Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

エリック・スミス

Dolphins Daily News 9.9―ドルフィンズ、西海岸へ

NFLではまだ第1週の試合がほとんど行われていませんが、ドルフィンズは早くも第2週の対ロサンゼルスチャージャース戦に備えて西海岸に向かったようです。

ドルフィンズはハリケーン・イルマの影響で第1週の試合が順延となりましたが、そのハリケーンは最新の進路予報ではフロリダ半島を縦断する見込みで、大きな被害が予想されます。

ドルフィンズは金曜日(日本時間土曜日)の夜に南フロリダを離れて西海岸に行き、チャージャース戦の前の練習はロサンゼルスで行う予定だということです。ハリケーンが去った後も満足な練習が行えるかどうかわからないので、妥当な判断だと思います。また、これによってチャージャース戦に向けて十分な練習ができるのではないでしょうか。


ところで、今シーズンの開幕53人ロースターの中には5人のドラフト外新人選手が含まれていますが、それだけ多くのドラフト外新人がロースターに残ったというのも珍しいのではないでしょうか。その5人とはSモーリス・スミス、CBトリー・マッタイヤー、OTエリック・スミス、LBチェイス・アレン、Pマット・ハークです。

モーリス・スミスは大学4年生になる前にアラバマ大学からジョージア大学に転校しています。理由はフットボールでのプレー時間に不満を持っていたということですが、転校前の数週間にアラバマ大学で不当な待遇を受けていたようです。しかしスミス自身が語るところによると、その経験が自身のメンタル的な強さを育てたようです。

マッタイヤーはNFL入りするにあたってドルフィンズ以外のチームからのオファーもあったようです。マッタイヤー自身の決断もありましたが、ドラフト前にDBコーチのルー・アナルモが何回か声をかけてくれたこともドルフィンズ入りの決め手になったようです。

エリック・スミスはバージニア大学での2年間で46回クォーターバックに対するプレッシャーを許していたようですが、ドルフィンズでのプレシーズンで内容がよかったことがロースター入りにつながっています。

アレンはプレシーズンゲーム中に計34回のタックルを記録していますが、これはNFLで最多だったということです。LBのポジションは控えの層も厚いとはいえないので、アレンには期待しています。

ハークは左足で蹴るパンターですが、HCアダム・ゲイスによると、左利きのパンターはリターナーにとって難しいそうです。ほとんどのパンターが右利きでしょうから、練習でも当然右利きのパンターが蹴ったボールをリターンするでしょう。したがって、ボールの回転などが微妙に違うと思うのでそのあたりで戸惑うのでしょうか。

いずれの選手も長くドルフィンズでプレーしてもらいたいのですが、こういう新人選手が多数出てくるようになればチームの層も厚くなり強くなっていくんでしょうね。


Dolphins Daily News 8.17―カトラー、明日ドルフィンズデビュー

QBジェイ・カトラーがいよいよドルフィンズデビューとなります。明日の対ボルチモアレイブンズ戦で先発するものと思われます。限定的な出場となるでしょうが、非常に注目されることは間違いないでしょう。

そのカトラーですが、先週ジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカー、ケニー・スティルスなどのWR陣と夕食をともにしていたことがTwitterに投稿されていました。WR陣とのコミュニケーションを取ることが目的だったと思いますが、明日の試合で何本のパスを通すことができるでしょうか。カトラーのプレーを楽しみにしたいと思います。

先週の対アトランタファルコンズ戦で、新人OTエリック・スミスのプレー内容が非常によかったようです。Pro Football Focusの評価によると、プレシーズンゲームの初戦でプレーしたAFC東地区のどのOTの選手よりもプレー内容はよかったということです。明日のレイブンズ戦にも当然出場するでしょうから注目したいと思います。

同じくPro Football Focusの評価ですが、新人CBトリー・マッタイヤーもファルコンズ戦ではよかったようで、AFC東地区のCBの選手の中で3番目に優れたプレー内容だったようです。

スミスといいマッタイヤーといい、ドラフト外の新人選手が活躍してくれるとチーム全体の底上げになります。マッタイヤーは最終ロースターに残るのは厳しいかと思いますが、スミスの方はOTの2ndチームとして最終ロースターに残れるかもしれません。

ドルフィンズの今シーズンのホームゲームでの着用ジャージが発表されていました。それによると、今シーズンもスローバックジャージを着用して2試合を行う予定で、その2試合は12月に行われる対ニューイングランドペイトリオッツ戦と対バッファロービルズ戦だということです。



Dolphins Daily News 7.22―新人2人が怪我で出遅れ

少なくとも2人の新人選手がトレーニングキャンプのスタートが遅れることが報じられています。RBデベオン・スミスとOTエリック・スミスが怪我のためにリザーブリストに登録されたということです。

2人のスミスはいずれもドラフト外でドルフィンズに入団しました。デベオンはミシガン大学で2235ヤードを走って22TDを記録しています。またエリックはバージニア大学ではRTとしてプレーし、2014〜16年はすべての試合に出場しています。

なお、ふたりは怪我がよくなればチームに復帰して練習にも参加できるということです。


Dolphins Daily News 6.2

QBライアン・タネヒルは相手チームのディフェンスにブリッツを仕掛けられた場面でのQBレイティングが、昨シーズンはNFLで5番目に高かったそうです。

トップ5は次のようになっており、NFL全体の平均は91.1でした。

1 トム・ブレイディ(ニューイングランドペイトリオッツ) 131.4
2 マット・ライアン(アトランタファルコンズ) 120.4
3 ドリュー・ブリーズ(ニューオーリンズセインツ) 107.0
4 ダック・プレスコット(ダラスカウボーイズ) 106.6
5 ライアン・タネヒル(マイアミドルフィンズ) 105.6


ニッケルCBのポジション争いは現時点ではボビー・マッケインが一歩リードしていますが、マッケインは自身がカバーするエリアで相手QBに対して113.0のQBレイティングを許しています。

マッケインはメンフィス大学時代は最後の22試合で11個のインターセプトを記録していんたんですが、ドルフィンズ入団後の32試合ではわずか1回しかインターセプトを記録していません。

この記録を考えるとマッケインは期待はずれと言わざるをえないんですが、ここで気になるのが昨日お伝えしたSウォルト・エイケンズがCBの練習をしていたという件です。

実はエイケンズはリバティ大学時代はCBとしてプレーしていました。ところがドルフィンズに入団した2014年に最初はCBとして使おうとしましたが上手くいかなかったんでしょうか、すぐにSに転向しています。

2015年もSとしてプレーしたんですが、内容的には不安定で、ビッグプレーを許したりして先発の座を降ろされています。そして昨シーズンはほとんどスペシャルチームでのプレーとなっていました。

エイケンズが大学時代にCBとしてプレーしていたことがわからなかったので、今年のチーム練習でなぜCBをさせているのか不可解だったんですが、あわよくばマッケインに代わってニッケルCBとして使えないかという可能性も考慮してのことだと思われます。


オフェンシブラインについてですが、Cマイク・パウンシーが怪我で使えない時はクレイグ・アービックが先発Cを務めるようです。さらにアービックにはジャーモン・ブッシュロッド、テッド・ラーセン、アイザック・アシアタと先発OGのポジション争いの機会も与えられるということです。

また現在のオフェンシブラインのロースターには新人選手がわずか2人しかいません。アシアタとドラフト外入団のOTエリック・スミスですが、将来的にもう少し若い選手がほしいところです。




livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ