TOPICS

March 27, 2017

20年目を迎えます

どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜 は1998年3月28日の開設以来19年を迎え、20年目に突入します。また、このDol-Fan Blogも2009年1月の開設以来、9年目に入っています。

この時期にいつも思うことですが、本当にここまでよく続けてこれた、と思います。ホームページやブログに訪れていただいている方々には本当に感謝しています。特にホームページの開設当初からお付き合いいただいている方がどれくらいいらっしゃるのかわかりませんが、この場を借りてお礼を申し上げます。

19年といいますが、なにかあっという間という感じで、ホームページを開設したのが昨日のように思い出されます。確か最初にホームページでお伝えしたニュースはSブロック・マリオンがドルフィンズに移籍した話題だったと記憶しています。しかしよく考えると、その間ドルフィンズのヘッドコーチも9人変わっているんですから、そういう意味では歴史を感じます。

このブログにも時々コメントを寄せていただいていますが、その都度お応えができずに申し訳ありません。しかし、私自身、ホームページやブログを更新し続けることがお寄せいただいたコメントへのお返しだと思っておりますので、ご容赦のほどお願いします。

これからもここを訪れていただいているすべてのドルフィンズファン、そしてNFLファンの方々に感謝しつつ、ホームページやブログを続けていきたいと思いますので、変わらぬお付き合いを何卒よろしくお願いします。 



 

dolphin_one at 20:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 25, 2017

3人目の先発ラインバッカーは?

先発LBのアップグレードが必要だったドルフィンズは、FAでローレンス・ティモンズを獲得しました。さらに昨年トレードで獲得したキコ・アロンソと2020年までの契約延長を締結しました。これによって、今シーズンの先発LBのうち2人は確定したことになりますが、もうひとりは誰になるのか、まだ確定ていません。

その候補となるのがFAのザック・ブラウンです。ドルフィンズとブラウンは今週初めに面談を行いましたが、その時は契約をしませんでした。その後ブラウンは古巣のバッファロービルズと面談しましたが、こちらとも契約をしていませんが、どうやらビルズに復帰する可能性はなくなったようです。ビルズはドルフィンズ以上にサラリーキャップの余裕がないようなので、ブラウンと再契約するお金がないと思われます。

そうなるとブラウンの落ち着く先はドルフィンズか、それ以前に面談を行っていたオークランドレイダースのどちらかに絞られたと言ってもいいと思います。これは推測なんですが、ブラウン自身はドルフィンズの提示している金銭面などの条件がもっとよければ、というところではないでしょうか。

もしブラウンが獲得できなければ2つ目の選択肢としては先日契約の見直しを行ったコア・ミーシーが務めると思われます。ただ、ミーシーの場合は首の怪我の回復具合が不透明で、なおかつ年齢が30歳なのでそのあたりのリスクがあります。先発LBとして平均的な実力は備えていると思いますが、ディフェンスの向上を期待するには厳しいでしょう。

そして3つ目の選択肢はドラフトで新人選手を獲得することです。今年のドラフトでLBを指名する可能性は高く、予想では1巡目指名でテンプル大学のハッサン・レディック、バンダービルト大学のザック・カニンガム、そしてフロリダ大学のジャラッド・デービスなどの名前があがっています。

この3つの中で現時点で一番可能性が高いのはミーシーです。しかしもしミーシーが使えないとなると若手のネビル・ヒューイットかマイク・ハルに期待するしかないのですが、いずれも先発LBとしては物足りないものがあります。

一番いいのはブラウンが加入してくれて昨年の実績どおりの力を発揮してくれることなんですが、これは本当にどうなるかわかりません。ちなみにブラウンに関しては新人の年に現ドルフィンズのLBコーチであるフランク・ブッシュに指導を受けているということで、その繋がりからもドルフィンズに来てくれる可能性があると思っています。

いずれにせよ、ドラフトもあと1ヶ月後に迫ってきていることもあり、もうそろそろスッキリと決まってくれることを望んでいます。



 

dolphin_one at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 19, 2017

ドラフト1巡目指名候補選手

今年のドルフィンズのFAも一段落した感がありますが、今後まだ多少の動きがあるかもしれません。それと並行して、これからはドラフトの話題が多くなってくるのではないかと思います。

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズのドラフト1巡目指名選手の予想が紹介されていました。それによると様々な選手の名前があがっているようです。

LBハッサン・レディック(テンプル大学)
DEデレック・バーネット(テネシー大学)
Sジャブリル・ペッパーズ(ミシガン大学)
DEタコ・チャールトン(ミシガン大学)
TEデビッド・ニョック(マイアミ大学)
OLBティム・ウイリアムス(アラバマ大学)
OGフォレスト・ランプ(ウエスタンケンタッキー大学)
LBザック・カニンガム(バンダービルト大学)
DLタッカリスト・マッキンレイ(UCLA)
DEジョーダン・ウイリス(カンサス州立大学) 

ざっと見渡すとやはりディフェンスの選手が多く予想されていますが、この中の誰かになるか、または別の誰かになるかはドラフト当日になってみないとわからないところです。

ドルフィンズのドラフト1巡目指名は全体の22番目なので、なかなか意中の選手を指名することは難しいと思われます。したがって、その時点で最も優れた選手を指名するのではないかと思います。

NFLメディアのアナリストであるダニエル・ジェレマイア氏がドラフト指名候補選手の50位までのランキングを発表していますが、上記の選手でそのランキングに入っている選手は、ニョックが最も高くて12位、次いでバーネットが13位、ランプが14位、マッキンレイが20位、チャールトンが23位、レディックが26位、ペッパーズが30位、ウイリアムスが41位、ウイリスが45位となっていて、カニンガムはランク外となっています。

ドルフィンズが指名する選手としては順当にいけばLBかDEというところに落ち着くのではないかと思いますが、これらの選手の評価も今後変わってくる可能性もありますし、本当に蓋を開けてみなければわかりませんね。どのポジションのどういう選手が指名されるのか、今から楽しみです。



 

dolphin_one at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 26, 2017

2016 SEASON REVIEW

どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜 で2016年シーズンの MIAMI DOLPHINS SEASON REVIEW をアップしました。シーズン終了からかなり経過してしまいましたが、やっとアップすることができました。

http://www.dolphin-one.com/MDmain.html


また、YouTubeに2016年のドルフィンズのすべてのTDが見られる動画がアップされていましたので、お楽しみください。

2016 MIAMI DOLPHINS ALL TD






dolphin_one at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 01, 2017

Happy New Year !!

新年明けましておめでとうございます。本年も どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜 をどうぞよろしくお願いします。

昨年のドルフィンズは新ヘッドコーチ就任から始まって、最後は8年ぶりのプレーオフ進出という嬉しい出来事で終わった、実りあるシーズンであると同時に今後に期待を抱かせる1年だったと思います。新しい年になりましたが、ドルフィンズの2016年シーズンはまだ終わっていませんので最後まで見届けていきたいと思います。

昨年1年、どるふぃんわんホームページおよび当ブログにご来訪いただいたすべての方に感謝いたします。本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いします。

新しい年がすべてのドルフィンズファン、そしてNFLのファンの方にとって素晴らしい年になりますことを願っています。




 

dolphin_one at 17:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック