NFLの2017年のレギュラーシーズンゲームが開幕しました。恒例により前年のスーパーボウル王者であるニューイングランドペイトリオッツが全米で1試合だけの第1週の試合を行いました。対戦相手はカンサスシティチーフスだったんですが、結果は42-27という大差でチーフスが勝利しています。

27-14とペイトリオッツリードで前半を終了するところまで見ていたんですが、やっぱりペイトリオッツが勝つんだろうと思って、後半は見れませんでした。しかし、後になって結果を知って驚きました。

この試合については、ペイトリオッツファン、チーフスファン、そしてNFLのファンの方々がそれぞれの思いをいろいろなところで語られていることと思いますので、私自身コメントは特にありません。ただ、1つ思ったことは、こんな負け方をしても、ペイトリオッツは必ず来週以降巻き返してくるんだろうな、ということです。


さて、ご承知のとおり、ドルフィンズは第1週に予定されていたホームでの対タンパベイバッカニアーズ戦をハリケーン・イルマの襲来で順延せざるを得ませんでした。その結果、ドルフィンズとバッカニアーズは共に第2週以降で16試合を連続で毎週行うことになりました。

現在のようなバイウイーク制度が導入された1990年以降、今回のケースのように16試合を連続で行ったのは過去に延べ8チームあったようです。その中でプレーオフに進出したのは1992年のドルフィンズだけだったようです。ちなみにその時のドルフィンズはレギュラーシーズンを11勝5敗で終えてプレーオフに進出し、最終的にはAFC決勝でバッファロービルズに敗れています。

その他の7チームの成績はと言うと、1999年のサンディエゴチャージャースが唯一8勝8敗で負け越しを逃れただけで、ほとんどのチームが大きく負け越しています。まあ、成績が悪かったのはバイウイークがなかったからだとは言えませんが、少なからず影響していることは確かでしょう。

こういうデータが出てくるところはいかにもアメリカらしいんですが、データはあくまでも過去のものであり今シーズンのドルフィンズに対しては何の参考にもなりませんね。