Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ガロ・イェプレミアン

Dolphins Daily News 7.10―NFL kickers of all time

NFL.comのアナリストであるギル・ブラント氏がNFLの歴代トップキッカー18人のリストを掲載していました。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000816169

これによると、1位はボルチモアレイブンズのジャスティン・タッカー、2位はインディアナポリスコルツのアダム・ビナティエリとなっています。ドルフィンズからはただひとり、18位にガロ・イェプレミアンが選ばれています。

ただ、個人的にはドルフィンズから選ばれるとしたらオリンド・マレーだと思うのですが…マレーの方が記録的にも優れています。

マレーは1997〜2006年シーズンまでドルフィンズに在籍していました。もともとは1996年にドラフト外でニューヨークジャイアンツに入団したんですが、ジャイアンツでは芽が出ずに解雇され、ドルフィンズに拾われました。

しかし、ドルフィンズでダグ・ブレビンスというキッキングコーチと出会ったことで、マレーはNFLを代表するキッカーに成長しました。1999年シーズンにはいずれもNFLトップとなるFG46本中39本を決めてプロボウルとオールプロに選出されています。さらに2001年シーズンにはFG21本中19本を決めてNFLトップの成功率90.5%を記録しています。

2007年にトレードでニューオーリンズセインツに移籍した後、2008〜10年まではシアトルシーホークス、2011年はカロライナパンサーズ、そして2012年シカゴベアーズを最後にNFLのキャリアを終えています。

ブレビンスについては以前このブログでも紹介したんですが、生まれつき障がいを持っていて、ボールを蹴ったことがない車椅子に乗ったコーチでした。その指導力には定評があり、ビナティエリも指導を受けたことがあるということです。

ブレビンスについては、日本でもフジテレビ系列で放送されている『奇跡体験!アンビリバボー』で放送されたことがあるので、ご覧になられた方もあるでしょう。

ブレビンスがいなかったらマレーはNFLで活躍できていなかったのではないでしょうか。



数字で振り返る ドルフィンズの50年 Part 2

ドルフィンズの過去49シーズンを1年ごとに1つの数字で振り返る企画。今回は黄金時代ともいえる1970年からのシーズンです。いよいよ偉大な名将ドン・シューラの時代です。

1970 - 40
この年の2月18日、ボルチモアコルツで7年間HCを務めていたドン・シューラがドルフィンズの新HC兼副社長に就任しました。その時シューラは40歳でした。以後シューラは1995年シーズンまでドルフィンズを指揮しました。NFL通算では33シーズンで328勝156敗6引分という素晴らしい成績を残し、1997年に殿堂入りしています。

1971 - 82分40秒
この年チーム創設以来の地区優勝を果たしてプレーオフに進出したドルフィンズは、AFCのセミファイナルでカンサスシティチーフスと対戦しました。第2オーバータイムまでもつれ込んだ接戦でしたが、最後はKガロ・イェプレミアンが37ヤードのFGを決めてドルフィンズが27-24で勝利しました。この試合は現在でもNFL史上最も長い試合時間となっており、82分40秒でした。

1972 - 17
このシーズンは何といってもこの数字です。NFLでいまだかつて破られていないパーフェクトシーズン、開幕からスーパーボウルまで17戦全勝の記録です。1973年1月14日、ロサンゼルスで行われた第7回スーパーボウルで、ドルフィンズはワシントンレッドスキンズに14-7で勝利して無敗のパーフェクトシーズンを達成しています。

1973 - 2
ドルフィンズはこのシーズンもスーパーボウルに進出し、ヒューストンで行われた第8回スーパーボウルでミネソタバイキングスに24-7で勝利して2年連続でスーパーボウル制覇を達成しました。ちなみにこのシーズンは前年のように無敗のパーフェクトシーズンではなく15勝2敗でシーズンを終了しています。

1974 - 26
3年連続スーパーボウル制覇を目指して臨んだこのシーズンも、ドルフィンズは快調に勝ち星を重ねて11勝3敗で地区優勝を果たしてプレーオフに進出しました。そのプレーオフの初戦、AFCのセミファイナルでオークランドレイダースと対戦したドルフィンズは、残り試合時間26秒まで26-21とリードしていましたが、レイダースのQBケン・スタブラーに逆転のTDパスを許して敗れました。

1975 - 31
この年の12月14日、アウェイでボルチモアコルツと対戦したドルフィンズは、オーバータイムの末にコルツのKトニー・ラインハートに31ヤードのFGを決められて7-10で敗れました。これによってドルフィンズはHCドン・シューラ就任以来6年間で初めてプレーオフ進出を逃しましたが、その相手がシューラの古巣コルツだったというのはなんとも皮肉な話です。

1976 - 6
この年ドルフィンズはHCドン・シューラの下で初めて負け越しシーズンとなってしまいました。最終成績は6勝8敗で、シューラ就任以来常に10勝以上の成績をあげていたんですが、連続2桁勝利も6シーズンで途絶えています。

1977 - 55
この年の11月24日、ドルフィンズはサンクスギビングデーにセントルイスカージナルスと対戦しました。QBボブ・グリーシーが6つのTDパスを記録するなどで55-14でカージナルスに勝利しました。この55得点というのは現在でもドルフィンズのチーム記録となっています。

1978 - 1,258
この年RBデルビン・ウイリアムスは1,258ヤードを走ってドルフィンズのプレーオフ進出に貢献しました。この時のウイリアムスのラッシングヤード数は、2002年にRBリッキー・ウイリアムスに更新されるまで、ドルフィンズのチーム記録となっていました。

1979 - 4
FBラリー・ゾンカが4年間のブランクを経てFAでドルフィンズと再契約しました。ちなみにゾンカはその4年間はワールドフットボールリーグで1年間、ニューヨークジャイアンツで3年間プレーしていました。

1980 - 100
この年の9月21日にドルフィンズはアウェイでアトランタファルコンズと対戦しましたが、QBボブ・グリーシーが第4Qに2つのTDパスを記録するなどでチームは20-17で勝利しました。そしてこの勝利はグリーシーにとって自らの通算100勝目となりました。

1981 - 14
この年は2人のオールプロ選手が引退をしています。OGラリー・リトルとQBボブ・グリーシーで、リトルはNFL14年のキャリア(そのうちドルフィンズには12年在籍)、グリーシーはドルフィンズに14年間在籍しており、いずれも14年間の選手生活にピリオドを打ちました。

1982 - 103,667
このシーズン、ドルフィンズは通算4度目となるスーパーボウル進出を果たしました。1983年1月30日にカリフォルニア州パサデナのローズボウルで行われたスーパーボウルには103,667人の観衆が訪れました。ドルフィンズはフルトン・ウォーカーがスーパーボウル初となる98ヤードキックオフリターンTDを決めましたが、試合には17-27でワシントンレッドスキンズに敗れました。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ