Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

アダム・ゲイス

Week 7 対ジェッツ戦

今シーズン2回目の対ニューヨークジェッツ戦でした。前回の対戦は第3週に行われドルフィンズが完敗していましたが、今回もホームゲームながら苦戦しました。しかし14-28の劣勢から第4Qに17得点して逆転勝利しました。

この試合は何と言ってもマット・ムーアにつきます。第3Q開始早々に先発QBジェイ・カトラーがディフェンスのヒットを受けて、脇腹を痛めて途中退場しました。その結果控えQBのムーアがプレーしたんですが、素晴らしいプレーで逆転勝利を演出しました。

ムーアは14-21と7点リードされていた時にカトラーと交代したんですが、いきなりインターセプトされて、それをきっかけにTDを取られて14点差をつけられました。やっぱりこの試合はムーアでもだめなのかと思いましたが、ターニングポイントとなったのはWRケニー・スティルスへのTDパスだったと思います。

第4Q序盤の攻撃で3rdダウン残り7ヤードというプレッシャーのかかる場面で、ムーアはスティルスに28ヤードのTDパスを決めました。あの攻撃では絶対にTDを取らないといけない場面でした。14点差ありましたから残り時間を考えてもFGでは不足だったんですが、よく投げ込んで、しかもスティルスもよくキャッチしました。

それでこの試合の流れがドルフィンズ側に一気に傾いていったような気がします。その結果、次の攻撃でもムーアはスティルスにTDパスを決めて同点に追いつきました。

ただ、その次の攻撃はパントに終わって、その時点での残り試合時間が47秒でした。ここからのジェッツの攻撃がまた大きなポイントだったと思いますが、残り47秒で自陣15ヤード地点からの攻撃で、ジェッツは勝ち越しを狙ってパスプレーを選択しました。まあ、ジェッツとしてはタイムアウトが3つ残っていたので攻めていくのは当然の策だと思いましたが、ディフェンスが抑えていたのでオーバータイムに突入するだろうと思ってみていました。

しかし結果はジェッツにとっては最悪、ドルフィンズにとっては最高となるインターセプトによるターンオーバーでした。個人的には同点で終わって一旦流れを止められるのが嫌だったのですが、まさかあそこでターンオーバーになるとは思いませんでした。ジェッツ側からすれば一見弱気なようですが、オーバータイムに持ち込んで流れを止めるのも1つの策だったのかもしれません。

それにしてもカトラーが負傷してプレーできないとなった時に、スタジアムでは歓声のようなものが聞こえていたのはなんとも後味が悪かったです。確かにカトラーのパフォーマンスにはファンは納得していなかったところもあるんですが、カトラーもようやく調子が上がってきていただけに、怪我をしなくてももしかしたら逆転できていたかもしれません。

ただ、ムーアだけのことを考えると、ムーアに変わってからオフェンスにリズムが出たのは明らかでした。そのリズムがチームを逆転勝利に導いたと言ってもいいと思います。その1つの例と言えるのですが、TEジュリアス・トーマスがムーアのパスを見事なワンハンドキャッチしています。トーマスはカトラーのパスを落球したりすることが目立ったのですが、それはやはりリズムが悪かったせいもあると思います。

ここ2試合ぐらいドルフィンズのレシーバー陣には落球が目立っていました。それはカトラーがオフェンスのリズムを作れなかったもの要因の1つだったと思います。それがムーアに代わったら落球がなく、素晴らしいキャッチが連続して決まっていましたが、その点についてはムーアの優れているところだと思いました。

まだ詳細はわかりませんが、カトラーは肋骨を骨折している疑いがあるようです。そうなれば当然次の試合は出場できませんし、下手をすると今シーズンはプレーできないのかもしれません。いずれにしても正式な診断結果を待たなければいけません。

最後はKコディ・パーキーが決勝FGを決めて勝利したんですが、ドルフィンズは昨シーズンから7点差以内の試合では12連勝ということで、NFL記録の14連勝に迫ってきました。僅差の試合に勝利できるということは運もあるでしょうが、試合のマネージメントが優れているということも言えると思います。その点ではアダム・ゲイスという人は信頼できるヘッドコーチであるような気がします。

それとこの試合ではRBジェイ・アジャイが100ヤードを走れませんでしたし、25回ボールを持つこともできませんでした。今までの統計から言えば負けていてもおかしくない試合でしたが、それでも勝てたのは大きかったと思います。それにしてもアジャイはジェッツのディフェンス相手には非常に苦戦させられます。

これで4勝2敗となりました。数週間前のチーム状態を考えると上出来といえるのですが、オフェンスも少しずつよくなってきましたし、ディフェンスも安定感が感じられます。怪我人が出ても代わりの選手で勝てているのですから、非常にいいチーム状態になってきているのではないでしょうか。


Week 6 対ファルコンズ戦

ドルフィンズがアウェイでアトランタファルコンズと対戦したこの試合ですが、試合前からファルコンズが圧倒的に有利とされていました。まあ、今シーズンの両チームの内容を見ると当然なのですが、しかし結果は20-17でドルフィンズの勝利でした。こういう結果を見ると、本当に試合はやってみないとわからないものですね。

ちなみにアウェイの試合で17点以上の差を逆転して勝利したのは、1994年11月27日の対ニューヨークジェッツ戦、あのQBダン・マリーノのフェイクスパイクとして有名な試合以来だということです。

ドルフィンズの勝利のポイントは第3Qにあったと思います。前半を0-17で折り返して、後半最初はドルフィンズのオフェンスだったんですが、そこで得点を取らないとこの試合負けるだろうと思ってみていました。しかし結果はTDを取って7点を返しました。

しかもこの得点でよかったのは時間を十分に使ったということでした。8分43秒という第3Qの半分以上の時間を費やしたことは得点をあげたということもそうですが、ファルコンズに攻撃をさせないという意味でも非常に大きかったと思います。また、オフェンスにも大きな自信となったことでしょう。

さらにその直後のファルコンズのオフェンスをスリー&アウトで抑え、またすぐに攻撃権を得て、そしてその攻撃で再びTDを奪って一気に3点差まで追い上げました。これが試合の流れをドルフィンズの方に引き寄せた結果になったと思います。

それと前半は無得点に終わったんですが、RBジェイ・アジャイが走れていたということがよかったと思います。アジャイは26キャリーで130ヤード獲得という成績だったんですが、やはりドルフィンズのオフェンスはアジャイが走れると得点をあげられる可能性が高まります。それとやはりアジャイが25回以上走ると試合に勝てますね。

QBジェイ・カトラーは少しずつよくなってきているという印象でした。この試合ではパス33回投中19回成功で151ヤード獲得、2TDパス、1インターセプトという内容でQBレイティングは76.7でした。数字的にはそんなによくはないんですが、レシーバー陣がパスを落球したのも目立ちましたので、それがなければもっと数字は上がっていたと思います。

ドルフィンズのディフェンスがファルコンズのオフェンスをどれだけ止められるかも1つの注目ポイントだったんですが、試合前半は得点は取られたもののそんなに悪いとは思いませんでした。しかし試合後半はファルコンズのオフェンスをシャットアウトしましたし、素晴らしい内容だったと思います。

ファルコンズのQBマット・ライアンにはこの試合で248ヤードを投げているんですが、後半はわずかに97ヤードに抑えました。またトータルヤードでも後半はわずか106ヤードしか許していません。

最後はTDを取られなければよしと思ったんですが、FGで同点にも追いつかれませんでした。Sレシャッド・ジョーンズがインターセプトして試合を決めたんですが、それとともに新人CBコードレイ・タンカーズレイのプレーが勝利を呼び込んでいます。

ライアンがTEオースチン・フーパーに投じたパスをタンカーズレイがカバーして弾き、それをジョーンズがインターセプトしたんですが、もしタンカーズレイが弾かなければフーパーがキャッチしていたわけで、本当に紙一重の攻防でした。もしあのパスが通っていたら、TDを取られて逆転されていたかもしれないと考えると、タンカーズレイのプレーは価値あるパスディフェンスだったと思います。

試合後半はファルコンズの反則やミスに助けられた面もあったんですが、それにつけ込んで得点を取れたというのがチーム全体に勢いをつけたことにつながったと思います。それと特に試合後半はオフェンスもディフェンスも非常にリズムがよかったと思いました。

あと前半最後の方でCマイク・パウンシーがロッカールームに退く映像が流れて心配されたんですが、代わりに入った控えCジェイク・ブレンデルが目立たないながらもいい仕事をしたと思います。パウンシーは脳震とうだということですが、走って退いていたのでそんなに心配はないと思います。

前半終わって0-17となった時にはやっぱり勝てないのかと思いましたが、素晴らしい逆転劇を見せてくれました。昨年から同じような勝ち方が続いているんですが、これはHCアダム・ゲイスのゲームマネージメントが優れているからなのでしょうか。また、ディフェンスがよくなってきている印象があるんですが、DCマット・バークの功績によるところなのか、いずれにしろチームにとってはいい傾向だと思います。

こういう勝ち方を見ると、今シーズンは後半に厳しいスケジュールが待っているんですが、もしかしたら結構勝てるのではないかという気がしてきました。オフェンスがもっと安定してくるとかなりチーム力が上がってくると思いますので、今後に期待しています。


Week 6 対ファルコンズ戦 プレビュー

先週テネシータイタンズにホームで勝利したドルフィンズですが、今週はこれまでで最大の難敵であるアトランタファルコンズとアウェイで戦います。ファルコンズは第4週にホームでバッファロービルズに敗れていますが、先週はバイウイークで試合がありませんでした。

ファルコンズは23-17でビルズに敗れたんですが、その最大の要因はターンオーバーでした。試合後半にQBマット・ライアンが3つのターンオーバー(2インターセプト、1ファンブル)で計13失点してしまったことが致命傷となっています。

また、試合途中でエースWRフリオ・ジョーンズが怪我のために欠場したこともファルコンズにとっては痛手だったと思います。

それに加えてもう一つの敗因としては、あまり目立たないかもしれませんが、ビルズのディフェンスがファルコンズのオフェンスを要所で抑えていたということです。ビルズはファルコンズに前半10点しか与えていませんでした。

開幕3連勝の後、ビルズにまさかの敗戦を喫したファルコンズですが、このバイウイークでしっかりと修正され、さらに怪我をしていたジョーンズも復帰して、万全の態勢でドルフィンズを迎え撃ちます。

対するドルフィンズですが、タイタンズ戦ではエースQBマーカス・マリオタが不在だったとこもあり、16-10で勝利しています。相変わらずオフェンスは最悪で、得点を取るどころか1stダウンを更新するのもやっとという状態だったんですが、ディフェンスの活躍で計10得点したこともあり、タイタンズに競り勝ちました。

しかし、オフェンスの低迷は深刻で、過去13クォーターで意味のあるオフェンスTDはタイタンズ戦での1つだけという状態です。このファルコンズ戦でも果たしてオフェンスが得点をあげられるのかが大きなポイントという情けない状況と言えます。

その最大の要因といえるのがQBジェイ・カトラーの低パフォーマンスです。タイタンズ戦では地元のファンから激しいブーイングの嵐を受けていました。それでも第4Qには試合を決めるTDドライブを演出して勝利に貢献しましたが、依然としてプレー内容に対する不安は払拭できていません。

ファンの間からは控えQBマット・ムーアに交代させることが望まれていますが、HCアダム・ゲイスはカトラーを先発QBから下ろすことは100%考えていません。

ドルフィンズがファルコンズに勝つためにはビルズがやったように、ファルコンズのオフェンスを最少失点に抑え、なおかつターンオーバーを奪ってそれを確実に得点に結びつけることが最低条件だと思います。ドルフィンズのオフェンスの現状を考えれば、おそらく20点以上は取れないでしょうから、ファルコンズをそれ以下に抑える必要があります。

ドルフィンズのディフェンスはパス22位、ラン4位で平均失点は16.8点です。このディフェンスがファルコンズを数字どおりに抑えることができるかがこの試合のポイントと言えます。ドルフィンズのディフェンス陣にとっては大きな挑戦となるでしょう。

一方オフェンスで気になるところは、カトラーのプレー内容もそうなのですが、最大の武器と言ってもいいWRデバンテ・パーカーが足首の怪我のために欠場濃厚だということです。控えWRのジャキーム・グラントやレオンテ・カルーの奮起が望まれますが、期待薄でしょうか。

またオフェンシブラインが安定したプレーができるかも疑問です。それを指導すべきアシスタントコーチが不祥事のために辞任したことも影響するかもしれません。せめてRBジェイ・アジャイが数字を残せるようなオフェンスが展開できれば活路は見いだせるのですが。

戦前の予想ではファルコンズが圧倒的に有利で、ドルフィンズの勝利を予想する人はほとんどいません。Palm Beach Postの記者の1人が唯一でしょうか、ドルフィンズの勝利を予想していましたが。

個人的にも、どうひいき目に見てもドルフィンズが勝利するというイメージが見えてこないのが残念なのですが、試合は実際にやってみないとわかりません。1つのプレー、1つの得点が試合の流れを大きく変えていくこともありますので、試合が終わるまでドルフィンズの勝利を信じたいと思います。


Dolphins Daily News 10.12―新アシスタントコーチ就任

先日辞任したオフェンシブラインコーチのクリス・フォースターに代わる新しいアシスタントコーチにデーブ・デガグリールモが就任したことを発表しました。ドルフィンズでの役職はシニアオフェンシブアシスタントということですが、実質的にはオフェンシブラインを指導することになるでしょう。

デガグリールモは25年のコーチ歴があり、そのうち12年間でNFLのアシスタントコーチを務めていましたが、2009〜11年までの3年間はドルフィンズでオフェンシブラインコーチを務めていました。

ドルフィンズを退団した後はニューヨークジェッツ、ニューイングランドペイトリオッツでオフェンシブラインコーチを、ロサンゼルスチャージャースでアシスタントオフェンシブラインコーチを歴任しています。

デガグリールモはアダム・ゲイスとは一緒に仕事をしたことはありませんが、今年の夏のトレーニングキャンプに訪れていたということです。その時はまさかドルフィンズのアシスタントコーチに就任するとは思ってもみなかったことでしょう。


Dolphins Daily News 10.10―OLコーチが辞任

ドルフィンズのオフェンシブラインコーチを務めていたクリス・フォースターが辞任しました。

フォースターが白い粉を吸っている映像がネット上に流れたということで、その責任を取った形になっています。その白い粉が何だったのかというのは明確に報道されていませんが、禁止薬物だったことは明白です。

フォースターのコーチ歴は長く、NFLでは1993年にミネソタバイキングスのTEコーチ兼アシスタントオフェンシブラインコーチに就任して以来、実に23年間のキャリアを誇っていました。また、カレッジでのコーチ歴を合わせると34年間コーチ業に携わっていました。

昨シーズンからドルフィンズでオフェンシブラインコーチを務めていましたが、ドルフィンズには以前も在籍しており、2004年シーズンにはHCデーブ・ウオンステッドの下でオフェンシブコーディネーターを務めました。

フォースターはHCアダム・ゲイスの親友だったようで、日曜日の夜にゲイスに謝罪したようです。ゲイスにとっても気心が知れたコーチがこんな形でいなくなってしまうというのは大きな痛手となるかもしれません。

ドルフィンズは緊急にフォースターの後任を探さなければいけなくなりましたが、それが誰になるのか気になるところです。アシスタントオフェンシブラインコーチのクリス・クーパーが昇格ということもあるんでしょうか。

しかし、今シーズンのドルフィンズには信じられないような出来事が次々と起こります。QBライアン・タネヒルのシーズンアウト、ハリケーンによる開幕戦順延、LBローレンス・ティモンズの敵前逃亡、QBジェイ・カトラーの最悪のオフェンスパフォーマンス、そして今回のフォースターの辞任と何かに取り憑かれているのかと思うほどです。

まあしかし、これが現実ですから受け入れるしかないのですが、まだシーズンも4分の3も残っていますので、チーム一丸となって勝利に向かって進んでいってもらいたいと思います。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ