Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

TOPICS

ウェブサイトリニューアルのご案内

いつもこのブログをご覧いただき、どうもありがとうございます。

新年を迎えるにあたって、この度当ブログおよび『どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜』をリニューアルしました。新しいウェブサイトのアドレスは次のとおりです。

https://dolphin-one.wixsite.com/dolfanwebsite

今年3月にどるふぃんわんホームページが満20周年を迎えることもあり、サイトのリニューアルを考えていましたが、意外に早く形を作ることができましたので、試験的に公開いたしました。

まだできたばかりで内容が薄く、いろいろと不具合もあるかもしれませんが、記事はきちんと読めると思いますので、よろしければまたご覧ください。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


Dolphins Daily News 1.2ー来シーズンの対戦相手、ドラフト順位が決定

2017年シーズンの終了に伴って、2018年シーズンの対戦相手とドラフト指名順位が決定しています。

まず2018年シーズンの対戦相手ですが、次のようになっています。

【ホーム】
バッファロービルズ、ニューイングランドペイトリオッツ、ニューヨークジェッツ、ジャクソンビルジャガーズ、テネシータイタンズ、オークランドレイダース、シカゴベアーズ、デトロイトライオンズ

【アウェイ】
バッファロービルズ、ニューイングランドペイトリオッツ、ニューヨークジェッツ、ヒューストンテキサンズ、インディアナポリスコルツ、シンシナティベンガルズ、グリーンベイパッカーズ、ミネソタバイキングス

この中で今シーズンにプレーオフに進出したチームはビルズ、ペイトリオッツ、ジャガーズ、タイタンズ、バイキングスの5チームとなっています。またその他、2016年シーズンにプレーオフに進出したチームはペイトリオッツ、レイダース、テキサンズ、パッカーズ、ライオンズの5チームとなっており、対戦相手としては結構ハードではないかと思います。


また、ドラフト指名順位は全体の11番目となりました。ドルフィンズと同じ6勝10敗はサンフランシスコ49ersとレイダースがあったんですが、タイブレークでドルフィンズよりも早い指名順となっています。

ちなみにESPNのドラフトランキングによると、11番目に優れた選手はテキサス大学のOTコナー・ウイリアムスという選手だそうです。OTのポジションもドルフィンズには必要なんですが、最終的に誰を指名するのかは当日にならないとわかりません。場合によっては指名権のトレードなどもあるかもしれませんしね。いずれにしてもこれから各メディアの専門家などがいろいろな予想をしてくると思います。


Dolphins Daily News 12.30ーSトーマスが故障者リスト入り

Sマイケル・トーマスを故障者リストに登録したことを発表しました。その代わりにバッファロービルズを解雇されていたSトラエ・エルストンという選手と契約しています。

トーマスはスペシャルチームのキャプテンとしてプレーし11スペシャルチームタックルを記録していました。また2014年以来54スペシャルチームタックルを記録していますが、これはNFLでトップの数字だということです。右ひざを痛めていたトーマスは過去2試合を欠場しており、明日の対ビルズ戦にも出場できないことから故障者リスト入りとなりました。

ドルフィンズには2013年から在籍していますが、印象に残っているのは2013年12月の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で試合終了間際にQBトム・ブレイディのパスをエンドゾーン内でインターセプトして勝利に貢献したことでした。トーマスはその試合がNFLデビューだったんですが、その活躍が認められてAFC週間最優秀守備選手に選出されました。

今シーズン終了後は無制限FAとなる予定だそうですが、スペシャルチームの要として、また控えのディフェンスバックとしても貴重な選手ですので、来シーズンも是非ともドルフィンズに戻ってきてもらいたいと思います。

新加入のエルストンは今シーズンはフィラデルフィアイーグルスで1試合に出場した後、ビルズで1試合の先発を含む13試合に出場し、15タックル、1インターセプトを記録していましたが、12月28日にビルズを解雇されていました。


レギュラーシーズン最終戦の対ビルズ戦に向けての最終の Injury Report が発表されましたが、ドルフィンズはLTラレミー・タンシルが足首の怪我のために出場できない見込みです。代わりに出場するのはOTザック・ステラップとなりそうですが、オフェンシブラインが不安です。

その他にはDEキャメロン・ウェイクが内臓疾患のためにQuestionable登録となっていますが、シーズンの最終戦ですしおそらく出場するでしょうね。あと1つで通算5回目のシーズン二桁QBサックとなりますので、是非ともQBサックを決めてもらいたいです。


Dolphins Daily News 12.29ーOGブッシュロッド、QBカトラー、OTステラップ

OGジャーモン・ブッシュロッドが2017年の Good Guy Award に選出されました。

この賞は南フロリダのプロフットボール記者協会が選出するもので、メディアとの関係において最もプロフェッショナリズムを発揮したと思われる選手に与えられるものです。過去においては2001年にLBザック・トーマスが、2016年にはSマイケル・トーマスが受賞しています。

ブッシュロッドは昨シーズンからドルフィンズの先発RGを務めていましたが、12月20日に故障者リストに登録されました。元々はOTの選手なんですが、ドルフィンズではNFLで初めてのOGを務め、不慣れなポジションだったにも関わらず昨シーズンのチームのプレーオフ進出に貢献しました。

今シーズンはもうプレーできませんが、来シーズンの動向が気になります。年齢的にも峠は越した選手ですし、このまま引退ということも考えられますが、本人はまだその決定はしていないようです。ただ、来シーズンにブッシュロッドの居場所がドルフィンズにあるかというと、それは疑問です。

ブッシュロットと同様の立場にあるのがQBジェイ・カトラーです。カトラーは怪我をしているわけではないのですが、来シーズンもドルフィンズに在籍するかというと、まずその可能性はないと思われます。

来シーズンの先発QBはライアン・タネヒルで、もしカトラーがドルフィンズに残るとしても控えQBという位置づけになります。しかし、カトラー自身は来シーズンもNFLでプレーすることを望んでいるようですが、あくまでも先発QBにこだわっているようです。そうなると、ドルフィンズはおろか他のチームでもカトラーと契約するチームはないでしょう。実際にカトラーが今年引退した背景にはそれがあったと思われます。

ちなみにドルフィンズはタネヒルが先発QBとなるでしょうが、控えQBをドラフトで指名する可能性は高いと思います。現在の控えQBマット・ムーアがどうなるかわかりませんが、タネヒルも来年は30歳となりますし、絶対に将来性のある若いQBを獲得しなければいけないと思います。


最後に、今年11月にドルフィンズと契約したOTザック・ステラップの話題ですが、次の対バッファロービルズ戦に向けてステラップが1stチームで練習を行っています。これは先発LTラレミー・タンシルが怪我で練習を休んでいるためで、タンシルは足首を痛めていてまったく練習を行っていません。

もしかするとビルズ戦にはタンシルは出場できないかもしれないので、そうなるとステラップがNFLで初めて先発出場する可能性が出てきています。NFLでの実績がまったくないに等しいステラップがいきなり先発してどうなるのか、これはやってみないとわからないですが、試してみる価値はあるかもしれません。

ただし、ベストなのはタンシルが回復してプレーしてくれることなんですが、怪我をした箇所が足首だけに出場できたとしても満足なプレーはできないでしょうかね。ステラップのフルネームは、ザック・トーマス・ステラップであることもあり、サプライズを期待したいですね。


Dolphins Daily News 12.28ーDTスーがチームMVPを受賞

2017年シーズンの南フロリダのメディアによるチーム表彰の発表が行われ、DTダムコン・スーがチームMVPである Dan Marino Most Valuable Player に選出されました。

スーはもちろん初めての受賞ですが、DTの選手としてもチームMVPの受賞はスーが初めてとなっています。またディフェンスの選手としては12人目の受賞となりました。

今シーズンのチームMVPを考えると、スーの受賞は順当と言えます。というか、オフェンス、ディフェンスを見渡してもMVPと言えるのはスーしかいませんね。スーはこれまでの15試合で45タックル、4.5QBサック、9ロスタックル、12QBヒット、2パスディフェンス、2ファンブルフォースを記録しています。

またフィールド内外でのリーダーシップが評価される Don Shula Leadership Award にはDEキャメロン・ウェイクが、スポーツマンシップや勇気の模範となる選手に贈られる Ed Block Courage Award にはCマイク・パウンシーが、そして南フロリダ地域への貢献が評価される Nat Moore Community Servise Award にはWRケニー・スティルスが選出されています。

ウェイクの受賞は通算4回目で、DEジェイソン・テイラーと並んで最多受賞となっています。またスティルスの受賞は昨シーズンに続いて2年連続となります。なお、Nat Moore Community Servise Award を2年連続で受賞するのはスティルスが4人目で、過去にはFBルーサカ・ポライト(2009-10)、LBブライアン・コックス(1994-95)、Pブランドン・フィールズ(2011-13)が連続で受賞しています。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ