Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

クレイグ・アービック

Dolphins Daily News 6.28―OLランキング

Pro Football Focusのウェブサイトで今年現時点でのオフェンシブラインのランキングが発表されていました。

https://www.profootballfocus.com/pro-ranking-all-32-offensive-line-units-heading-into-the-2017-season/

それによると、ドルフィンズは26位にランクされていました。

今年のドルフィンズのオフェンシブラインは、まずCマイク・パウンシーの状態によって大きく変わってくると思います。パウンシーが健康でプレーできるかどうかがポイントです。

また両OGで誰が先発となるのかも注目されます。RGはおそらく昨年同様ジャーモン・ブッシュロッドが入るでしょうが、LGはテッド・ラーセンとクレイグ・アービックの争いになるんでしょうか。前評判の高かった新人OGのアイザック・アシアタはチーム練習などで評価を落としています。

ちなみにこのランキングで1位はフィラデルフィアイーグルス、2位がクリーブランドブラウンズで3位はピッツバーグスティーラーズとなっています。また、意外だったのはダラスカウボーイズが9位だったことです。昨年は確か1位か2位だったような気がしますが。


ドラフト7巡目指名の新人WRアイザイア・フォードについての話題です。フォードは引退したプロボウルWRスティーブ・スミスからアドバイスを受けたようです。フォードの父親がスミスに頼んだようですが、これがフォードにとってプラスになればいいんですが。

フォードは、もしドルフィンズがWR6人体制でいくとなれば、ラシャーン・スコット、ドリュー・モーガンらと6番目のスポットを争うと思われます。



Dolphins Daily News 6.2

QBライアン・タネヒルは相手チームのディフェンスにブリッツを仕掛けられた場面でのQBレイティングが、昨シーズンはNFLで5番目に高かったそうです。

トップ5は次のようになっており、NFL全体の平均は91.1でした。

1 トム・ブレイディ(ニューイングランドペイトリオッツ) 131.4
2 マット・ライアン(アトランタファルコンズ) 120.4
3 ドリュー・ブリーズ(ニューオーリンズセインツ) 107.0
4 ダック・プレスコット(ダラスカウボーイズ) 106.6
5 ライアン・タネヒル(マイアミドルフィンズ) 105.6


ニッケルCBのポジション争いは現時点ではボビー・マッケインが一歩リードしていますが、マッケインは自身がカバーするエリアで相手QBに対して113.0のQBレイティングを許しています。

マッケインはメンフィス大学時代は最後の22試合で11個のインターセプトを記録していんたんですが、ドルフィンズ入団後の32試合ではわずか1回しかインターセプトを記録していません。

この記録を考えるとマッケインは期待はずれと言わざるをえないんですが、ここで気になるのが昨日お伝えしたSウォルト・エイケンズがCBの練習をしていたという件です。

実はエイケンズはリバティ大学時代はCBとしてプレーしていました。ところがドルフィンズに入団した2014年に最初はCBとして使おうとしましたが上手くいかなかったんでしょうか、すぐにSに転向しています。

2015年もSとしてプレーしたんですが、内容的には不安定で、ビッグプレーを許したりして先発の座を降ろされています。そして昨シーズンはほとんどスペシャルチームでのプレーとなっていました。

エイケンズが大学時代にCBとしてプレーしていたことがわからなかったので、今年のチーム練習でなぜCBをさせているのか不可解だったんですが、あわよくばマッケインに代わってニッケルCBとして使えないかという可能性も考慮してのことだと思われます。


オフェンシブラインについてですが、Cマイク・パウンシーが怪我で使えない時はクレイグ・アービックが先発Cを務めるようです。さらにアービックにはジャーモン・ブッシュロッド、テッド・ラーセン、アイザック・アシアタと先発OGのポジション争いの機会も与えられるということです。

また現在のオフェンシブラインのロースターには新人選手がわずか2人しかいません。アシアタとドラフト外入団のOTエリック・スミスですが、将来的にもう少し若い選手がほしいところです。




Dolphins Daily News 5.20

Miami Heraldのウェブサイトによると、Cマイク・パウンシーがトレーニングキャンプからプレシーズンゲームを全休するかもしれないと報じています。パウンシーは臀部の怪我で昨シーズンの大半を欠場し、現在もその治療が続けられているようです。

パウンシーは2013年から3年連続でプロボウルに選出されている優れた選手なんですが、持病とも言える臀部の怪我は年々悪くなっているような気がします。パウンシーが健康ならばドルフィンズのオフェンシブラインは大きく安定するんですけどね。

ただ、その怪我が完治しなければパウンシーの代わりを任せられる先発センターを探さなければいけないのですが、このオフにはそういう動きはありません。情報によると、現在FAとなっているベテランCニック・マンゴールドがいるんですが、ドルフィンズはマンゴールドと契約するつもりはないようです。

パウンシーがプレシーズンゲームだけでなくレギュラーシーズンゲームも引き続き欠場しなければならなくなれば当然現在の選手の中から誰かを起用しなければいけません。センターを務められる控え選手としてはクレイグ・アービック、アンソニー・スティーン、そしてテッド・ラーセンがいます。

スティーンは昨シーズンの開幕から先発を務めましたが、シーズン終盤にはアービックに先発の座を明け渡しています。実質的にプロ1年目だったので最後には息切れしてしまったような気がしますが、このスティーンが育ってくれれば3人の中で一番若いのでいいんですが。

今後パウンシーの怪我の回復具合がどうなるのかわかりませんが、来年のオフには本職のセンターの選手を本気で探さなければいけなくなるかもしれませんね。



Dolphins Daily News 5.11

NFL.comのバッキー・ブルックス氏が2017年シーズンのオールルーキーチームの予想をしています。まだトレーニングキャンプもプレシーズンゲームも始まっていない段階での予想はやや強引すぎるんじゃないかと思いますが、ドラフトが終わって最も話題に乏しいところですから、こういう企画もありなんでしょうね。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000807670/2017-allrookie-team-predictions

これを見ると、ドルフィンズのLBレークワン・マクミランが選出されています。他のLBはというと、デトロイトライオンズのジャラッド・デービスとサンフランシスコ49ersのルーベン・フォスターとなっています。

またNFL.comの別の企画ではグレッグ・ローゼンタール氏が各チームの先発選手の予想をしており、それによるとドルフィンズのLBはミドルLBがローレンス・ティモンズであとの2人はキコ・アロンソとマクミランとなっています。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000806974/article/afc-east-projected-starters-patriots-offense-absolutely-loaded

マクミランについてはベテランのコア・ミーシーとのポジション争いが予想されていますが、両氏ともマクミランの方が上だと見ているんでしょうね。ドラフトされた当初はマクミランではなくてザック・カニンガムを指名するべきだったという声も聞かれましたが、それなりに実力はあって1年目から期待ができるんでしょうか。

ちなみにドルフィンズのドラフト指名選手7人のうちで最も先発選手となる可能性が高いと思われていたのはOGアイザック・アシアタですが、ローゼンタール氏の予想ではドルフィンズのOGはRGがジャーモン・ブッシュロッド、LGがクレイグ・アービックとなっています。

この結果はちょっと意外でした。いろいろな見方があると思いますが、ブッシュロッドは昨シーズンの先発RGだったので納得ですが、アービックは控え選手だったのにアシアタよりも上だと考えられているんですね。ただ、これは実際に始まってみないとわかりませんね。

ブルックス氏の予想どおり、マクミランにはシーズン終了後にオールルーキーチームに選ばれるような活躍を期待したいですね。



Dolphins Daily News 5.5

ドラフト5巡目指名のOGアイザック・アシアタが4年契約を締結したようです。契約内容は4年契約で総額260万ドル(約2億9200万円)だということです。

公式ウェブサイトでの正式発表はまだなんですが、アシアタ自身がTwitterで契約の様子をアップしています。それと同時にアシアタが着用するジャージのナンバーも伝えており、68番だということです。

今年のドラフト指名の新人選手7人の中では最も早い契約となり、今後残りの6選手も順次契約を締結するものと思われます。


Miami Heraldの記者であるアーマンド・サルゲロ氏が、ドルフィンズにはベテランのセンターと走れるランニングバックが必要だと言っています。

センターを獲得することについては、現在の先発であるマイク・パウンシーは健康に問題がなければNFLで5本の指に入るセンターだということですが、慢性的とも言える臀部の怪我によりフルシーズン健康でいられる保証がありません。

控えにはクレイグ・アービック、アンソニー・スティーン、ジェイク・ブレンデルといった選手がいますが、いずれもNFLの先発センターとしては物足りません。そのため、経験のあるベテランの控え選手がいれば心配はないだろうということです。

ニューヨークジェッツを解雇されたニック・マンゴールドの名前もあげていますが、昨年怪我のために8試合しか出場できず、33歳となるマンゴールドにドルフィンズが興味を持っているかどうかは不明です。ちなみに、ボルチモアレイブンズやニューヨークジャイアンツは興味を持っているようですが、実際に契約するまでには至っていません。

また、ランニングバックを獲得することについては、先発はジェイ・アジャイなんですが、もしアジャイが怪我をしてしまった時に2年目のケニアン・ドレイクで十分なのか、という問題があります。

その他の控え選手はいずれも経験がない選手ですし、ダミアン・ウイリアムスは再三お伝えしているようにまだドルフィンズの提示にサインをしていませんし、ウイリアムスがサインをしたとしても、ドレイク同様にアジャイの代わりにはなれないでしょう。

いずれにしても、控え選手の層の薄いポジションは他にもあるわけですが、トレーニングキャンプなどに参加できるロースター90人の枠にはあと2人余裕があるようです。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ