Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

Dolphins Daily News 5.13

元クリーブランドブラウンズのWRマイケル・ジャクソンがオートバイの事故で亡くなったというニュースがありました。オートバイを運転していたジャクソンが事故を起こして本人は死亡、同時に他の車を運転していた20歳の女性も巻き込まれて死亡したということです。

ジャクソンについて思い出されるのは、ドルフィンズが1992年シーズンの開幕戦でブラウンズと対戦し、その試合でTDパスレシーブを記録したことです。アメリカのエンターティナーと同名だったため印象に残っています。

また、その試合はドルフィンズにとっても印象的な試合で、そのシーズンの開幕戦、ドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦する予定だったんですが、フロリダ地方を襲ったハリケーン・アンドリューの影響で中止となり、その結果第2週の対ブラウンズ戦が開幕戦となっています。

試合は第4Q途中までドルフィンズが20‐3とリードしていたんですが、そこからブラウンズが反撃して一時は逆転しました。しかし土壇場でドルフィンズがRBマーク・ヒッグスのTDランで逆転し27‐23で勝利しています。

この試合はNHKのBSで放送されました。ヒッグスのTDランが決まった瞬間のQBダン・マリーノのガッツポーズ、ブラウンズのTEマーク・ババーロがTDパスレシーブを決めて十字を切っていたシーン、ドルフィンズLBジョン・オファドールとブライアン・コックスのQBサックなど見どころが多い試合でした。

ちなみに、その時のブラウンズのヘッドコーチはビル・ベリチック、そしてディフェンシブコーディネーターはニック・セイバンでした。のちにセイバンはその試合でのマリーノのプレーを見てQBの重要性を認識したというような記事をどこかで見たことがあります。

ジャクソンは当時無名の選手だったんですが、”マイケル・ジャクソン”という名前でなかったらおそらく覚えていなかったと思います。ジャクソンの冥福を祈ります。



Dolphins Daily News 5.12

制限付きFAとなっていたRBダミアン・ウイリアムスが遂にドルフィンズの1年間のオファーにサインしました。まあ、このままサインを保留していてもウイリアムスにとっては何のメリットもなかっただけに、当然の成り行きということでしょう。

ドラフト外入団のウイリアムスはアダム・ゲイスのオフェンスとなってプレー内容が向上した選手のひとりです。ゲイスのオフェンスにマッチしていたんでしょうが、今シーズンも要所での活躍を期待したいと思います。そして今シーズンの成績次第では無制限FAとなって高額契約を勝ち取れるかもしれません。ただし、そうなったらドルフィンズに残る可能性は非常に低くなるでしょうが。


ドルフィンズが今年のドラフト1巡目(全体22番目)で指名したDEチャールズ・ハリスですが、実はダラスカウボーイズも狙っていたようです。

カウボーイズは全体28番目の1巡目指名権を持っていたんですが、全体16番目の1巡目指名権を持っていたボルチモアレイブンズと指名権を交換してハリスを指名することを考えていたようです。しかしこのトレードは上手くいかず、レイブンズはCBマーロン・ハンフリーを指名しています。

ドルフィンズがハリスを指名した後、カウボーイズはDEタッカリスト・マッキンレーを狙っていたようですが、全体26番目にトレードアップしたアトランタファルコンズに指名されてしまいました。結局カウボーイズは当初の全体28番目の指名権でDEタコ・チャールトンを指名しています。

仮にハリスがカウボーイズに取られていたらドルフィンズはどうしていたのか興味深いところではあります。あるいはトレードダウンして指名権を増やしていたかもしれませんね。

また、ハリス、マッキンレー、チャールトンの3人のDEがシーズン終了後にどんな明暗を分けているのかも気になります。



Dolphins Daily News 5.11

NFL.comのバッキー・ブルックス氏が2017年シーズンのオールルーキーチームの予想をしています。まだトレーニングキャンプもプレシーズンゲームも始まっていない段階での予想はやや強引すぎるんじゃないかと思いますが、ドラフトが終わって最も話題に乏しいところですから、こういう企画もありなんでしょうね。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000807670/2017-allrookie-team-predictions

これを見ると、ドルフィンズのLBレークワン・マクミランが選出されています。他のLBはというと、デトロイトライオンズのジャラッド・デービスとサンフランシスコ49ersのルーベン・フォスターとなっています。

またNFL.comの別の企画ではグレッグ・ローゼンタール氏が各チームの先発選手の予想をしており、それによるとドルフィンズのLBはミドルLBがローレンス・ティモンズであとの2人はキコ・アロンソとマクミランとなっています。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000806974/article/afc-east-projected-starters-patriots-offense-absolutely-loaded

マクミランについてはベテランのコア・ミーシーとのポジション争いが予想されていますが、両氏ともマクミランの方が上だと見ているんでしょうね。ドラフトされた当初はマクミランではなくてザック・カニンガムを指名するべきだったという声も聞かれましたが、それなりに実力はあって1年目から期待ができるんでしょうか。

ちなみにドルフィンズのドラフト指名選手7人のうちで最も先発選手となる可能性が高いと思われていたのはOGアイザック・アシアタですが、ローゼンタール氏の予想ではドルフィンズのOGはRGがジャーモン・ブッシュロッド、LGがクレイグ・アービックとなっています。

この結果はちょっと意外でした。いろいろな見方があると思いますが、ブッシュロッドは昨シーズンの先発RGだったので納得ですが、アービックは控え選手だったのにアシアタよりも上だと考えられているんですね。ただ、これは実際に始まってみないとわかりませんね。

ブルックス氏の予想どおり、マクミランにはシーズン終了後にオールルーキーチームに選ばれるような活躍を期待したいですね。



Dolphins Daily News 5.10

昨シーズンのQBライアン・タネヒルは20ヤード以上のロングパスの成功率が61%(41回投中25回成功)で、これはNFLで2番目に高い数字だったようです。ちなみに1位はオークランドレイダースのQBデレック・カーで62.9%(54回投中34回成功)でした。

https://brickwallblitz.wordpress.com/2017/03/26/the-2016-17-deep-ball-project-part-33/

また16ヤード以上のパス成功率について見ると、タネヒルは64.1%(53回投中34回成功)でNFL4位でした。ちなみに、こちらは1位からミネソタバイキングスのQBサム・ブラッドフォード(66.7%)、2位がインディアナポリスコルツのQBアンドリュー・ラック(66.3%)、3位がカー(64.3%)となっています。

参考までに、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディはというと、20ヤード以上のパス成功率が44.7%(47回投中21回成功)でNFL18位、16ヤード以上では51.5%(66回投中34回成功)で同16位となっています。

数年前までのタネヒルは、ともすれば安全な短いパスばかり投げている、ロングパスの制度が悪い、などという酷評をされていましたが、昨年アダム・ゲイスがドルフィンズのヘッドコーチとなり、彼のオフェンスシステムでプレーすることにより安定感が増し、その結果ロングパスの能力も向上したものと思われます。

タネヒルは昨年、不幸にも左膝靭帯に大きな怪我を負ったわけですが、その怪我からは順調に回復しているようで、ゲイスの言葉では『昨年と同じように見える』という状態となっています。

今後、オフシーズンの練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを経て本番のレギュラーシーズンに向かうわけですが、そこでどんなプレーができるのか若干の不安はあるものの、期待は持てそうです。今シーズンは少なくとも昨年並か、あるいは昨年以上の活躍を期待したいところです。



Dolphins Daily News 5.9

Palm Beach PostのウェブサイトにLSジョン・デニーの記事が掲載されていました。デニーはこれから24歳のウィンストン・チャップマンという選手とのポジション争いが予想されています。

デニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団しました。Palm Beach Postの記事の中では36歳と紹介されているんですが、実際には1978年12月13日生まれの38歳です。そして新人の年からLSとしてプレーし、これまで192試合連続出場で1試合も欠場していません。

LSですから当然目立った記録はないんですが、41タックル、3ファンブルリカバーという記録があります。また2010年と2012年にはプロボウルにも選出されています。

2005年といえば、ニック・セイバンがドルフィンズのヘッドコーチに就任した年で、その年にドルフィンズ入りしたデニーはその後カム・キャメロン、トニー・スパラノ、トッド・ボウルズ、ジョー・フィルビン、ダン・キャンベル、そしてアダム・ゲイスと、暫定ヘッドコーチも含めて計7人のヘッドコーチの下でプレーしてきました。

プロボウルにも選出されていますから非常に堅実な選手で、192試合連続出場はもちろんチーム記録で、それが今シーズンも継続される可能性は高いと思います。しかしチャップマンとのポジション争いがどうなるのか注目すべきポイントとなります。

チャップマンは現在25歳で、ミシシッピー州立大学の出身なんですが2015年の4年生の時に靭帯を痛めています。ただし、その怪我も今は完治しているようです。ちなみにPalm Beach Postの記事の中ではチャップマンの年齢も間違っていて、24歳と紹介されていました。

スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーによると、チャップマンは非常に堅実なプレーをするスナッパーだそうです。チームの運営としてはよりサラリーが安くて若いチャップマンがベテランのデニーを上回る結果を出してほしいところもあるでしょうが、デニーとしても簡単にはポジションを明け渡さないでしょうね。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ