ケニー・スティルス

January 18, 2017

Dolphins Daily News 1.18

昨日、アシスタントオフェンシブラインコーチを務めていたジェレマイア・ウォッシュバーンがシカゴベアーズのオフェンシブラインコーチに就任したというニュースをお伝えしましたが、そのウォッシュバーンの後任として可能性があるのが、現オフェンシブクオリティコントロールコーチのクリス・クーパーだということです。

その理由として、クーパーは元デンバーブロンコスのOGで、コーチとしての半分以上の時間をオフェンシブラインの練習に費やしたということです。2006年にドラフト5巡目指名でNFL入りし、2014年3月に引退するまでブロンコス一筋、プロボウラーではなかったですが、2010年にはチームキャプテンにも選ばれています。


Palm Beach Post の記事でドルフィンズはFAでWRアルション・ジェフェリーを獲得すべきだ、というものがありました。ジェフェリーは現在ベアーズの選手ですが3月にFAとなります。ちなみに2016年シーズンはベアーズからフランチャイズ選手の指定を受けていました。

ジェフェリーは2016年シーズンに4試合の出場停止はあったんですが、その他の12試合で52回のパスレシーブで821ヤードを獲得しています。また2015年シーズンにはベアーズのOCだったアダム・ゲイスの下でプレーしていましたので、ゲイスのシステムをよく知っています。

ただ、ドルフィンズにはジャービス・ランドリーとデバンテ・パーカーがいます。またケニー・スティルスがFAとなるんですが、昨年チームトップの9TDパスレシーブを記録したスティルスをみすみす手放すとは思えません。

しかしスティルスもFA市場ではランクの高いWRですから、もしかしたら他チームに持っていかれる可能性もあります。その場合にはジェフェリー獲得に動くのも1つの手かもしれませんが、ただジェフェリー獲得には多くのお金が必要になるでしょう。

LBを筆頭に補強ポイントが多いドルフィンズとしてはランドリー、パーカーが盤石なWRに多くのサラリーを費やすことは得策ではありません。ランドリー、パーカーにジェフェリーを加えたWR陣は大きな魅力ですが、現実的にはジェフェリー獲得の可能性は低いでしょうね。



 

dolphin_one at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 10, 2017

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 

dolphin_one at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 08, 2017

Wild Card Playoff 対スティーラーズ戦 プレビュー

ドルフィンズの8年ぶりのプレーオフ初戦は敵地での対ピッツバーグスティーラーズ戦です。スティーラーズとはレギュラーシーズンの第6週で戦っており、ドルフィンズが30-15で勝利したんですが、今回の対戦では両チームの状況はその時とは違います。

スティーラーズは7連勝でレギュラーシーズンを終了しており、先週のレギュラーシーズン最終戦ではQBベン・ロスリスバーガー、RBレベオン・ベル、WRアントニオ・ブラウンら主力選手をプレーオフに備えて休ませていました。それにもかかわらず、クリーブランドブラウンズにオーバータイムの末に勝利しています。

それに対してドルフィンズはスティーラーズ戦以降9勝2敗と好成績を残しているものの、QBライアン・タネヒルをはじめ主力選手に怪我人が続出しており、さらに先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦には敗れています。それに加えて今回の対戦はスティーラーズのホームゲームですから、戦前の予想ではドルフィンズの圧倒的不利が予想されています。

ドルフィンズが勝利するためには、何よりもターンオーバーなどのミスをしないことですが、それに加えてスティーラーズより先に得点を取ってリードを奪うことです。今シーズンのドルフィンズは相手チームに序盤で得点を取られてリードを奪われることが多いです。それでも後半に逆転して勝利しているケースが多いんですが、プレーオフに出てくるような強豪チーム相手にはそれでは苦しくなります。

それとスティーラーズのオフェンスの核であるロスリスバーガー、ベル、ブラウンを抑えることが重要です。前回の対戦ではロスリスバーガーのパスを189ヤードに抑えて2インターセプトを奪い、ベルのラッシングを53ヤードに抑え、そしてブラウンについては4回のパスレシーブでわずか39ヤード獲得に止めています。

さらに、スティーラーズに対して攻撃時間を23分30秒しか与えませんでした。スティーラーズのようなオフェンスの強いチームに対しては、しっかりとボールコントロールをして相手に攻撃時間を与えないということが勝利の可能性を高めることです。

そのためにドルフィンズとしては、RBジェイ・アジャイのランプレーを中心にオフェンスを展開していく必要がありますが、前回アジャイはスティーラーズに対して204ヤードのラッシングを記録しています。ただ、今回も同様に走れるとは考えにくいです。当然スティーラーズ側もアジャイのランを最も警戒してくるでしょうから、それに対して正面からランプレーで挑んでいくのは厳しいでしょう。

スティーラーズのランディフェンスはNFL14位とそんなによくないように思えますが、シーズン中に相手チームに100ヤード以上のラッシングを許したのはわずか6回しかありません。ドルフィンズがランプレーを効果的に出すためには、やはりパスプレーとの連携が必要になってきます。

ドルフィンズはQBマット・ムーアが先発しますが、タネヒル欠場を受けてプレーするようになってから8TDパスに対して3インターセプト、QBレイティングは105.6という成績です。内容的にはそれほど問題はないのですが、1試合に必ず1つはインターセプトを犯しているというところが気になります。

スティーラーズのパスディフェンスはNFL16位とそれほどよくはなく、前回の対戦でもタネヒルはインターセプトもQBサックも受けておらず、パス成功率は75%でした。ただし、TDパスも決められてはいないので、パスを通すためにはランプレーとのバランスが大切になってきます。

ジャービス・ランドリー、ケニー・スティルス、デバンテ・パーカーのWR3人は計算できますが、その他にTEやRBへのパスプレーを効果的に出していくことが必要です。単調なパスプレーだけでは攻略は難しいかもしれません。

一方ディフェンス面では怪我人が非常に多いのでかなり苦しくなることが予想されます。前回ブラウンをカバーしていたCBバイロン・マックスウェルは出場できませんし、ロスリスバーガーからインターセプトを決めた先発Sの2人もいません。経験の浅い2人のCB、ザビアン・ハワードとトニー・リペットがブラウンをどこまでカバーできるかがポイントです。

あとはパスラッシュがどれだけ効果的にかけられるかですね。ドルフィンズが勝利するためにはDTダムコン・スーとDEキャメロン・ウェイクを中心としたパスラッシュでロスリスバーガーにプレッシャーをかけることが必須です。逆にそれができなければロスリスバーガーに自由にパスを通されて一方的な展開になってしまうかもしれません。

それとこの試合の大きなポイントとしては、ドルフィンズは新人HCで選手もほとんどがプレーオフ初出場、対するスティーラーズはプレーオフの常連でHCとQBはスーパーボウル制覇を達成したことがあるという経験の差です。この差が試合にどのような影響をもたらすのかというのも気になります。

前述のとおりスティーラーズ優位は圧倒的で、ドルフィンズの勝利を予想する人はほとんどいないんですが、それでもドルフィンズが勝つ可能性はゼロではありません。チーム一丸となって自分たちのフットボールをしていけば光明は必ず見えてくると思います。勝利のチャンスを逃さずに、そしてあるいはいつもと違う戦術もオフェンス、ディフェンス共に仕掛けていっても面白いかもしれません。ともあれ、どんな形でもいいので、この試合のドルフィンズの勝利を期待しています。



 


dolphin_one at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 07, 2017

Dolphins Daily News 1.7

2016年シーズンのチーム表彰選手の発表があり、RBジェイ・アジャイがチームMVPと言える Dan Marino Most Valuable Player Award 、DEキャメロン・ウェイクがスポーツマンシップや勇気の模範となる選手に贈られる Ed Block Courage Award とフィールド内外でリーダーシップを発揮した選手に贈られる Don Shula Leadership Award 、そしてWRケニー・スティルスが南フロリダ地域への貢献が評価される Nat Moore Community Service Award をそれぞれ受賞しました。

アジャイについては文句なく、2016年シーズンのMVPでしょう。200ヤード以上のラッシングを3試合で記録し、シーズン通算ではチーム史上3番目の記録となる1282ラッシングヤードを記録、そして何よりもチームの2008年シーズン以来のプレーオフ進出に大きく貢献しました。

また、ウェイクについても2つの賞を受賞するに値するシーズンでした。2015年のアキレス腱断裂という大怪我から復帰しただけでなく、チームトップの11.5QBサックを記録し、通算5回目のプロボウルに選出されました。その活躍はまさにスポーツマンシップと勇気の象徴となり、チームリーダーとして勝利に貢献しています。


そしてそのウェイクについてですが、DTダムコン・スーと共にAP通信社が選出するオールプロのセカンドチームに選出されました。両者とも今シーズンの活躍から考えると順当といえるんですが、ウェイクは前述のとおりの成績、またスーは今シーズン、いずれもチーム3位の72タックルと5.0QBサック、そして11ロスタックル、6パスディフェンスを記録しています。


そしてもう1つ明るい話題としては、欠場中のQBライアン・タネヒルが練習を再開したようです。と言っても通常通りの練習はできず、限定的なものなんですが、それでも怪我の状態からすれば大きな前進と言えるでしょう。

プレーオフ初戦の対ピッツバーグスティーラーズ戦にはQBマット・ムーアが先発し、タネヒルは試合出場もできませんが、ドルフィンズがプレーオフを勝ち進んでいけば、ひょっとしたらプレーできる機会もあるかもしれないと期待を抱かせます。

しかし、チームがどんな状況になっても、タネヒルは今シーズンはもう試合には出場しないほうがいいと思います。今後の回復具合では、場合によっては手術をしなければいけないとも言われていますし、焦ってプレーしてさらに悪化でもしたら大変なことです。それにチームとしては本当の勝負は来年以降だと思っていますので、タネヒルはその時に万全の状態でプレーしてもらいたいと思います。


それと最後に残念なニュースですが、DEジェイソン・ジョーンズが解雇されました。今シーズンのジョーンズは5試合の先発を含む14試合に出場して36タックル、3.5QBサック、2パスディフェンスを記録したんですが、プレーオフを2日後に控えたこの時期に実績のあるベテラン選手が解雇されるということはチームにとって大きなマイナスです。

解雇の理由は明らかにされておらず、HCアダム・ゲイスによると、組織としての決定としか伝えられていません。ジョーンズは今シーズン、飲酒または薬物の影響下での運転により2試合の出場停止処分を受けていますが、今回の解雇がそれと関係しているのかどうかはわかりません。いずれにしても、大事な試合の前だけによほどのことがあったと推察されます。

なお、この件を受けてDEマリオ・ウイリアムスの出場機会が増えることが予想されています。ウイリアムスについてはシーズン終了後に解雇されるだろうという報道がされていますが、その状況でハイレベルなプレーはあまり期待できそうもありません。しかしウイリアムスには元プロボウラーとしてのプライドを持って試合に臨んでもらいたいと思います。



 


dolphin_one at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 02, 2017

Week 17 対ペイトリオッツ戦

レギュラーシーズン最終戦、ホームゲームでもありあわよくばと期待したんですが、やはりペイトリオッツは強かった。というか、強かったというより巧妙でスキがないという感じですかね、とにかく一枚も二枚も上だということを感じた試合でした。

13点を追う第4Q、RBダミアン・ウイリアムスのファンブルによるターンオーバーがクローズアップされるかもしれませんが、そこは大きな問題ではなく、一番の問題は序盤から20得点を連取されたところだったと思います。ペイトリオッツを相手にする時には先に得点を取ってターンオーバーをしない、ということが重要だと思いますが、この試合ではいずれも当てはまりませんでした。

ターンオーバーはこの試合で2つあり、その結果計11得点を奪われておりそれも敗因の1つではあると思いますが、それよりも序盤2つのTDが一番痛かったですし、絶対に与えてはいけないものだったと思います。

特に最初のTDですが、あのTDドライブでは最初の2プレーを抑えて3rdダウン残り6ヤードまで追い込んだんですが、次のプレーでQBトム・ブレイディのスクランブルにより1stダウンを更新されてしまいました。そしてその後はリズムをつかんだペイトリオッツのオフェンスがテンポよくエンドゾーンまでボールを運んでしまいました。

あのブレイディのスクランブルはプレーが壊れてしまった結果のものですので、それを抑えてパントを蹴らせていたらこの試合はもっと違う展開になっていたと思います。まあ、普通に考えてブレイディが走るとは思わないですから難しかったでしょうが、本当に悔やまれるプレーだったと思います。

ドルフィンズは今シーズンの第2週にペイトリオッツと対戦しており、その時はブレイディはいなかったんですが、この試合はその時と同じような負け方をしています。前回の対戦でも最初に24得点を連取されて、結局最後に追い上げたんですが追いつかず7点差で敗れています。今回は得点差こそ21点だったんですが、ウイリアムスのファンブルがなければTDを取れてて6点差になって、結局最後は追いつかずという展開が予想されます。

ということはドルフィンズは同じパターンでペイトリオッツにやられていることになります。そのあたりディフェンスはもっと考えなければいけなかったのかなと思います。それも含めて今シーズンは本当に最初に相手に得点を与えてしまうというケースが非常に多く、それがディフェンスを苦しくし、加えて試合展開を苦しくしています。

まあ、見方を変えればペイトリオッツの試合に対する準備が完璧で、1つの勝ちパターンになっているんでしょうね。最初に得点を重ねて相手チームより優位な展開で試合を進めていく、そういう戦い方をすれば勝つ確率は高くなってくるのは当然と言えます。

それとこの試合に限らず毎回感じることですが、得点を取った直後にすぐに取り返されるというのは非常にまずいです。第3QにQBマット・ムーアがWRケニー・スティルスにTDパスを決めて6点差に追い上げました。そのドライブは3rdダウンコンバージョンを3回連続成功させてリズムよく攻撃したもので、次のオフェンスにも期待をさせるものとなりました。

しかし、直後にビッグプレーでTDを取り返されてしまいました。まあ、ペイトリオッツ側としてもまさかあんなビッグプレーを期待してはいなかったでしょうが、ドルフィンズの反撃ムードを打ち消すには大きな効果がありました。事実上あのTDで試合は決まってしまったと言ってもいいでしょうね。 

ただ、ドルフィンズのディフェンスも人材不足の上に故障者続出で厳しい面もあるでしょうし、その上にペイトリオッツの上手さというかブレイディの上手さで仕方のないところでしょうか。結局ブレイディは0QBサックでペイトリオッツは0ターンオーバー、パスラッシュなどのプレッシャーもあまりかかっていなかったんですが、それもブレイディの上手さですね。

ムーアはインターセプトでターンオーバーを犯してしまいましたが、それほど悪くはなかったと思います。QBサックも受けなかったのでオフェンシブラインもよくムーアを守っていたと思います。それとペイトリオッツもそれほどパスラッシュが厳しくなかったです。

ただし、RBジェイ・アジャイのランプレーは特に序盤は完全に抑えられました。ペイトリオッツ側はランプレーを警戒していましたが、それに正面から挑んでいって、結局オフェンスが進めなかったので、序盤のオフェンスでもう少し工夫が欲しかったという気もしました。実際に得点差が開いてディフェンスが引いて守るようになったらそこそこランが出ていましたから、それを考えると残念な面もあります。

それとあと気になったのは、細かいことですが、ドルフィンズはTEへのパスが1つもなかったということです。正確には1つありましたが、プレーが崩れた末のパスでしかもインターセプトされてしまいました。TEへのパスが使えなかったのがオフェンスの幅を狭めた要因だったような気がします。

これでレギュラーシーズンの全日程が終了しました。最後はあまりいい終わり方ではなかったんですが、来週からはプレーオフが始まりますので気持ちを切り替えて次のピッツバーグスティーラーズ戦に臨んでもらいたいと思います。ちなみにスティーラーズに勝利すればまたペイトリオッツと対戦することになります。

その時にリベンジを、と期待したいのですが、怪我人も多いですしやはり難しいでしょうかね。ただ、ペイトリオッツは確かに上手くて強いんですが、決して勝てない相手ではないということもこの試合を振り返って見て感じました。それほど今シーズンのドルフィンズのチーム状態はよくなっていると思います。



 

dolphin_one at 20:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック