Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

NEWS

Dolphins Daily News 10.24―カトラー続報と怪我人情報

昨日の対ニューヨークジェッツ戦で肋骨を痛めたQBジェイ・カトラーですが、最新の情報では複数の肋骨にひびが入っているということが確認されています。

その結果、3日後に迫っている第8週の対ボルチモアレイブンズ戦への出場は不可能だと思われます。また、その後についてはまだはっきりとはわかりません。

レイブンズ戦にはマット・ムーアが先発QBとしてプレーすることになりますが、カトラーがプレーできないとなると控えQBがいなくなります。練習生のブランドン・ドーティを昇格させるのか、またはシーズン開始前に解雇したデビッド・ファレスを呼び戻すのか、いずれも一時的な措置になりますが、ちなみにHCアダム・ゲイスは今のところロースターを変更することは考えていないようです。


その他の怪我人情報ですが、ドルフィンズは5人の先発オフェンシブラインのうち4人が怪我をしている状態で、怪我をしていないのはRGジャーモン・ブッシュロッドだけということです。

ジェッツ戦の途中でひざを痛めて退いたLTラレミー・タンシルですが、怪我は深刻な状態ではないようでレイブンズ戦への出場は可能なようです。しかしLGアンソニー・スティーンは左足首の状態が悪く、もしかしたらレイブンズ戦には欠場し、代わりに控えCのジェイク・ブレンデルがLGを務めるかもしれません。

あとDEアンドレ・ブランチもジェッツ戦の途中で足の付け根を痛めて退きましたが、レイブンズ戦への出場は微妙となっています。また右足首を痛めて過去2試合を欠場しているWRデバンテ・パーカーですが、怪我からは回復しつつありますが、プレーできるかどうかはまだわかりません。


Dolphins Daily News 10.20―championship-caliber defense

シンシナティベンガルズなどで活躍した元QBのブーマー・アサイアソンがドルフィンズのディフェンスを championship-caliber defense と評しています。質の高い素晴らしいディフェンスという感じの意味でしょうか、しかしちょっと褒めすぎのような気がします。

この件に関してドルフィンズのDCマット・バークは記者から、アサイアソンの発言で選手たちが自信過剰にならないか尋ねられましたが、それに対して、多くのミスタックルをし、ビッグプレーを許しているということで、ディフェンスに関しては改善の余地があると指摘しています。

確かにドルフィンズのディフェンスはここまで平均失点はNFL3位の16.8点、ランディフェンスは同4位の80.4ヤード、そしてトータルディフェンスは同11位の315.4ヤードとなっています。しかしパスディフェンスについては同22位の235.0ヤード、インターセプトもわずか1つしか奪っていません。

アサイアソンは先週の対アトランタファルコンズ戦での内容からドルフィンズのディフェンスを高く評価したんでしょうが、まだまだチャンピオンシップを取れるようなディフェンスではないですね。ただし、ディフェンスバック陣のパスディフェンスが向上すれば、本当に素晴らしいディフェンスになると思いますので、期待しています。

バークについては自身キャリア初のディフェンシブコーディネーターということで不安があったんですが、ここまでは本当にいい仕事をしています。これからが楽しみですね。


Dolphins Daily News 10.19―Injury Report

第7週の対ニューヨークジェッツ戦の怪我人情報が掲載されていました。

脳震とうのプロトコル中のCマイク・パウンシーと足首を痛めて先週の対アトランタファルコンズ戦を欠場したWRデバンテ・パーカーが練習を行っていません。この2人はジェッツ戦も欠場する可能性が高いです。

あとはDEアンドレ・ブランチがひざを、CBザビアン・ハワードが足首を痛めて練習を行っていません。ブランチが出場できなければその代わりにはウイリアム・ヘイズとチャールズ・ハリスがローテーションすると思われます。

また、ハワードが出場できなければその代わりは誰になるんでしょうか。いずれにしてもCBのポジションは戦力ダウンが見込まれます。

その他にはRBジェイ・アジャイ(ひざ)、DEテレンス・フーデイ(肩)、CBバイロン・マックスウェル(足)、DTダムコン・スー(ひざ)が Injury Report に名前があがっています。これらの選手は心配ないと思いますが、プレー内容の悪かったマックスウェルはプレーさせてもらえるのかどうかわかりませんね。


Dolphins Daily News 10.13―Injury Report

今週末の対アトランタファルコンズ戦のInjury Reportが発表されています。

それによると、先週の対テネシータイタンズ戦で足首を痛めて途中欠場したWRデバンテ・パーカーは現地時間水曜日と木曜日の練習を休んでいます。おそらくファルコンズ戦への出場は難しいでしょうね。

昨シーズンは怪我で苦しんだパーカーですが、今シーズンは活躍の予感があったんですが、また怪我で苦しんでいます。大怪我ではないようなので長引くことはないと思いますが、次の試合は残念です。


ところで、先週のタイタンズ戦ではQBジェイ・カトラーがそのプレー内容の酷さから、地元のファンから "We want Moore" という大合唱を受けました。しかしWRジャービス・ランドリーはそんなファンの行為を非難して、カトラーのことを擁護しています。

まあ、確かにランドリーの気持ちもわかるんですが、カトラーのプレー内容はそれ以上に酷かった。しかも3試合連続ですからなおさらですね。ファンの気持ちとしてはドルフィンズを愛するが故ですので、心情的にはよくわかります。

ドルフィンズのファンならば、本当は誰もカトラーに罵声など浴びせたくはないでしょうが、まあこればかりはプロの勝負の世界ですから仕方ないでしょうけどね。

次の試合、パーカーが試合に出れないとなると、カトラーはまた苦しむでしょうね。なんとか素晴らしいプレーを見せてもらいたいんですが。


Dolphins Daily News 10.12―新アシスタントコーチ就任

先日辞任したオフェンシブラインコーチのクリス・フォースターに代わる新しいアシスタントコーチにデーブ・デガグリールモが就任したことを発表しました。ドルフィンズでの役職はシニアオフェンシブアシスタントということですが、実質的にはオフェンシブラインを指導することになるでしょう。

デガグリールモは25年のコーチ歴があり、そのうち12年間でNFLのアシスタントコーチを務めていましたが、2009〜11年までの3年間はドルフィンズでオフェンシブラインコーチを務めていました。

ドルフィンズを退団した後はニューヨークジェッツ、ニューイングランドペイトリオッツでオフェンシブラインコーチを、ロサンゼルスチャージャースでアシスタントオフェンシブラインコーチを歴任しています。

デガグリールモはアダム・ゲイスとは一緒に仕事をしたことはありませんが、今年の夏のトレーニングキャンプに訪れていたということです。その時はまさかドルフィンズのアシスタントコーチに就任するとは思ってもみなかったことでしょう。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ