Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

キャメロン・ウェイク

Dolphins Daily News 12.14ーCBハワードが週間MVP

CBザビアン・ハワードが第14週のAFC週間最優秀守備選手に選出されました。ハワードは12月11日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦で2インターセプト、3パスディフェンスを記録して、ドルフィンズの27-20の勝利に大きく貢献しました。

ハワードが同賞を受賞したのはドルフィンズのCBとしては5回目で、過去にはサム・マディソン、テレル・バックリー、ブレント・グライムスが受賞しています。直近では2014年にグライムスが受賞していますね。また、ディフェンスの選手としては2015年のDEキャメロン・ウェイク以来の受賞となります。

今シーズンに関してはKコディ・パーキーが第2週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されており、ハワードの週間最優秀選手賞の受賞は2回目となります。

ちなみにハワードは第13週の対デンバーブロンコス戦でも2つのインターセプトを記録しており、2試合連続で複数のインターセプトを記録したのはドルフィンズのチーム史上でハワードが初めてとなっています。


ところで、第15週の対バッファロービルズ戦を前にしたInjury Reportが発表されていますが、ドルフィンズでは9人の選手が水曜日の練習を休んでいます。その中には週間最優秀選手賞を受賞したハワードも含まれており、内臓疾患ということですが、重症ではないと思われます。

その他にはDEアンドレ・ブランチ(ひざ)、OGジャーモン・ブッシュロッド(足)、QBマット・ムーア(足)、Cマイク・パウンシー(臀部)、DTダムコン・スー(ひざ)、CBコードレイ・タンカーズレイ(足首と肩)、Sマイケル・トーマス(ひざ)、そしてRBダミアン・ウイリアムス(肩)となっています。

ブッシュロッド、ムーア、タンカーズレイ、ウイリアムスの4人はペイトリオッツ戦を欠場していますが、次のビルズ戦の出場はどうなんでしょうか。ウイリアムスにはそろそろ帰ってきてもらいたいんですけどね。


Dolphins Daily News 12.8―Walter Payton NFL Man of the Year

ドルフィンズは Walter Payton NFL Man of the Year の候補者としてWRケニー・スティルスを選出しました。

この賞はフィールド上での活躍に加えて、フィールド外での地域活動への貢献が認められた選手に与えられるもので、各チームの候補者の中から3人が最終候補者として選ばれ、最終的にその中の1人がスーパーボウルの前夜に同賞を受賞することになります。

ドルフィンズでは過去に、Cドワイト・スティーブンソン、QBダン・マリーノ、そしてDEジェイソン・テイラーが受賞しており、同一のチームから3人以上選ばれたのはわずかに7チームしかなく、ドルフィンズはそのうちの1つです。


第14週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦の Injury Report が発表されています。

ドルフィンズでは7人の選手が練習を欠席しています。DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、QBマット・ムーア、DTダムコン・スー、CBコードレイ・タンカーズレイ、Sマイケル・トーマス、そしてRBダミアン・ウイリアムスですが、このうちウェイクは怪我をしてなくて休養日だということです。

また、先週の対デンバーブロンコス戦をひざの怪我のために欠場したDTダボン・ゴッドチョーは練習に復帰していますが、限定的なメニューだったようです。同じくブロンコス戦で臀部を痛めて途中退場したCマイク・パウンシーも練習を行っています。


Week 12 対ペイトリオッツ戦 プレビュー

NFL第12週、マイアミドルフィンズは同地区のニューイングランドペイトリオッツと対戦します。ペイトリオッツは現在8勝2敗で地区首位に君臨しています。4連敗中のドルフィンズにとっては今シーズン一番の難敵です。

今年の春、ドルフィンズのWRジャービス・ランドリーは対ペイトリオッツ戦に自信を持っていました。シーズン2回対戦するペイトリオッツとの試合に連勝すると発言していました。この試合はその2試合のうちの最初の試合となるんですが、現在のドルフィンズはとてもペイトリオッツに連勝できるようなチーム状態ではありません。

ドルフィンズがペイトリオッツに勝てる可能性は非常に少ないと思いますが、いざ試合が始まると何が起こるかわからないので100%負けるということはありません。ペイトリオッツの弱みといえばNFL32位(ラン24位、パス32位)のディフェンスです。ただ、ペイトリオッツはいくらディフェンスが得点を取られても、同2位(ラン16位、パス1位)という強力なオフェンスでそれ以上の得点を取り返してしまう強さがあります。

ドルフィンズのオフェンスはNFL30位(ラン29位、パス20位)、またスコアリングオフェンスは同31位となっていますので、いくらペイトリオッツのディフェンスが弱くても大量得点は望めないでしょう。この点だけを考えてもこの試合でドルフィンズが優位に立つことさえできないと言えるかもしれません。

それに加えてドルフィンズは怪我人の問題も深刻です。先発QBは先週の対タンパベイバッカニアーズ戦で脳震とうを起こしたジェイ・カトラーの欠場が決定しています。その他にも先発RGジャーモン・ブッシュロッド、DEウイリアム・ヘイズも欠場します。特にブッシュロッドの欠場はシーズン通して脆弱で不安定なオフェンシブラインにさらに弱体化をもたらすことが予想されます。

カトラーの代わりにはマット・ムーアが先発します。ムーアはバッカニアーズ戦の後半でプレーしてパス28回投中17回成功で282ヤードを獲得、1TDを記録しましたが、もう一歩というところでチームを勝利に導くことはできませんでした。また、今シーズン第8週のボルチモアレイブンズ戦で先発した時も2インターセプトを犯すなどで完封負けしています。

一方のペイトリオッツはQBトム・ブレイディがアキレス腱を、TEロブ・グロンコウスキーが内臓疾患で Injury Report にあげられていますが、プレーするのには問題がなく、ドルフィンズのアドバンテージとなることはないでしょう。ただ、WRクリス・ホーガンは欠場、TEマーテラス・ベネットもプレーするのは無理そうです。

ペイトリオッツを攻略するためにはブレイディにプレッシャーをかけることが必須となりますが、ドルフィンズはDTダムコン・スーが怪我のために練習を休んでおり本調子とはいえず、DEキャメロン・ウェイクも過去4試合でわずか1QBサックで不調とパスラッシュがまったくと言っていいほど機能していません。

またディフェンスに関しては今シーズンもTEへのパスカバーはよくなく、これまでの対戦でも各チームのTEへのパスを防げていません。ペイトリオッツの一番のパスターゲットはグロンコウスキーですが、このグロンコウスキーをカバーすることはかなり厳しいと思われます。それも含めてパスディフェンスは過去3試合で250ヤード以上献上しており、この試合でもかなりパスを通されるのではないかと予想されます。

ペイトリオッツのホームでドルフィンズが最後に勝利したのは2008年シーズンにさかのぼります。この時はあのワイルドキャットオフェンスでペイトリオッツのディフェンスを崩したんですが、ペイトリオッツに勝利するためには予測不能の特別なことをやらないと難しいと思われます。それが今のドルフィンズにできるかというと、ほぼ不可能でしょうね。

どこからどう見てもドルフィンズがペイトリオッツに勝利するイメージが想像できません。戦前の予想を見てもドルフィンズの勝利を予想するメディア関係者は当然ですが誰もいません。ロースコアの展開に持ち込めれば光明は見えてくるかもしれませんが、今のドルフィンズのディフェンスではペイトリオッツのオフェンスは止められないでしょうね。

本当に厳しく、試合をやる前から戦意喪失しそうな状況なんですが、大事なことはチームが1つになって全力で戦うことで、それが勝利への最低条件だと思います。それができるかどうかがこの試合だけでなく、今シーズン残りの試合にも影響してくることです。チームを正しい方向に導くことができるか、HCアダム・ゲイスをはじめコーチ陣の真価が問われるところですが、果たしてどんな結果になるんでしょうか。

普通に考えればドルフィンズは大量得点差で惨敗を喫するというところでしょうが、意外に僅差の試合になるかもしれません。いずれにしろやってみなければわからないんですが、オフェンス、ディフェンス共にどこまで我慢できるかどうかでしょうね。そこを期待するしかないように思います。


Week 10 対パンサーズ戦 プレビュー

マイアミドルフィンズの2017年シーズンの後半戦が始まります。その初戦となるのは、マンデーナイトゲームでの対カロライナパンサーズ戦となりますが、敵地での試合でもあり、相当な難敵と言えるでしょう。

現在パンサーズは6勝3敗で2連勝中、NFC南地区の2位となっています。一方のドルフィンズは4勝4敗で2連敗中、AFC東地区の3位です。

連勝、連敗と対象的な両チームの現状なんですが、最も注目されるのはNFLトップのトータルディフェンスを誇るパンサーズに対して、ドルフィンズは同最下位のスコアリングオフェンスで、圧倒的な守備力のパンサーズに対してドルフィンズの攻撃力がどこまで通用するかということになります。

パンサーズのディフェンスはランが2位、パスが6位ということで、バランスがとれているのが厄介なところです。ランに対してはDTのカワン・ショートとスター・ロトゥレレア、LBのルーク・キークリーとトーマス・デービスが中心となります。

またパスディフェンスには2人のパスラッシャー、DEのジュリアス・ペッパーズとマリオ・アディソンが大きく影響しています。ペッパーズは7.5QBサック、アディソンは6.5QBサックをあげており、それも含めてチーム全体ではNFL2位となる29QBサックを記録しています。

そのパンサーズのディフェンスにドルフィンズがどう対抗するかなんですが、その重要な部分を担うオフェンシブラインが大きな不安材料です。もともとドルフィンズのオフェンシブラインは弱いんですが、その中で最も安定感のあったRTジャワン・ジェームスが故障者リスト入りしてしまいました。

代役には先発LGを務めていたジェシー・デービスが起用されるでしょうが、パンサーズのパスラッシュは当然そこを攻めてくるでしょう。反対サイドのLTラレミー・タンシルも不安定であり、QBジェイ・カトラーをパスラッシュから守れるかがポイントとなります。

そのカトラーは先週の対オークランドレイダース戦では、試合には敗れたとはいえ、パス42回投中34回成功で311ヤード獲得、3TDパスという今シーズン最高のパフォーマンスを見せました。

エースRBジェイ・アジャイの放出の後でオフェンスが懸念されたんですが、カトラーにとってはアジャイのパワーランニングプレーに頼らない新しいオフェンスがフィットしているのではないかと考えれられます。特に2人のRB、ダミアン・ウイリアムスとケニアン・ドレイクへのショートパスがオフェンスの幅を広げ、その結果他のレシーバー陣、とりわけTEジュリアス・トーマスにいい影響を及ぼしました。

とはいえ、パンサーズのディフェンス相手にどれだけボールを進められるかということにかかっており、ドルフィンズはなんとか相手より先に得点をあげることが最低条件だと思われます。もし相手に先に得点を取られ、なおかつオフェンスが抑え込まれると、下手をすると今シーズン3度目の完封負けということにもなりそうで非常に不安です。

パンサーズはディフェンスに大きな自信を持っていると思われますので、そのディフェンスを調子づかせてしまうと本当につけ入るスキがなくなってしまいます。パンサーズディフェンスを崩すようなオフェンスのプレーコールを期待したいところです。

一方ドルフィンズのディフェンス面ですが、パンサーズのトータルオフェンスはNFL21位、スコアリングオフェンスも同24位とそれほど強力ではありません。QBカム・ニュートンは10TDに対して11インターセプトでQBレイティングは78.4、これはカトラーの10TD、5インターセプト、QBレイティング87.4より劣っています。

またニュートンのパスターゲットだったWRケルビン・ベンジャミンはバッファロービルズにトレードされ、TEグレッグ・オルセンも故障者リスト入りしています。先週の対アトランタファルコンズ戦では試合には勝利したんですが、ニュートンのパス獲得ヤード数はわずか137ヤードに止まっています。

しかしパンサーズのオフェンスで最も怖いのはニュートンの足です。ファルコンズ戦でも9キャリーで86ヤードを獲得して1TDランをあげるなど、これまで341ヤードラッシングで4TDランを記録しています。この足を封じるのは非常に難しいと思われますが、ここを止めない限りドルフィンズの勝機はないといっても過言ではありません。

ニュートンの足を封じることによりパスを投げさせる機会を増やすことで、不安定なパスプレーにつけ込んでターンオーバーを奪えると試合展開を優位に進めることができると思います。パンサーズ同様にドルフィンズのパスラッシュも相手チームにとっては脅威でしょうから、DEキャメロン・ウェイクやアンドレ・ブランチなどのパスラッシュも効果的に仕掛けていかなければいけません。

そしてドルフィンズのディフェンスで大きな変化といえば、出場停止処分を受けていたS T.J.マクドナルドがこの試合から復帰することです。マクドナルドが加わることによってディフェンスがよくなっていくことを期待したいです。ハードヒットが定評あるマクドナルドですが、ディフェンスバックとしてパスディフェンスにもいい影響が出てきてくれればいいのですが。

戦前の予想では圧倒的にパンサーズが有利で、勝敗予想でもドルフィンズの勝利を予想するメディア関係者はまったくありません。パンサーズのディフェンスとドルフィンズのオフェンスを比べれば当然の見方だと思いますが、いつも言っているように試合はやってみなければわかりません。たとえわずかでの可能性がある限り、ドルフィンズの勝利を期待しています。


Dolphins Daily News 11.9―DTスーがオールプロに選出

DTダムコン・スーがPro Football Focusが選ぶミッドシーズンオールプロチームに選出されています。

スーはこれまで24タックル、3.5QBサック、2ファンブルフォースを記録しています。24タックルはドルフィンズのディフェンシブラインマンの中では最多、また3.5QBサックはDEキャメロン・ウェイクに次いで2番目の成績です。


OTザック・ステラップとの契約が正式に発表されました。そのステラップのフルネームがザック・トーマス・ステラップというそうで、ドルフィンズファンにとっては非常に興味深い名前です。

ザック・トーマスといえば、古くからのドルフィンズファンの方ならよくご存知で、1990年代後半から2000年代前半にかけてドルフィンズのハート&ソウル、ディフェンスの要として活躍した選手です。

ポジションは違いますが、同じ名前を持っているステラップにはドルフィンズの一員として活躍してもらいたいですね。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ