Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

May 2010

選手の評価

CBSSports.comの記者であるピート・プリスコ氏がNFL各チームについて過大評価されている選手と過小評価されている選手をそれぞれ1人ずつあげています。

http://www.cbssports.com/nfl/story/13447444/overratedunderrated-extending-a-branch-to-a-raider-and-jacobs-no-giant?tag=coverlist_active;coverlist_photo&utm_source=bleacherreport.com

これによるとドルフィンズで過大評価されているのはCジェイク・グローブで、プリスコ氏によるとグローブは高額なサラリーを受けているのに昨シーズンはベストなセンターではなかった、それどころか欠場した時に代わりにプレーしたジョー・バーガーと遜色がなかったとしています。

逆に過小評価されているのはDEランディ・スタークスで、昨シーズンはドルフィンズでベストな守備選手でリーグでも有数のDEだった、プロボウルには選ばれていないが選ばれて当然だとしています。

あと他チームについて見ると、過大評価されている選手としてボルチモアレイブンズのWRアンクワン・ボールディン、ニューヨークジェッツのQBマーク・サンチェス、ピッツバーグスティーラーズのSトロイ・ポラマルらの名前があげられています。

一方過小評価されている選手としてあげられているので目についたのはデンバーブロンコスのCBアンドレ・グッドマンです。グッドマンは元ドルフィンズの選手で2008年シーズンの地区優勝に貢献してくれました。


もううんざり…

またドルフィンズの選手が逮捕されたというニュースです… 3年目のDEフィリップ・マーリングがガールフレンドへの暴行で逮捕されたようです。ドルフィンズの選手では今年の2月以来、CBウィル・アレンとRBロニー・ブラウン(いずれも飲酒運転)、DTトニー・マクダニエル(DV)に次いで4人目です。一体何をやっているんだと失望してしまいます。

マーリングは2008年ドラフト2巡目指名で入団しましたが、過去2シーズンでは先発出場は2試合に止まり、3.5QBサックしか記録していません。今シーズンは先発DEだったランディ・スタークスがNTにコンバートされる予定で、マーリングにとっては先発DEの座を獲得する大きなチャンスとなります。

ドルフィンズは明日から3日間の予定でミニキャンプを行いますが、マーリングはドラフト1巡目指名のDEジャレッド・オドリックとのポジション争いが予想されます。そんな大事な時になんともお粗末な話ですね。


また元ドルフィンズの選手が…

元ドルフィンズのSジャービス・ウイリアムスが心臓発作で亡くなりました。今月16日に45歳になったばかりの若さでした。元ドルフィンズの主力選手については先日他界したノーマン・ハンドに次ぐ訃報となりました。若くして命を落とすということは大変残念なことです。

ウイリアムスは1988年ドラフト2巡目指名でドルフィンズに入団して新人の年から活躍し、1993年シーズンまでドルフィンズでプレーしました。その後1994年シーズンには1年だけニューヨークジャイアンツでプレーしてそれを最後に引退しました。通算成績は16インターセプト(うちリターンTD1つ)、3QBサックという記録が残っています。

プロボウルにも選出されておらず派手な印象はなかったんですが、非常に堅実なセーフティだったという記憶があります。故人の冥福を心から祈りたいと思います。

ちなみに息子であるジャービス・ウイリアムス・ジュニアは現在ジャクソンビル大学のドルフィンズに在校してFBとしてプレーしているようです。父親の後を追ってNFLのドルフィンズでプレーするということになれば彼にとっては最高でしょうね。

FA契約選手

ОGジャスティン・スマイリーのトレードが公式に発表されました。その見返りとしてドルフィンズが得るものは明らかにされていませんが、ドラフト7巡目指名権との情報もあります。7巡目指名権だとするとスマイリーもずいぶん低く見られたなという気もしますが、怪我のリスクを考えるとその程度なのかもしれませんね。

Sun-Sentinel
のウェブサイトではドルフィンズの過去のFA契約選手56人が紹介されています。いろいろな選手が紹介されていて懐かしかったし、そういえばこんな選手もいたな、と忘れていた人もいました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miamidolphinsfreeagents,0,3679885.photogallery




スマイリー、放出決定

ОGジャスティン・スマイリーのトレード先がジャクソンビルジャガーズに決まったようです。ずいぶん前にトレード要因となっていることが報道されてからなかなかトレードがまとまらなかったのでそのまま解雇されるんじゃないかと思っていました。このトレードでドルフィンズが得るものは明らかにされていませんが、下位のドラフト指名権だと見られています。

スマイリーはドルフィンズがビル・パーセルズ政権になって最初の大きなFA獲得選手でした。2008年に5年間で総額2500万ドル(約225000万円)という契約でドルフィンズに入団して大変期待されました。ドルフィンズのランオフェンス向上には貢献したと思いますが、怪我のためにシーズンフル出場はできず20082009年シーズンともに12試合の先発出場に止まり、合計27試合の出場に終わりました。

その代わりにドルフィンズはダラスカウボーイズを解雇されていたОGコリー・プロクターという選手と契約しました。プロクターは2008年シーズンには11試合に先発出場した実績があるんですが、NFL5年間のキャリアでの通算は13試合の先発出場を含む44試合出場となっています。

プロクターはドナルド・トーマスや新人のジョン・ジェリーあたりとのポジション争いが予想されますが、ОGのポジションはリッチー・インコグニトやネイト・ガーナーなどがおり先発の座を獲得するのはおろか最終ロースターに残るのさえ厳しい状況です。プロクターにとっては大きな挑戦になりそうですね。

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ