Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

コア・ミーシー

Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



Dolphins Daily News 5.3

Palm Beach Postの記事によると、今シーズンのドルフィンズの勝敗予想は7.5勝となっており、AFCでも悪い方から5番目だということです。

まあ、今シーズンの対戦相手とスケジュール、そして昨シーズンのオフェンス24位、ディフェンス29位というチーム成績を考えると順当な予想とも言えるかもしれません。

しかし、昨シーズンもシーズン開始前は同じような勝敗予想がされていたと思うんですが、それでもチームは10勝6敗という成績をあげてプレーオフに進出しています。

予想はあくまでも予想であり、実際にやってみないとわかりませんね。ただ、就任1年目に地区優勝してプレーオフに進出したものの、2年目以降は失速してしまったトニー・スパラノ政権の二の舞は避けてもらいたいですね。


ESPNのウェブサイトで、ドラフト指名の新人選手にポジションを奪われそうなベテラン選手3人があげられていました。その3人とはOGテッド・ラーセン、LBコア・ミーシー、そしてDTジョーダン・フィリップスとなっています。

ラーセンは5巡目指名のアイザック・アシアタと、ミーシーは2巡目指名のレークワン・マクミランと、そしてフィリップスは5巡目指名のダボン・ゴッドチョー、6巡目指名のビンセント・テイラーとそれぞれポジション争いが予想されています。

この中で最もポジションを奪いそうな新人選手はアシアタだという見方が多いんですが、上記4人の新人選手がすべてベテラン選手との争いに勝つようなことがあれば、チームとしても活性化しますし全体の底上げとなります。

また、この他の新人選手もベテランを脅かすような活躍をしてくれたら、チームとしては理想的ですね。




Dolphins Daily News 5.1

NFLドラフトが終了して、様々なメディアで各チームのドラフトの結果を評価しています。ドルフィンズについて見ると、AからCまで評価はばらついており、どれが信頼できるのかまったくわかりません。まあ、ドラフト自体がギャンブルのようなものですから、1年経ってみないと本当の評価はわかりませんね。

そんな中で、ESPNのアナリストであるメル・キッパー氏がドルフィンズのドラフトについて言及しています。それによると、ドルフィンズは2巡目指名でオハイオ州立大学のLBレークワン・マクミランを指名しましたが、キッパーはマクミランではなくてバンダービルト大学のLBザック・カニンガムを指名すべきだったと言っています。

その理由として、マクミランはパスカバーにおいてカニンガムより劣ることをあげています。また別な見方では、マクミランはミドルLBとしてプレーしていたので、アウトサイドLBを必要としているドルフィンズにはカニンガムの方がよかったというものもあります。ちなみに、カニンガムはドルフィンズがマクミランを指名した後の3番目にヒューストンテキサンズに指名されています。

これについてもいろいろな考え方があると思いますが、前述のようにどっちが正解だったかというのは今の時点では結論が出ないでしょう。ただし、ドルフィンズがマクミランをミドルで育てるのかアウトサイドで育てるのかというのは興味深いところで、注目したいですね。

ドラフト2巡目で指名したんですから当然即戦力として期待してのことでしょう。となれば、ベテランLBコア・ミーシーと競わせてアウトサイドLBとして育てるというのが普通に考えられますが、果たしてどうでしょうか。


正式発表はまだですが、ドラフトされなかった選手14人との契約を行ったようです。ドラフト外入団の選手はなかなか53人のロースターに残るのが難しいのですが、近年のドルフィンズではドラフト外入団でロースター入りする選手が目立っています。LBのネビル・ヒューイットやマイク・ハル、Kアンドリュー・フランクス、Pマット・ダー、そしてRBダミアン・ウイリアムスなどがいます。

そのウイリアムスについてですが、制限付きFAだったんですが、いまだにドルフィンズからのオファーにサインしていないようです。ウイリアムス自身は複数年契約を望んでいたようですが、今となっては、もしウイリアムスがプレーしたければドルフィンズからの1年180万ドルというオファーにサインせざるを得ません。最終的にはいつかの段階でサインするでしょうが、ちょっと気になるところではあります。

昨シーズンのウイリアムスはHCアダム・ゲイスのオフェンスで重要な役割を果たしてきました。RBとして、あるいは3rdダウン時のレシーバーとして貴重な働きをし、ランとパスレシーブで計6つのTDをあげ、スクリメージから計364ヤードを稼いでいます。




Dolphins Daily News 4.3

今週ドルフィンズは3人のドラフト指名候補と接触を取るようです。まず、セーフティの選手2人を招聘するようで、ノースカロライナ州立大学のジョシュ・ジョーンズとテキサス農工大学のジャスティン・エバンスがマイアミを訪れます。

ドルフィンズはFAでネイト・アレンとT.J.マクドナルドというベテラン2人を獲得しましたが、さらに若い選手にも興味を持っているようです。

アレンは先発Sのポジションの穴埋めはできるでしょうがやや力不足は否めません。またマクドナルドは前半8試合は出場停止処分が課せられています。Sのポジションのデプスを充実させるためには実力のある新人を加入させることは理にかなっていると言えます。

そしてもうひとり、ミシガン州立大学のDTマリック・マクドウェルにも興味を持っています。ドルフィンズはFAでDTの選手を補強しませんでしたが、ドラフトでは指名する可能性は十分にあります。

マクドウェルについてはディフェンシブラインコーチのテレル・ウイリアムスがわざわざミシガンまで出向いて、個人的にテストするということです。

ドルフィンズは全体22番目のドラフト1巡目指名権を持っていますが、DTとSは指名する可能性が高いポジションだと言えます。したがって、前述の3選手がドルフィンズの今年のドラフト1巡目指名選手となる可能性は高いと思われます。


FAとなっているLBザック・ブラウンについてはドルフィンズもオファーを出していますが、いまだに移籍先が決まっていません。そのブラウンがワシントンレッドスキンズと面談を行う予定だと報じられています。

ブラウンに関してはドルフィンズかオークランドレイダースのどちらかが移籍先になるだろうと考えられていたんですが、結局どちらにも行かなくなり、ここにきて新たな移籍先の候補としてレッドスキンズが浮上してきました。このままレッドスキンズで決まってしまうかもしれませんね。

ちなみにブラウンのFA市場での価値はSpotracというウェブサイトでは4年間総額1810万ドルだと見られています。ということは年平均452万ドルだということですが、ドルフィンズがブラウンに提示した額はそれより高いのではないかと思います。ただ、ブラウンは複数年契約を求めていると思われますので、単年での契約を望んでいるドルフィンズとはすれ違いがあるようです。

ドルフィンズの3人目の先発LBはベテランのコア・ミーシー、若手のネビル・ヒューイット、そしてドラフトで指名される可能性のある新人選手のいずれかになりそうです。



 

Dolphins Daily News 3.28

オークランドレイダースのラスベガス移転がNFLの各チームのオーナーの投票により承認されました。32チーム中31チームのオーナーがレイダースのラスベガス移転に賛成票を投じましたが、唯一反対票を投じたのはドルフィンズのスティーブン・ロスだったようです。

ロスが反対した真意はわかりませんが、元ドルフィンズのWRブランドン・マーシャルは別な意味でこの問題を懸念しています。ラスベガスはカジノの町なので、NFLの若い選手たちがその町ではフットボールに集中できないのではないかというようなことを言っています。

確かに大学を出た若い選手がNFLで大金を手にしてラスベガスを訪れたら、ギャンブルへの誘惑から逃れられなくなるかもしれません。あるいは金銭的なトラブルにも巻き込まれる可能性も否定できません。

しかしながら、移転が承認されたからといって、レイダースがすぐにラスベガスに移転をするかというとそうではないようです。ラスベガスに完成する予定のスタジアムは2020年まで待たなければいけないようですし、現時点でははっきりした移転の日程は決まっていないようです。


ドルフィンズは先日、LBコア・ミーシーと契約の見直しを行いました。一時は昨年痛めた首の影響で選手生命も危ぶまれ、解雇は確実と見られていましたが、一転して残留する見込みとなっています。

首の怪我が快方に向かうという見通しがあるためですが、すでに30歳となったベテランLBで、当然怪我のリスクもあります。そんな選手をなぜ残すのかというのが疑問なんですが、その理由はミーシーのプレー内容にあるようです。

ドルフィンズは昨シーズンからワイドナインというディフェンス隊形を採用していますが、その隊形にはLBジェラニー・ジェンキンスなどは戸惑っていたようです。しかしミーシーはそれに適応していたようです。

さらにミーシーは昨シーズンはわずか3試合にしか出場しなかったんですが、その3試合では相手チームのランを平均3.28ヤードに抑えていたようです。逆にミーシーがプレーしなかった場面では平均6.1ヤードを稼がれていました。すなわち、ミーシーがいればランディフェンスが向上するという結果が出ています。

したがって、確かに怪我のリスクはあるんですが、ランディフェンスに課題の残るドルフィンズにとってはミーシーを簡単に手放すのは得策ではないと判断したようです。

ただし、仮にFAのLBザック・ブラウンが加入するとか、ドラフトで優秀な新人LBが指名できれば、あるいはミーシーを解雇するという選択肢も残されています。いずれにしても今後のFAの状況やドラフトの結果を待ってからでも遅くないということなんでしょうね。




 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ