March 11, 2017

Dolphins Daily News 3.11

FA解禁2日目、この日もいろいろな動きがありました。

まず、FAで獲得したOGテッド・ラーセン、トレードで獲得したDEウイリアム・ヘイズの入団が正式に発表されました。それに伴ってDEアンドレ・ブランチ、LSジョン・デニーとの再契約、そしてSイサ・アブドル-クドゥスの解雇も発表されています。

それと新しい動きとしてピッツバーグスティーラーズからFAとなっていたLBローレンス・ティモンズとオークランドレイダースからFAとなっていたSネイト・アレンを獲得したことも発表しています。

ラーセンは2010年にドラフト6巡目指名でニューイングランドペイトリオッツに入団しましがが、その年の9月に解雇されています。そしてタンパベイバッカニアーズに移籍してからLGとしてNFLでのキャリアをスタートさせました。キャリアの大部分をLGとしてプレーしてきましたが、RGもこなせますし、控えのCとしてもプレーしていました。
 
またヘイズは2008年ドラフト4巡目指名でテネシータイタンズに入団しました。今年5月に32歳となりますので決して若いとはいえません。しかし、ランディフェンスには定評があるようで、昨シーズンのPro Football Focusの評価ではNFLで11位となっています。また過去5年間では年平均5.3個のQBサックを記録しています。ドルフィンズではバックアップのDEとなるでしょうが、そこそこ期待はできそうです。

そしてティモンズは2007年ドラフト1巡目(全体15番目)指名でピッツバーグスティーラーズに入団し、昨年まで10年間スティーラーズ一筋でプレーしてきた選手です。それだけに今回スティーラーズに残留しなかったのが不思議なくらいなんですが、今年の5月に31歳となる年齢がネックになったんでしょうか、スティーラーズ側もそれほど引き留めなかったということでしょうね。

ドルフィンズとの契約は2年間で総額1200万ドル(約13億7700万円)ということで、どちらかというと低額の契約に収まっています。ティモンズについて特筆すべきは10年のキャリアで欠場したのがわずかに2試合だけということです。LBという消耗の激しいポジションでほとんど怪我をしていないというのは驚異的とも言えます。

ドルフィンズではミドルLBのポジションを務めることになるでしょうが、スティーラーズ時代とディフェンス隊形が違ってきますので、その点が不安材料なんですが、ティモンズ自身は、ただボールを追いかけるだけだ、というようなことを言って特に問題としていないようです。今年1月のドルフィンズとのワイルドカードプレーオフでは14タックル、2QBサックを記録していますが、今度はその活躍をドルフィンズの選手としてやってもらいたいです。

最後にアレンについてですが、2010年にドラフト2巡目指名でフィラデルフィアイーグルスに入団して先発Sとして活躍しました。その後2015年にレイダースに移ったんですが、膝の靭帯を損傷してわずか5試合の出場に止まりました。昨シーズンは14試合に出場していますが、そのうち先発出場はわずか4試合だけでした。

アレンが先発Sとして使えるかどうかは正直言ってわからないところだと思います。ただ、アブドル-クドゥスが使えなくなってしまったので誰かでその穴を埋めなければいけない苦しい事情からアレン獲得に至ったとも言えます。一度大きな怪我をしてしまったので先発Sとしては苦しいかもしれませんが、可能性はあると思うので復活してくれることを望みます。



 

dolphin_one at 20:12│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NEWS 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔