NEWS

March 23, 2017

Dolphins Daily News 3.23

LBコア・ミーシーが契約の見直しを行いました。この見直しにより、今シーズン480万ドルだったミーシーのサラリーは280万ドルに下がる見込みだということです。

ミーシーは首を痛めて一時は選手生命も危ぶまれるほどだと言われていましたが、回復が見込めるということで、今年5月には復帰できる可能性もあるとのことです。ただし、ミーシーもすでに30歳となり、仮に怪我が完治したとしても先発LBとしてはやや厳しいかと思われます。

しかし、ミーシーが契約の見直しを行ってサラリーキャップの空きを増やしたということは、もしかしたら先日面談したLBザック・ブラウンと契約するのでしょうか。そのブラウンに対してドルフィンズはLBローレンス・ティモンズと締結した2年間総額1200万ドル相当の契約を提示しているようです。 

ただ、ティモンズとブラウンが同じFA選手で同額の契約というのはちょっと釣り合いが取れないとMiami Heraldのウェブサイトでは報じられています。その理由として次の3点があげられています。

1 昨シーズン、ブラウンはプロボウラーに選出されたがティモンズはされなかった
2 Pro Football Focusの評価ではブラウンが17位でティモンズが70位
3 ブラウンは27歳でティモンズより3歳若い

これで同じ契約内容というのはブラウンにとっては当然納得がいかないでしょう。ブラウンは古巣のバッファロービルズと面談したようですが、契約を締結したというニュースはありません。ドルフィンズが譲歩すればブラウン獲得の可能性はありますが、さてどうなるでしょうか。


OTエイブリー・ヤングとの契約が正式に発表されました。ヤングは昨年ドラフト外でニューオーリンズセインツに入団しましたが、リザーブリストに登録されていましたのでNFLでのプレー経験はありませんでした。ちなみにオーバーン大学時代には37試合中36試合に先発出場して両サイドのOGとRTとしてプレーしていました。

ところで、ドルフィンズのオフェンシブラインにはOTサム・ヤングもいますので、2人ともロースターに残ったら同じヤングでややこしくなりそうですね。



 

dolphin_one at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 22, 2017

Dolphins Daily News 3.22

ドルフィンズはLBキコ・アロンソと新たに4年契約を締結しました。これによりアロンソは2020年までドルフィンズでプレーすることになります。契約内容は4年間で総額2880万ドル(約32億500万円)と見られています。

アロンソとの契約延長は以前から報道されていたことなので驚きではないんですが、契約内容の特に金額は結構高かったです。年平均720万ドルということで、ドルフィンズはアロンソに期待していることがわかります。ちなみに同じLBで比較すると、先日ニューイングランドペイトリオッツと再契約したLBドンタ・ハイタワーは4年間で総額3550万ドル(約39億8000万円)で年平均887万ドルとなっています。

アロンソは昨年フィラデルフィアイーグルスとのトレードでCBバイロン・マックスウェルと共にドルフィンズに移籍してきました。当初はそれほど大きな期待はされていなかったと思うんですが、終わってみれば15試合に先発出場してチームトップの115タックル、2インターセプト、4パスディフェンスを記録してディフェンスの要として活躍しました。

今シーズンはFAでLBローレンス・ティモンズが加入したこともあり、アロンソはミドルLBからアウトサイドLBにコンバートされることが予定されています。アロンソの特性を活かすにはアウトサイドLBの方が適していると言われていますので、より大きな活躍が期待されています。


一方同じLBのポジションについてですが、バッファロービルズからFAとなっているLBザック・ブラウンがドルフィンズと面談しましたが、契約せずにマイアミを去っています。ただ、ブラウンとの契約が完全になくなったかというとそうでもないようです。

しかし複数年契約を望んでいるブラウンに対して、ドルフィンズは単年あるいは2年の契約で考えているようです。また金額的にも両者の間には隔たりがあるようで、現実的に考えるとブラウンとの契約はできそうにありません。ちなみにブラウンはこの後古巣のビルズと面談をする予定です。


また、ドルフィンズはディフェンシブラインマンのタイソン・アルアルとの面談を予定していたようですが、アルアルがピッツバーグスティーラーズと契約したためにキャンセルとなりました。先週DTドンタリ・ポーを逃したドルフィンズはDTの選手を探しており、今後もFA選手との契約を視野に入れています。元ドルフィンズのDTジャレッド・オドリックがFAとなっていますが、オドリックはマイアミに帰りたがっているようで、もしかすると単年での契約はあるかもしれません。


もうひとつ契約の話題です。正式発表はまだですが、エイブリー・ヤングというオフェンシブラインの選手と契約したようです。ヤングは昨年ニューオーリンズセインツでフットボール以外での故障者リストに登録されていた選手で、NFLでの実績がありません。ドルフィンズでは最終ロースターに残って控えのオフェンシブラインマンとして使えれば、という程度の契約だと思いますが、果たしてその実力はどうなんでしょうか。ちなみに怪我の方は完治しているようで、ポジション争いには十分加わっていけるようです。
 



 

dolphin_one at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 21, 2017

Dolphins Daily News 3.21

ドルフィンズはバッファロービルズからFAとなっているLBザック・ブラウンと面談を行っています。

ブラウンは2012年にドラフト2巡目指名でテネシータイタンズに入団して4年間タイタンズでプレーしましたが、昨年ビルズに移籍すると一気に成績が向上し、16試合すべてに先発出場し、149タックル、4パスディフェンス、4QBサック、1インターセプト、2ファンブルフォースを記録して自身初のプロボウルにも選出されています。

もしブラウンがドルフィンズに加わるとなると、キコ・アロンソ、ローレンス・ティモンズと共に強力なLBユニットが形成されることになりそうです。ただ、昨シーズンの成績から考えてもブラウン側はかなりの高額サラリーを求めてくると思うので、果たしてドルフィンズが金銭的にブラウンを獲得する余裕があるかどうかが懸念されます。

ちなみにブラウンは先週オークランドレイダースと面談を行ったようですが、金銭的に折り合いがつかなくてレイダースとは契約に至りませんでした。そのレイダースはブラウンを獲得できなかった代わりでしょうか、ドルフィンズからFAとなっていたLBジェラニー・ジェンキンスと契約しています。

ところでそのジェンキンスは昨年ドルフィンズでは怪我のために9試合の出場に止まりまた。2013年にドラフト4巡目指名で入団し2年目から先発LBに定着していたんですが、怪我が多かったことと、昨シーズンはミスタックルも目立っていました。レイダースとの契約内容は不明ですが、怪我さえなければ先発LBとしてプレーできる選手だと思います。

ブラウンとの面談の結果がどう出るのかわかりませんが、ドルフィンズもAFCで5番目にサラリーキャップの余裕が少ないチームとなっているようですので、金銭面でブラウンを満足させるような契約は難しいような気がしますが…その成り行きに注目したいと思います。 



 

dolphin_one at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 17, 2017

Dolphins Daily News 3.17

今週のドルフィンズにとって最も大きな話題であったDTドンタリ・ポーですが、ドルフィンズとの交渉が決裂した翌日、アトランタファルコンズと契約しました。契約内容は1年間で800〜1000万ドルだということです。

ポーはドルフィンズと交渉する前にファルコンズと面談しており、最終的にファルコンズに決めたということはドルフィンズとファルコンズを天秤にかけていたということでしょうね。これは推測ですが、どちらかといえばドルフィンズに行きたかったんじゃないでしょうか。

ドルフィンズがポーに対してどれだけの条件を提示したのかはわかりませんが、年俸とは別に保証とかプラスαのところで合意に達しなかったのかもしれません。

ポーに関しては2012年にドラフト1巡目指名(全体11番目)でカンサスシティチーフス入団しました。入団して最初の3年間はNFLでもトップクラスのパスラッシングDTとして活躍し、2013〜14年シーズンには2年連続でプロボウルにも選出されています。

しかし過去2年間は背中の故障に悩まされていたこともあったようで、必ずしもいいパフォーマンスをみせていなかったようです。昨シーズンは27タックルで1.5QBサックという平凡な記録に終わっています。ドルフィンズもそのあたりを考えて評価を下げたとも考えられます。

いずれにしても、これでドルフィンズはDTのポジションに関して、別な誰かを獲得するか、あるいは控えDTだったジョーダン・フィリップスを先発として起用するかということになります。個人的にはできればフィリップスにステップアップしてもらって、控えクラスのDTを補強するのがいいかと思います。


FAとなっていたOGジャーモン・ブッシュロッドと再契約しました。契約内容は明らかにされていません。

ブッシュロッドはHCアダム・ゲイスがシカゴベアーズから引っ張ってきた選手で、もともとはOTの選手だったんですが、ドルフィンズに来てOGに転向しました。そして昨シーズンは先発RGとして16試合すべてに先発出場しています。ちなみにドルフィンズのオフェンシブラインで16試合すべてに先発出場したのはブッシュロッドとRTジャワン・ジェームスだけでした。

ブッシュロッドは今年の8月には33歳となるので、おそらくドルフィンズで引退するものと思われます。今シーズンも先発RGとしてプレーするのかどうかはわかりませんが、今の選手層をみるとドラフトで有能なオフェンシブラインの選手が指名できなければブッシュロッドが先発ということになるのではないでしょうか。

ベテランらしい堅実なプレーをする選手ですので、今シーズンもドルフィンズのオフェンシブラインの一員としての活躍を期待しています。



 

dolphin_one at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 16, 2017

Dolphins Daily News 3.16

FAとなっているDTドンタリ・ポーがマイアミを訪れました。ドルフィンズとの面談はおよそ9時間にも及ぶ長丁場となったようですが、結局契約に至らずにマイアミを去ったようです。

それにしても9時間とは…ポーの方もできれば契約をしたかったようですし、ドルフィンズ側もかなり真剣だったように思います。ただ、やはり金銭的に無理だったんでしょうかね。ちなみにこの後はオークランドレイダースが興味を持っているようですので、案外レイダースと契約してしまうかもしれませんね。

ポーがドルフィンズのディフェンシブラインに加わればDTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイクと並び立つ姿は本当に豪華な布陣となったことでしょう。ただし、ポーが加入したからといって必ずディフェンスが大きく向上するという保証もないところが難しいですね。


ところで、スーについてESPNのウェブサイトで興味深い記事がアップされていました。その内容は、スーがドルフィンズに加わってからドルフィンズのディフェンスはよくなるどころか悪くなっているというものです。

スーは2015年にFAでドルフィンズに移籍しました。6年間で総額1億1400万ドル(約129億3900万円)という破格の契約で、ディフェンスの選手としては記録的な契約内容だったようです。

しかしドルフィンズのディフェンスは2015年はNFL25位、2016年は同29位で、ランディフェンスに限ってみると2015年が28位、2016年が30位と次第に悪くなっています。

ただ、スー自身の成績を見ると、その2年間でNFLの前DTの選手の中では、パスを叩いたのが11回でNFLトップ、133タックルと38ロスタックルはいずれも同2位、そして11QBサックは同7位と素晴らしい成績となっています。

フットボールはチームスポーツですし、ドルフィンズのディフェンスシステムは2015年と2016年とでは違っています。そうした中で必ずしも個人の成績とチームの成績が比例していかないというのは何か他の要因が影響しているからなんでしょうね。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスの成績とスー個人の成績がどうなるのかは終わってみなければわかりません。ディフェンシブコーディネーターが代わりますが、システム自体はそれほど変化はないと思います。今後の補強次第でしょうが、チーム史上ワーストを記録した昨シーズンよりは悪くなることはないと思います。



 

dolphin_one at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック