Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

キコ・アロンソ

Dolphins Daily News 6.7―最も重要な選手は?

Sports Illustratedのウェブサイトで、NFL各チームのQB以外の選手で重要な選手のトップ10は誰だ、という記事がありました。これはSports Illustratedの記者がそれぞれのチームのQB以外の選手の中から重要だと思われる選手を1位から10位まで点数をつけて選んだものとなっています。

ドルフィンズの選手については、次のような順位になっています。

1 LTラレミー・タンシル
2 DTダムコン・スー
3 DEキャメロン・ウェイク
4 RBジェイ・アジャイ
5 WRジャービス・ランドリー
6 LBキコ・アロンソ
7 TEジュリアス・トーマス
7 Cマイク・パウンシー
9 CBザビアン・ハワード
10 CBバイロン・マックスウェル

ところが、Sun Sentinelのコラムニストであるデーブ・ハイド氏はこの結果に異論を唱えていて、Sレシャッド・ジョーンズが入っていない、タンシルが最も重要な選手か?、とコメントしています。ちなみに、そのハイド氏が選んだトップ10は次のようになっています。

1 アジャイ
2 スー
3 ウェイク
4 タンシル
5 ジョーンズ
6 パウンシー
7 ランドリー
8 WRデバンテ・パーカー
9 アロンソ
10 ハワード

アジャイが最も重要だという意見には同感です。昨シーズンの躍進の最も大きな要因はアジャイの活躍にありました。ちなみに、昨日から行われているチーム練習で、OCクライド・クリステンセンはアジャイがこのオフシーズンに大きく成長したと言っていますが、その言葉どおりならば今シーズンも期待できそうです。


ニューヨークジェッツがベテランLBデビッド・ハリスを解雇しました。これに対してドルフィンズはどう出るのか、という記事がありました。ハリスをドラフトで獲得したのは現在ドルフィンズのフロントにいるマイク・タネンバウムだからです。

LBのポジションでコア・ミーシーの状態が不透明なので、そのミーシーの代わりにということなんでしょうが、以前同じような状況でジェッツを解雇されたCニック・マンゴールドにも興味を示さなかったドルフィンズですので、ハリスについてもおそらく興味は示さないと思われます。

ただし、マンゴールドの場合と違うところは、マンゴールドは昨年怪我のためのシーズンの半分を欠場していましたが、ハリスには怪我がなくほぼ全試合出場していたというところです。

もしかしたらハリス獲得に動く可能性もあるのかもしれませんが、ドラフトでレークワン・マクミランを獲得していますし、可能性はかなり低いでしょうね。



Dolphins Daily News 5.18

ESPNの記者であるビル・バーンウェルという人が、FAからドラフトまでのこのオフの動きについて、ドルフィンズをD+という悪い評価にしたことが話題になっています。

ドルフィンズはバーンウェルによってAFC東地区で最も悪い評価を与えられています。ちなみに他の3チームですが、ニューイングランドペイトリオッツはB、バッファロービルズもB、そしてニューヨークジェッツはC+となっています。

ドルフィンズのD+の評価の理由としては、まずFAで再契約したWRケニー・スティルスとDEアンドレ・ブランチ、そして契約延長をしたLBキコ・アロンソとSレシャッド・ジョーンズに対して金銭的に払い過ぎだと指摘しています。

また、LTブランデン・アルバートをトレードで放出した後のオフェンシブラインに対して補強が十分にされていないことも指摘しています。新しい選手としてOGテッド・ラーセンとドラフト5巡目指名の新人OGアイザック・アシアタを獲得しただけでは不足だとしています。

一方で評価できる点としては、ドラフトでディフェンスの選手を数多く指名したこと、そして大きな代償もなしにTEジュリアス・トーマスやDEウイリアム・ヘイズ、S T.J.マクドナルトを獲得したことというのをあげています。しかしそれらを含めても全体的な評価はD+ということです。

まあ、シーズン開始前の各チームの評価や予想はあまり当てにならないので大きな問題とも言えないのですが、それにしても、D+というのはあまりいい気持ちはしませんね。ただ、あくまでも個人的な見解ということでしょうし、別な見方をする専門家もあると思います。参考資料の1つでしょうかね。



Dolphins Daily News 5.11

NFL.comのバッキー・ブルックス氏が2017年シーズンのオールルーキーチームの予想をしています。まだトレーニングキャンプもプレシーズンゲームも始まっていない段階での予想はやや強引すぎるんじゃないかと思いますが、ドラフトが終わって最も話題に乏しいところですから、こういう企画もありなんでしょうね。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000807670/2017-allrookie-team-predictions

これを見ると、ドルフィンズのLBレークワン・マクミランが選出されています。他のLBはというと、デトロイトライオンズのジャラッド・デービスとサンフランシスコ49ersのルーベン・フォスターとなっています。

またNFL.comの別の企画ではグレッグ・ローゼンタール氏が各チームの先発選手の予想をしており、それによるとドルフィンズのLBはミドルLBがローレンス・ティモンズであとの2人はキコ・アロンソとマクミランとなっています。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000806974/article/afc-east-projected-starters-patriots-offense-absolutely-loaded

マクミランについてはベテランのコア・ミーシーとのポジション争いが予想されていますが、両氏ともマクミランの方が上だと見ているんでしょうね。ドラフトされた当初はマクミランではなくてザック・カニンガムを指名するべきだったという声も聞かれましたが、それなりに実力はあって1年目から期待ができるんでしょうか。

ちなみにドルフィンズのドラフト指名選手7人のうちで最も先発選手となる可能性が高いと思われていたのはOGアイザック・アシアタですが、ローゼンタール氏の予想ではドルフィンズのOGはRGがジャーモン・ブッシュロッド、LGがクレイグ・アービックとなっています。

この結果はちょっと意外でした。いろいろな見方があると思いますが、ブッシュロッドは昨シーズンの先発RGだったので納得ですが、アービックは控え選手だったのにアシアタよりも上だと考えられているんですね。ただ、これは実際に始まってみないとわかりませんね。

ブルックス氏の予想どおり、マクミランにはシーズン終了後にオールルーキーチームに選ばれるような活躍を期待したいですね。



ドラフト2日目

NFLドラフト2日目、この日は2巡目および3巡目指名が行われました。ドルフィンズは2巡目でオハイオ州立大学のLBレークワン・マクミランを指名、そして3巡目ではクレムゾン大学のCBコードレイ・タンカーズレイを指名しています。

これで初日の1巡目指名のDEチャールズ・ハリスから最初の3つのドラフト指名はすべてディフェンスの選手となりました。いずれも補強が必要なポジションだったということで順当な指名と言えばそうなんですが、この2日目はどちらかでオフェンシブラインの選手を指名してくるのではないかと思っていました。

昨シーズンのドルフィンズディフェンスはチーム史上最悪の6122ヤードを相手チームに献上してしまいました。その結果、トータルディフェンスはNFL29位、ランディフェンスは同30位の平均140.4ヤード献上でしたので、ディフェンスの強化の方に重点を置いたということでしょうね。

マクミランは大学3年生の昨シーズンは102タックル、7ロスタックルを記録しています。キャプテンの経験もありリーダーシップに長けた選手のようで、ラインバーカーとしてはインサイドでもアウトサイドでも両方のポジションをこなせるようです。ドルフィンズではローレンス・ティモンズ、キコ・アロンソに次ぐ3人目の先発LBのポジションを争うことになりそうです。

またタンカーズレイは過去2シーズンで9つのインターセプトを記録しています。3年生のシーズンでは60タックル、5インターセプト、そして4年生の昨シーズンは65タックル、4インターセプトでした。ドルフィンズのCBのポジションはバイロン・マックスウェル、トニー・リペット、ザビアン・ハワードが先発を争い、控えにはボビー・マッケインがいます。タンカーズレイはすぐに先発を争うような選手ではありませんが、来シーズンには頭角を現してくると考えられています。

NFL.comのドラフト評価では、ドルフィンズの指名について、1日目はAマイナス、2日目はAというこで、内容的にはよかったようです。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000803905/article/2017-nfl-draft-quicksnap-grades-for-every-team-through-day-2

明日の3日目は4巡目から7巡目までの指名が行われますが、ドルフィンズは4巡目と6巡目の指名を保有しておらず5巡目が3つ、7巡目が1つとなっています。ただ、指名権のトレードが行われる可能性もありますので、最終的にどの順番の指名がいくつ行われるのかは終わってみなければわかりません。

オフェンシブラインやDT、Sといったポジションも補強が必要ですので、最終日の明日にそれらのポジションの選手を指名してくるのではないかと考えられます。





3人目の先発ラインバッカーは?

先発LBのアップグレードが必要だったドルフィンズは、FAでローレンス・ティモンズを獲得しました。さらに昨年トレードで獲得したキコ・アロンソと2020年までの契約延長を締結しました。これによって、今シーズンの先発LBのうち2人は確定したことになりますが、もうひとりは誰になるのか、まだ確定ていません。

その候補となるのがFAのザック・ブラウンです。ドルフィンズとブラウンは今週初めに面談を行いましたが、その時は契約をしませんでした。その後ブラウンは古巣のバッファロービルズと面談しましたが、こちらとも契約をしていませんが、どうやらビルズに復帰する可能性はなくなったようです。ビルズはドルフィンズ以上にサラリーキャップの余裕がないようなので、ブラウンと再契約するお金がないと思われます。

そうなるとブラウンの落ち着く先はドルフィンズか、それ以前に面談を行っていたオークランドレイダースのどちらかに絞られたと言ってもいいと思います。これは推測なんですが、ブラウン自身はドルフィンズの提示している金銭面などの条件がもっとよければ、というところではないでしょうか。

もしブラウンが獲得できなければ2つ目の選択肢としては先日契約の見直しを行ったコア・ミーシーが務めると思われます。ただ、ミーシーの場合は首の怪我の回復具合が不透明で、なおかつ年齢が30歳なのでそのあたりのリスクがあります。先発LBとして平均的な実力は備えていると思いますが、ディフェンスの向上を期待するには厳しいでしょう。

そして3つ目の選択肢はドラフトで新人選手を獲得することです。今年のドラフトでLBを指名する可能性は高く、予想では1巡目指名でテンプル大学のハッサン・レディック、バンダービルト大学のザック・カニンガム、そしてフロリダ大学のジャラッド・デービスなどの名前があがっています。

この3つの中で現時点で一番可能性が高いのはミーシーです。しかしもしミーシーが使えないとなると若手のネビル・ヒューイットかマイク・ハルに期待するしかないのですが、いずれも先発LBとしては物足りないものがあります。

一番いいのはブラウンが加入してくれて昨年の実績どおりの力を発揮してくれることなんですが、これは本当にどうなるかわかりません。ちなみにブラウンに関しては新人の年に現ドルフィンズのLBコーチであるフランク・ブッシュに指導を受けているということで、その繋がりからもドルフィンズに来てくれる可能性があると思っています。

いずれにせよ、ドラフトもあと1ヶ月後に迫ってきていることもあり、もうそろそろスッキリと決まってくれることを望んでいます。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ