Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

エゼキール・エリオット

Dolphins Daily News 5.4

NFL選手会が昨年の選手のジャージなどのグッズの売上のランキングを発表しています。それによると、ドルフィンズから上位50人にランクされたのはWRジャービス・ランドリーただひとりで、順位は42位でした。

https://www.nflpa.com/players/top-50-player-sales-list-fy17-annual

昨シーズンのドルフィンズはシーズン前の予想を覆して10勝6敗という好成績をあげて2008年シーズン以来のプレーオフに進出しましたが、その躍進も選手のグッズの売り上げには結びついていません。予期せぬ大ブレークをしたRBジェイ・アジャイのグッズがどのぐらいの売上だったのか興味があるところでありますが、それはわかりません。

上位50人の顔ぶれを見ると、RBエゼキール・エリオットが1位、QBダック・プレスコットが2位、WRデズ・ブライアントが4位とダラスカウボーイズの選手が上位4位までに3人ランクされています。昨年のカウボーイズはは無名の新人プレスコットが先発QBとして大成功を収め、同じく新人のエリオットも活躍し、その若手2人がチームに勢いをもたらした恰好で素晴らしい躍進を遂げました。グッズの売上もそれに比例して多かったものと思われます。

あとはニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディは貫禄の3位で、それも含めてQBが50人中19人を占めています。やはりQBは人気のある選手が集中しますが、ここにライアン・タネヒルが加わってくれたらと思うのですが、まだまだですかね。


これまで再三に渡ってお伝えしていますが、制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスがいまだにドルフィンズが提示したオファーにサインしていません。

ウイリアムスは最終的にはドルフィンズのオファーにサインするでしょうが、この状態が長く続くことはあまり意味がありません。なぜならば、ウイリアムスがNFLでプレーするためにはドルフィンズのオファーにサインするしかなく、もしそれをしなければプレーすることができないからです。

ドルフィンズの提示している条件では、ウイリアムスは今シーズンは180万ドルのサラリーとなっています。昨シーズンが60万ドルでしたので3倍になるということですが、ウイリアムスはおそらくそれでは満足していないということでしょう。

ウイリアムスはペイトリオッツと面談しましたが契約には至りませんでした。ペイトリオッツはウイリアムスの後にバッファロービルズで制限付きFAとなっていたRBマイク・ギリスリーと面談し、その結果ギリスリーに2年間総額640万ドルのオファーを出しました。それに対してビルズが同等の条件を提示しなかったため、ギリスリーはペイトリオッツと契約することになりました。

ウイリアムスにとってはこのギリスリーの契約も面白くないでしょうね。ペイトリオッツが自分よりギリスリーを選んだこと、そしてサラリーがギリスリーの方が高額だということです。これらのこともウイリアムスがドルフィンズとの契約を保留している要因だと思われます。

しかし前述のように、ウイリアムスはドルフィンズと契約するしか選択の余地はなく、ドルフィンズがこれ以上の好条件を出すこともありませんから、ここは素直にサインして、そして今シーズンまたいい成績を残して新しい契約を勝ち取るようにすべきだと思います。とにかく、この問題は1日も早く決着を着けてもらいたいですね。




ドラフト1日目

2016年のNFLドラフトが始まりました。3日間の予定で初日は1巡目指名のみが行われたんですが、ドルフィンズは全体13番目の指名でミシシッピー大学のOTラレミー・タンシルを指名しました。

RBかCBかLBか、と思われていた1巡目指名でしたが、タンシルの指名はまったくの想定外でした。確かこれまでのドラフト予想でもタンシルの名前はあがっていなかったように思いましたが…RBエゼキール・エリオットやCBバーノン・ハーグリーブスがすでに指名されて残っていなかったということもあったのでしょう。

しかしこの指名に関して、ドルフィンズのGMクリス・グリアーは、タンシルはドルフィンズで2番目に高い評価をしていた選手で、13番目まで残っているとは思わなかったと言っています。

実際に実力的には全体1位に指名されてもおかしくない選手だったということですが、ドラフト直前にガスマスクを着用して薬物を吸っているような映像がネット上に流れたことから、その素行面が懸念されて指名するチームがなかったようです。

ただ、映像が流れたことは誰かにツイッターのアカウントを乗っ取られたためだということで、大学時代にも薬物テストで陽性と判定されたことはなかったようです。

タンシルは大学時代にはLTでプレーしており、28試合の試合出場で許したQBサックはわずかに2つだったということです。ドルフィンズではブランデン・アルバートが先発LTなので、タンシルの起用方法としてはLGかRTが有力ですが、もしRTとなれば昨年までの先発RTジャワン・ジェームスがRGにコンバートされそうです。

ただし状況によってはアルバートが32歳ですので、早い段階でタンシルに先発LTを任せるかもしれません。そうなった場合にはアルバートをOGで起用するという選択肢も考えられるようですが、実際にどうなるのかはトレーニングキャンプが終わるまでわかりません。


ドラフト2日目は2巡目と3巡目の指名が行われますが、ドルフィンズはそれぞれ11番目と10番目の指名が予定されています。ドルフィンズがどんな選手を考えているのかわかりませんが、1巡目での指名が予想されていたLBのマイルズ・ジャックやレジー・ラグランドがまだ残っています。

またCBの選手ではマッケンジー・アレキサンダーやケンドール・フラー、ザビアン・ハワードなど、そしてRBの選手ではデリック・ヘンリーやデボンテ・ブッカーといったところの指名が予想されています。

どのポジションのどんな選手が指名されるのか、2日目の指名も楽しみにしたいと思います。



 

今週のドルフィンズ 4.18―4.23

ニューイングランドペイトリオッツを解雇されたDTクリス・ジョーンズを獲得しました。

ジョーンズは2013年にドラフト6巡目指名でヒューストンテキサンズに入団しましたが、レギュラーシーズン開始前に解雇されました。その後タンパベイバッカニアーズと契約したんですが、こちらでも試合に出場することなく解雇されています。

ところが、その後ペイトリオッツに拾われてから才能が開花したのか、2013年にはペイトリオッツで11試合に先発出場して30タックル、6QBサックを記録しました。ちなみにその2013年にはペイトリオッツの先発DTビンス・ウィルフォークがアキレス腱を断裂したのがきっかけとなり、ジョーンズが試合に出場できるようになりました。

そして翌2014年も11試合に出場して16タックル、3QBサックを記録しましたが、昨年はふくらはぎの怪我でシーズンを欠場しています。しかしペイトリオッツでの活躍の再現ができれば、ドルフィンズのディフェンシブラインの層が厚くなります。

ところでこのジョーンズですが、生まれはオハイオ州のコロンバスだということですが、幼い頃からドルフィンズファンだったようです。ジョーンズのおばあさんが1970年代からのドルフィンズファンで、ダン・マリーノのファンでもあったということです。そして父親もその影響でドルフィンズファンとなり、当然ジョーンズ自身もドルフィンズが好きになったということです。

ジョーンズにとっては不思議な因縁でしょうが、好きだったチームに入団することになり、本人も心機一転張り切っているでしょうし、ドルフィンズのために貢献してくれる選手になってもらいたいと思います。


いよいよドラフトまで1週間を切りました。4月28日(日本時間29日)の初日にはどんな選手が指名されるのか楽しみなんですが、ドルフィンズは1巡目指名では全体13番目の指名権を持っていて、その時点で最も優れた選手をポジションに関係なく指名するものと考えられています。

フィラデルフィアイーグルスがクリーブランドブラウンズとのトレードで全体2番目の指名権を獲得したことで、ドルフィンズがオハイオ州立大学のRBエゼキール・エリオットを指名する可能性が高まったとも言われています。また当初から予想の多かったフロリダ大学のCBバーノン・ハーグリーブスを指名する可能性もあります。

エリオットかハーグリーブスのどちらかを指名するとも考えられていますが、もちろん両方とも他チームに指名されて指名できないこともあります。また、もし両者とも残っていたら、ドルフィンズはおそらくエリオットの方を指名すると思われますが、どうなるでしょうか。

いずれにしてもいろいろなケースを想定してドラフトに臨むことは確実で、RB、CB、OG、LBと多くの補強点を抱えているドルフィンズがどんな選手を指名するのか、1週間後には答えが出ます。それを楽しみに注目していきたいと思います。



 

RBアンダーソン、ドルフィンズ入りはならず

ドルフィンズが4年間総額1800万ドルというオファーを出していたRB C.J.アンダーソンですが、ブロンコスが同額で引き留めて移籍を阻止しました。

ドルフィンズにとっては残念な結果となったんですが、ブロンコスもこのオフに主力が次々と離脱しているので、なんとしてもアンダーソンは残したかったんでしょうね。しかしこの結果、ドルフィンズは新たにベテランRBを探すか、あるいはドラフトで指名しなければいけなくなりました。

現時点でFA市場に残っているRBはアルフレッド・モリス、アリアン・フォスター、レガレット・ブロウント、ジェームズ・スタークス、ロニー・ヒルマンといったところですが、今のところ面談予定はないようです。

かと言ってドラフト1巡目指名でRBを指名することは考えにくいんですが、オハイオ州立大学のエゼキール・エリオットという選手を指名できる可能性はあるようです。ただ、やはり1巡目指名は他のポジションの選手だと思われます。

こうなったらドラフト下位でRBを指名して、先発RBには2年目のジェイ・アジャイを起用しても面白いかと思いますが、HCアダム・ゲイスがどう考えるのか、今後の動きが注目されます。


他方、ドルフィンズからFAとなっていたQBマット・ムーアとの再契約を発表しました。契約期間は2年間ということで、これでムーアはまたライアン・タネヒルの控えを務めることになりました。

ムーアはこのオフにダラスカウボーイズとインディアナポリスコルツと接触を取ったんですが、いずれも契約には至りませんでした。今年はムーアは他チームに移籍するのではないかと思っていましたので意外でしたが、ドルフィンズとしては他のベテランQBと契約するよりムーアと再契約したほうがいろいろな面で都合がよかったんでしょうね。



 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ