Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ケニアン・ドレイク

Preseason Game 対バイキングス戦

プレシーズンゲームの最終戦ということで主力選手は両チームともほとんど出場しなかったんですが、ドルフィンズファンとしてはそれなりに見どころがあった試合でした。

結果としては30-9で、オフェンスが4つのTDを決めるなどで30得点する一方、ディフェンスもバイキングスのオフェンスを1TD、1FGに抑えて素晴らしい内容でした。

まずオフェンスではWRジャキーム・グラントが素晴らしい活躍でした。4回のパスレシーブで141ヤードを獲得してTDパスレシーブも記録しています。昨シーズンはリターナー専門だったグラントなんですが、今シーズンは春のチーム練習からオフェンスの武器として期待され、それに見合う結果をこの試合で証明したと言ってもいいかもしれません。

今シーズンもグラントがリターナーを務めることになるでしょうが、それに加えてオフェンスの武器としてのプレーも増えてくると思います。HCアダム・ゲイスもこの結果に満足しているようで、オフェンスのプレーに使ったら、スピードもあるし相手チームにとっては結構脅威なのではないかと思います。

それとRBケニアン・ドレイクが出場していましたが、トレーニングキャンプで脳震とうを起こしたこともあり、怪我をしないかとヒヤヒヤしながら見ていました。結果は8キャリーで27ヤード獲得で1TDランと平凡な内容だったんですが、オフェンシブラインが控え選手なので割り引いて考えなければいけません。

それよりも怪我をしなくてよかった、それが一番でした。RBダミアン・ウイリアムスが練習で怪我をしていたみたいなので、もしドレイクまで怪我をしてしまったら開幕を目前にして大変なことになっていたと思います。

その他、QBはブランドン・ドーティとデビッド・ファレスが交互にプレーした格好となりましたが、対象的な内容でした。ドーティはいきなりTDドライブを演出していい感じかと思ったんですが、その後はあまりよくなかった。それに対してファレスは終始安定した内容で、パス20回投中12回成功の193ヤード獲得、3TDパスでQBレイティングは131.9でした。

おそらく両選手とも53人のロースターの中には入れないでしょうが、ファレスは練習生として残る可能性があり、ドーティは解雇される可能性が高いのではないかと思います。特にドーティについては、第3Qに敵陣11ヤード地点まで攻め込みながらQBサックを受けて大きく後退し、その結果FGミスにつながったドライブには失望させられました。

ディフェンスに関しては、TDを1つしか与えなかったのでよかったんですが、バイキングスのオフェンスもよくなかったので、その部分は割り引いて考えなければいけません。

ただ、ディフェンスでの見どころは第3Qに自陣1ヤード地点まで攻め込まれながらTDは与えずFGに終わらせたところでした。特にQBミッチ・ライドナーが自らのランプレーでTDを狙ったところを見事に止めて後退させたディフェンスは見ごたえがありました。ライドナーは脚力があるQBだという紹介があったので、それを警戒していたんでしょう。

ドラフト1巡目指名DEチャールズ・ハリスに注目していたんですが、この試合でも相手QBにプレッシャーをかけた場面もあったものの、タックルは1つも記録できませんでした。プレシーズンゲーム4試合でのトータルもわずか2つしかなく、期待外れの感は否めません。春のチーム練習では非常によかっただけに、この結果には失望しています。ハズレのドラフト1巡目指名とならなければいいんですが。

プレシーズンゲームも終了し、いよいよロースターカットが行われます。すでにPマット・ダーが解雇されたという報道も伝わってきていますが、その他にも意外な名前があがってくるかもしれません。最終的に誰が残るのか、明日の発表を注目したいと思います。



Dolphins Daily News 8.29―ランドリーのトレードはない

WRジャービス・ランドリーに関して、ドルフィンズがトレードを画策しているという記事が掲載されていました。このオフにドルフィンズはランドリーとの契約延長交渉を行わず、またWRデバンテ・パーカーの成長が見込まれるというのが理由のようです。しかし、HCアダム・ゲイスはこれを否定しています。

これでとりあえずランドリーは今シーズンはドルフィンズでプレーすることになりますが、シーズン終了後にはFAとなるので残留させるとなると大きなお金が必要になります。パーカーやWRケニー・スティルスの成績次第ですが、再契約は難しいでしょうか。まあ、それはシーズン終了後の話ですね。


プレシーズンゲームも残り1試合ですが、それが終わればロースターが今の90人から53人になります。多くの選手が一気に解雇されるわけですが、生き残りをかけた争いが大詰めを迎えています。

パンターのポジションは3年目のマット・ダーとドラフト外入団の新人マット・ハークがいますが、この2人のどちらかがカットされることになります。これまでの成績はダーが平均43.2ヤードであるのに対して、ハークは平均46.5ヤードです。しかし20ヤード以内に落としたパントはダーが5回でハークは2回となっています。

数字的にはどちらも甲乙つけがたいところがあるんですが、最後のロースターカットではあるいはダーが落とされるということも十分考えられます。ダー自身も3年前に、当時プロボウラーだったブランドン・フィールズを差し置いて正パンターとして抜擢されました。同じことが今年起こっても不思議ではないですね。

また、RBのポジションも注目されます。最終ロースターではRBは4人体制となる可能性が高く、そうなればジェイ・アジャイ、ケニアン・ドレイク、ダミアン・ウイリアムスの3人は確定として、残りの枠は1つとなります。その1つを争うのがセノリス・ペリーとストーム・ジョンソンだとみられています。

これまでの成績ではペリーが平均4.0ヤードを走っているのに対して、ジョンソンは平均2.2ヤードと劣っています。最後のプレシーズンゲームでは両選手ともプレー機会が与えられるでしょうから、そこでどんな結果を残せるのかで最終的に決まるんでしょうね。ただ、どちらの選手も低調だった場合、他チームを解雇された選手と契約するという可能性もあります。

上記2つのポジションだけでなく、最終ロースターの当落線上にいる選手は最後のプレシーズンゲームが非常に大切になってきます。次の試合はそういう意味でも注目点はいろいろとありそうですね。


Preseason Game 対イーグルス戦

プレシーズンゲームの第3戦はフィラデルフィアイーグルスとの対戦でした。主力選手が最も長くプレーするのがこの第3戦なんですが、ドルフィンズは1stチームのオフェンスはとてもよかったですが、ディフェンスは試合を通してよくなかったという結果でした。

まずオフェンスの方ですが、QBジェイ・カトラーは5回のオフェンスシリーズでプレーしました。内容はパス8回投中5回成功で105ヤード獲得、1TDパスだったんですが、3回のTDを演出しています。WRデバンテ・パーカーへのロングパスは素晴らしかったし、パーカーへのパスが今シーズンの大きな武器になりそうな予感がしました。また、TEジュリアス・トーマスへのTDパスは近年のドルフィンズにはなかったTDパスで、ライアン・タネヒルとカトラーの違いを痛感しました。

またRBジェイ・アジャイのランプレーも注目してたんですが、9キャリーで53ヤード獲得(平均5.9ヤード)ということで、こちらもまったく心配のない内容でした。脳震とうの影響も特にないようですね。それと同じくRBのケニアン・ドレイクですが、2キャリーで2ヤード獲得と数字的にはよくなかったんですが、スピードも感じられましたし、こちらも脳震とうの影響はありませんね。

それとオフェンシブラインですが、Cマイク・パウンシーとRTジャワン・ジェームスが復帰してLGにはアンソニー・スティーンが入っていました。パウンシーが入ると安定感が違うんでオフェンスも好調だったと思います。アジャイが走れたのもその影響でしょうね。あとはLGをスティーンにするかジェシー・デービスにするかが問題ですね。

1stチームと比べて2ndチーム以降は散々な内容でした。特にQBマット・ムーアが試合を壊してしまったというか、敗戦の大きな要因でしたね。第2QにLBローレンス・ティモンズがインターセプトして敵陣7ヤード地点で攻撃権を得ました。あの時にすんなりTDを取っていればこの試合は楽に勝てたのではないかと思いましたが、エンドゾーンでのインターセプトからリターンされて同点に追いつかれたのがイーグルスを勢いづかせてしまいました。

この試合の結果を見るとなぜムーアではなくてカトラーと契約しなければいけなかったのか、ということがわかるような気がします。昨年タネヒルが欠場した後はムーアでもいけるかと思っていたんですが、やはり難しいんでしょうね。ムーアは安定感という点で先発QBの資質が欠けているのではないかと思いました。

一方ディフェンスですが、インターセプトを2つ決めてターンオーバーは奪ったんですが、相変わらず3rdダウンを止められません。17回中10回で1stダウンを更新されていますが、それも含めて1stダウン更新は25回でした。課題のランディフェンスも152ヤード献上ですから昨シーズンとあまり変わっていない結果でした。さらにこの試合は38失点ですが、先週の試合と合わせると計69失点と非常に悪く、大きな不安が残っています。

ランディフェンスに関してはティモンズがよく止めていた印象もあるんですが、中央に集中するあまり両サイドを走られると非常に脆いような気がします。果たして今シーズン向上させることができるのか、こちらも不安が残りました。ベテランLBレイ・マウアルーガを獲得しましたが、どこかの報道ではウェイトオーバーで開幕には使えない可能性があるということです。

パスディフェンスの方も連携ミスによるビッグプレー献上などもあり、決して安心できません。パスラッシュはそこそこ効果があったと思うんですが、ギリギリでパスを投げられてそれを通されているという結果で、何か空回りしているような気がしました。マット・バークが初めてのディフェンシブコーディネーターなのでシステムを上手く構築できているのかどうか不安です。

個々の選手を見ると、ティモンズの動きはよく獲得してよかったこと、そして控えに降格したDTジョーダン・フィリップスが結果を残してアピールしたことがありました。あとはディフェンシブラインの先発選手もよかったと思いますが、試合展開からイーグルスを調子づかせてしまったということも影響しているかと思います。

プレシーズンゲームはあと1試合残っていますが、先発選手は出場しませんから、この試合の結果でレギュラーシーズンに突入するということになると不安があるんですが、とはいえプレシーズンゲームでのことですからまた開幕すれば変わってくると思います。ただし、やはり悪い印象が残ったことは確かでしょうね。

先週もそうでしたが、この試合でも若い選手の活躍というか躍動感のようなものが見られなくて残念でした。特にQBのブランドン・ドーティとデビッド・ファレスの2人は最後に見せ場を作ってほしかったです。またドラフト1巡目指名のDEチャールズ・ハリスも期待しているんですが、目立ってきませんね。試合後半で唯一よかったのはTDパスレシーブを決めたWRジャキーム・グラントでした。

試合にも敗れ不安材料も見えてきたんですが、1stチームのオフェンスがよかったのは収穫だったと思います。それと主力選手に怪我がなかったことが一番でした。復帰したパウンシーがやや心配だったんですがプレー後の表情もよかったですし、開幕は大丈夫だと思いました。



Dolphins Daily News 8.23―イーグルスとの合同練習2日目

昨日に続いてフィラデルフィアイーグルスとの合同練習の2日目です。

・RBケニアン・ドレイクが脳震とうのプロトコルから復帰しました。また肩を痛めていたRTジャワン・ジェームスも練習に復帰しています。

・QBジェイ・カトラーがWRデバンテ・パーカーとTEジュリアス・トーマスにTDパスを決めています。パーカーには40ヤードのTDパス、そしてトーマスには昨日に続いてのTDパスです。さらにカトラーはWRケニー・スティルスにも40ヤードのTDパスを通しています。

・Cマイク・パウンシーは練習を休みましたが、イーグルスとのプレシーズンゲームには出場する見込みです。

・この日のドルフィンズのオフェンシブラインは、LTラレミー・タンシル、LGジェシー・デービス、Cアンソニー・スティーン、RGジャーモン・ブッシュロッド、そしてRTジェームスでした。スティーンのところにパウンシーが入れば現時点でのベストメンバーです。

・LBレイ・マウアルーガはまだ練習に参加していません。地元フロリダに戻るまでは練習しないようで、プレシーズンゲームにも出場しない見込みです。

・DBウォルト・エイケンズ、LBネビル・ヒューイットは相変わらず欠場しています。



Dolphins Daily News 8.22―イーグルスとの合同練習初日

ドルフィンズとフィラデルフィアイーグルスの合同練習が始まりました。初日の話題をいくつか拾ってみます。

・先日契約したLBレイ・マウアルーガがチームに合流しました。しかしまだ練習は行っていないようです。今週行われるイーグルスとのプレシーズンゲームには出場しません。

・足の付け根を痛めていたSネイト・アレンが練習に復帰しました。

・OGクレイグ・アービックとDBウォルト・エイケンズは練習を休んでいます。アービックは先発LGの最有力候補だったんですが、ひざを怪我して開幕に間に合わなくなりました。

・RBケニアン・ドレイクは練習に参加していますが、まだ脳震とうのプロトコル中で、完全復帰まではもう少し時間がかかりそうです。

・QBジェイ・カトラーはWRケニー・スティルスにTDパスを決めましたが、練習終了間際にはインターセプトを喫しています。

・ドルフィンズのディフェンスは調子が悪かったようで、CBバイロン・マックスウェルはイーグルスWRトレイ・スミスにTDパスレシーブを許しています。

ところで、怪我をしたアービックの代わりのLGですが、アンソニー・スティーン、ジェシー・デービス、ジェイク・ブレンデルの3人が1stチームで練習を行っています。その中でデービスはいい動きをしているようで、過去2試合のプレシーズンゲームではすべてのオフェンスでプレーしています。

デービスは2015年にドラフト外でシアトルシーホークスに入団しました。しかし開幕前に解雇され、その後は昨年ニューヨークジェッツに在籍していたこともありましたが、いずれもNFLでのプレー経験はありません。

今のところ開幕LGのポジションは経験のあるスティーンが有力でしょうが、ひょっとするとデービスが務める可能性もあります。あと残り2試合のプレシーズンゲームはデービスのプレーにも注目ですね。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ