Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

NEWS

Dolphins Daily News 11.19―LBマウアルーガを解雇

第11週の対タンパベイバッカニアーズ戦を直前に控えたこの時、ドルフィンズはベテランLBレイ・マウアルーガを解雇しました。その代わりに練習生のRBデベオン・スミスをロースターに登録しています。

マウアルーガの解雇については、詳しいことはわかりませんが犯罪を犯して逮捕されたことが原因のようです。不調のチームにまたも暗いニュースとなってしまいました。

マウアルーガは8月にドルフィンズと契約しました。先発ミドルLBとして期待していた新人のレークワン・マクミランがシーズンアウトの怪我をしたためですが、マウアルーガはこれまで6試合に出場して23タックルを記録しています。LBとしてはベテランらしい働きをしており、また最近ではオフェンスのプレーにも参加したりしていました。

チーム状態が悪くてチームが1つにならなければいけないこの時期に、このような不祥事が起こってしまうということはチーム内に何か問題があるのでしょうか。この事件がチームの士気に影響しなければいいのですが、これで明日のバッカニアーズ戦に敗れでもすれば、チームは一気に落ち込んでしまいそうで心配です。

ここはHCアダム・ゲイスがどのようにチームをコントロールするのか注目されます。


Dolphins Daily News 11.11―Injury Report

第10週のマンデーナイトゲーム、対カロライナパンサーズ戦の怪我人情報が発表されています。

ドルフィンズは今週DTダムコン・スーが練習を休んだりしていましたが、直近の練習には参加しており、パンサーズ戦への出場は可能のようです。ただ、先週の対オークランドレイダース戦でひざを痛めており、体調としては万全ではないかもしれません。

心配なところはRTジャワン・ジェームスとSマイケル・トーマスです。ジェームスはハムストリングを痛めているようで、パンサーズ戦には出場できないでしょう。

ジェームスの代わりにはレイダース戦で先発LGを務めていたジェシー・デービスが先発RTとしてプレーするようです。そしてLGには故障者リストから復帰したテッド・ラーセンが今シーズン初出場を果たします。

またトーマスに関してはひざを痛めて今週は練習を全休しており、パンサーズ戦への出場は難しいかもしれません。レイダース戦では先発Sを務めていたトーマスですが、その穴は出場停止から復帰したT.J.マクドナルドが務めるので特に問題はないと思いますが、トーマスはスペシャルチームとしての活躍も貴重です。そこが欠けるのが痛いかもしれません。

ところでマクドナルドですが、まだ正式にロースターに登録されていません。パンサーズ戦までには登録されるでしょうが、代わりに解雇する選手を誰にするのかが決まっていないんでしょうか。ひょっとしてジェームスがシーズンアウトで故障者リスト入りという可能性もあるんでしょうか。


Dolphins Daily News 11.9―DTスーがオールプロに選出

DTダムコン・スーがPro Football Focusが選ぶミッドシーズンオールプロチームに選出されています。

スーはこれまで24タックル、3.5QBサック、2ファンブルフォースを記録しています。24タックルはドルフィンズのディフェンシブラインマンの中では最多、また3.5QBサックはDEキャメロン・ウェイクに次いで2番目の成績です。


OTザック・ステラップとの契約が正式に発表されました。そのステラップのフルネームがザック・トーマス・ステラップというそうで、ドルフィンズファンにとっては非常に興味深い名前です。

ザック・トーマスといえば、古くからのドルフィンズファンの方ならよくご存知で、1990年代後半から2000年代前半にかけてドルフィンズのハート&ソウル、ディフェンスの要として活躍した選手です。

ポジションは違いますが、同じ名前を持っているステラップにはドルフィンズの一員として活躍してもらいたいですね。


Dolphins Daily News 11.8―Sマクドナルドが復帰

シーズン前半の8試合が終了しました。マイアミドルフィンズは4勝4敗で折り返すわけですが、この成績をどう見るかはいろいろと評価が分かれるかもしれません。

QBライアン・タネヒルの負傷、オフェンスの歴史的な大不振、アシスタントコーチの不祥事、そしてプロボウルRBジェイ・アジャイの放出とネガティブな話題が多かったシーズン前半なんですが、それでも勝率5割を保ってプレーオフ進出の可能性を残しているというのは、ある意味では不思議な状況なのかもしれません。

さて、8試合を消化したということで、出場停止処分を受けていたS T.J.マクドナルドがいよいよ復帰してきます。チームにとっては先発Sを務めていたネイト・アレンがシーズンアウトになったのですが、マクドナルドがその代わりを務めるということで戦力ダウンにならない、というよりも逆に戦力アップとなる可能性があります。

ディフェンスバック陣のパスディフェンスが不調なドルフィンズにあって、このマクドナルドの復帰がディフェンス向上のきっかけとなってくれればと願っています。


ドルフィンズはクリーブランドブラウンズの練習生だったOTザック・ステラップという選手と契約しました。このステラップは昨年ドラフト外でカンサスシティチーフスに入団しましたが、その後ニューヨークジェッツ、ブラウンズと所属を変わっています。いずれもNFLでのプレー経験はなく、練習生として過ごしていたようです。

ステラップと契約した背景にはRTジャワン・ジェームスの怪我の影響があります。ジェームスは先日行われた対オークランドレイダース戦でハムストリングを痛めて途中退場しています。現在の怪我の状況がわかりませんが、次の対カロライナパンサーズ戦への出場は無理なのではないかと思います。

ジェームスがプレーできないとなると、その代わりを務めるのはサム・ヤングかジェシー・デービスと考えられています。デービスはレイダース戦では先発LGだったんですが、LGには怪我から復帰したテッド・ラーセンが入ると思われますので、デービスはRTとしてプレーすることも可能です。ただ、ヤングとデービスのどちらを起用するのかはわかりません。

今回契約したステラップは身長203cm、体重143kgと非常に恵まれた体格を持っています。ドラフト外入団選手ですから多くは期待できないかもしれませんが、ドルフィンズで花開いてくれればいいのですが。大きなラインマンは相手ディフェンスにとってもやりにくいでしょうから。

ちなみにNFLのルールによると、他チームの練習生と契約したら、その選手は必ず53人ロースターの中に登録しなければいけないことになっています。


Dolphins Daily News 11.5―OGラーセンが故障者リストから復帰

レギュラーシーズン開始前に上腕二頭筋を痛めて故障者リストに登録されていたOGテッド・ラーセンがロースターに復帰しました。明日の対オークランドレイダース戦に出場すると思われます。

ラーセンについてはすでに練習を始めており、レイダースとの試合に間に合うかどうかというところだったんですが、最終的にロースターに登録されたということはプレーできる状態になったということでしょう。

ラーセンが復帰したことにより、ドルフィンズのオフェンシブラインはやっとベストメンバーが揃ったことになります。これによりLTラレミー・タンシルの負担が減り、オフェンシブラインが上手く機能することを期待したいです。

タンシルは今シーズンから先発LTとなりましたが、LGの選手が不安定なためにそれが影響してプレー内容がよくなかったんですが、これで安定してくれればいいんですが。

明日のレイダース戦はやはりオフェンシブラインのプレー内容がポイントとなるでしょうね。
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ