールズ・ハリスがウェイクの影響を受けて実力を発揮し、大きく成長してくれることも期待できそうですね。



livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ