Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

クライド・クリステンセン

Dolphins Daily News 5.8

ドルフィンズの昨シーズンのトータルオフェンスはNFL24位の1試合平均332.8ヤード、得点は同17位の1試合平均22.7点でしたが、これに関連した興味深い数字がSun Sentinelのウェブサイトで紹介されていました。

それによると、ドルフィンズの1試合あたりのオフェンスプレーは57回で、これはNFLで最下位の数字だったそうです。にも関わらず獲得ヤード数や得点は最下位ではなかったというのはビッグプレーが多かったり、ランプレーが同9位の1試合平均114ヤードだったということもあるでしょう。

ただし、オフェンスを向上させていくためには、やはり数多くのオフェンスプレーをする必要があります。そのためにはNFL25位の36.7%だった3rdダウン時の1stダウン更新率をあげていくことが求められます。

ドルフィンズのオフェンスの先発メンバーは昨年とほぼ変わらず、抜けたのはTEディオン・シムズとLTブランデン・アルバートの2人だけです。そしてシムズの代わりにはジュリアス・トーマスが、そしてアルバートの代わりにはLGだったラレミー・タンシルが入り、そのタンシルの代わりにはテッド・ラーセンが加わっています。

オフェンスプレーの回数を増やすということはその分オフェンスで時間を使うということで、それだけディフェンスの負担を軽減するということに繋がります。チームにとっては好循環となりますので、今シーズンはそこを向上させていくことが必要ですね。


ところで、新しく加わったTEのトーマスですが、ドルフィンズがトーマス獲得を考慮した時にオフェンシブコーディネーターのクライド・クリステンセンは引退したQBペイトン・マニングの一助を受けたということです。

クリステンセンは2009〜10年シーズンにインディアナポリスコルツでオフェンシブコーディネーターを務めており、その時のQBがマニングでした。そしてそのマニングはデンバーブロンコス時代の2013〜14年シーズンはトーマスとともにプレーしています。ちなみにその時のオフェンシブコーディネーターが現HCのアダム・ゲイスであることは周知のとおりです。

トーマスはマニングとともにプレーしたブロンコス時代に2年連続で12TDパスレシーブを記録しています。今シーズン、ドルフィンズでそれが再現される保証はありませんが、クリステンセンは自信を持っており、トーマスへのパスプレーが機能すればオフェンスのプレーの幅が広がり、チームにとっては明らかにプラスとなります。

練習やキャンプでQBライアン・タネヒルとトーマスのコンビネーションを構築することが先決ですが、早い段階でそれが上手くいけばオフェンスは更に向上する可能性があります。あとはトーマスが健康でいられるかどうかで、怪我をしないことでしょうね。




Dolphins Daily News 5.7

オフェンシブコーディネーターのクライド・クリステンセン、ディフェンシブコーディネーターのマット・バーク、スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーがそれぞれ記者会見を行いました。その中からいくつか話題を拾ってみます。

RBジェイ・アジャイは昨年よりパスレシーブの能力が200%よくなっている。

WRデバンテ・パーカーの現在の状態は、”ヘルシーでハングリー” だということで、今シーズンは大きな飛躍が期待される。

今シーズンから先発LTを務めるラレミー・タンシルについては大学時代のような高いレベルでのプレーが期待できる。

TEジュリアス・トーマスは10TDパスレシーブぐらいはあげられるだろう。

WRジャキーム・グラントはリターナーだけでなくオフェンスでのプレー機会が増えるだろう。

ランディフェンスはもっとよくなる。

LB陣はミドル、アウトサイドの両方のポジションをこなせるように準備をしている。

DEテレンス・フーデイはDTにはコンバートしない。

グラントはリターナーとしてはボールの扱いが不安定なので、もっとボールセキュリティを向上させる必要がある。

今シーズンもWRジャービス・ランドリーを要所でパントリターナーに起用する。

Kアンドリュー・フランクスとポジョション争いをさせる選手は必要ない。


開幕が楽しみになってきますね。





今週のドルフィンズ 6.13―6.18

今週は現地時間の14日火曜日から3日間、参加が義務化されたミニキャンプが行われました。注目は契約の見直しを求めてホールドアウト中だったSレシャッド・ジョーンズが参加するかどうかということでした。

もしジョーンズがこのミニキャンプもすべて欠席するとなると7万6000ドル(約790万4000円)の罰金が課せられるところだったんですが、ジョーンズは初日は欠席したものの、2日目にはチームに合流しています。ちなみに初日を欠席したことにより、2万5000ドル(約260万円)の罰金が課せられたようです。

結果的にジョーンズの契約は現行のままで、今シーズンは720万ドル(約7億4880万円)、来シーズンは最終契約年で710万ドル(約7億3840万円)という契約内容になっています。

契約のことはさておき、ジョーンズがチームに合流してくれたことは朗報です。ひょっとしたら7月下旬から始まるトレーニングキャンプにも参加しないのかと思われましたが、体調もいいようですしチームにとってもファンにとってもひと安心というところです。


そのミニキャンプ中にはドラフト指名選手でただ一人、正式に契約発表がされていなかった3巡目指名のRBケニアン・ドレイクとの契約発表が行われました。しかしそのドレイクですが、キャンプ2日目のスペシャルチーム練習の時に右足のハムストリングを痛め、その後の練習を欠場しています。

ドレイクは現在RBジェイ・アジャイに次ぐ第2RBという位置づけになっているようですが、この怪我が長引いてトレーニングキャンプに影響しないか不安が残ります。このオフはドルフィンズでは目立った怪我人がなくてよかったんですが、結構大きく取り上げられていたので心配です。

ドレイクはアラバマ大学時代には足首や肋骨、脳震とう、そして右腕骨折とまさに怪我との戦いを続けていたようですが、それでも4年間で1495ヤード(平均6.4ヤード)のラッシングと18TDを記録しています。今回の怪我も克服してシーズン開幕には万全の体調で臨んでもらいたいと思います。


同じくミニキャンプ中の話題ですが、元WRのレジー・ウェインとウェス・ウェルカーが見学に訪れたようです。まあただ見ているだけではなくて選手にアドバイスなども送っていたと思いますが、新人のWRレオンテ・カルーなどには勉強になったようです。

ちなみにウェインはOCクライド・クリステンセンとの繋がりで、そしてウェルカーはHCアダム・ゲイスとの繋がりでの参加のようです。それぞれインディアナポリスコルツとデンバーブロンコスでのコーチと選手という関係でした。


ミニキャンプ最終日にはQBローガン・トーマスが解雇されています。トーマスは昨シーズン途中にドルフィンズに入団した選手で、第3QBで練習生としてチームに在籍していました。しかしシーズン終盤になってシンシナティベンガルズが獲得に動いた時にはドルフィンズは53人のロースターに登録して移籍を阻止した経緯がありました。

あわよくばQBライアン・タネヒルに次ぐ第2QBとして育てたかった選手なんでしょうが、コーチ陣が変わったこととQBマット・ムーアと再契約したこと、そしてドラフト7巡目で獲得した新人QBブランドン・ドーティが使えそうだということで、トーマスの将来も考えてのこの時期の放出となったのでしょう。ちなみにそのトーマスは早速ニューヨークジャイアンツと契約したようです。


最後に、今週NFLのトップ100選手の第40位としてDTダムコン・スーが選出されています。ドルフィンズでは98位のWRジャービス・ランドリー、64位のジョーンズに次いで3人目となりました。ちなみにスーはこのトップ100選手の企画が開始された2011年シーズンから毎年どこかの順位で選出されており、昨年は24位でした。

ドルフィンズ移籍1年目の昨シーズンは61タックル、17ロスタックル、6QBサック、5パスディフェンス、20QBヒットの成績を残したスーでしたが、チームの成績不振などもありいまひとつインパクトを残せなかったシーズンとなりました。

2年目となる今シーズンはコーチ陣も変わったことですし、少なくとも昨年以上の成績を残してチームの勝利に貢献してもらいたいと思います。




 

アシスタントコーチ3人が決定

アシスタントコーチとして3人の追加が発表されました。オフェンシブコーディネーターとしてクライド・クリステンセン、QBコーチとしてボー・ハーデグリー、そしてアシスタントオフェンシブラインコーチとしてジェレマイア・ウォッシュバーンです。

クリステンセンは先週末に報道されていましたが、ここにきて正式発表となりました。ここまで正式発表がずれたのは他のアシスタントコーチと併せて発表したかったからでしょう。

また、一部の情報ではウォッシュバーンの父親であるジム・ウォッシュバーンが主にディフェンシブラインの関係でシニアディフェンシブアシスタントに就任すると報道されていましたが、今回の発表には入っていませんでした。

ジム・ウォッシュバーンはデトロイトライオンズでDTダムコン・スーを指導していたということでアシスタントに加えたかったようですが、無理だったのでしょうか。ちなみにドルフィンズはライオンズのディフェンシブラインコーチのクリス・コークレックを同職で迎えたかったようですが、それは実現しなかったようです。

ディフェンシブラインコーチの招聘は難航しているようで、最新の情報ではシカゴベアーズのLBコーチであるクリント・ハートを狙っていたようですが、断られています。この人事がどうなるのかでドルフィンズのディフェンスが変わってくると思うので、慎重に選んでもらいたいですね。

ハーデグリーはデンバーブロンコス、ベアーズでHCアダム・ゲイスと一緒にアシスタントコーチを務めていたということですが、ゲイスと共に行動していますので連携はスムーズだと思います。

ウォッシュバーンはアシスタントオフェンシブラインコーチですが、過去2年間はライオンズでオフェンシブラインコーチを務めていました。実質的には降格となるのですが、ドルフィンズは大ベテランのクリス・フォースターをオフェンシブラインコーチに就任させていますので、これは仕方がないでしょう。

ウォッシュバーンはまだ38歳と若いので、フォースターとしっかりと連携を取って、ドルフィンズのオフェンシブラインを向上させてもらいたいと思います。 





オフェンシブコーディネーターが決定

正式発表はまだですが、ドルフィンズの新しいオフェンシブコーディネーターが決定したようです。インディアナポリスコルツでQBコーチを務めていたクライド・クリステンセンという人です。

クリステンセンは1996年にタンパベイバッカニアーズのTEコーチに就任したのがNFLでのキャリアのスタートで、2001年にはバッカニアーズのオフェンシブコーディネーターを務めています。2002年からはコルツでWRコーチ、アシスタントHCコーチ、オフェンシブコーディネーター、QBコーチを歴任しています。

コルツではQBアンドリュー・ラックが新人の年からQBコーチを務めていて、コルツのHCチャック・パガーノによると、NFLで最高のQBコーチだということです。まあこれは身内の発言ですから割り引いて考えなければいけませんが、ラックが負傷欠場した今シーズンに大ベテランのQBマット・ハッセルベックを蘇生させたとも言えますので、優れたコーチであることは確かなのでしょう。

位置づけとしてはオフェンシブコーディネーターですが、オフェンスのプレーコールはHCアダム・ゲイスが行うのですから、実質的には主にQBコーチの要素が大きいのかもしれません。

ところで、コルツといえば、ドルフィンズの前HCジョー・フィルビンがコルツのオフェンシブラインコーチに就任したようです。当初フィルビンはニューヨークジャイアンツのQBコーチに就任するだろうと報道されていましたが、一転してコルツのスタッフに加わっています。

ジャイアンツからコルツに変わったのは、コルツの方はオフェンシブラインコーチに加えてアシスタントHCも兼任させるようで、その部分がジャイアンツとは違ったということです。アシスタントHCとなると他のコーチよりは格が上になるでしょうし、当然給料も高いでしょう。それで得をする人がいたりするんでしょうか、よくわかりませんが。

他チームの話はそれとして、ドルフィンズもアシスタントHCを雇うのか、またDLコーチやDBコーチなど決まっていないポジションコーチもいますので順次決定してくると思いますが、今後の動向に注目したいと思います。



 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ