Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

アダム・ゲイス

Week 16 対チーフス戦

プレーオフ進出にほんの僅かな望みを残していたマイアミドルフィンズですが、このカンサスシティチーフスとの対戦に敗れて、それも完全に消滅して、ドルフィンズの2017年シーズンが実質的に終了しました。

チーフスとの対戦は、いくら敵地での対戦とはいえ、まったく不甲斐ない結果に終わりました。まあ、地区優勝を争っているチームと負け越しているチームの差が歴然としていたという感じで仕方ないんでしょうかね。それにしてももう少しチーフスを苦しめてほしかったです。

QBジェイ・カトラーは、FGばかりでは試合に勝てない、というようなことを言っていたようですが、まさにその通りで、オフェンス力の違いがはっきりと現れていたと思います。

チーフスのディフェンスもそんなによくはなかったんですが、ドルフィンズがあげた得点はわずか13点で、TDは1つ取っているんですが、それは偶発的なもので、しっかりとオフェンスをした結果のものではありませんでした。

さらに試合後半はほとんどチーフスのオフェンスばかりで、ドルフィンズは反撃する時間さえ持てませんでした。後半チーフスがおよそ22分間攻撃していたのに対して、ドルフィンズの攻撃時間はおよそ8分だけでした。ただでさえ得点力のないオフェンスがこれではどうにもなりません。

ファンブルによるターンオーバーを2回犯したこともあるんですが、3rdダウンコンバージョンが8回すべて失敗、対するチーフスは16回中8回成功とこの違いが大きく影響しました。3rdダウンコンバージョンの成功率が悪いとあのニューイングランドペイトリオッツでも勝てませんからね。

最初から最後までチーフスの一方的なペースで進んだ試合だったんですが、振り返ってみるとドルフィンズが試合の流れを引き寄せられるチャンスはありました。第2QにカトラーからWRジャキーム・グラントへの65ヤードTDで4点差まで迫った後、チーフスの攻撃を抑えて再び攻撃権を獲得しました。

ここで逆転は無理でもせめてFGでも成功させて前半を終了していれば、また後半の展開も違ったかもしれません。しかしドルフィンズはあっさりとスリー&アウトで攻撃を終わらせてしまいました。さらに悪いパントキックでチーフスにチャンスを与え、反則で攻撃を継続させたあげくにFGで3点を追加されました。

その時点で点差は7点差で、7点差といえばTD1つで同点に追いつける状況なんですが、その点の取られ方が最悪でした。それが後半にも尾を引いたとは思えないかもしれませんが、チーフスにとっては大きな3点で、それが後半にもつながったことは間違いないと思います。

反則の多さもドルフィンズの自滅を招いたんですが、反則はメンタル的な要素が非常に大きいと思います。これも今シーズンはよく見られることなんですが、その原因としてはやはり先に得点を取られて常に追いかける試合展開となっていることが影響していると思われます。プレーするのも人間ですから感情があり、いつもリードされていて気持ちに余裕がない状態では反則を犯してしまうのも仕方がないでしょうね。

ディフェンスもチーフスに400ヤード以上を許してしまいました。結果的にTDは2つしか許していないんですが、チーフスのオフェンスの武器であるQBアレックス・スミス、RBカリーム・ハント、WRタイリーク・ヒル、TEトラビス・ケルシーの誰ひとり止められませんでした。

ドルフィンズのディフェンスの選手を見ると、DTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイク、LBローレンス・ティモンズ、Sレシャッド・ジョーンズなど、個々の選手の能力は決して悪くはないんですが、それがチームとして機能していないというか、個人個人の能力が活かされていないように思えます。

それはオフェンスの選手にも言えることで、だからペイトリオッツに素晴らしい勝ち方をした翌週にバッファロービルズにまったくいいところがなく敗れてしまう、そして今週もチーフス相手に同じことを繰り返している、というような不安定な状況がずっと続いています。

選手の能力を引き出してそれぞれを活かしていくというのはコーチ陣の仕事であり能力だと思うのですが、それをHCアダム・ゲイスをはじめDCマット・バークができているかというと、疑問視せざるをえないのかなと思ったりもします。特にバークは経験がないということもあるんですが、今後はちょっと厳しく、本当にディフェンスを向上させようと思うと経験のある人材に交代させる必要があるかもしれません。

かつてドルフィンズに在籍しており、期待外れで使いものにならずに今年解雇されたDEディオン・ジョーダンが、現在シアトルシーホークスでプレーしており4試合で3QBサックを記録しているそうですが、この事実をドルフィンズのコーチ陣やフロントはどう考えるのか興味深いところです。

ドルフィンズにとってほとんどいいところがなかったこの試合ですが、若い選手のプレーは今後に期待を抱かせました。TDパスレシーブを記録したグラントはオフェンスの武器として十分ですし、RBケニアン・ドレイクも100ヤードは走れなかったものの安定して4,5ヤードは走れます。またドラフト1巡目指名DEチャールズ・ハリスも徐々に実力を発揮しつつあります。

非常に残念な結果に終わったこの試合ですが、若い選手の成長を見られたことが来シーズンにつながる収穫でした。


Week 14 対ペイトリオッツ戦

第14週のマンデーナイトゲームは、大方の予想に反してマイアミドルフィンズがニューイングランドペイトリオッツを27-20で破りました。ペイトリオッツは連勝が8でストップするとともに、ロードゲームでの連勝も14でストップしました。さらにこの試合に勝てばAFC東地区優勝が決定していたんですが、それも決まりませんでした。

ドルフィンズにとってはHCアダム・ゲイスとなってから初めてのペイトリオッツ戦での勝利となりました。また、この試合では1972年のパーフェクトシーズンの時のスローバックジャージで戦ったんですが、昨年から数えてスローバックジャージでは3連勝で負けなしです。ここでもまだパーフェクトが続いています。

さて試合の方ですが、ドルフィンズの素晴らしい勝利で、今シーズンというか近年でのベストゲームと言ってもいいかもしれません。オフェンス、ディフェンスともペイトリオッツを上回り、大きなミスもなくて完勝と言っていいと思います。

この試合で一番の殊勲者はCBザビアン・ハワードでしょうね。ペイトリオッツの最初の攻撃でQBトム・ブレイディから見事なインターセプトを奪いました。試合開始直後の攻撃でドルフィンズがFGで3点を先制したんですが、その直後にペイトリオッツに反撃されていたら試合展開も変わっていたと思うんですが、それを防いだことが大きかったと思います。そのインターセプトをきっかけにオフェンスが追加点をあげているのでなおさらでしょう。

それとハワードは後半開始のペイトリオッツの攻撃でもブレイディからインターセプトを奪っています。ここでもドルフィンズのリードはわずかに3点だったので、その攻撃でペイトリオッツに得点されていたらその後の展開も変わっていたと思います。さらにそのインターセプトをきっかけにTDで7点を追加していますので、非常に効果的でペイトリオッツにダメージの残ったプレーだったと思います。

ハワードはシーズン開始前は期待されていたんですが、シーズンが開始されると相手チームのエースWRと相対することが多く、パスディフェンスの評価も低かったんですが、先週の対デンバーブロンコス戦での活躍で覚醒したんでしょうか、ブレイディというNFLNo.1のQBとペイトリオッツのNo.1オフェンスを相手に素晴らしい活躍でした。ちなみに2試合連続での複数インターセプトはチーム史上初の快挙です。

それから2番目の殊勲者はRBケニアン・ドレイクですね。ドレイクはこの試合で25キャリーで114ヤードを獲得しました。またパスレシーブでも5回で79ヤードを稼いでおり、ランとパスレシーブ合わせて193ヤードを稼いでいます。さらに目立たないんですが、ペイトリオッツディフェンスのブリッツをブロックしてQBジェイ・カトラーのパスプレーを助けています。

先週の対ブロンコス戦で120ヤードのラッシングを記録していますので、2試合連続で100ヤード以上のラッシングとなります。ペイトリオッツのランディフェンスはそれほどよくはないんですが、それでも前回の対戦では抑えられていました。この試合でドレイクがどれだけ走れるかがポイントだったんですが、予想以上の結果だったと思います。

この活躍でドレイクは欠場中のダミアン・ウイリアムスが復帰してもエースRBとして信頼されることでしょう。大学時代には控えRBだったドレイクをドラフト3巡目で指名したフロントの選択は正しかったということでしょう。ジェイ・アジャイが抜けてもまったく遜色ない、むしろアジャイよりいろいろな面で優れているのではないでしょうか。

ハワード、ドレイク共に2年目の選手なんですが、同じく2年目のジャキーム・グラントも活躍しました。素晴らしいTDパスレシーブを決めたのも含めて2回のパスレシーブで42ヤードを獲得しています。願わくば第4Qのロングパスもキャッチしてくれたらよかったんですが。ただ、グラントもオフェンスの武器となることが証明された試合でした。

それとカトラーの活躍も忘れてはいけません。この試合でパス38回投中25回成功で263ヤードを獲得、3TDパスを決める一方でインターセプトはなく、非常に安定したプレーを見せてくれました。ペイトリオッツ戦での初勝利となり、ブレイディに投げ勝ったことになります。カトラー自身にとっても今シーズンのベストゲームで、過去に遡っても久しぶりの会心のパフォーマンスだったのではないでしょうか。

あとはディフェンス陣の活躍ですね。ブレイディから2つのインターセプトを奪ったハワードも素晴らしかったんですが、それとともに驚かされたのがペイトリオッツの3rdダウンコンバージョンを11回すべて抑えたということです。NFLNo.1のオフェンスを相手に3rdダウン時に1stダウンを更新させなかったというのは素晴らしいことです。この試合の勝因は実はこれに尽きるのではないでしょうか。

その他、ペイトリオッツのランプレーをわずか25ヤードに抑えたのもよかったと思います。前回の対戦では196ヤードも走られていたので、今回の対戦ではそこを抑えることが絶対条件だったんですが、見事に抑えてくれました。それによってブレイディにもよりプレッシャーをかけられたので、効果はあったと思います。

試合終盤にゴール前1ヤード地点まで攻め込まれた場面があったんですが、あそこもTDを取られるかと思ったんですが、ディフェンスがよく抑えてFGに止めました。最後までよく守ったと思います。

本当にドルフィンズの素晴らしいところが目立った試合だったんですが、ペイトリオッツというか特にブレイディが不調だったこともあるんでしょうね。怪我をしているみたいですから、そのことも影響したんでしょうか、今ひとつ切れがなかったと思います。その不調にも助けられた勝利でしたね。

ただ、どんな状況であれ王者ペイトリオッツに勝ったことは事実で、圧倒的とも言える実力差を跳ね返しての勝利は誇れるものだと思います。この調子を継続させて、今シーズン残りの3試合にもできれば全勝してもらいたいですね。そうすればほとんど無理だと思われていたプレーオフも見えてくるかもしれません。


Dolphins Daily News 12.6―対ブロンコス戦にまつわる数字

先日の対デンバーブロンコス戦でドルフィンズは35得点をあげましたが、これはアダム・ゲイスがヘッドコーチになってからの最高得点だったんですが、26点という得失点差も最高でした。ちなみに、これまでは昨年の対ニューヨークジェッツ戦での34-13という勝利が最も得失点差が多かった試合でした。

ドルフィンズはブロンコス戦で2つのセーフティと1つのインターセプトリターンTDを記録したんですが、これはNFLでは1961年のニューヨークジャイアンツとワシントンレッドスキンズの対戦以来のことで、大変珍しい記録となっています。

CBザビアン・ハワードは2つのインターセプトを記録したんですが、そのうちの1つはリターンTDでした。これはドルフィンズでは2003年にCBサム・マディソンがリターンTDを含む2つのインターセプトを記録して以来のこととなり、チーム史上ではハワードが10人目の選手となっています。

またハワードは5つのパスディフェンスを記録しましたが、これはチーム史上でトップタイの数字でした。その他には1994年にCBトロイ・ビンセントが対ロサンゼルスレイダース戦で、1998年にマディソンが対ピッツバーグスティーラーズ戦で、そして2008年にCBアンドレ・グッドマンが対カンサスシティチーフス戦で記録しています。

Pマット・ハークは敵陣20ヤード以内に落とすパントを7回記録しましたが、これはドルフィンズではチーム新記録となっています。NFL全体では2015年にテネシータイタンズのPブレット・カーンが7回記録していますが、それ以来のこととなっています。ちなみに、NFL記録は8回で、1994年にスティーラーズのPマーク・ロイヤルズが、そして1999年にジャクソンビルジャガーズのPブライアン・バーカーが記録しています。


Dolphins Daily News 12.3―ジェイソン・テイラー

明日の対デンバーブロンコス戦のハーフタイムにはジェイソン・テイラーが殿堂入りのリングを授与されるセレモニーがあるようです。

そのセレモニーに華を添える意味でも、ドルフィンズにとっては絶対に勝利したい試合です。

ドルフィンズとブロンコスは同じAFCのチームなんですが過去の対戦はあまり多くなく、プレーオフも含めて通算18試合で、ドルフィンズが11勝6敗1引分とリードしています。

直近の対戦は2014年シーズンで、この時はドルフィンズが36-39で敗れています。ドルフィンズはブロンコスの執拗なランプレーによりディフェンスが崩され、第4Qに22失点するなどで逆転負けを喫しています。ちなみにその時のブロンコスのオフェンシブコーディネーターは、現HCのアダム・ゲイスでした。


この日ロースターの変更がありました。Sモーリス・スミスをリザーブリストに登録して、その代わりにDEキャメロン・マルビューを練習生から昇格させてロースターに加えています。スミスはフットボールでの怪我ではなく、内臓疾患でプレーができないようです。

DEウイリアム・ヘイズが故障したため、マルビューはその補完の意味があると思いますが、いきなり試合に出場することはないでしょう。今後状況によってはまたロースターから外れる可能性もあります。


Week 13 対ブロンコス戦 プレビュー

マイアミドルフィンズとデンバーブロンコスは昨シーズンは合わせて19勝をあげた、AFCでも優れたチーム同士でした。しかし、今シーズンはこの対戦を迎えるにあたって共に連敗中で、大きく期待を裏切る結果となっています。

ドルフィンズは現在4勝7敗で5連敗中、一方のブロンコスは3勝8敗で7連敗中です。勝った方が連敗脱出となるだけに、両チームとも絶対に負けられない試合となっています。

ブロンコスはドルフィンズより勝率が悪くなっていますが、ディフェンスを見るとNFL3位でランとパス、いずれのディフェンスも同4位とバランスが取れています。このディフェンスで3勝8敗という成績なのが信じられないぐらいです。

その要因となっているのはオフェンスにあると思われます。ブロンコスは先発QBが安定せず、シーズン開幕時はトレバー・シーミアンが先発して3勝1敗の好成績を残していましたが、その後3連敗して先発の座をブロック・オズワイラーに譲りました。

しかしそのオズワイラーも3連敗して先発を降格、昨年のドラフト1巡目指名のパクストン・リンチに交代しています。そのリンチですが、先週の対オークランドレイダース戦で足首を痛めてしまい、この試合には再びシーミアンが先発することになります。

3人の中ではシーミアンが最も期待できるQBですが、これまで10個のインターセプトを犯すなど不安定な要素もあります。

対するドルフィンズもQBのポジションには泣かされています。エースQBライアン・タネヒルがシーズン開幕前に怪我をしてプレーできなくなり、急遽引退していたジェイ・カトラーを復帰させたものの練習不足の不安定さに加えて怪我により2度の欠場を余儀なくされています。さらに控えQBマット・ムーアも先発した試合では0勝2敗と結果を出すことができていません。

この試合では先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を欠場したカトラーが先発しますが、脳震とうからの復帰となり、安定したプレーができるかどうかがポイントとなります。

そのカトラーを守るべきオフェンシブラインはシーズン当初の先発メンバーのうち2人が欠けています。RTジャワン・ジェームスはすでにシーズンアウト、そしてRGジャーモン・ブッシュロッドは先週のペイトリオッツ戦に続いてこの試合でも欠場が決定しています。そのオフェンシブラインはペイトリオッツ戦では7つのQBサックを許しています。

またカトラーのパスプレーの成否はランオフェンスにかかっていますが、ドルフィンズのRB陣はダミアン・ウイリアムスが肩を痛めて欠場、第3RBのセノリス・ペリーも脳震とうでプレーできません。そこで急遽練習生だった新人RBデベオン・スミスを昇格させていますが、NFLでの実績はまったくありません。

そんな中で2年目のケニアン・ドレイクがただ1人計算できそうなRBとしてプレーしますが、実績に乏しく、またこれまで4試合で2度のファンブルを犯しているということで、決して安心して任せられる状態ではありません。スミスにも多くの期待はできないでしょうし、ランが進まないと厳しいでしょうね。

この試合でドルフィンズが勝利するためにはカトラーの安定したプレーも必要ですが、それよりもまずオフェンスがブロンコスよりも先に得点をあげて優位に立つことです。NFL30位のオフェンスのドルフィンズがブロンコスのディフェンスから多くの得点を奪うことは容易ではありません。それだけに、先にリードを許してしまって追いかける展開になると、これまでの5試合のように勝てない可能性が高くなってきます。

また、ディフェンスがブロンコスのオフェンスを抑えることも必要です。ブロンコスのオフェンスはNFL22位、スコアリングオフェンスは26位と決してよくありません。ただし、ランオフェンスは同16位とそれほど悪くないので、このランをなんとしても止めることが必須です。

ランを止めてシーミアンにパスを投げさせる回数を増やすことで、パスラッシュをかけてオフェンスのリズムを崩させれば勝機は見えてくると思います。ただし、ドルフィンズもディフェンスバックのパスカバーがあまりよくないので、そこをしっかり守れるかがポイントとなります。

ドルフィンズのHCアダム・ゲイスとブロンコスのHCバンス・ジョセフは昨シーズンはドルフィンズで共に戦い、好成績を残してチームをプレーオフに導きました。今シーズンはそれぞれ敵としてこの試合を迎えるわけですが、まさかこんなチーム状態で対戦するとはシーズン当初は思ってもみなかったでしょう。

戦前の予想ではドルフィンズがほんの少し有利、ただしホームチームであるということを除けばブロンコスが有利とも言えます。ブロンコスの強みはやはりディフェンスだと思いますので、そのディフェンスに圧倒されるようだとドルフィンズが勝利するのはかなり難しいと言えます。

ただ、ホームゲームですし、なんとしても勝ってほしいです。11月は勝利がなかったドルフィンズですので、ファンとしては久しぶりに勝利する姿が見たいと思います。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ