アンドレ・ブランチ

March 11, 2017

Dolphins Daily News 3.11

FA解禁2日目、この日もいろいろな動きがありました。

まず、FAで獲得したOGテッド・ラーセン、トレードで獲得したDEウイリアム・ヘイズの入団が正式に発表されました。それに伴ってDEアンドレ・ブランチ、LSジョン・デニーとの再契約、そしてSイサ・アブドル-クドゥスの解雇も発表されています。

それと新しい動きとしてピッツバーグスティーラーズからFAとなっていたLBローレンス・ティモンズとオークランドレイダースからFAとなっていたSネイト・アレンを獲得したことも発表しています。

ラーセンは2010年にドラフト6巡目指名でニューイングランドペイトリオッツに入団しましがが、その年の9月に解雇されています。そしてタンパベイバッカニアーズに移籍してからLGとしてNFLでのキャリアをスタートさせました。キャリアの大部分をLGとしてプレーしてきましたが、RGもこなせますし、控えのCとしてもプレーしていました。
 
またヘイズは2008年ドラフト4巡目指名でテネシータイタンズに入団しました。今年5月に32歳となりますので決して若いとはいえません。しかし、ランディフェンスには定評があるようで、昨シーズンのPro Football Focusの評価ではNFLで11位となっています。また過去5年間では年平均5.3個のQBサックを記録しています。ドルフィンズではバックアップのDEとなるでしょうが、そこそこ期待はできそうです。

そしてティモンズは2007年ドラフト1巡目(全体15番目)指名でピッツバーグスティーラーズに入団し、昨年まで10年間スティーラーズ一筋でプレーしてきた選手です。それだけに今回スティーラーズに残留しなかったのが不思議なくらいなんですが、今年の5月に31歳となる年齢がネックになったんでしょうか、スティーラーズ側もそれほど引き留めなかったということでしょうね。

ドルフィンズとの契約は2年間で総額1200万ドル(約13億7700万円)ということで、どちらかというと低額の契約に収まっています。ティモンズについて特筆すべきは10年のキャリアで欠場したのがわずかに2試合だけということです。LBという消耗の激しいポジションでほとんど怪我をしていないというのは驚異的とも言えます。

ドルフィンズではミドルLBのポジションを務めることになるでしょうが、スティーラーズ時代とディフェンス隊形が違ってきますので、その点が不安材料なんですが、ティモンズ自身は、ただボールを追いかけるだけだ、というようなことを言って特に問題としていないようです。今年1月のドルフィンズとのワイルドカードプレーオフでは14タックル、2QBサックを記録していますが、今度はその活躍をドルフィンズの選手としてやってもらいたいです。

最後にアレンについてですが、2010年にドラフト2巡目指名でフィラデルフィアイーグルスに入団して先発Sとして活躍しました。その後2015年にレイダースに移ったんですが、膝の靭帯を損傷してわずか5試合の出場に止まりました。昨シーズンは14試合に出場していますが、そのうち先発出場はわずか4試合だけでした。

アレンが先発Sとして使えるかどうかは正直言ってわからないところだと思います。ただ、アブドル-クドゥスが使えなくなってしまったので誰かでその穴を埋めなければいけない苦しい事情からアレン獲得に至ったとも言えます。一度大きな怪我をしてしまったので先発Sとしては苦しいかもしれませんが、可能性はあると思うので復活してくれることを望みます。



 

dolphin_one at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 10, 2017

Dolphins Daily News 3.10

FA解禁初日、目まぐるしくいろいろな動きがありました。整理しきれないかもしれませんが、整理してみます。

1 TEジュリアス・トーマスとOTブランデン・アルバートのトレードが正式に発表されました。
2 Sレシャッド・ジョーンズが2012年まで契約延長を締結しました。
3 TEアンソニー・ファサーノをFAで獲得しました。
4 ファサーノ獲得に伴ってか、TEディオン・シムズがシカゴベアーズと契約する見込みです。
5 ニューイングランドペイトリオッツのDEジャバール・シェアードと面談する予定です。
6 Sイサ・アブドル-クドゥスを怪我のために解雇しました。
7 ベアーズのOGテッド・ラーセンと3年契約しました。
8 TEジョーダン・キャメロンが引退を表明しました。
9 ロサンゼルスラムズとのトレードでDEウイリアム・ヘイズを獲得しました。

本当にいろいろなことがあったのでそれぞれの詳細までカバーしきれないのが申し訳ありません。あとその他にも細かい話題があるようですが、とても追いかけきれません。

しかしこの日の結果でTEのポジションは埋まったような気がします。またオフェンシブラインのラーセンはOGだけでなくCもこなせるようなので、この獲得は結構大きいと思います。

DEのポジションもアンドレ・ブランチとの再契約の他にヘイズを獲得したことで補強ができました。ちなみにドルフィンズはヘイズを獲得するために6巡目指名を譲渡しましたが、ドルフィンズはラムズからヘイズと7巡目指名を獲得しています。これはお買い得だったんじゃないでしょうか。

あとキャメロンの引退は残念ですが、度重なる脳震とうでは仕方ないですね。またアブドル-クドゥスは期待していただけに痛いんですが、こちらも首の怪我で選手生命すらも奪われるだろうということです。アブドル-クドゥスがいなくなったことにより先発Sの選手を探す必要が出てきています。

そしてSといえばジョーンズと新たな5年契約を締結しました。契約内容は5年間で総額6000万ドル(約69億2300万円)ということです。ジョーンズの契約延長の動きはほとんど報じられていなかったので進展がないと思っていましたが、これでひと安心です。あとはWRジャービス・ランドリーですが、こちらはまだ難しいでしょうかね。

ファサーノ獲得はシムズとの再契約が上手くいかなかったからだと思われますが、シムズもトーマスの控えでは満足できなかったんでしょうか。ただ、シムズも先発TEとしてはやや物足りないところがあるので、果たしてベアーズでどんな結果を残すのか気になります。

あとはLBの補強ですが、ローレンス・ティモンズと面談する予定のほかは動きがないようです。ティモンズの結果次第でまた変わってくるでしょうが、これまでの動きでは4月のドラフト1巡目指名はLBとなる可能性が高くなったと言えるかもしれません。

というわけで、明日もいろいろな情報が出てくると思いますので、わかる範囲でお伝えしたいと思います。



 

dolphin_one at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 09, 2017

Dolphins Daily News 3.9

FA解禁を目前に控えて、早くも大きなニュースが飛び込んできました。まず、これは正式に発表さていますが、無制限FAとなる予定だったWRケニー・スティルスと再契約しました。契約内容は4年間で総額3200万ドル(約36億7000万円)ということで、年平均800万ドルということです。

スティルスに関しては年平均1000〜1200万ドル必要ではないかと報道されていたんですが、結局800万ドルに落ち着きました。冷静に見ると妥当な金額だと思いますし、スティルス自身も身の程を知っていたということと、ドルフィンズと再契約したのはお金の問題ではないというようなことも言っています。

スティルス自身もドルフィンズに残りたかったんでしょうし、何より残る価値のあるチームだということだったんでしょう。当然HCアダム・ゲイスもスティルスとの再契約を望んだということですね。ファンにとっても今シーズンもスティルス、ジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカーのWRトリオが見られることは非常に楽しみです。


そしてもう一人、こちらも無制限FAとなる予定のDEアンドレ・ブランチとも再契約がまとまったようです。こちらは正式発表はまだされていないんですが、契約内容は3年間で総額2700万ドル(約30億9700万円)と見られています。

ブランチとの契約は年平均にすると900万ドルとなりますが、この契約内容は少し高いような気がします。ブランチは昨シーズン、先発DEの座を勝ち取ってチーム2位となる5.5QBサックを記録しましたが、あるウェブサイトでは年平均700万ドルが相場ではないかと予想していました。

ドルフィンズとしてはもう少し安く契約をまとめたかったんでしょうが、DEのポジションは昨シーズンのプレーオフ前にジェイソン・ジョーンズを、そしてシーズン終了後にマリオ・ウイリアムスを解雇していますので非常に手薄になっています。したがって、どうしてもブランチを手放したくなかったんでしょうかね。ブランチには少なくとも昨シーズン程度かそれ以上の活躍を期待したいところです。


そしてその他のFAの話題ですが、ピッツバーグスティーラーズからFAとなるLBローレンス・ティモンズとの面談が予定されているようです。ティモンズに関してはESPNのウェブサイトでドルフィンズが獲得に乗り出すべき選手として予想されていました。

個人的にはティモンズがスティーラーズを去ることはないと思っていたんですが、果たしてこの面談の結果はどうなるんでしょう。ただ、ドルフィンズがまず最初にティモンズに声をかけたということは第一の獲得ターゲットであるということで、条件次第ではティモンズがドルフィンズに入団することになります。

もうすぐ31歳となるティモンズですが、LBの補強が必須のドルフィンズとしては少なくとも1人のベテランLBをFAで獲得したいところで、FA選手の中でも高額ではないと思われるティモンズを狙ったんでしょうか。ただ、契約するにしても適正な金額での契約を望みたいですし、長年スティーラーズのディフェンスシステムでプレーしてきたティモンズがドルフィンズのディフェンスシステムに馴染むかというのも懸念が残るところです。


その他の話題としては、ドルフィンズはLBキコ・アロンソとの長期契約も視野に入れているようです。アロンソは制限付きFAとなる予定となっています。

昨年ドルフィンズにトレードで移籍してきたアロンソはディフェンスの要としてチームに貢献しました。LBのポジションが手薄なドルフィンズとしては制限付きとはいえアロンソを他チームに取られるわけにはいきません。そういう意味でも長期契約を結んでおきたいのでしょう。

明日はいよいよFA市場が解禁します。当分はいろいろな選手の情報が出てくるでしょうが、ドルフィンズでは誰が出ていって誰が入ってくるのか、毎日目が離せなくなりますね。



 

dolphin_one at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 28, 2017

Dolphins Daily News 1.28

1月28日(日本時間29日)にはアラバマ州モービルでカレッジフットボールのオールスター戦であるシニアボウルが行われます。ここでは4月に行われるNFLドラフトで指名されそうな選手が一堂に会することから、NFL各チームのGMやスカウトなどが視察に訪れます。ドルフィンズも例外ではなく、上級運営副代表のマイク・タネンバウムとGMクリス・グリアーが現地入りしています。

その場所でこのオフにFAとなるWRケニー・スティルスとDEアンドレ・ブランチの代理人がドルフィンズと再契約についての話し合いを行うということです。ということは、今年の無制限FA選手の中で、スティルスとブランチを最優先でチームに残したいということだと思います。

スティルスとブランチは共にドルフィンズの8年ぶりのプレーオフ進出に貢献した選手でした。スティルスはHCアダム・ゲイスのオフェンスに適合し、自己最高でチームトップの9TDパスレシーブを記録しました。またブランチはチーム2位の5.5QBサックを記録しました。

2人ともドルフィンズと再契約しそうな雰囲気ですが、NFLの契約の問題は本当にわかりません。仮にこの2人がドルフィンズから去ってしまうとかなりの痛手です。特にブランチの場合は、昨年2年契約で獲得したDEマリオ・ウイリアムスの解雇がほぼ決定的ですし、実績のあるベテランDEジェイソン・ジョーンズもすでに解雇されており、もしブランチまで失うことになればDEの選手が手薄になります。

ドルフィンズは他のポジションでも補強ポイントがありますが、FAやドラフトでいい選手が獲得できる保証はありません。したがって、スティルスとブランチには是非ともチームに残ってもらいたいと思います。


ひざの靭帯を痛めているQBライアン・タネヒルについてですが、怪我をした直後の検査では手術の必要はないということでしたが、その後手術の可能性が報道され、現在は今後の状況が不透明となっています。

タネヒルは今月末にもひざの靭帯の再検査を行う予定で、その結果しだいでは手術を行う可能性もあるでしょうが、どちらにしてもその結果しだいで今後の復帰までのプロセスが概ね判明してくるものと思われます。

2017年シーズンのタネヒルはひざにニーブレイスを装着してのプレーが想定され、そうなると今までのように脚力を活かしたプレーも制限されてくるでしょうか。ただ、いずれにしてもタネヒルの一日も早い復活を願っています。



 

dolphin_one at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 10, 2017

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 

dolphin_one at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック