NFL Networkが選出するトップ100選手の発表が行われていますが、ドルフィンズからはRBジェイ・アジャイとDEキャメロン・ウェイクが選出されました。アジャイは69位、ウェイクは62位となっています。

アジャイは2017年のトップ100の中でドルフィンズの選手としては最初に発表されました。昨年2年目のシーズンでアジャイはNFLの歴史に名を残す選手となりました。2試合連続の200ラッシングヤードを含む、シーズン3回の1試合200ヤード以上のラッシングを達成しました。また、昨シーズン記録した1272ラッシングヤードはドルフィンズのチーム史上3番目の記録となっています。

そしてウェイクは2015年シーズンにアキレス腱を断裂してシーズンの半分以上を欠場しましたが、2106年はその大怪我から見事な復活を遂げました。11.5QBサックはチームトップでNFL6位タイ、さらに自己最高の5ファンブルフォースを記録しています。

NFLトップ100選手の発表は5月1日から行われていて、ここまで61位まで発表されています。最後のトップ10が発表されるのは6月3日だということですが、ドルフィンズでは昨年はDTダムコン・スー、Sレシャッド・ジョーンズ、WRジャービス・ランドリーの3人が選出されています。

今年はすでにアジャイとウェイクが選ばれていて、あとはスーが選ばれるのは確実かと思います。ただ、ジョーンズは昨年怪我でシーズンの半分以上を棒に振っていますから今年は選ばれないでしょう。ランドリーもいままで出てこないということは選に漏れたんでしょうね。

NFLは32チームありますからその中から100人の選手を選ぶとなると単純計算で1チームから3人、となればスーが選ばれると順当といえるのかもしれませんね。まあ、均等に選ぶものでもないでしょうが。スーが何位になるのか楽しみです。