Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

TOPICS

Dolphins Daily News 12.20ーSジョーンズがプロボウルへ

NFLではプロボウル選出選手の発表があり、ドルフィンズからはSレシャッド・ジョーンズがただひとり選ばれました。

ジョーンズは2015年シーズンに次いで2度目のプロボウル選出です。前回は代替選手としての選出でしたが、今回は先発選手としての選出となりました。

今シーズンのジョーンズはこれまで14試合すべてに先発出場して、チーム2位の99タックル、そして0.5QBサック、2インターセプト、3ファンブルリカバー、4パスディフェンスを記録しています。

ジョーンズはファンブルリターンTDを2度記録していますが、これは今シーズンのNFLでは唯一の選手となっています。また99タックルはAFCのセーフティの選手としてはトップの成績です。ジョーンズは10月8日の対テネシータイタンズ戦で38ヤードファンブルリターンTDを、そして11月26日の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で14ヤードファンブルリターンTDを記録しています。

ちなみにドルフィンズでは昨シーズンは代替出場も含めて4人の選手がプロボウルに選出されています。DTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイク、WRジャービス・ランドリー、そしてRBジェイ・アジャイでした。

しかし今シーズンは今のところジョーンズだけです。今後代替出場で誰かが選ばれる可能性がありますが、もしこのままひとりしか選ばれないとなると、2007年シーズンにDEジェイソン・テイラーがひとりだけ選ばれて以来のことになります。

プレー内容で見るとジョーンズの他にスーも選ばれてもいいと思うのですが、プロボウルの選出はチームの成績に比例するようなところもありますから、ある程度仕方がないと思います。ただ、スーやランドリーは代替選手として選ばれる可能性は高いと思います。

また、スペシャルチーム選手でマイケル・トーマスも選ばれてもいいと思いますが、その部門ではペイトリオッツのマシュー・スレイターが選ばれています。スレイターは今シーズンはわずか7試合しか出場していませんが、トーマスは13試合に出場してチームトップの11スペシャルチームタックルを記録しています。これは明らかに不適切な選出だと言わざるを得ません。

まあ、プロボウルもその存在価値そのものが毎年のように議論の的になっていますし、人気投票の要素もありますので、プロボウルに選ばれなかったからと言ってその実力が疑われるものでもありません。プロボウルというものを残すのならばしっかりとした評価方法や選出の仕方を考えるべきではないでしょうか。


Dolphins Daily News 12.13ー対ペイトリオッツ戦での評価

昨日行われたドルフィンズとニューイングランドペイトリオッツのマンデーナイトゲームをSun Sentinelのオマー・ケリー氏が評価しています。それによると次のようになっています。

パスオフェンス:A
ランオフェンス:A
パスディフェンス:A
ランディフェンス:A
スペシャルチーム:B
コーチング:A
評価の上がった選手:DTジョーダン・フィリップス
評価の下がった選手:TEジュリアス・トーマス

さすがにドルフィンズにとって快心の勝利だったのでA評価の連発なんですが、この中でフィリップスの躍進は本当に嬉しく感じました。

フィリップスは3年目となるんですが、シーズン開始前には先発DTとして大いに期待されていました。ところが、トレーニングキャンプに入って新人DTのダボン・ゴッドチョーに先発の座を脅かされるなど、プレー内容は今ひとつでした。

しかし、先週の対デンバーブロンコス戦と今週の対ペイトリオッツ戦でいずれもQBサックを記録するなど、非常にプレー内容が向上してきています。

ペイトリオッツとの試合では2年目のCBザビアン・ハワードやRBケニアン・ドレイクが目立っていましたが、このフィリップスの活躍もドルフィンズの勝利に貢献していたと思います。これからのさらなる成長に期待したいですね。

あと注目したいのはドルフィンズのディフェンスです。シーズン開始からしばらくはディフェンスが安定しており、NFLでトップ10のディフェンスを誇っていたんですが、5連敗中はそのパフォーマンスが急降下しました。

今シーズン中のディフェンスの立て直しは、ディフェンシブコーディネーターのマット・バークがNFLで初めての経験ということで、難しいのかと思っていましたが、ブロンコス戦、ペイトリオッツ戦と素晴らしい内容でした。

ブロンコスはオフェンスが不調だったので割り引いて考えなければいけなかったんですが、ペイトリオッツはNFLNo.1のオフェンスを誇っていただけに、それを抑えたのは偶然とかまぐれではないはずです。

一時は、来シーズンは新しいディフェンシブコーディネーターを、という声も聞こえ始めていただけに、この2試合でのディフェンスの内容はバークの評価を上げたのではないでしょうか。

残り3試合もこのまま安定したディフェンスを続けられるかが課題となりますが、バークには期待していいのではないかと思っています。


Dolphins Daily News 12.11―Monday Night Miracle

マイアミドルフィンズとニューイングランドペイトリオッツのマンデーナイトゲームで思い出すのは、2004年12月に行われた一戦です。

この試合を迎えるにあたっての両チームの成績はドルフィンズが2勝11敗、対するペイトリオッツが12勝2敗でした。ドルフィンズの地元マイアミでの試合でしたが、当然ペイトリオッツが圧倒的に有利で、誰もドルフィンズの勝利を予想していませんでした。

しかし、結果は29-28でドルフィンズが第4Qの大逆転劇で勝利を飾っています。最後はQBA.J.フィーリーが4thダウン残り10ヤードからWRダリアス・トンプソンに21ヤードの逆転TDパスを決めました。

そしてディフェンスはその逆転TDのきっかけを作ったLBブレンドン・アヤンバデジョのインターセプトを含む4つのインターセプトをペイトリオッツQBトム・ブレイディから奪っています。

その2004年シーズンはサマーキャンプ直前にエースRBリッキー・ウイリアムスが突然の引退、そしてトレードで獲得したWRデビッド・ボストンもキャンプ中に怪我をしてシーズンアウトとなり、それらも影響して開幕6連敗となりました。その後1勝8敗となったところでHCデーブ・ウオンステッドが解任され、その後をDCジム・ベイツが引き継ぎました。

非常に残念で失望したシーズンだったんですが、その試合での勝利はドルフィンズファンにとって本当に嬉しい勝利となったことを記憶しています。

明日の試合もその時と同様にドルフィンズの勝利を期待しています。


Dolphins Daily News 12.8―Walter Payton NFL Man of the Year

ドルフィンズは Walter Payton NFL Man of the Year の候補者としてWRケニー・スティルスを選出しました。

この賞はフィールド上での活躍に加えて、フィールド外での地域活動への貢献が認められた選手に与えられるもので、各チームの候補者の中から3人が最終候補者として選ばれ、最終的にその中の1人がスーパーボウルの前夜に同賞を受賞することになります。

ドルフィンズでは過去に、Cドワイト・スティーブンソン、QBダン・マリーノ、そしてDEジェイソン・テイラーが受賞しており、同一のチームから3人以上選ばれたのはわずかに7チームしかなく、ドルフィンズはそのうちの1つです。


第14週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦の Injury Report が発表されています。

ドルフィンズでは7人の選手が練習を欠席しています。DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、QBマット・ムーア、DTダムコン・スー、CBコードレイ・タンカーズレイ、Sマイケル・トーマス、そしてRBダミアン・ウイリアムスですが、このうちウェイクは怪我をしてなくて休養日だということです。

また、先週の対デンバーブロンコス戦をひざの怪我のために欠場したDTダボン・ゴッドチョーは練習に復帰していますが、限定的なメニューだったようです。同じくブロンコス戦で臀部を痛めて途中退場したCマイク・パウンシーも練習を行っています。


Dolphins Daily News 12.6―対ブロンコス戦にまつわる数字

先日の対デンバーブロンコス戦でドルフィンズは35得点をあげましたが、これはアダム・ゲイスがヘッドコーチになってからの最高得点だったんですが、26点という得失点差も最高でした。ちなみに、これまでは昨年の対ニューヨークジェッツ戦での34-13という勝利が最も得失点差が多かった試合でした。

ドルフィンズはブロンコス戦で2つのセーフティと1つのインターセプトリターンTDを記録したんですが、これはNFLでは1961年のニューヨークジャイアンツとワシントンレッドスキンズの対戦以来のことで、大変珍しい記録となっています。

CBザビアン・ハワードは2つのインターセプトを記録したんですが、そのうちの1つはリターンTDでした。これはドルフィンズでは2003年にCBサム・マディソンがリターンTDを含む2つのインターセプトを記録して以来のこととなり、チーム史上ではハワードが10人目の選手となっています。

またハワードは5つのパスディフェンスを記録しましたが、これはチーム史上でトップタイの数字でした。その他には1994年にCBトロイ・ビンセントが対ロサンゼルスレイダース戦で、1998年にマディソンが対ピッツバーグスティーラーズ戦で、そして2008年にCBアンドレ・グッドマンが対カンサスシティチーフス戦で記録しています。

Pマット・ハークは敵陣20ヤード以内に落とすパントを7回記録しましたが、これはドルフィンズではチーム新記録となっています。NFL全体では2015年にテネシータイタンズのPブレット・カーンが7回記録していますが、それ以来のこととなっています。ちなみに、NFL記録は8回で、1994年にスティーラーズのPマーク・ロイヤルズが、そして1999年にジャクソンビルジャガーズのPブライアン・バーカーが記録しています。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ