August 2011

August 28, 2011

対バッカニアーズ戦

今日行われたプレシーズンゲーム第3戦、対タンパベイバッカニアーズ戦ですが、ドルフィンズにとっては大きな不安を残す試合となりました。先週の対カロライナパンサーズ戦と違ってオフェンシブラインの出来が非常に悪かったです。元々不安を感じていたんですが、今日のような内容だと全く話になりません。バッカニアーズと比べてもバッカニアーズの1軍はおろか2軍のオフェンシブラインよりも劣っているように見えました。

特に両OTのライドン・マーサとマーク・コロンボは相手ディフェンスのパスラッシュを全く抑えられないと言ってもいいぐらいです。まあ、シーズンが始まればLTはジェイク・ロングが務めるので少しは改善されるでしょうが、本当に酷い状態で、HCトニー・スパラノになって過去最悪のオフェンシブラインかもしれません。こうなってはバーノン・ケアリーをOGにコンバートしたのが正しかったのかどうかわかりませんね。

RBレジー・ブッシュは5キャリーでマイナス1ヤードという悲惨な結果でした。中央のランプレーばかり試みてことごとく潰されてるのを見てると虚しくなってきました。3rdダウン残り1ヤードで頼みのFBルーサカ・ポライトもノーゲインとは情けない。ランが出ないので当然相手は全力でパスラッシュを仕掛けてきます。QBチャド・ヘニーは3度QBサックを受けました。

しかしそのヘニーですが、プレッシャーを受けながらも今日はいいプレーをしたと思います。最初のWRブランドン・マーシャルへの60ヤードのTDパスも上手く決まってよかったです。あれが決まるのと決まらないのとではヘニーにとっては大きな差があったでしょうね。またFGとなった得点ドライブではパスインターフェアの反則を2度もらっています。反則狙いでパスを投げることもQBにとっては大切なことだと思います。ちょっとずるいやり方ですが、それがまさに相手が嫌がるプレーですので、そういうことができる余裕を持てたというのも収穫だったでしょうね。結果パス13回投中10回成功で175ヤード獲得、QBレイティング143.9はあのオフェンシブラインの下でのプレーとしては完璧だったのではないでしょうか。

ディフェンスでは新加入のLBケビン・バーネットの活躍が目立ってますね。チームトップの6タックルを記録しており、このバーネットの存在がLBカルロス・ダンスビーの負担を軽減してくれそうなのでいい効果を生みそうです。

プレシーズンゲームも残りあと1試合となりました。とにかくシーズン開始までにオフェンシブラインをなんとかしてもらいたいです。さらなる補強もあるかもしれませんが、ここにきて補強しても連携がうまくいくのかという不安もありますし、どちらにしても非常に悩ましい問題ですね。






dolphin_one at 19:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック GAME RECAP 

August 24, 2011

なぜ? ラリー・ジョンソン獲得

ドルフィンズがカンサスシティチーフスで活躍した元プロボウルRBラリー・ジョンソンを獲得しました。このニュースにはおどろきました。数年前なら大歓迎なのですが、現在このタイミングでジョンソンを獲得するというのはその意図がわかりません。

ジョンソンは昨年9月にワシントンレッドスキンズを解雇されて以来、他のどのチームも獲得に興味を示さなかったようです。ドルフィンズも今シーズンを迎えるにあたってジョンソンに対して興味はなかったのではないでしょうか。実際ドルフィンズはレジー・ブッシュを獲得していますし、ドラフトでダニエル・トーマスを指名していますからそれ以上に峠を越したベテランRBを獲得する意味はないと思いますが…この背景にはひょっとしたらトーマスが期待外れだったということがあるのかと思ってしまいます。

ジョンソンが残り2試合のプレシーズンゲームでどんな結果を残すのかわかりませんが、最終ロースターではRBは3人だと思われますので、仮にブッシュ、トーマス、ジョンソンの3人が残ったとするとレックス・ヒリアードがロースターを外れることになります。ヒリアードはRBだけでなくスペシャルチームとしても使えますので、スペシャルチームの戦力が落ちることになります。スペシャルチームを軽視した昨シーズンの失敗をまた繰り返すんでしょうか。

ジョンソンを穫るぐらいならリッキー・ウイリアムスと再契約してほしかったんですが、金銭的な問題か、それともやはりHCトニー・スパラノがウイリアムスを嫌ったのか。結果はどう出るかわかりませんが、今回の選択は疑問だらけです。






dolphin_one at 21:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

August 21, 2011

対パンサーズ戦

昨日行われたプレシーズンゲーム第2戦、対カロライナパンサーズ戦ですが、チーム力の差でしょうか意外に一方的な試合となりました。注目はドルフィンズのオフェンス、特にランオフェンスだったんですが、オフェンシブラインがきちんと仕事をしていた印象があります。オフェンシブラインが機能すればランもよく出ます。

先発したレジー・ブッシュですが、さすがにベテランだけあって予想外の活躍でした。ランでは8キャリーで48ヤードを獲得し、パスレシーブで2回33ヤードを獲得、合計で81ヤードを稼ぎました。ブッシュは1試合で100ヤード以上走る選手ではないと思いますが、この試合のようにランとパスレシーブの合計で100ヤード以上稼げる選手です。こういう使い方をすればいい武器になるんじゃないでしょうか。ただし、ブッシュの場合に怖いのは怪我ですので、それさえなければ今年は期待できそうです。

そしてQBチャド・ヘニーですが、この試合ではパス24回投中15回成功で194ヤード獲得でした。成功率は62.5%でTDパスもなかったのでそんなにすごい活躍だったということもないんですが、インターセプトなどミスがなかったのと5回の攻撃のうち3回を得点に結びつけたのは評価できます。ただし、相変わらずロングパスの精度とリズムがよくないのが気になります。パンサーズのような実力の落ちる相手ならいいんですが、ディフェンスのいいチームにはちょっと厳しいか、という気もします。

最初のRBレックス・ヒリアードのTDランですが、4thダウンゴールで残り1ヤードでした。実際にレギュラーシーズンの試合ではギャンブルしていたかどうかは微妙なところでしょう。その前まで3回連続でランプレーを行って1ヤードが稼げずTDが取れませんでした。プレシーズンだからあえてランプレーばかりで押したということなのかわかりませんが、1つぐらい別なプレーも試してみてもよかったのではないでしょうか。

この試合では特にブッシュの動きがよくて期待できそうなので安心しましたが、その他にもWRブランドン・マーシャルとデボン・ベス、そしてLBジェイソン・テイラーなどもいい動きをしていました。ヘニーとオフェンシブラインのプレーが安定してくればいい戦いができると思いますので、しっかりと調整して本番を迎えてもらいたいですね。






dolphin_one at 15:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック GAME RECAP 

August 19, 2011

プレシーズンゲーム第2戦

明日はドルフィンズのプレシーズンゲーム第2戦、対カロライナパンサーズ戦が地元マイアミで行われます。この試合、パンサーズは今年のドラフト全体1位指名のQBカム・ニュートンが先発する模様です。ドルフィンズのディフェンスがこのニュートンに対してどんなプレーを見せるのか、大変楽しみです。

また、明日の試合はHCトニー・スパラノによると少なくとも第2Q途中までは1stチームがプレーするとのことです。先週の対アトランタファルコンズ戦でプレーしなかったWRブランドン・マーシャルやLBジェイソン・テイラー、そしてドルフィンズでのデビューとなるRBレジー・ブッシュもプレーするようです。こちらもどんなプレーを見せてくれるのか楽しみですね。

その他の注目ポイントはやはりランプレーが出るかどうかですね。ブッシュとダニエル・トーマスの走りも気になりますが、一番大事なところはオフェンシブラインです。相手ディフェンスをコントロールしてランプレーをサポートしてもらいたいです。





dolphin_one at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック GAME RECAP 

August 17, 2011

負け犬の遠吠え?

先日引退を発表した元ドルフィンズのLBチャニング・クロウダーがラジオのインタビューで、元チームメイトであるQBチャド・ヘニーとGMジェフ・アイルランドのことを批判していたようです。また、引退は今年限りで来シーズンは再びNFLでプレーしたい意向を持っているとのことです。

ヘニーについては、先発QBとして結果を残していないし、チームを勝利に導くことができないと言っています。そしてアイルランドについては、自分は嫌われておりアイルランドがいる限りドルフィンズではプレーしたくないというようなことを言っています。その一方でHCトニー・スパラノのことは好きで、彼のためなら喜んでプレーするそうです。

クロウダーがドルフィンズに在籍していた時は、別に好きでも嫌いでもなかったんですが、ドルフィンズの選手として期待もしていましたし応援もしていました。ただ、こうなってしまうと愛するチームに暴言を吐く嫌われ者で、非常に印象が悪いです。

確かにヘニーは結果を残していないし言われても仕方がない部分もあります。ただ、そういうクロウダーはどうかというと、こちらもほとんど結果を残していない期待外れの選手でした。自分のことは棚に上げて他人の批判をするのは言語道断、ちょっと意味は違うかもしれませんが、負け犬の遠吠えのようなものです。

クロウダーが来年NFLに復帰するとしても、ドルフィンズにアイルランドがいる限りはドルフィンズに復帰することはないでしょうが、仮にアイルランドがいなくてもドルフィンズにクロウダーは不要ですね。





dolphin_one at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック TOPICS