昨日に続いてESPNのFA予想、今日はNFLの各チームがターゲットとすべき選手を予想していました。それによると、ドルフィンズはピッツバーグスティーラーズのLBローレンス・ティモンズを獲得すべきとなっています。

ティモンズは2007年にNFL入りしてから欠場したのは2009年の2試合だけ、そして2010年から7年連続で90タックル以上を記録、特に2012年からは5年連続100タックル以上と非常に優秀です。

ただ、この予想は現実味が低いような気がします。まず第一にティモンズがスティーラーズから離れるとは思えません。またスティーラーズとドルフィンズはディフェンス隊形が違いますし、それに馴染むかどうかもわかりません。それに今年の5月には31歳となりますので長期契約のメリットは薄いでしょう。

まあ、火のないところに煙は立たずと言いますからそういう動きがあるのかもしれませんが、獲得にはそれなりに金額がかかると思いますし、難しいでしょうね。


正式発表はまだですが、ドルフィンズはジャクソンビルジャガーズとのトレードでTEジュリアス・トーマスを獲得しています。HCアダム・ゲイスはそのトーマスとFAとなるTEディオン・シムズを2人ペアで起用する構想を描いているようです。ということはシムズがドルフィンズと再契約することはほぼ間違いないと思われます。 

昨シーズンのシムズは脳震とうで欠場したこともありましたが、26回のパスレシーブで256ヤードを獲得して4TDパスレシーブを記録しています。ブロッキング能力に長けた選手ですが、要所でのパスレシーブはオフェンスの幅を広げてくれました。

決して派手ではないんですが堅実な活躍をする選手で、今シーズンの活躍が期待されます。