Miami Heraldのウェブサイトによると、Cマイク・パウンシーがトレーニングキャンプからプレシーズンゲームを全休するかもしれないと報じています。パウンシーは臀部の怪我で昨シーズンの大半を欠場し、現在もその治療が続けられているようです。

パウンシーは2013年から3年連続でプロボウルに選出されている優れた選手なんですが、持病とも言える臀部の怪我は年々悪くなっているような気がします。パウンシーが健康ならばドルフィンズのオフェンシブラインは大きく安定するんですけどね。

ただ、その怪我が完治しなければパウンシーの代わりを任せられる先発センターを探さなければいけないのですが、このオフにはそういう動きはありません。情報によると、現在FAとなっているベテランCニック・マンゴールドがいるんですが、ドルフィンズはマンゴールドと契約するつもりはないようです。

パウンシーがプレシーズンゲームだけでなくレギュラーシーズンゲームも引き続き欠場しなければならなくなれば当然現在の選手の中から誰かを起用しなければいけません。センターを務められる控え選手としてはクレイグ・アービック、アンソニー・スティーン、そしてテッド・ラーセンがいます。

スティーンは昨シーズンの開幕から先発を務めましたが、シーズン終盤にはアービックに先発の座を明け渡しています。実質的にプロ1年目だったので最後には息切れしてしまったような気がしますが、このスティーンが育ってくれれば3人の中で一番若いのでいいんですが。

今後パウンシーの怪我の回復具合がどうなるのかわかりませんが、来年のオフには本職のセンターの選手を本気で探さなければいけなくなるかもしれませんね。