Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

オリンド・マレー

Dolphins Daily News 7.10―NFL kickers of all time

NFL.comのアナリストであるギル・ブラント氏がNFLの歴代トップキッカー18人のリストを掲載していました。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000816169

これによると、1位はボルチモアレイブンズのジャスティン・タッカー、2位はインディアナポリスコルツのアダム・ビナティエリとなっています。ドルフィンズからはただひとり、18位にガロ・イェプレミアンが選ばれています。

ただ、個人的にはドルフィンズから選ばれるとしたらオリンド・マレーだと思うのですが…マレーの方が記録的にも優れています。

マレーは1997〜2006年シーズンまでドルフィンズに在籍していました。もともとは1996年にドラフト外でニューヨークジャイアンツに入団したんですが、ジャイアンツでは芽が出ずに解雇され、ドルフィンズに拾われました。

しかし、ドルフィンズでダグ・ブレビンスというキッキングコーチと出会ったことで、マレーはNFLを代表するキッカーに成長しました。1999年シーズンにはいずれもNFLトップとなるFG46本中39本を決めてプロボウルとオールプロに選出されています。さらに2001年シーズンにはFG21本中19本を決めてNFLトップの成功率90.5%を記録しています。

2007年にトレードでニューオーリンズセインツに移籍した後、2008〜10年まではシアトルシーホークス、2011年はカロライナパンサーズ、そして2012年シカゴベアーズを最後にNFLのキャリアを終えています。

ブレビンスについては以前このブログでも紹介したんですが、生まれつき障がいを持っていて、ボールを蹴ったことがない車椅子に乗ったコーチでした。その指導力には定評があり、ビナティエリも指導を受けたことがあるということです。

ブレビンスについては、日本でもフジテレビ系列で放送されている『奇跡体験!アンビリバボー』で放送されたことがあるので、ご覧になられた方もあるでしょう。

ブレビンスがいなかったらマレーはNFLで活躍できていなかったのではないでしょうか。



数字で振り返る ドルフィンズの50年 Part 4

ドルフィンズの過去49シーズンを1年ごとに1つの数字で振り返る企画。今回はQBダン・マリーノの晩年、そしてHCはジミー・ジョンソンとデーブ・ウオンステッドの時代です。

1996 - 3
この年の1月にドン・シューラが勇退し、空位となったドルフィンズの史上3人目のHCとしてジミー・ジョンソンが就任しました。ジョンソンは1987年にマイアミ大学を全米王座に導き、1992年と1993年にはダラスカウボーイズをスーパーボウル制覇に導いていました。そして、ジョンソンは就任時にドルフィンズを3年でスーパーボウル制覇に導くと公言しました。

1997 - 162
12月14日に敵地で行われた対インディアナポリスコルツ戦で、ドルフィンズは0-41で完封負けを喫しました。この完封負けはドルフィンズにとって1987年11月29日の対バファロービルズ戦に0-27で敗れて以来10年ぶりのことで、それまでドルフィンズは162試合連続で完封負けがありませんでした。

1998 - 34
12月21日にプロプレーヤースタジアムで行われたマンデーナイトゲーム、対デンバーブロンコス戦でドルフィンズは31-21で勝利しましたが、この勝利でドルフィンズはマンデーナイトゲーム通算34勝目となり、この時点でオークランドレイダースを抜いてマンデーナイトゲーム最多勝チームとなりました。ちなみにこの試合は私が唯一現地観戦した試合で、QBダン・マリーノが4つのTDパスを記録する素晴らしい試合でした。

1999 - 62
このシーズンに9勝7敗の成績でプレーオフ進出を果たしたドルフィンズは、第1ラウンドでシアトルシーホークスに20-17で逆転勝利してディビジョナルプレーオフに進出しましたが、そのジャガーズ戦では7-62で大敗しました。そしてその試合がQBダン・マリーノとHCジミー・ジョンソンの最後の試合となりました。

2000 - 40
このシーズン、11勝5敗でAFC東地区優勝を決めたドルフィンズはプレーオフ第1ラウンドでインディアナポリスコルツと対戦しました。この試合はドルフィンズが第3Qまで0-14とリードされながら、オーバータイムにも連れ込んで、最後はRBラマー・スミスのTDランで23-17で勝利しました。そのスミスがこの試合で記録した40回のランプレーはNFLのプレーオフ新記録となりました。

2001 - 5
12月30日に行われた対アトランタファルコンズ戦に21-14で勝利したドルフィンズは5年連続でのプレーオフ進出を決めました。ちなみにその当時5年連続でプレーオフ進出していたチームはNFLの他のチームにはありませんでした。

2002 - 1,853
この年、2つのドラフト1巡目指名権との交換でニューオーリンズセインツからRBリッキー・ウイリアムスを獲得しました。そのウイリアムスは期待に違わぬ大活躍でランで1,853ヤードを獲得してチーム新記録を達成するとともに、NFLのリーディングラッシャーにも輝きました。ちなみにそのウイリアムスの活躍に反して、チームは9勝7敗でプレーオフ進出を逃しています。 

2003 - 67.5
11月21日に行われた対バッファロービルズ戦で、DEジェイソン・テイラーが3QBサックを記録して、通算QBサック数でチーム記録保持者のビル・スタンフィルの67.5QBサックを抜いてチーム新記録を達成しました。

2004 - 5
10月10日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦の試合前に、Kオリンド・マレーが足を痛めて欠場しました。そのため急遽ウェス・ウェルカーがキッカーを務めることになり、ウェルカーはキックオフ、エクストラポイントのキック、29ヤードFG、パントとキックオフのリターンの5つのプレーを1つの試合でこなしたNFL史上初の選手となりました。ちなみにその試合でドルフィンズは10-24で敗れましたが、ウェルカーはその週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されています。


 

ドルフィンズ、思い出の対ビルズ戦

ドルフィンズのレギュラーシーズン第11週の対戦相手は、ホームでの対バッファロービルズ戦です。ビルズとは同じAFC東地区同士であり対戦回数も非常に多いんですが、その中で印象に残っているものとして、1998年シーズンのプレーオフでの対戦を紹介したいと思います。

このシーズン、AFC東地区ではニューヨークジェッツが12勝4敗で地区優勝し、ドルフィンズとビルズが10勝6敗、そしてニューイングランドペイトリオッツが9勝7敗で、これら4チームがすべてプレーオフに進出しました。そしてドルフィンズとビルズがワイルドカードプレーオフで対戦することになりました。

3年でスーパーボウル制覇…これは1996年にドルフィンズのHCに就任したジミー・ジョンソンの公約だったんですが、その3年目のシーズンが1998年で、ジョンソンとドルフィンズにとっては絶対に負けられない、勝負のプレーオフという背景がありました。

ビルズのQBはダグ・フルーティでしたが、このフルーティとジョンソンは過去カレッジフットボールの試合での因縁がありました。ジョンソンがマイアミ大学のHCだった時に、全米選手権でフルーティがQBを務めるボストンカレッジと対戦しましたが、その試合の終了間際にフルーティがヘイルメアリーパスからの逆転TDを決めて、ジョンソンのマイアミ大学は敗れています。このフルーティの逆転TDパスはその後も語り継がれ、現在でもユーチューブに動画がアップされているほど有名なシーンとなっています。

試合は最初のプレーからフルーティのロングパスが決まりましたがファンブルしてターンオーバーとなる嵐の幕開けとなりました。ドルフィンズがKオリンド・マレーの2本のFGでリードしましたが、ビルズはRBサーマン・トーマスが1ヤードTDランを決めて逆転し、前半をビルズの1点リードで折り返しました。

後半、第3Qに共にTDを決めて14-14の同点で第4Qを迎えましたが、この第4Qにいろいろなドラマがありました。ドルフィンズはマレーのFGで勝ち越すと、さらにQBダン・マリーノがWRラマー・トーマスに11ヤードのTDパスを決めて24-14と10点リードを奪いました。そしてその時点で勝利を確信したんでしょうか、大変珍しいことにジョンソンが試合中に笑顔を見せました。

しかしそこからビルズが猛反撃、ドルフィンズ陣内1ヤード地点まで攻め込み得点チャンスをつかみました。ただ、ここでビルズのWRアンドレ・リードが審判の判定に抗議して退場処分となり、結局この攻撃でビルズはFGの3点に止まりました。

ビルズは次のプレーで最後の望みをかけたオンサイドキックを敢行しましたが、これが見事に成功して残り試合時間1分40秒ほどで再び攻撃権を獲得しました。ビルズはこの攻撃でドルフィンズ陣内5ヤード地点まで攻め込んで同点に追いつく最大のチャンスをつかみました。

残り試合時間17秒、この時点で同点でオーバータイム突入をほとんどすべての人が考えていたことでしょう。私もビルズの攻撃の勢いを見ていて、これは同点も仕方ないと思っていました。しかし次の瞬間、パスを狙ったフルーティをドルフィンズDEトレース・アームストロングがサックしてファンブルを誘発、転がったボールをドルフィンズ側がリカバーして試合が終わりました。

ジョンソンの勝利を確信した笑顔、リードの退場、アームストロングのQBサックなど印象に残るシーンがいくつもあり、最後まで手に汗握る素晴らしい試合でしたが、ファンとしてはドルフィンズが勝利したことでさらにおもしろい試合となりました。

ジョンソンはドルフィンズのHCとしてプレーオフでは2勝3敗という成績だったんですが、その中でもこの試合がいろいろな意味でベストゲームだったと思います。


 

ジェフ・アイルランド

GMジェフ・アイルランドがLBジョーイ・ポーターについて語っています。それによるとポーター解雇の直接の原因はフィールド外でのチーム批判発言ではなくて、LBとしての能力を疑問視したからだということです。今シーズンのポーターはチームトップの9.0QBサックを記録したもののランに対するディフェンスは弱く、プレーを途中で諦めるような場面も見られたようです。

その他、FSジブリル・ウイルソンについてはシーズン中に度々非難を浴びていたんですが、アイルランド自身はウイルソンには期待をしていると言っていますがもう1年チャンスを与えるんでしょうか。WRアーネスト・ウィルフォードの二の舞にならないように願いたいのですがウイルソンについては2008年にオークランドレイダースと6年契約を結びながらたった1年で解雇された前科があるだけに心配です。

あと関係ないですが、元ドルフィンズのKオリンド・マレーがシアトルシーホークスでフランチャイズ選手の指定を受けたようです。マレーはドルフィンズを追われた後ニューオーリンズセインツも解雇され、そのまま消えてしまうんじゃないかと思っていましたが、シーホークスで復活しましたね。更なる健闘を祈っています。

livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ