NFLではまだ第1週の試合がほとんど行われていませんが、ドルフィンズは早くも第2週の対ロサンゼルスチャージャース戦に備えて西海岸に向かったようです。

ドルフィンズはハリケーン・イルマの影響で第1週の試合が順延となりましたが、そのハリケーンは最新の進路予報ではフロリダ半島を縦断する見込みで、大きな被害が予想されます。

ドルフィンズは金曜日(日本時間土曜日)の夜に南フロリダを離れて西海岸に行き、チャージャース戦の前の練習はロサンゼルスで行う予定だということです。ハリケーンが去った後も満足な練習が行えるかどうかわからないので、妥当な判断だと思います。また、これによってチャージャース戦に向けて十分な練習ができるのではないでしょうか。


ところで、今シーズンの開幕53人ロースターの中には5人のドラフト外新人選手が含まれていますが、それだけ多くのドラフト外新人がロースターに残ったというのも珍しいのではないでしょうか。その5人とはSモーリス・スミス、CBトリー・マッタイヤー、OTエリック・スミス、LBチェイス・アレン、Pマット・ハークです。

モーリス・スミスは大学4年生になる前にアラバマ大学からジョージア大学に転校しています。理由はフットボールでのプレー時間に不満を持っていたということですが、転校前の数週間にアラバマ大学で不当な待遇を受けていたようです。しかしスミス自身が語るところによると、その経験が自身のメンタル的な強さを育てたようです。

マッタイヤーはNFL入りするにあたってドルフィンズ以外のチームからのオファーもあったようです。マッタイヤー自身の決断もありましたが、ドラフト前にDBコーチのルー・アナルモが何回か声をかけてくれたこともドルフィンズ入りの決め手になったようです。

エリック・スミスはバージニア大学での2年間で46回クォーターバックに対するプレッシャーを許していたようですが、ドルフィンズでのプレシーズンで内容がよかったことがロースター入りにつながっています。

アレンはプレシーズンゲーム中に計34回のタックルを記録していますが、これはNFLで最多だったということです。LBのポジションは控えの層も厚いとはいえないので、アレンには期待しています。

ハークは左足で蹴るパンターですが、HCアダム・ゲイスによると、左利きのパンターはリターナーにとって難しいそうです。ほとんどのパンターが右利きでしょうから、練習でも当然右利きのパンターが蹴ったボールをリターンするでしょう。したがって、ボールの回転などが微妙に違うと思うのでそのあたりで戸惑うのでしょうか。

いずれの選手も長くドルフィンズでプレーしてもらいたいのですが、こういう新人選手が多数出てくるようになればチームの層も厚くなり強くなっていくんでしょうね。