Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

June 2012

トレーニングキャンプ

マイアミドルフィンズの来るべき2012年シーズンに向けてのトレーニングキャンプの日程が正式に発表されました。公式ウェブサイトでも紹介されていますが、こちらのページの方がわかりやすいです。

http://www.sun-sentinel.com/sports/sfl-miami-dolphins-2012-training-camp-schedule-20120629,0,7430702.photo


これによると、7月27日に開幕して8月17日のカロライナパンサーズとのプレシーズンゲーム第2戦で終了するという内容になっています。ほぼ、4日練習して1日休みがあるというスケジュールです。

このトレーニングキャンプでは激しいポジション争いと最終ロースターへの生き残りをかけた選手間の戦いが期待されます。

いよいよ2012年シーズンが近づいてきましたね。楽しみです。





タイトエンド

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズのポジション別の歴代トップ10を紹介してる記事がありました。その中でタイトエンドについて見ると、1位はランディ・マクマイケルになっています。

マクマイケルは2002年にドラフト4巡目指名でドルフィンズに入団し、その後2006年シーズンまでドルフィンズでプレーしました。確かにそこそこ活躍した選手ではあったんですが、プロボウルにも選ばれていませんし、この結果を見るといかにドルフィンズがタイトエンドの選手に恵まれなかったかということがわかります。

他方、ニューイングランドペイトリオッツのオールプロTEロブ・グロンコウスキーは、先日6年間で総額5400万ドル(約42億6600万円)という大型契約を結びました。タイトエンドの重要性が増した近年のNFLで、ドルフィンズにもこのグロンコウスキーのような選手が現れてきませんかね。今年ドラフトされたTEマイケル・エグニューに期待したいですね。

ところで、ペイトリオッツといえば、先日WRチャド・オチョシンコを解雇しましたが、その解雇されたオチョシンコがドルフィンズのテストを受けるようです。オチョシンコは地元フロリダ出身で、昔からドルフィンズのファンだったということです。エースWRブランドン・マーシャルが抜けたドルフィンズですが、状態が良ければオチョシンコを加えるということもあるんでしょうかね。個人的にはあまり必要ないような気もしますが。

その他のニュースとしては、元エースRBのロニー・ブラウンがサンディエゴチャージャースと契約した模様です。チャージャースでもうひと花咲かせることができるのか、今やワイルドキャット要因としか見られていないところもありますが、新天地での健闘を祈ります。ちなみに、チャージャースには前述のマクマイケルがいます。





残るはあと3人

正式発表はまだのようですが、ドルフィンズはドラフト4巡目指名のRBラマー・ミラーと契約したようです。ミラーは地元マイアミ大学出身で、大学時代の通算では1918ヤードを走って16TDランを記録しています。またミラーはキックオフリターナーとしても起用されていました。

ミラーはドラフト4巡目まで指名されなかったんですが、実力から見れば1巡目で指名されてもおかしくない選手だったようです。ダニエル・トーマス、スティーブ・スレイトン、ジェローム・メッサムといった選手との第2RB争いが予想されていますが、場合によってはレジー・ブッシュに代わってエースRBを務める可能性もないとは言えないでしょうね。

これでドルフィンズのドラフト指名選手でまだ契約が完了していないのは、1巡目指名のQBライアン・タネヒル、3巡目指名のDEオリバー・バーノンとTEマイケル・エグニューの3人となりましたね。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
好きな時間に「聞き流すだけ!」の英語教材  スピードラーニング
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ