Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

NEWS

Dolphins Daily News 12.14ーCBハワードが週間MVP

CBザビアン・ハワードが第14週のAFC週間最優秀守備選手に選出されました。ハワードは12月11日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦で2インターセプト、3パスディフェンスを記録して、ドルフィンズの27-20の勝利に大きく貢献しました。

ハワードが同賞を受賞したのはドルフィンズのCBとしては5回目で、過去にはサム・マディソン、テレル・バックリー、ブレント・グライムスが受賞しています。直近では2014年にグライムスが受賞していますね。また、ディフェンスの選手としては2015年のDEキャメロン・ウェイク以来の受賞となります。

今シーズンに関してはKコディ・パーキーが第2週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されており、ハワードの週間最優秀選手賞の受賞は2回目となります。

ちなみにハワードは第13週の対デンバーブロンコス戦でも2つのインターセプトを記録しており、2試合連続で複数のインターセプトを記録したのはドルフィンズのチーム史上でハワードが初めてとなっています。


ところで、第15週の対バッファロービルズ戦を前にしたInjury Reportが発表されていますが、ドルフィンズでは9人の選手が水曜日の練習を休んでいます。その中には週間最優秀選手賞を受賞したハワードも含まれており、内臓疾患ということですが、重症ではないと思われます。

その他にはDEアンドレ・ブランチ(ひざ)、OGジャーモン・ブッシュロッド(足)、QBマット・ムーア(足)、Cマイク・パウンシー(臀部)、DTダムコン・スー(ひざ)、CBコードレイ・タンカーズレイ(足首と肩)、Sマイケル・トーマス(ひざ)、そしてRBダミアン・ウイリアムス(肩)となっています。

ブッシュロッド、ムーア、タンカーズレイ、ウイリアムスの4人はペイトリオッツ戦を欠場していますが、次のビルズ戦の出場はどうなんでしょうか。ウイリアムスにはそろそろ帰ってきてもらいたいんですけどね。


Dolphins Daily News 12.13ー対ペイトリオッツ戦での評価

昨日行われたドルフィンズとニューイングランドペイトリオッツのマンデーナイトゲームをSun Sentinelのオマー・ケリー氏が評価しています。それによると次のようになっています。

パスオフェンス:A
ランオフェンス:A
パスディフェンス:A
ランディフェンス:A
スペシャルチーム:B
コーチング:A
評価の上がった選手:DTジョーダン・フィリップス
評価の下がった選手:TEジュリアス・トーマス

さすがにドルフィンズにとって快心の勝利だったのでA評価の連発なんですが、この中でフィリップスの躍進は本当に嬉しく感じました。

フィリップスは3年目となるんですが、シーズン開始前には先発DTとして大いに期待されていました。ところが、トレーニングキャンプに入って新人DTのダボン・ゴッドチョーに先発の座を脅かされるなど、プレー内容は今ひとつでした。

しかし、先週の対デンバーブロンコス戦と今週の対ペイトリオッツ戦でいずれもQBサックを記録するなど、非常にプレー内容が向上してきています。

ペイトリオッツとの試合では2年目のCBザビアン・ハワードやRBケニアン・ドレイクが目立っていましたが、このフィリップスの活躍もドルフィンズの勝利に貢献していたと思います。これからのさらなる成長に期待したいですね。

あと注目したいのはドルフィンズのディフェンスです。シーズン開始からしばらくはディフェンスが安定しており、NFLでトップ10のディフェンスを誇っていたんですが、5連敗中はそのパフォーマンスが急降下しました。

今シーズン中のディフェンスの立て直しは、ディフェンシブコーディネーターのマット・バークがNFLで初めての経験ということで、難しいのかと思っていましたが、ブロンコス戦、ペイトリオッツ戦と素晴らしい内容でした。

ブロンコスはオフェンスが不調だったので割り引いて考えなければいけなかったんですが、ペイトリオッツはNFLNo.1のオフェンスを誇っていただけに、それを抑えたのは偶然とかまぐれではないはずです。

一時は、来シーズンは新しいディフェンシブコーディネーターを、という声も聞こえ始めていただけに、この2試合でのディフェンスの内容はバークの評価を上げたのではないでしょうか。

残り3試合もこのまま安定したディフェンスを続けられるかが課題となりますが、バークには期待していいのではないかと思っています。


Dolphins Daily News 12.8―Walter Payton NFL Man of the Year

ドルフィンズは Walter Payton NFL Man of the Year の候補者としてWRケニー・スティルスを選出しました。

この賞はフィールド上での活躍に加えて、フィールド外での地域活動への貢献が認められた選手に与えられるもので、各チームの候補者の中から3人が最終候補者として選ばれ、最終的にその中の1人がスーパーボウルの前夜に同賞を受賞することになります。

ドルフィンズでは過去に、Cドワイト・スティーブンソン、QBダン・マリーノ、そしてDEジェイソン・テイラーが受賞しており、同一のチームから3人以上選ばれたのはわずかに7チームしかなく、ドルフィンズはそのうちの1つです。


第14週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦の Injury Report が発表されています。

ドルフィンズでは7人の選手が練習を欠席しています。DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、QBマット・ムーア、DTダムコン・スー、CBコードレイ・タンカーズレイ、Sマイケル・トーマス、そしてRBダミアン・ウイリアムスですが、このうちウェイクは怪我をしてなくて休養日だということです。

また、先週の対デンバーブロンコス戦をひざの怪我のために欠場したDTダボン・ゴッドチョーは練習に復帰していますが、限定的なメニューだったようです。同じくブロンコス戦で臀部を痛めて途中退場したCマイク・パウンシーも練習を行っています。


Dolphins Daily News 11.30―QBカトラーが復帰

脳震とうのため先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を欠場したQBジェイ・カトラーが復帰して練習を行いました。カトラーは次の対デンバーブロンコス戦に先発出場する予定です。

カトラーは2006年にドラフト1巡目指名でブロンコスに入団してNFLデビューを果たしており、3年間プレーした後に2009年にシカゴベアーズにトレードされています。古巣との対戦は2015年に続いて2度目となりますが、前回は17-15でブロンコスに敗れています。ちなみにその時のベアーズのオフェンシブコーディネーターは現在のヘッドコーチであるアダム・ゲイスでした。

その他の話題としては、練習生のRBデベオン・スミスをロースターに登録しています。ドルフィンズのRB陣はダミアン・ウイリアムスが肩を痛めており、セノリス・ペリーも脳震とうで、2人とも次のブロンコス戦には出場できないと思われます。したがって、RBはケニアン・ドレイクただ1人となってしまったので、スミスを登録しています。

ブロンコス戦でスミスがNFLデビューを飾ることは間違いなさそうですが、どんなプレーを見せるのか注目です。今年ドラフト外で入団したスミスですが、ミシガン大学時代の過去2年間では25試合に出場して1599ヤードを走り16TDランを記録しています。

また、ブロンコスからTE A.J.ダービーという選手を獲得しています。ダービーは今シーズン、ブロンコスで9試合に出場して19回のパスレシーブで224ヤードを獲得しています。ブロンコスの情報収集という目的での獲得だと考えられますね。


Dolphins Daily News 11.23―Injury Report

第12週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を前にしての怪我人情報ですが、先週の対タンパベイバッカニアーズ戦の前半に脳震とうを起こしたQBジェイ・カトラーはいまだに脳震とうのプロトコルに入っており、ペイトリオッツ戦への出場は微妙となっています。

HCアダム・ゲイスはカトラーが回復すれば先発QBとして起用するようですが、ひょっとしたら試合直前になるまで先発QBをカトラーにするのかマット・ムーアにするのか決められないかもしれません。

カトラーとムーアのいずれが先発してもペイトリオッツ相手には厳しいと思いますが、バッカニアーズを見る限りではムーアの方が可能性は感じるんですがどうでしょうか。ただ、ムーアはおよそ1か月前のボルチモアレイブンズ戦に先発して散々な内容だったんですけどね。

その他、バッカニアーズ戦で足を痛めたRGジャーモン・ブッシュロッドは練習をしていません。ブッシュロッドがプレーできなければRGにはジェシー・デービスが入り、RTにはサム・ヤングが入ります。ブッシュロッドは100%回復は難しいでしょうから、いずれにしてもオフェンシブラインの弱体化は否めません。

あとはLBステファン・アンソニー(大腿四頭筋)、DEウイリアム・ヘイズ(ひざ)、LTラレミー・タンシル(内蔵疾患)が練習を休んでいます。

空いていたロースターの枠に練習生だったLBネビル・ヒューイットが登録されました。ヒューイットは過去2シーズンで32試合すべてに出場していたんですが、今シーズンは怪我の影響もあって開幕前に解雇されていました。過去には先発LBも務めたこともあるヒューイットですが、ペイトリオッツ戦での出場機会はあるのでしょうか。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ