NFLは9月10日の日曜日にマイアミで行われる予定だったドルフィンズの開幕戦、対タンパベイバッカニアーズ戦の変更を決定しました。具体的な変更日時はまだ発表されていませんが、明日には発表されると思われます。

変更にはいろいろな可能性が考えられますが、今のところ有力なのが2つの案で、両チームがバイウイークとなっている第11週に順延するという案と別な都市で同日に開催するという案です。

単純に考えると第11週に順延するのが適当だと思われますが、そうなると両チームは16試合を毎週連続で行うことになり、選手にとっては負担がかかります。だから選手の間ではその案には批判的となっています。

ちなみにこのようなケースは過去にもあり、1992年シーズンの開幕戦がハリケーン・アンドリューの影響で10月に延期されました。また2004年シーズンには開幕戦がハリケーン・アイバンの影響で前日の土曜日に行われ、さらにその2週後にはハリケーン・ジーンの影響で試合時間が変更になっています。

今回はどういう形になるのかわかりませんが、いずれにしても明日には結論が出るでしょうから、その発表を待つしかありません。個人的には、ホームゲームが少なくなるのは残念ですが、バイウイークをなくすことは避けてもらいたいです。