Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ケニアン・ドレイク

Week 11 対バッカニアーズ戦 プレビュー

3連敗中のマイアミドルフィンズがホームでタンパベイバッカニアーズを迎えます。ドルフィンズは現在4勝5敗、対するバッカニアーズは3勝6敗です。ドルフィンズにとってはこの試合絶対に勝利して勝率を5割に戻したいところです。

この試合は本来ですと今シーズンの開幕戦のカードでした。しかし、ハリケーン・イルマの影響で当初両チームにとってバイウイークだったこの第11週に延期されています。

ドルフィンズはこの3連敗中、合計で112失点をするなどディフェンスが崩壊しつつあります。この試合でのポイントの1つは、そのディフェンスが果たして建て直せるかというところが注目されます。バッカニアーズのオフェンスはNFL14位(ラン28位、パス3位)となっています。

バッカニアーズのオフェンスではパスが優れているという数字が残っているんですが、それに貢献したのはエースQBジェイミー・ウィンストンです。ただし、この試合でウィンストンは肩を怪我して出場できず、控えQBライアン・フィッツパトリックが先発します。

ベテランのフィッツパトリックはこれまでにいろいろなチームでドルフィンズと対戦しており、通算で5勝5敗という数字が残っています。昨シーズンはニューヨークジェッツのQBとして対戦していますが、27-23で敗れています。

そのフィッツパトリックは先週古巣のジェッツと対戦して、パス34回投中17回成功で187ヤード獲得、1TD、1インターセプトという内容だったんですが、チームを15-10の勝利に導いています。

ウィンストンがいないバッカニアーズのオフェンスは怖くないように思えますが、問題はドルフィンズのディフェンスがどれだけ抑えられるかというのが勝敗に大きく影響すると思われます。過去3試合のような内容だとバッカニアーズにかなり攻められることになります。

この試合ドルフィンズが勝利するためにはディフェンスがしっかりと抑えることはもちろんですが、それに影響を与えると思われるのがオフェンスのパフォーマンスです。

QBジェイ・カトラーは肋骨を痛めて欠場した後、復帰した過去2試合では合計で524ヤードを投げて5つのTDパスを記録しています。そしてその2試合でチームは平均22.5得点をあげています。

シーズン当初よりもオフェンスが向上しつつあるんですが、オフェンスの問題点としては試合前半に得点を取ることが少ないということです。その結果相手に先に得点を取られて試合展開を苦しくする場面がしばしば見られています。

試合に勝つためにも、そしてディフェンスをよくするためにも、バッカニアーズよりも先に得点をあげて試合を優位に進めることが大切です。バッカニアーズも先週は勝利したとはいえ、その前には5連敗しており決して好調とはいえません。バッカニアーズの戦意を砕くためにも是が非でも先に得点を取りたいところです。

幸いにも心配されたRBのポジションはダミアン・ウイリアムスとケニアン・ドレイクを併用することで、ジェイ・アジャイの穴はほぼ埋められていると思われます。それとRTジャワン・ジェームスが抜けたオフェンシブラインもその代わりをジェシー・デービスが務め、LGにはテッド・ラーセンが復帰したことにより戦力ダウンは見られません。あとはオフェンス全体でターンオーバーや反則などのミスを犯さず、安定した内容を継続することだと思います。

戦前の予想ではドルフィンズが有利とされていますが、チーム状態などから見るとほぼ互角だと思われます。それだけにつまらないミスが試合の流れを大きく変えてしまいそうです。先週の対カロライナパンサーズ戦ではカトラーの1つのパスミスが取り返しのつかない大失態につながっただけに、絶対に注意が必要です。

それと繰り返しますが、ディフェンスが大きな注目ポイントです。仮にこの試合でも酷い内容に終わると、今シーズンは立て直しがきかずズルズルと落ち込んでしまいそうです。DTダムコン・スーやDEウイリアム・ヘイズなど怪我を抱えている選手もおり苦しい状態ですが、なんとか奮起してもらいたいと思います。


Week 10 対パンサーズ戦

マイアミドルフィンズは第10週のマンデーナイトゲームでカロライナパンサーズと対戦しました。戦前の予想でもドルフィンズが圧倒的に不利だったんですが、結果は45-21という惨敗でした。得点差も去ることながら、内容的にも見ていて辛い敗戦でした。

まあ、一言で言えば前半終了間際のQBジェイ・カトラーのインターセプトに尽きると思います。第2QにドルフィンズがTDを奪って7-10と3点差まで追い上げ、直後のパンサーズの攻撃をパントに抑えて攻撃権を得て、残り時間でFGでも蹴られれば、というところでした。

ところが最初のプレーでいきなりインターセプトを犯し、さらにパンサーズはそれをきっかけにしてTDを奪い、17-7として前半を終了しました。あそこでドルフィンズが仮に得点は取れなくてもターンオーバーを犯さなければ、この試合はもっと違う展開になっていたかもしれません。

ドルフィンズが攻撃権を得たところで前半残り時間が47秒でしたから、無理に攻めなくても時間を流せばよかったという見方もあると思いますが、試合の流れがドルフィンズの方に傾きかけていたところだったので、攻めるのは当然でしょう。ただ、その結果が悪かった、というか投げたパスが最悪でした。

前半終了間際にあげたTDがパンサーズに勢いを与えてしまい、その結果試合後半はもうほぼ一方的なパンサーズペースになりました。後半5回の攻撃で最初の4回がすべてTDということで、ドルフィンズのディフェンスはまったく止められなかったですね。最後の1回も時間切れにならなければTDを取られていたと思います。

この試合を迎えるにあたって、NFLトップのディフェンスを崩すようなプレーコールをドルフィンズのオフェンスに期待したんですが、逆に崩されたのはドルフィンズのディフェンスの方だったというのがなんとも皮肉な結末でした。

総喪失ヤード数が548ヤードでそのうちラン喪失ヤードがなんと294ヤード、これはこれまでのドルフィンズのランディフェンスを考えると3試合分以上の喪失ヤード数でした。さらに3rdダウン時の1stダウン更新が14回中11回で79%と、まったくディフェンスが機能していないかのような結果でした。

先週からオフェンスが少しよくなってきたと思ったんですが、その代わりにディフェンスが悪くなってきて、昨シーズンの状況に戻りそうな状況です。シーズン開始からしばらくディフェンスがよかったんですが、中盤に差し掛かってきて対戦相手に研究されてきているんでしょうか。もしそうならばここから立て直しを図らなければいけないのですが、ディフェンシブコーディネーターとしては1年目のマット・バークには難しいかもしれませんね。

それともうひとつ気になるのは試合前半に得点が取れない、特に相手より先に得点できないというのがオフェンスもディフェンスも苦しくなる要因だと思います。この試合でも先にパンサーズに10点リードを許してしまっています。10点というと一度の攻撃では追いつけない点差で、同点あるいは逆転するためには最低2回の攻撃が必要になりますので、オフェンスには焦りが出ますし、相手のディフェンスには余裕を与えてしまうという悪循環に陥ります。この点を改善できなければ今後も苦しい試合は続くでしょう。

酷い試合内容でしたが、数少ない明るい話題といえばまずはRBケニアン・ドレイクでしょうか。この試合で今シーズン、チーム初となる66ヤードのTDランを決めました。RBジェイ・アジャイがいなくなってランオフェンスが懸念されたんですが、このドレイクとRBダミアン・ウイリアムスで計100ヤード走っています。アジャイがいなくても問題はないということを証明しています。

それとこの試合からオフェンシブラインが変わり、LGにテッド・ラーセン、RTにジェシー・デービスが入りました。特にデービスはどうかと思ったんですが、カトラーはQBサックを受けませんでしたので、よくやっていたと思います。

あとディフェンスでは出場停止処分があけてS T.J.マクドナルドが復帰しました。ある程度の存在感は示したものの、ミスタックルもあったりしてまだ真価は発揮されませんでした。マクドナルドについてはこの試合が復帰第一戦でしたから、今後に期待をしたいと思います。

今シーズンの1つの山場とも言えるプライムタイムゲームの3連戦が終了しました。ドルフィンズはその3試合にすべて敗れたわけですが、その3試合での失点が計112点ということで、全米のみならず世界中のNFLファンに醜態を晒した結果になりました。1つぐらいは勝ってほしかったんですが、これが今年の実力でしょうか。まだもう1試合プライムタイムゲームが残っていますが、相手がニューイングランドペイトリオッツだけにこれも難しいかな、でも今度こそはなんとか勝ってほしいです。

3連勝の後の3連敗で遂に勝率5割を割りました。しかしシーズンはまだあと7試合残っています。まだ諦めるような状況ではないですし、来週はホームゲームなのでチームを立て直してもらいたいと思います。


Week 10 対パンサーズ戦 プレビュー

マイアミドルフィンズの2017年シーズンの後半戦が始まります。その初戦となるのは、マンデーナイトゲームでの対カロライナパンサーズ戦となりますが、敵地での試合でもあり、相当な難敵と言えるでしょう。

現在パンサーズは6勝3敗で2連勝中、NFC南地区の2位となっています。一方のドルフィンズは4勝4敗で2連敗中、AFC東地区の3位です。

連勝、連敗と対象的な両チームの現状なんですが、最も注目されるのはNFLトップのトータルディフェンスを誇るパンサーズに対して、ドルフィンズは同最下位のスコアリングオフェンスで、圧倒的な守備力のパンサーズに対してドルフィンズの攻撃力がどこまで通用するかということになります。

パンサーズのディフェンスはランが2位、パスが6位ということで、バランスがとれているのが厄介なところです。ランに対してはDTのカワン・ショートとスター・ロトゥレレア、LBのルーク・キークリーとトーマス・デービスが中心となります。

またパスディフェンスには2人のパスラッシャー、DEのジュリアス・ペッパーズとマリオ・アディソンが大きく影響しています。ペッパーズは7.5QBサック、アディソンは6.5QBサックをあげており、それも含めてチーム全体ではNFL2位となる29QBサックを記録しています。

そのパンサーズのディフェンスにドルフィンズがどう対抗するかなんですが、その重要な部分を担うオフェンシブラインが大きな不安材料です。もともとドルフィンズのオフェンシブラインは弱いんですが、その中で最も安定感のあったRTジャワン・ジェームスが故障者リスト入りしてしまいました。

代役には先発LGを務めていたジェシー・デービスが起用されるでしょうが、パンサーズのパスラッシュは当然そこを攻めてくるでしょう。反対サイドのLTラレミー・タンシルも不安定であり、QBジェイ・カトラーをパスラッシュから守れるかがポイントとなります。

そのカトラーは先週の対オークランドレイダース戦では、試合には敗れたとはいえ、パス42回投中34回成功で311ヤード獲得、3TDパスという今シーズン最高のパフォーマンスを見せました。

エースRBジェイ・アジャイの放出の後でオフェンスが懸念されたんですが、カトラーにとってはアジャイのパワーランニングプレーに頼らない新しいオフェンスがフィットしているのではないかと考えれられます。特に2人のRB、ダミアン・ウイリアムスとケニアン・ドレイクへのショートパスがオフェンスの幅を広げ、その結果他のレシーバー陣、とりわけTEジュリアス・トーマスにいい影響を及ぼしました。

とはいえ、パンサーズのディフェンス相手にどれだけボールを進められるかということにかかっており、ドルフィンズはなんとか相手より先に得点をあげることが最低条件だと思われます。もし相手に先に得点を取られ、なおかつオフェンスが抑え込まれると、下手をすると今シーズン3度目の完封負けということにもなりそうで非常に不安です。

パンサーズはディフェンスに大きな自信を持っていると思われますので、そのディフェンスを調子づかせてしまうと本当につけ入るスキがなくなってしまいます。パンサーズディフェンスを崩すようなオフェンスのプレーコールを期待したいところです。

一方ドルフィンズのディフェンス面ですが、パンサーズのトータルオフェンスはNFL21位、スコアリングオフェンスも同24位とそれほど強力ではありません。QBカム・ニュートンは10TDに対して11インターセプトでQBレイティングは78.4、これはカトラーの10TD、5インターセプト、QBレイティング87.4より劣っています。

またニュートンのパスターゲットだったWRケルビン・ベンジャミンはバッファロービルズにトレードされ、TEグレッグ・オルセンも故障者リスト入りしています。先週の対アトランタファルコンズ戦では試合には勝利したんですが、ニュートンのパス獲得ヤード数はわずか137ヤードに止まっています。

しかしパンサーズのオフェンスで最も怖いのはニュートンの足です。ファルコンズ戦でも9キャリーで86ヤードを獲得して1TDランをあげるなど、これまで341ヤードラッシングで4TDランを記録しています。この足を封じるのは非常に難しいと思われますが、ここを止めない限りドルフィンズの勝機はないといっても過言ではありません。

ニュートンの足を封じることによりパスを投げさせる機会を増やすことで、不安定なパスプレーにつけ込んでターンオーバーを奪えると試合展開を優位に進めることができると思います。パンサーズ同様にドルフィンズのパスラッシュも相手チームにとっては脅威でしょうから、DEキャメロン・ウェイクやアンドレ・ブランチなどのパスラッシュも効果的に仕掛けていかなければいけません。

そしてドルフィンズのディフェンスで大きな変化といえば、出場停止処分を受けていたS T.J.マクドナルドがこの試合から復帰することです。マクドナルドが加わることによってディフェンスがよくなっていくことを期待したいです。ハードヒットが定評あるマクドナルドですが、ディフェンスバックとしてパスディフェンスにもいい影響が出てきてくれればいいのですが。

戦前の予想では圧倒的にパンサーズが有利で、勝敗予想でもドルフィンズの勝利を予想するメディア関係者はまったくありません。パンサーズのディフェンスとドルフィンズのオフェンスを比べれば当然の見方だと思いますが、いつも言っているように試合はやってみなければわかりません。たとえわずかでの可能性がある限り、ドルフィンズの勝利を期待しています。


Week 9 対レイダース戦

マイアミドルフィンズとオークランドレイダースのサンデーナイトゲーム、ドルフィンズにとってはプロボウルRBジェイ・アジャイが抜けて初めての試合で、特にオフェンスに注目して見ていました。

これまで控えRBだったケニアン・ドレイクとダミアン・ウイリアムスでどれだけ走れるのか、その結果オフェンス全体がどうなるのかというところでしたが、総獲得ヤード数は今シーズン最多の395ヤードでした。内訳としてはランが86ヤード、パスが309ヤードでいずれもレイダースを上回っています。

先発はウイリアムスだったんですが、走った回数はドレイクの方が多くて9キャリーで69ヤード獲得でした。特に42ヤードというロングランが1つありました。ウイリアムスの方は7キャリーで14ヤード獲得ということで、2人合わせてもやはりアジャイよりは見劣りするかもしれません。

しかしこの2人はパスを受けて走ることができますので、それが結構効果的で、オフェンスの幅が広がったように思えました。その結果でしょうか、今まで期待外れだったTEジュリアス・トーマスがチームトップの6キャッチで84ヤードを獲得して1TDパスレシーブを記録しています。

また、肋骨を痛めて前週の対ボルチモアレイブンズ戦を欠場していたQBジェイ・カトラーですが、怪我の影響を感じさせない動きで、パス42回投中34回成功で311ヤード獲得、3TDパス、0インターセプトと今シーズン最高の内容でした。特に試合開始から16回連続でパスを成功させています。しかし、それだけパスが連続で通ればオフェンスにも勢いが出てくるものですが、そういうところが見られなかったのが残念でした。

これで結果は27-24でドルフィンズが敗れたんですが、今まで7点差以内の試合では12連勝中だったんですが、その記録が途絶えてしまいました。ただ、得点差以上に敗北感は大きかった試合でした。しかし勝てるチャンスがなかったかというとそうではなかったと思います。

試合展開から見て2つのポイントがすごく残念というかもったいなかったと思います。その2つを活かしていたらこの試合は勝っていた可能性が高かったと思います。

まずその1つ目ですが、第2QにドルフィンズがカトラーからウイリアムスへのTDパスで逆転に成功した直後のキックオフで意表をついたオンサイドキックを成功させました。しかしそれで得た攻撃でレイダース陣内24ヤード地点まで攻め込みながらドレイクがファンブルしてターンオーバーを犯してしまいました。

もしこの攻撃でTDを取っていたら試合の流れはドルフィンズ側に傾いていったと思います。しかも逆にレイダースはそれで得た攻撃でTDを取って再逆転しています。

そしてもう1つは4点差を追う第4Q、序盤にドルフィンズはDTダムコン・スーがレイダースQBデビッド・カーの腕を叩いてファンブルを誘発させて攻撃権を奪いました。自陣48ヤード地点からという絶好のフィールドポジションだったんですが、反則などもあって結局5ヤードしか前進できませんでした。

ターンオーバーでボールを奪って、さあ逆転だ、というチャンスを活かせなかったんですが、ここで少なくともFGでも決めていればその後の試合展開がどうなっていたかわからなかっただけに、ここも非常に残念でした。

この試合でドルフィンズは計11回の反則を犯して107ヤードを罰退しているんですが、オフェンスで特に痛いのがホールディングの反則でした。ホールディングは10ヤード罰退ですから、いくらいいゲインをしても逆に10ヤード下げられてしまうとオフェンスもリズムをつかめないと思います。

それと後はやはりオフェンシブラインですね。この試合で復帰したOGテッド・ラーセンが先発すると思っていたんですが、結局先発LGはジェシー・デービスでした。デービスもそれなりに内容は悪くなかったと思いますが、ここはラーセンを使ってほしかったですね。

一方ディフェンス面ですが、前半はTEへのパスにやられました。それも含めてパスディフェンスはやはり厳しかったです。カーはパス30回投中21回成功(成功率70%)だったんですが、パスの落球もいくつかありましたので、それがなければもっとパスを通されていたと思います。

パスラッシュもあまり効果がなかったので、その分ディフェンスバック陣も守りきれなかったということもあるんですが、レイダースのオフェンシブラインがよくカーを守っていました。そこがドルフィンズと違うところでしたね。

いろいろと残念な部分や課題も浮き彫りになった試合だったんですが、オフェンス向上の兆しなど今後に期待させるものも見られました。『我々は望むところには到達していない、だが望みは失っていない』とHCアダム・ゲイスは言っています。この言葉を信じたいと思います。


Week 9 対レイダース戦 プレビュー

マイアミドルフィンズとオークランドレイダースは共に昨シーズンはプレーオフに進出しました。しかし、今シーズンは現時点ではプレーオフ進出は難しくなっています。その両チームがサンデーナイトゲームで対戦します。

レイダースは現在3勝5敗ですが、過去6試合で5敗しています。昨シーズンの12勝4敗という成績から考えると信じられない数字なのですが、詳しいことはわかりませんが、それなりの理由があるのでしょう。

レイダースは今シーズン、2015年を最後に引退していたRBマーショーン・リンチを獲得しましたが、これまで7試合に出場して72キャリーで266ヤード(平均3.7ヤード)獲得で2TDラン、100ヤード以上走った試合はなしと、かつてシアトルシーホークスでみせたような活躍にはほど遠い内容になっています。

さらに第7週の対カンサスシティチーフス戦で退場処分を受け、それに続いて先週の対バッファロービルズ戦は出場停止となっていました。それが関係しているのかどうかわかりませんが、レイダースはビルズに34-14で大敗しています。そのリンチがこの試合では出場停止から復帰してきます。

リンチが復帰してくるのでランプレーには警戒が必要ですが、レイダースはやはりQBデレック・カーとWRのマイケル・クラブツリー、アマリ・クーパーのコンビネーションによるパスオフェンスにより警戒しなければいけません。またTEジャレッド・クックもカーのパスターゲットとして注意が必要です。レイダースのオフェンスはパスがNFL15位、ランが同26位となっています。

このレイダースのパスオフェンスに対抗するのがドルフィンズの若いCBコンビ、ザビアン・ハワードとコードレイ・タンカーズレイとなります。2年目のハワードと新人のタンカーズレイという経験の少ない2人がクラブツリーとクーパーをカバーできるかどうかにかかっていますが、非常に厳しいと考えざるを得ません。

そうなるとパスラッシュでカーにプレッシャーをかけることが必須になりますが、DEアンドレ・ブランチが足の付け根を痛めて先週の対ボルチモアレイブンズ戦を欠場しています。この試合には出場できるかもしれませんが万全の状態ではなく、パスラッシュの威力が半減しそうです。

一方でドルフィンズのオフェンスですが、これまでオフェンスの中核を担っていたRBジェイ・アジャイがトレードされて、ただでさえNFL最低だったオフェンスがさらに弱体化すると思われます。ただし、先週のレイブンズ戦を欠場していたQBジェイ・カトラーと過去3試合を欠場していたWRデバンテ・パーカーが復帰して、またアジャイの代わりをRBケニアン・ドレイクが務めることになりオフェンスも変わってくる可能性があります。

レイダースのディフェンスはパスがNFL21位、ランが同22位と数字上はあまりよくありません。ドレイクを中心としたRB陣がどれだけヤードを稼げるかということと、肋骨を痛めていたカトラーの回復具合がポイントとなるでしょうが、最も懸念されるのはオフェンシブラインの状態です。

先発LGのアンソニー・スティーンが故障者リストに登録されて、もしかしたらその代わりを故障者リスト入りしていたベテランOGテッド・ラーセンが務める可能性も出てきています。もしラーセンがプレーできるようならばオフェンシブラインもこれまでより向上が望めますが、おそらくこの試合では控えのジェシー・デービスがLGを務めることになり、あまり多くは期待できないかもしれません。

レイダースにはチームトップの4.5QBサックを記録しているDEカリル・マックがいますが、このマックを中心としたパスラッシュをドルフィンズのオフェンシブライン、特に両OTのラレミー・タンシルとジャワン・ジェームスが抑えてカトラーを守ることができるかどうかが大きなポイントとなります。

カトラーがパスラッシュから開放されれば、レイダースのセカンダリー陣は先発CBデビッド・エマーソンの欠場が決定し、先発Sカール・ジョセフも怪我をしていることから、パスである程度ヤードを稼げる可能性はあります。

戦前の予想ではアウェイであり勝率も低いレイダースの方が有利となっていますが、両チームの直接対決を見てみるとドルフィンズは過去5試合を全勝しています。その相性の良さとホームゲームである地の利を活かしたいドルフィンズですが、もうひとつの注目はアジャイがいなくなった後の新しいオフェンスです。このオフェンスが機能すれば光明が見えてくるかもしれません。

今シーズン後半のドルフィンズを占うということを考えると、この試合は勝敗という結果だけでなく、その内容についても非常に大きな意味を持ってくると思います。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ