Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

アダム・ゲイス

Dolphins Daily News 8.15―カトラー、プレシーズンゲーム出場?

QBジェイ・カトラーが8月17日(日本時間18日)のボルチモアレイブンズとのプレシーズンゲームに出場する可能性が出てきました。HCアダム・ゲイスは正式決定はまだだとしていますが、順調に何もなければドルフィンズでのデビュー戦となりそうです。

引退していた選手がわずか1週間ほどでドルフィンズのQBとしてプレーするわけで、おそらく多くは期待できないでしょうが、レギュラーシーズン開幕に向けては大きな一歩と言えるでしょう。プレー時間は限定的となるでしょうが、そのプレー内容に注目したいと思います。

脳震とうで欠場していたRBジェイ・アジャイが100%ではないにしろ練習に復帰したという矢先に、今度はもうひとりのRBケニアン・ドレイクが頭部を痛めて欠場しました。脳震とうの可能性もあるということで、主力RBの2人が使えない状態になっています。

ドレイクはDBトリー・マッタイヤーとヘルメット同士で衝突したようです。マッタイヤーのタックルが危険だったということでしょうが故意ではないし、ゲイスもフットボールのプレー中だから仕方がないというようなことを言っています。正式な診断はまだのようですが、これでドレイクは少なくとも今月中はプレーできないのではないでしょうか。レギュラーシーズン開幕に間に合えばいいんですが。

それにしても今年のドルフィンズは怪我人が多いです。今日新たにTEジュリアス・トーマスが背中を、WRレオンテ・カルーとジョーダン・ウェスターカンプがハムストリングを痛めています。またWRではアイザイア・フォードもひざを痛めて練習を休んでいます。

昨年のトレーニングキャンプではほとんど怪我人がいなかったような記憶がありますが、今年はファンの皆さんもご承知のように非常に多いです。ハードな練習をこなしているのかどうなのかわかりませんが、これ以上は大きな怪我人は出ないように願いたいです。

というわけで、WR陣が手薄になったこともあり、新しいWRと契約したようです。トレイ・グリフィーという選手ですが、この選手のお父さんはケン・グリフィーJrです。メジャーリーグベースボールのファンの方はご存知だと思いますが、1990〜2000年台にかけて活躍した外野手です。主にシアトルマリナーズで活躍したスーパースターで、背番号24は永久欠番となっています。ちなみにおじいさんのケン・グリフィーもメジャーリーグベースボールの選手でしたが、トレイはベースボールではなくてフットボールを選んだんですね。

トレイは今年ドラフト外でインディアナポリスコルツに入団しましたが、怪我をしたということでコルツを解雇されていました。しかしその怪我も癒えたのでしょうか、今回ドルフィンズ入りすることになりました。アリゾナ大学時代は4年間で通算79回のパスレシーブで1241ヤード獲得、6TDパスレシーブという成績でしたが、父親が偉大なスポーツ選手だったにも関わらず、今年のドラフトで話題にならなかったのは実力が劣っているということだったんでしょう。

怪我人が多いとはいえドルフィンズはWR陣が豊富ですから最終ロースターに残るのは難しいでしょうが、可能性はゼロではないので可能な限り挑戦してもらいたいですね。



Dolphins Daily News 8.9―カトラー、チームに合流

昨日入団発表をしたQBジェイ・カトラーがチームに合流し、初めて練習を行いました。ちなみにカトラーのジャージNo.はシカゴベアーズ時代と同じく6番になり、6番を着けていたQBブランドン・ドーティは7番に変更になり、7番を着けていたWRジョーダン・ウェスターカンプが1番に変わっています。

そのカトラーですが、肩の調子はいいようで最初のパスはWRデバンテ・パーカーへのスラントパスでした。また長いパスも投げていたようで、WRジャキーム・グラントに40ヤードのTDパスをヒットさせた場面もあったようです。

HCアダム・ゲイスによると、カトラーは最後にゲイスがフィールド上で見た時と変わらないような状態だったようです。またゲイスはカトラーがオフェンスに関することはすべて覚えていたと言っています。

カトラーはこの日の練習でQBマット・ムーアと1stチームのオフェンスを分け合って練習していたということですが、2日後に迫ったプレシーズンゲームの初戦には出場しないでしょうが、もしかしたら2戦目にはプレーできるかもしれませんね。

その他、この日の練習では脳震とうのため欠場していたRBジェイ・アジャイが復帰しています。ただし、まだ脳震とうのプロトコル中でした。

カトラーにジャージNo.を譲ったドーティですが、グラントにロングTDパスを決めたほか、WRドリュー・モーガンにもいいパスを通していました。ジャージNo.を変えた効果があったんでしょうか。

またグラントですがこの日は2つのロングTDパスレシーブを決めています。グラントの課題はボールの扱いで、ファンブルせずにしっかり捕球できればプレー内容も向上します。現在同期のWRレオンテ・カルーと第4WRの座を争っています。

あとかつてのドルフィンズのハート&ソウル、ザック・トーマスがキャンプに訪れました。1990年代後半から2000年代にかけてドルフィンズのディフェンスを支えたトーマスですが、共にプレーした義兄弟のジェイソン・テイラーは先日殿堂入りを果たしています。ドルフィンズ在籍時、12シーズン中10シーズンでチーム最多タックルを記録したトーマスもいずれは殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 8.7―カトラー、ドルフィンズに加入

公式発表はまだですが、かねてから噂のあった元シカゴベアーズのQBジェイ・カトラーがドルフィンズと契約しました。契約内容は1年間で1000万ドル(約11億800万円)と見られています。

カトラーについては、QBライアン・タネヒルがひざを怪我した後にいろいろな情報が流れたんですが、結局ドルフィンズと契約することになりました。HCアダム・ゲイスとの関係を考えるとごく自然な成り行きだと思います。

カトラーがドルフィンズの一員となることは歓迎しますが、それを手放しで喜べないところもあります。まず考えられるのは、カトラーは一度NFLから引退した選手だということです。今年3月にベアーズを解雇された後にカトラーがいつ引退を決めたのかはわかりませんが、当然引退を決めた後はトレーニングなどは行っていなかったと思われます。

そんなカトラーが突然のNFL復帰でどこまで身体ができているのかが懸念されます。FAとなってどこかのチームから声がかかるのを待っていたという状態ではないので、プレシーズンゲームを目前に控えたこの時期にNFLのチームに合流するというのは身体的に、少なからず不安があるのではないでしょうか。

それとともに、QBですのでオフェンスシステムを理解することとレシーバーとの連携も重要になってきます。オフェンスシステムについてはゲイスの下でプレーした経験があるので難しくはないかもしれませんが、レシーバーとの連携はゼロから始めることです。普通は春のチーム練習から連携を取れるようにしていくものですが、レギュラーシーズン開幕まで1ヶ月しかないこの時期から初めて果たして上手く連携が取れるのかも問題です。

それともう一つ気になることは、カトラーは昨年11月に肩を痛め、その後手術を行っています。それも投げる方の右肩の手術です。3月にベアーズを解雇されてFAとなった後、カトラーに興味を示したNFLのチームがあったかどうかはわかりませんが、その右肩の怪我のためにどこからも声がかからず引退せざるを得なかったということも考えられます。そうなると、その肩の状態が万全なのかというのも懸念されます。

今後のカトラーの状態次第ですが、プレーさせるとしたらまずは今現在の先発QBであるマット・ムーアと競争させてもらいたいと思います。ムーアとの競争に勝てないような選手が今シーズンのドルフィンズで先発QBを務めることはもちろん、NFLの強豪チームを打ち負かすことはできません。

ドルフィンズの一員となった以上はカトラーにはどんな形でもいいのでチームに貢献してもらうように期待しています。



Dolphins Daily News 8.5―タネヒル続報

昨日怪我をしたQBライアン・タネヒルについてのその後ですが、本人の状況にはあまり進展はなく、手術を行うかそのままで回復を待つかどちらかの選択をまだ決められないようです。

ただ、ドルフィンズはどちらの選択肢も考慮しているようですし、仮にタネヒルが手術を行わず回復を待ってプレーするにしても当分の間はQBが足りないことになり補充が必要となります。

そんな中、ドルフィンズがすでに元シカゴベアーズのQBジェイ・カトラーと接触をとってすでに契約に合意していると報道されています。Yahoo! SPORTSの記事では、ドルフィンズとカトラーが1年1300万ドル(約14億4000万円)で契約すると報じています。

カトラーは2015年にHCアダム・ゲイスがベアーズのOCだったこともあり、ゲイスのオフェンスをよく知っているということがあります。ゲイズの指導の下でカトラーは3659ヤードを投げてパス成功率64.1%、21TDパスで自己最少の11インターセプト、そしてQBレイティング92.3を記録しています。

34歳のカトラーは今年3月にベアーズを解雇された後はNFLを引退しFOX Sportsのコメンテーターとなっていますが、今回のタネヒルの件で再びNFLに復帰する意向があることも報じられています。カトラー獲得はドルフィンズにとっては理にかなっていると言えるでしょう。

しかし、仮にカトラーがドルフィンズに加入したとしても、現時点ではドルフィンズの先発QBはマット・ムーアで、それについてはゲイスも明言しています。個人的にもムーアが先発QBとなるのがチームにとっては最善の選択だと思います。ただ、ムーアとカトラーを競わせることは当然必要なことでしょう。

いろいろなことを考えると、今シーズンはタネヒルを休ませてムーアかカトラーのどちらかで戦っていくというのがいいのではないかと思います。その方がタネヒルの将来を考えると一番いいような気がします。仮に回復を待ってプレーするとしても、その状態ではプレーする際に常に不安がつきまとって全力でのプレーはできないでしょう。だとすれば、1年間休養して怪我を完治させ、本当に万全の状態で来シーズンを迎えるのがいいのではないでしょうか。

タネヒルのプレーが見られないのは残念ですし、本人も悔しい思いをするでしょうが、やはり怪我を治すことが一番です。いずれにしてもタネヒルとドルフィンズの決定を待ちたいと思います。



Dolphins Daily News 8.1―トレーニングキャンプ5日目

ドルフィンズにとって大変心配な状況が発生しました。RBジェイ・アジャイが脳震とうを起こしたようです。

アジャイはこの日の練習でS T.J.マクドナルドにタックルを受けた後にメディカルスタッフと共にチームを離れました。マクドナルドのタックルを受ける前にもLBローレンス・ティモンズやDTダムコン・スーに激しいタックルを受けていたようで、アジャイの状態が心配されます。

キャンプ開始早々大きな事故が起こったわけですが、逆に言えば早い時期だからよかったとも言えます。これがプレシーズンゲームの後半あたりに起こっていたら、レギュラーシーズンに大きく影響していたでしょう。まだシーズン開始まで1か月以上ありますから、しっかりと治してもらいたいと思います。

とはいえ、脳震とうは癖になると言いますし、実際にアジャイが練習に復帰できる時期や脳震とうの度合いなどはわかっていません。大きな後遺症にならないことを祈っています。

心配といえば、QBライアン・タネヒルがこれまで5日間のキャンプで少なくとも4つのインターセプトを犯していることも不安要素です。しかし、HCアダム・ゲイスはまったく心配していないようです。

まあ、キャンプも始まったばかりですし、今はミスしても何も問題のない時ですから、悪いものは今のうちにすべて出しておくのがいいのかもしれませんね。昨年怪我をしたひざの状態はいいようですから、徐々に調子を上げていってもらえればいいと思います。


キャンプとは関係がないのですが、昨年までドルフィンズの先発LTだったブランデン・アルバートが引退を表明しました。アルバートは今年の3月にトレードでジャクソンビルジャガーズに移籍していました。

アルバートのトレードによって、ドルフィンズはジャガーズから来年のドラフト7巡目指名権を受け取ることになっていたんですが、この引退によってドルフィンズがそれを受け取ることはなくなりました。

アルバートが移籍したことにより、今シーズンから先発LTを務めるのは2年目のラレミー・タンシルになるわけですが、アルバートはそのタンシルにとってもいい存在だったと思います。昨シーズン、タンシルはアルバートから多くのことを学んだはずですので、その意味でもアルバートはドルフィンズに貢献してくれたと思います。

アルバートの第二の人生にエールを贈りたいと思います。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ