Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

アンドリュー・ラック

Dolphins Daily News 5.10

昨シーズンのQBライアン・タネヒルは20ヤード以上のロングパスの成功率が61%(41回投中25回成功)で、これはNFLで2番目に高い数字だったようです。ちなみに1位はオークランドレイダースのQBデレック・カーで62.9%(54回投中34回成功)でした。

https://brickwallblitz.wordpress.com/2017/03/26/the-2016-17-deep-ball-project-part-33/

また16ヤード以上のパス成功率について見ると、タネヒルは64.1%(53回投中34回成功)でNFL4位でした。ちなみに、こちらは1位からミネソタバイキングスのQBサム・ブラッドフォード(66.7%)、2位がインディアナポリスコルツのQBアンドリュー・ラック(66.3%)、3位がカー(64.3%)となっています。

参考までに、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディはというと、20ヤード以上のパス成功率が44.7%(47回投中21回成功)でNFL18位、16ヤード以上では51.5%(66回投中34回成功)で同16位となっています。

数年前までのタネヒルは、ともすれば安全な短いパスばかり投げている、ロングパスの制度が悪い、などという酷評をされていましたが、昨年アダム・ゲイスがドルフィンズのヘッドコーチとなり、彼のオフェンスシステムでプレーすることにより安定感が増し、その結果ロングパスの能力も向上したものと思われます。

タネヒルは昨年、不幸にも左膝靭帯に大きな怪我を負ったわけですが、その怪我からは順調に回復しているようで、ゲイスの言葉では『昨年と同じように見える』という状態となっています。

今後、オフシーズンの練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを経て本番のレギュラーシーズンに向かうわけですが、そこでどんなプレーができるのか若干の不安はあるものの、期待は持てそうです。今シーズンは少なくとも昨年並か、あるいは昨年以上の活躍を期待したいところです。



Dolphins Daily News 1.25

DEキャメロン・ウェイクが、Pro Football Focus が選出する Comeback Player of the Year に選出されました。

ウェイクは2015年10月29日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦の第4Qにアキレス腱を断裂し、故障者リスト入りして残りのシーズンの欠場を余儀なくされました。

2016年シーズンは34歳という年齢的な面もあり、大怪我からの復帰が危ぶまれていましたが、終わってみればチーム断トツトップの11.5QBサックを記録してプロボウルにも選出されるという見事な復活でした。

インディアナポリスコルツのQBアンドリュー・ラックやグリーンベイパッカーズのWRジョーディ・ネルソンを抑えての受賞だったようですが、今シーズンの活躍を見る限り、35歳となって迎える来シーズンも期待ができそうです。


2016年シーズン、ドルフィンズのQBはライアン・タネヒルとマット・ムーアがプレーしたわけですが、敵陣20ヤード以内でのQBレイティングが122.0だったということで、これはNFLトップの成績だったそうです。そして同じ状況でのパス成功率も72.5%で同じくトップでした。

ちなみにQBレイティングの計算方法は複雑で、一言では説明できませんので、こちらを参考にしてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

敵陣レッドゾーン内では15TDパスに対して被インターセプトは0だったようです。



 

オフェンシブコーディネーターが決定

正式発表はまだですが、ドルフィンズの新しいオフェンシブコーディネーターが決定したようです。インディアナポリスコルツでQBコーチを務めていたクライド・クリステンセンという人です。

クリステンセンは1996年にタンパベイバッカニアーズのTEコーチに就任したのがNFLでのキャリアのスタートで、2001年にはバッカニアーズのオフェンシブコーディネーターを務めています。2002年からはコルツでWRコーチ、アシスタントHCコーチ、オフェンシブコーディネーター、QBコーチを歴任しています。

コルツではQBアンドリュー・ラックが新人の年からQBコーチを務めていて、コルツのHCチャック・パガーノによると、NFLで最高のQBコーチだということです。まあこれは身内の発言ですから割り引いて考えなければいけませんが、ラックが負傷欠場した今シーズンに大ベテランのQBマット・ハッセルベックを蘇生させたとも言えますので、優れたコーチであることは確かなのでしょう。

位置づけとしてはオフェンシブコーディネーターですが、オフェンスのプレーコールはHCアダム・ゲイスが行うのですから、実質的には主にQBコーチの要素が大きいのかもしれません。

ところで、コルツといえば、ドルフィンズの前HCジョー・フィルビンがコルツのオフェンシブラインコーチに就任したようです。当初フィルビンはニューヨークジャイアンツのQBコーチに就任するだろうと報道されていましたが、一転してコルツのスタッフに加わっています。

ジャイアンツからコルツに変わったのは、コルツの方はオフェンシブラインコーチに加えてアシスタントHCも兼任させるようで、その部分がジャイアンツとは違ったということです。アシスタントHCとなると他のコーチよりは格が上になるでしょうし、当然給料も高いでしょう。それで得をする人がいたりするんでしょうか、よくわかりませんが。

他チームの話はそれとして、ドルフィンズもアシスタントHCを雇うのか、またDLコーチやDBコーチなど決まっていないポジションコーチもいますので順次決定してくると思いますが、今後の動向に注目したいと思います。



 

Week 16 対コルツ戦 プレビュー

ドルフィンズの2015年シーズンも残すところあと2試合となりました。いずれもホームゲームなのですが、インディアナポリスコルツとニューイングランドペイトリオッツを迎えることになっており、ペイトリオッツに勝つのは難しいのでせめて次のコルツ戦には勝利してもらいたいところです。

コルツは現在6勝8敗ですが、AFC南地区の2位で首位ヒューストンテキサンズとは1ゲーム差しかありません。したがって今後の勝敗次第では地区優勝してプレーオフ進出も可能です。ただし、エースQBアンドリュー・ラックが欠場中でドルフィンズ戦にも出場しません。

そのラックの代わりにチームを支えてきた40歳のQBマット・ハッセルベックですが、先発した最初の4試合ではすべて勝利していますが、過去3試合はすべて敗れています。そしてその3試合での平均パス獲得ヤード数は189.3ヤードで2TDパスに対して3インターセプト、特に先週の対ヒューストンテキサンズ戦ではわずか147ヤード獲得に終わっています。

ただドルフィンズも過去8試合で6敗、しかもそのうち5試合で30失点以上しており、先週もそれまで3勝10敗と低迷していたサンディエゴチャージャースに30-14で完敗しています。いかにハッセルベックが不調とはいえ、今のドルフィンズに対すると4連勝していた時の調子を取り戻してしまうかもしれません。

目的を失いモチベーションも下がっているドルフィンズですが、地元のファンの前では恥ずかしい試合はしてほしくないと思います。ドルフィンズ勝利のポイントとしては次のような点があげられます。

1 RBフランク・ゴアのランを止めること

2 ハッセルベックにプレッシャーをかけること

3 ディフェンスバック陣がビッグプレーを防ぐこと

4 ランプレーを数多く出すこと

5 QBライアン・タネヒルを守ること

毎度おなじみで当たり前の事なのですが、今のドルフィンズはその当たり前の事ができていないというところがあります。

この中で特に懸念されることがランプレーを出せるか、タネヒルを守れるかということです。いずれもオフェンシブラインが関係してくるんですが、そのオフェンシブラインが壊滅状態です。

数試合前からRTジャワン・ジェームスが欠場していますし、先週の試合ではLTブランデン・アルバート、Cマイク・パウンシーが怪我をしてしまっています。チャージャース戦での敗戦はアルバートとパウンシーの怪我による欠場が大きく影響したともいえます。

現時点でアルバートとパウンシーがコルツ戦に出場できるかどうかはわかりません。もし2人とも出場できないとなると、チャージャース戦の二の舞になる可能性は否定できません。特にアルバートの代わりを務められる選手がいないというのが非常に厳しいです。

あとランプレーについてですが、先発RBラマー・ミラーが起用法について不満を漏らしています。チャージャース戦では特に試合後半には新人RBジェイ・アジャイを数多く起用しており、すでに来シーズンを見据えてアジャイのプレー機会を増やしているという見方もできます。コルツ戦でのRBの起用法も注目されます。

もうこうなると楽しみはそのアジャイやWRデバンテ・パーカーなどの新人選手の活躍だけだと言ってもいいかもしれませんね。欠場していたWRリシャード・マシューズが復帰してくるようですが、パーカーのパスレシーブも数多く見てみたいです。

この2チームの対戦は、本来ならばタネヒルとラックの対戦ということで非常に盛り上がるはずでした。特にシーズン開始前はコルツはスーパーボウル進出も予想され、ドルフィンズにしてもチーム力が非常に充実していると言われていただけに、プレーオフの前哨戦となってもおかしくなかったはずです。しかし現実は低迷しているチーム同士の消化試合の様相を呈しており、盛り上がりに欠けた対戦となってしまったということで非常に残念です。

オフェンスが進まない、ディフェンスが守れないドルフィンズですが、ファンとしてはそれほど力の差はないと思っていますので、ホームゲームですし勝利を期待したいところです。ただ、チャージャース戦での敗戦を見ていると現実はやはり厳しいでしょうか。とにかく1つでも多くのいいプレーを見せてもらいたいと思います。




 

QBタネヒルと大型契約締結

QBライアン・タネヒルとの契約延長を発表しました。2020年までの6年間で総額9600万ドル(約115億2000万円)ということなんですが、2012年のドラフト組ではインディアナポリスコルツのアンドリュー・ラック、シアトルシーホークスのラッセル・ウイルソンよりも早く契約延長契約を締結しています。

タネヒルよりも実績のあるラックやウイルソンも今後契約延長する可能性もあり、今回のタネヒルの契約内容はそれらの1つの基準になることは間違いないところであり、当然ラックやウイルソンはタネヒルよりも高額になる可能性が大きいです。そうなると所属チームに係る負担もそれなりに大きくなるでしょう。

それはさておき、タネヒルの場合はプレーオフでのプレー経験もなく、プロボウルにも選出されていないんですが、同期のQBよりも早く契約延長したということは、それなりに期待されているということなんでしょう。ということは、今シーズンは少なくとも昨年並み、あるいはそれ以上の成績を残さなければ風当たりがきつくなります。

昨シーズンは新しいオフェンスシステムとなって、特に序盤はなかなかそれに馴染めなかった印象がありました。加えてオフェンシブラインが一新された環境下でのプレーだったんですが、キャリア最高の成績を残しました。今シーズンはオフェンスシステムにも慣れて、さらなる飛躍が期待されるところです。

1つの懸念材料としては、パスターゲットであるレシーバー陣がほぼ一新されているということで、これが吉と出るか凶と出るかというところです。ただ、特にWRマイク・ウォレスがいなくなり、若いWRが多くなったというのは、正直なところとして精神的には伸び伸びとしたプレーが出来るのではないかと思います。

ウォレスがいるとどうしても彼中心にパスプレーを組み立ててしまわざるところがあり、若いタネヒルにとってはやりにくい面もあったと思います。実際、タネヒルのこれまでの3年間を見ていると、ウォレスがいなかった1年目が最も伸び伸びとパスを投げていたように思えます。 

今後は今回の契約内容に恥じないプレーをし、是非ともチームをプレーオフに導き、そしてその上の頂点を目指してもらいたいと思います。 



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ