January 2017

January 21, 2017

Dolphins Daily News 1.21

2017年シーズンにドルフィンズはロンドンで試合を行うことが決定していましたが、正式な日付が発表されました。

それによると、レギュラーシーズン第4週に当たる10月1日にロンドンのウェンブリースタジアムで開催されることになりました。対戦相手は昨年発表のあったとおりニューオーリンズセインツで、ドルフィンズのホームゲーム扱いとなります。


DTダムコン・スーがプロボウルに出場しないことになりました。欠場の理由は軽微な医療措置ということですが、どこの部分という特定は明らかにされていません。スーについては今シーズンの試合で怪我の情報はほとんどなかったので、怪我をしているということではないと思いますが、プレーオフも含めて17試合に出場していますので、身体的な疲労のようなものは当然あるでしょうね。

そのスーの代わりの選手ですが、バッファロービルズのDTカイル・ウイリアムスになったようです。ちなみにドルフィンズの選手でプロボウルに選出されながら試合に出場しなかったのは2012年のOTジェイク・ロング以来です。

プロボウルはスーパーボウルの前週の1月29日にフロリダ州オーランドで開催されますが、4年ぶりにAFCとNFCのカンファレンス同士の対戦となります。過去3年間はカンファレンスに関係なく、選出選手を往年の名選手がドラフトしてチームを結成し試合を行う形式でした。

真剣味に欠けるとかいろいろと問題のあるプロボウルですが、個人的には試合を行う価値があまりないような気がします。ただ、試合をするならAFC対NFCという対戦のほうがオールスターゲームらしいと思います。


 

dolphin_one at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

January 20, 2017

Dolphins Daily News 1.20

ドルフィンズは新しいLBコーチの就任を発表しました。フランク・ブッシュという人で、NFLでのコーチ歴が24年という大ベテランです。ブッシュはLBコーチとアシスタントHCを兼任するようで、今までのアシスタントHC兼スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーはアソシエイトHC兼スペシャルチームコーディネーターとなります。

アシスタントとアソシエイトの違いは何かよくわからないんですが、単純に和訳すると同じような意味となっています。ただ、役職的にはリジーがブッシュの上位になるようです。

また、その他にはオフェンシブクオリティコントロールコーチだったクリス・クーパーが予定通りアシスタントオフェンシブコーディネーターに就任しています。

ブッシュは選手、スカウト、コーチとしてNFLに32年間関わっています。1985年にドラフト5巡目指名でヒューストンオイラーズに入団し、新人の年はLBとして11試合に先発出場しました。しかし翌年には怪我のために選手としてのキャリアを終えています。

その後、オイラーズでスカウト、LBコーチを歴任し、1995年から2003年まではデンバーブロンコスのLBコーチなどを歴任してブロンコスの2年連続スーパーボウル制覇に貢献しています。また、2009〜10年はヒューストンテキサンズでディフェンシブコーディネーターも務めました。

そして過去4年間はロサンゼルスラムズのLBコーチを務め、彼の指導の下でLBジェームス・ローリネイティスは100タックル以上を3シーズンで記録、またLBアレック・オグレツリーは昨年キャリア最高の136タックルを記録しています。

これだけ経験豊富な人なので、ブッシュは新しくディフェンシブコーディネーターに就任したマット・バークの補佐的な役割も果たすと思われ、そのためのアシスタントHCという職なんでしょうね。ちなみに、ブッシュとアダム・ゲイスの接点はないようです。 



 

dolphin_one at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

January 19, 2017

Dolphins Daily News 1.19

OGラレミー・タンシルが Professional Football Writers of America のオールルーキーチームに選出されました。今シーズンのタンシルは14試合に先発出場しましたが、内訳はLGとして12試合、LTとして2試合となっています。

なお、先日は同じく Professional Football Writers of America が選出するオールAFCチームにDTダムコン・スーが選ばれています。

タンシルについては来シーズンは本職であるLTとして起用されるのではないかという報道がされていますが、そうなると現在のLTブランデン・アルバートは構想外となって解雇されるということになります。

アルバートのサラリーが高いので十分考えられる話ですが、オフェンシブラインについては今シーズンもベストメンバーが揃うことが少なかったですし、有能な人材はなるべく手放したくないところです。

個人的にはもう1年アルバートを残して、その次の年からタンシルを正式に先発LTとして起用するのが得策ではないかと思います。


元ドルフィンズのOGダラス・トーマスがフィラデルフィアイーグルと契約しました。トーマスは2013年にドラフト3巡目指名でドルフィンズに入団しましたが、26試合に先発出場したものの、昨年10月にチームが1勝4敗の成績となった時に解雇されました。

トーマスについては何度も先発OGとして定着できるチャンスがありながら、ことごとく期待を裏切ってきました。パスプロテクションはよくなかったですが、ランブロックの能力は決して低くなかったように思えました。しかしそれも安定感がなかったですね。

ちなみにトーマスと一緒に解雇されたOGビリー・ターナーはボルチモアレイブンズと契約しましたがすぐに解雇され、その直後にデンバーブロンコスと契約して現在に至っています。



 

dolphin_one at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

January 18, 2017

Dolphins Daily News 1.18

昨日、アシスタントオフェンシブラインコーチを務めていたジェレマイア・ウォッシュバーンがシカゴベアーズのオフェンシブラインコーチに就任したというニュースをお伝えしましたが、そのウォッシュバーンの後任として可能性があるのが、現オフェンシブクオリティコントロールコーチのクリス・クーパーだということです。

その理由として、クーパーは元デンバーブロンコスのOGで、コーチとしての半分以上の時間をオフェンシブラインの練習に費やしたということです。2006年にドラフト5巡目指名でNFL入りし、2014年3月に引退するまでブロンコス一筋、プロボウラーではなかったですが、2010年にはチームキャプテンにも選ばれています。


Palm Beach Post の記事でドルフィンズはFAでWRアルション・ジェフェリーを獲得すべきだ、というものがありました。ジェフェリーは現在ベアーズの選手ですが3月にFAとなります。ちなみに2016年シーズンはベアーズからフランチャイズ選手の指定を受けていました。

ジェフェリーは2016年シーズンに4試合の出場停止はあったんですが、その他の12試合で52回のパスレシーブで821ヤードを獲得しています。また2015年シーズンにはベアーズのOCだったアダム・ゲイスの下でプレーしていましたので、ゲイスのシステムをよく知っています。

ただ、ドルフィンズにはジャービス・ランドリーとデバンテ・パーカーがいます。またケニー・スティルスがFAとなるんですが、昨年チームトップの9TDパスレシーブを記録したスティルスをみすみす手放すとは思えません。

しかしスティルスもFA市場ではランクの高いWRですから、もしかしたら他チームに持っていかれる可能性もあります。その場合にはジェフェリー獲得に動くのも1つの手かもしれませんが、ただジェフェリー獲得には多くのお金が必要になるでしょう。

LBを筆頭に補強ポイントが多いドルフィンズとしてはランドリー、パーカーが盤石なWRに多くのサラリーを費やすことは得策ではありません。ランドリー、パーカーにジェフェリーを加えたWR陣は大きな魅力ですが、現実的にはジェフェリー獲得の可能性は低いでしょうね。



 

dolphin_one at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

January 17, 2017

Dolphins Daily News 1.17

アシスタントオフェンシブラインコーチのジェレマイア・ウォッシュバーンがシカゴベアーズのオフェンシブラインコーチに就任するようです。ベアーズでは同職を務めていたデーブ・マガズが退団し、同職を務めるコーチが空席となっていました。

ドルフィンズではオフェンシブラインコーチを務めているクリス・フォースターがロサンゼルスラムズのオフェンシブコーディネーター就任の面談を申し入れられていたんですが、チームはこれを断っています。しかし、今回は断れなかったんでしょうか。ベアーズのHCはジョン・フォックスで、ドルフィンズのHCアダム・ゲイスは2015年はベアーズでオフェンシブコーディネーターを務めていたことも関係しているんですかね。

ちなみにウォッシュバーンは父親のジム・ウォッシュバーンとともに昨年ドルフィンズのコーチ陣に加わりました。父親はパスラッシュスペシャリストとしてドルフィンズのプレーオフ進出に貢献しています。

これでドルフィンズのコーチ陣で退団したのはディフェンシブコーディネーターだったバンス・ジョセフとウォッシュバーンの2人となります。今後も退団するコーチが出てくるかもしれませんが、ジョセフの退団に伴ってLBコーチが不在となっていますし、今回のウォッシュバーンの代わりも補充されることと思われます。



 


dolphin_one at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS