Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

Dolphins Daily News 6.28―OLランキング

Pro Football Focusのウェブサイトで今年現時点でのオフェンシブラインのランキングが発表されていました。

https://www.profootballfocus.com/pro-ranking-all-32-offensive-line-units-heading-into-the-2017-season/

それによると、ドルフィンズは26位にランクされていました。

今年のドルフィンズのオフェンシブラインは、まずCマイク・パウンシーの状態によって大きく変わってくると思います。パウンシーが健康でプレーできるかどうかがポイントです。

また両OGで誰が先発となるのかも注目されます。RGはおそらく昨年同様ジャーモン・ブッシュロッドが入るでしょうが、LGはテッド・ラーセンとクレイグ・アービックの争いになるんでしょうか。前評判の高かった新人OGのアイザック・アシアタはチーム練習などで評価を落としています。

ちなみにこのランキングで1位はフィラデルフィアイーグルス、2位がクリーブランドブラウンズで3位はピッツバーグスティーラーズとなっています。また、意外だったのはダラスカウボーイズが9位だったことです。昨年は確か1位か2位だったような気がしますが。


ドラフト7巡目指名の新人WRアイザイア・フォードについての話題です。フォードは引退したプロボウルWRスティーブ・スミスからアドバイスを受けたようです。フォードの父親がスミスに頼んだようですが、これがフォードにとってプラスになればいいんですが。

フォードは、もしドルフィンズがWR6人体制でいくとなれば、ラシャーン・スコット、ドリュー・モーガンらと6番目のスポットを争うと思われます。



Dolphins Daily News 6.27―アジャイの成績予想

ESPNのジェームス・ウォーカー氏が今シーズンのドルフィンズの選手の成績を予想しています。

その中でRBジェイ・アジャイはウォーカー氏によると、1435ラッシングヤード、482レシービングヤードで12TDを記録すると予想されています。合計すると1900ヤード以上稼ぐことになり、昨シーズンの1272ラッシングヤードと151レシービングヤードを合わせた1423ヤードを大きく上回ります。

今シーズンのアジャイはパスレシーブの能力が大きく向上したことがチーム練習などで報じられていますので、パスレシーブからヤードを稼ぐことが期待されます。

ところで、アジャイは昨シーズン、1272ヤードを走っているんですが、そのうちの70.7%のおよそ900ヤードが相手ディフェンスにコンタクトを受けた後に稼いでいるヤード数だということで、これはNFLで2番目に多い数字だそうです。

この力強さがパスレシーブをした後のランでも発揮されれば、パスレシーブでもかなりのヤード獲得が考えられ、相手チームにとって大きな脅威となることでしょう。

昨シーズン、予期せぬ大ブレークを果たしたアジャイですが、本当に真価を問われるのは今シーズンだと思います。その意味では今シーズンどんな結果を残すのか大いに注目されますが、もしウォーカー氏の予想どおり昨シーズンの成績を上回るようだと、今後数年はドルフィンズのランオフェンスは安泰だといえるでしょう。




Dolphins Daily News 6.25―マニング復帰を打診?

興味深いニュースが紹介されていました。昨年12月にQBライアン・タネヒルが負傷してプレーできなくなった時、HCアダム・ゲイスが2015年シーズンを最後に引退したQBペイトン・マニングの復帰の可能性について考慮したというものです。

タネヒルが使えなくなったので、プレーオフを見据えてマニングを復帰させ、あわよくば先発QBとしてプレーさせようということだったのでしょうか。これが事実だったのかどうかわかりませんが、現実的にかなり無理がある話だと思いますし、疑わしくてとても本気で考えたとは思えません。

確かにゲイスはかつてマニングのオフェンシブコーディネーターで、マニングもゲイスのオフェンスをよく知っているということはあったでしょうが、引退して1年近くもフィールドから遠ざかっていた選手がNFLにいきなり復帰して活躍できるとは思えません。フットボールはチームスポーツですからいかにマニングの準備ができたとしても他の選手との連携は一朝一夕にはできませんし、チームを勝利に導けることはないでしょう。

これと同じような話を思い出しましたが、ドルフィンズは2002年の10月に前シーズンを最後に引退していた元プロボウルWRクリス・カーターを復帰させました。この復帰の背景には先発WRだったオロンデ・ガズデンの欠場があったと思いますが、当時カーターと一緒にテレビの仕事をしていたダン・マリーノの勧めもあったようです。

これによりカーターは第9週の対グリーンベイパッカーズ戦で復帰し3回のパスレシーブで31ヤードを獲得しています。しかしこの試合で怪我をしてその後4試合を欠場しています。第14週に再びプレーを再開したんですが話題ばかりが先行して満足な結果が残せず、結局計5試合に出場して8回のパスレシーブで66ヤード獲得1TDパスレシーブに止まり、シーズン終了後には再び引退をしています。

さらにドルフィンズはカーターが加入して以降の9試合では4勝5敗と負け越し、最終的に9勝7敗でシーズンを終えてAFC東地区2位タイながらプレーオフ進出を逃しています。

このカーターの例を見てもわかるとおり、一度引退した選手がシーズンの途中で新しいチームに復帰して活躍できるほどNFLはあまい世界ではないと思います。今回のマニングの話はシーズンオフの話題づくりのための1つだったのでしょうか、情報源はマニングの父親からとも報道されていますが、本当のところはどうだったんでしょうかよくわかりませんね。




Dolphins Daily News 6.24―CBにコンバート

Sウォルト・エイケンズがこのオフのチーム練習などでCBのポジションをこなしていたことは以前お伝えしました。

エイケンズは2014年にドラフト4巡目指名でドルフィンズに入団したんですが、リバティ大学時代はCBの選手でした。それを当時のHCジョー・フィルビンをはじめ首脳陣は、すぐにエイケンズをSのポジションにコンバートしました。

このコンバートの背景は何だったのかよくわかりませんが、当時のドルフィンズのロースターを見るとCBは元プロボウラーのブレント・グライムスとコートランド・フィネガンが先発で、控えには2013年のドラフト組であったジャマー・テイラーとウィル・デービスがおり、頭数としては揃っていました。

逆にSは先発のレシャッド・ジョーンズとルイス・デルマス以外はほとんど経験のない選手ばかりで控えの層が厚いとは言えませんでした。そういうことでエイケンズをSとして育てたかったのかもしれません。

しかし今年、HCアダム・ゲイスとDCマット・バークはエイケンズをCBとして使うことを考えました。その結果、オフのメディアに公開された練習では、エイケンズは2つのインターセプトを記録しています。

2015年は先発Sとして起用されていたエイケンズも昨年はほとんどスペシャルチームの選手としての起用に止まっていました。ある意味では降格ともとれる処遇だったんですが、にも関わらずエイケンズはスペシャルチームで素晴らしい実績を残しています。

今シーズンのドルフィンズのCBは先発が予想されるバイロン・マックスウェルとザビアン・ハワード、そして控えには昨年チープトップの4インターセプトを記録したトニー・リペット、そしてドラフト3巡目指名のコードレイ・タンカーズレイ、ニッケルCBのポジションではボビー・マッケインとマイケル・トーマスがポジションを争うなど戦力的には充実しかけてきている状況です。

その中にエイケンズが入ってCBのデプスチャートに残れるかどうかはわかりませんが、本人にとっては大きな挑戦だと思います。これからのトレーニングキャンプとプレシーズンゲームでエイケンズがCBとしてどんな結果を残すのか、非常に興味深いところです。




Dolphins Daily News 6.22―アダム・ゲイスは16位

NFL.comのアナリストであるエリオット・ハリソン氏がNFLの現役ヘッドコーチのパワーランキングを紹介しています。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000816560/bill-belichick-tops-2017-nfl-head-coach-power-rankings

これによると、1位は当然という感じでニューイングランドペイトリオッツのビル・ベリチックでした。逆に最下位はロサンゼルスチャージャースのアンソニー・リンとなっています。

ドルフィンズのアダム・ゲイスはちょうど真ん中の16位でした。もう少し下位かと思っていましたが、昨シーズン、新人ながらいきなりチームをプレーオフに導いた功績によるものでしょう。しかも1勝4敗からのプレーオフ進出ですからより価値があります。

ちなみにドルフィンズのライバルチームはというと、バッファロービルズのショーン・マクダーモットが29位、ニューヨークジェッツのトッド・ボウルズが28位となっています。また昨年ドルフィンズでDCを務めていてデンバーブロンコスの新HCとなったバンス・ジョセフは31位でした。

新人HCの評価が低いのは実績がないから仕方がないことで、確か昨年も同様のランキングがあったと思いますが、ゲイスは最下位かそのひとつ上ぐらいだったような気がします。


同じくNFL.comのウェブサイトでオフェンスのプレーコールのランとパスのバランスについての記事がありました。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000816875/article/nfls-most-least-balanced-offensive-playcallers

これは昨シーズンのNFLで1stダウン残り10ヤード、2ndダウン残り10ヤード、3rdダウン残り1ヤードのそれぞれの場面で、ランプレーとパスプレーのバランスを見たものです。

それによると、ドルフィンズは2ndダウン残り10ヤードという場面ではランとパスのプレーコールがちょうど半分ずつだったようです。2ndダウンで10ヤード残っていると、どちらかというとパスプレーをコールしたくなりそうなんですが、RBジェイ・アジャイが好調だったせいでしょうか、ランプレーをよくコールしていたようです。

ちなみにドルフィンズよりランプレーを多くコールしていたのはジャクソンビルジャガーズが56.7%、サンフランシスコ49ersが51.1%という結果になっています。

また3rdダウン残り1ヤードでは、ドルフィンズは最もパスとランのバランスが取れており、ランが41.2%、パスが58.8%でした。3rdダウン残り1ヤードというとランで確実に行きそうですが、オフェンシブラインに不安があったからでしょうか、およそ6割がパスプレーだったんですね。この状況でランで確実に1stダウンが取れるようになればおファンスももっと安定してくるんでしょうけどね。

ただ、この記事を見ると、ドルフィンズのオフェンスは相手の予測していないプレーをしていたということで、それがゲイスのプレーコールが評価される要因となっているような気がします。そしてそれが勝敗にも影響していたのかもしれません。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ