Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

TOPICS

Dolphins Daily News 11.30―QBカトラーが復帰

脳震とうのため先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を欠場したQBジェイ・カトラーが復帰して練習を行いました。カトラーは次の対デンバーブロンコス戦に先発出場する予定です。

カトラーは2006年にドラフト1巡目指名でブロンコスに入団してNFLデビューを果たしており、3年間プレーした後に2009年にシカゴベアーズにトレードされています。古巣との対戦は2015年に続いて2度目となりますが、前回は17-15でブロンコスに敗れています。ちなみにその時のベアーズのオフェンシブコーディネーターは現在のヘッドコーチであるアダム・ゲイスでした。

その他の話題としては、練習生のRBデベオン・スミスをロースターに登録しています。ドルフィンズのRB陣はダミアン・ウイリアムスが肩を痛めており、セノリス・ペリーも脳震とうで、2人とも次のブロンコス戦には出場できないと思われます。したがって、RBはケニアン・ドレイクただ1人となってしまったので、スミスを登録しています。

ブロンコス戦でスミスがNFLデビューを飾ることは間違いなさそうですが、どんなプレーを見せるのか注目です。今年ドラフト外で入団したスミスですが、ミシガン大学時代の過去2年間では25試合に出場して1599ヤードを走り16TDランを記録しています。

また、ブロンコスからTE A.J.ダービーという選手を獲得しています。ダービーは今シーズン、ブロンコスで9試合に出場して19回のパスレシーブで224ヤードを獲得しています。ブロンコスの情報収集という目的での獲得だと考えられますね。


Dolphins Daily News 11.26―104回目の対戦

マイアミドルフィンズとニューイングランドペイトリオッツの対戦は、明日の試合がプレーオフを含めて通算104回目の対戦となります。

ペイトリオッツのホームではペイトリオッツが34勝17敗と大きくかちこしており、現在ドルフィンズは8連敗中です。

勝利するのは難しいかもしれませんが、1つのプレーが試合の流れを大きく変えることもあります。チームが一丸となって全力で戦ってもらいたいですね。


Dolphins Daily News 11.24―Thanksgiving Day

アメリカでは11月の第4木曜日がサンクスギビングデーということで感謝祭の祝日です。NFLではこの日に3試合が行われるんですが、ドルフィンズは過去にサンクスギビングデーにおいて7試合を行っています。

通算成績は5勝2敗で勝率.714ということで、これはサンクスギビングデーに5試合以上行ったチームの中で2位タイの成績だということです。ちなみに1位はフィラデルフィアイーグルスの勝率.857だそうです。

7試合の対戦相手はダラスカウボーイズが最も多くて5試合、その他はセントルイスカージナルスとデトロイトライオンズです。カージナルスとライオンズにはいずれも勝利しており、カウボーイズとは3勝2敗です。

その中で最も印象的なのは1993年のカウボーイズとの対戦で、この時は積雪のテキサススタジアムでの試合だったんですが、試合終了間際に逆転のFGをブロックされて失敗したドルフィンズだったんですが、転がったボールにカウボーイズDTレオン・レットが雪で滑って触れてしまい、そのボールをドルフィンズ側がカウボーイズ陣内1ヤード地点でリカバーし、再びFGを蹴ってこれを成功させて16-14で勝利しました。

この試合は今でも語り草となっており、サンクスギビングデーが訪れるたびにその映像がネット上に流されています。当時のドルフィンズのHCはドン・シューラ、一方カウボーイズのHCはジミー・ジョンソンでした。その時はまさかジョンソンがシューラの後を受けてドルフィンズのHCに就任するとは夢にも思わなかったことでしょう。

その他には2003年のカウボーイズとの対戦ではQBジェイ・フィードラーがWRクリス・チャンバースに3本のTDパスを決め、DEジェイソン・テイラーがファンブルリターンTDを決めるなどで40-21で圧勝した試合も印象に残っています。

Dolphins Daily News 11.16―レッドゾーン内でのTD率

今シーズン、スコアリングオフェンスがNFL最下位の1試合平均15.2点のドルフィンズなんですが、興味深い数字が紹介されていました。

それは敵陣レッドゾーン内に攻め入った時のTD率なんですが、ドルフィンズは70.59%でフィラデルフィアイーグルスに次いでNFL2番目の成績だそうです。ちなみにイーグルスは72.41%です。

ただし、ドルフィンズが敵陣レッドゾーン内に攻め入った回数はNFLでシカゴベアーズに次いで2番目に少ないということです。敵陣レッドゾーン内に数多く攻め入ればそれだけTD率も下がってくるでしょうが、それにしてもTD率70%というのは優れた数字だと思います。

ドルフィンズのレッドゾーン内でのTDはすべてパスですから、そういう意味ではQBジェイ・カトラーというのはレッドゾーン内での決定力に優れているという証明なのでしょうか。

逆に相手チームに自陣のレッドゾーン内に攻め入られた時のTD率は77.3%で、これはNFLで最悪だということです。これはディフェンスがなんとかしなければいけないところでしょう。

ディフェンスについては最近3試合が特に酷かったので急に悪くなったような印象がありますが、オフェンスがあまりにも悪くて、ディフェンスの悪さが目立たなかっただけなのでしょうか。それがすべてではないと思うのですが、今後ますます不安が募ります。


Dolphins Daily News 11.13―Are you ready for some football ?

いよいよ明日、マイアミドルフィンズとカロライナパンサーズのマンデーナイトゲームが行われます。

アウェイでの試合でもあり、圧倒的に不利だと考えられているドルフィンズですが、過去の対戦成績を見ると、パンサーズとはこれまで5戦して4勝1敗、アウェイでも2勝1敗と勝ち越しています。

素晴らしい試合でアップセット勝利を期待しています!

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ