Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

March 2009

プレシーズンゲームの対戦相手発表

プレシーズンゲームの対戦相手が発表になりましたね。
ドルフィンズはジャクソンビルジャガーズ、カロライナパンサーズ、タンパベイバッカニアーズ、そしてニューオーリンズセインツの4チームと対戦します。

ジャガーズ、バッカニアーズ、セインツは毎度おなじみのチームなんですが、パンサーズが南フロリダでプレシーズンゲームを行うのは初めてのことだそうですね。
あとバッカニアーズとはお隣さんですから、10年連続17回目の対戦となります。レギュラーシーズンでは4年に1回しか対戦しないんですけどね。

で、この4チームなんですが、いずれもレギュラーシーズンゲームでも対戦するんですね。
こういうのも大変珍しいことだと思うんですが、レギュラーシーズンで対戦する上で結構参考になったりするんじゃないでしょうか。

プレーシーズンゲームの正式な日程は4月に発表されます。


あと今日のニュースにあったんですが、デンバーブロンコスのQBジェイ・カトラーが練習に参加せずに10万ドル(約980万円)のボーナスを放棄したようですね。

もういい加減にトレードしてやればいいんじゃないかと思うんですが、ドラフトが終わるまではおそらく飼い殺しですよね。あるいはドラフト指名権と交換するのか。

どっちにしてもこういう状態が続く限り、チームに良い影響は及ぼさないんじゃないでしょうか。新HCジョシュ・マクダニエルズはこれでも『カトラーは我々のQBだ』と言い張るんでしょうか。
 

DEテイラー、ドルフィンズ復帰?

元マイアミドルフィンズのDEジェイソン・テイラーがドルフィンズに復帰する可能性が出てきたと Miami Herald 紙が報じているようですね。

テイラーといえば1997年から2007年までドルフィンズに在籍していましたが、2008年のシーズン開幕前にワシントンレッドスキンズにトレードされました。
しかし、レッドスキンズでは故障もあって満足な成績を残せず、2009年3月に解雇されていました。

レッドスキンズへトレードされた原因がドルフィンズの球団運営副代表ビル・パーセルズとの不仲にあったということで、レッドスキンズを解雇されてもドルフィンズ復帰はあり得ないという見方だったんですが、ここに来て両者の関係が友好的であることから復帰の可能性があると報じられているようです。

確かにドルフィンズはパスラッシャーの補強が必要であり、テイラーは34歳とはいえコンディションさえよければまだまだパスラッシャーとしては十分働けるでしょうから、テイラーと契約することは考えられます。

ちなみにNFL.COMの記者スティーブ・ワイチはテイラーがニューイングランドペイトリオッツ、ジャクソンビルジャガーズ、グリンベイパッカーズ、ニューオーリンズセインツなどでも力を発揮することができるだろうと見ています。

まあしかし、テイラーがどこのチームと契約するにしてもドラフトが終わるまでは大きな動きはないような気がしますが。 

祝! 11周年

おかげさまで、どるふぃんわんウェブサイト 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜も3月28日をもって11周年を迎えることができました。
そして今日から12年目に突入です!
これもひとえにどるふぃんわんウェブサイトを訪れていただいた皆様方のおかげだと思っております。この場を借りてお礼を言いたいと思います。

ウェブサイトを解説した当時はまさかここまで続くとは思っていませんでしたし、ここまでドルフィンズがスーパーボウル制覇はおろか進出さえできないとは思いませんでした。

しかし、11年目を迎えた昨シーズンはドルフィンズの歴史上でも本当に素晴しいシーズンで、2009年に大きな期待を抱かせてくれました。
12年目を迎える今シーズンも当ウェブサイトを訪れていただける皆様のため、そして何よりも自分自身のために、よりわかりやすいウェブサイトとしていきたいと思います。

本当にどうもありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願いします。
 

NFLオーナー会議

今週行われたNFLのオーナー会議ではいくつかのルール改正が行われることが承認されました。
その中で興味深いものが、オンサイドキックでキッキングチームが反則を犯した場合に、これまでのルールではキックのやり直しになっていたんですが、これからはレシーブ側に攻撃権が移ることになりました。

これは今まで以上にオンサイドキックの瞬間がスリリングになりますよね。
それと同時に終盤での大逆転劇が起こる可能性が大になります。
大変面白くなるんですが、逆にすごく怖い面もありますよね。

あと、NFLのコミッショナーであるロジャー・グッデルが2011年以降に現行の4試合のプレシーズンゲームを減らしてレギュラーシーズンゲームを17試合か18試合に増やしたい意向を表明しています。

ファンにとっては嬉しいことですが、選手やコーチにとっては怪我のリスクの増加やロースター枠の拡充などいろいろと問題点も出てきそうです。
 

ドラフトまであと1ヶ月

NFLドラフトまでいよいよあと1ヶ月と迫ってきました。
現在ドルフィンズが保有しているドラフト指名権は以下の通りとなっています。

1巡目:25番目
2巡目:12番目、24番目
3巡目:23番目
4巡目:8番目
5巡目:25番目
6巡目:8番目
7巡目:5番目、28番目

以上の9つです。しかし今後トレードなどで増えるかもしれませんから目が離せません。

ところで、トレード候補ともなっている第3Qジョン・ベックですが、Palm Beach Postのblogの記事によると、ベック自身は2009年シーズンもドルフィンズの一員として、第3QBの座を受け入れるつもりでいるということです。

ベックについてはフロントがダラスカウボーイズへのトレードを画策していたようですが、現在カウボーイズはトニー・ロモとジョン・キトナーという2人のQBを保有しており、第3QBにはレックス・グロスマン、J.P.ロスマン、バイロン・レフトウィッチあたりに注目しているようで、ベックのトレードは成立しそうにありません。

このままベックがドルフィンズに残れば、チャド・ペニントンとの契約が今シーズンで切れますからペニントンとの契約が更新されない限り、2010年シーズンはドルフィンズはおそらくチャド・ヘニーを先発QBに起用するはずです。
そうなればベックが控えQBとなり、ヘニー次第では先発QBの座を取って代われる可能性もあります。

まあ、NFLでは怪我などのリスクもありますからいつ出番が回ってくるかもしれません。
たとえ第3QBとはいえ常に試合に出られる準備はしておくべきでしょうね。
 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
好きな時間に「聞き流すだけ!」の英語教材  スピードラーニング
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ