Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

サム・ブラッドフォード

Dolphins Daily News 5.10

昨シーズンのQBライアン・タネヒルは20ヤード以上のロングパスの成功率が61%(41回投中25回成功)で、これはNFLで2番目に高い数字だったようです。ちなみに1位はオークランドレイダースのQBデレック・カーで62.9%(54回投中34回成功)でした。

https://brickwallblitz.wordpress.com/2017/03/26/the-2016-17-deep-ball-project-part-33/

また16ヤード以上のパス成功率について見ると、タネヒルは64.1%(53回投中34回成功)でNFL4位でした。ちなみに、こちらは1位からミネソタバイキングスのQBサム・ブラッドフォード(66.7%)、2位がインディアナポリスコルツのQBアンドリュー・ラック(66.3%)、3位がカー(64.3%)となっています。

参考までに、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディはというと、20ヤード以上のパス成功率が44.7%(47回投中21回成功)でNFL18位、16ヤード以上では51.5%(66回投中34回成功)で同16位となっています。

数年前までのタネヒルは、ともすれば安全な短いパスばかり投げている、ロングパスの制度が悪い、などという酷評をされていましたが、昨年アダム・ゲイスがドルフィンズのヘッドコーチとなり、彼のオフェンスシステムでプレーすることにより安定感が増し、その結果ロングパスの能力も向上したものと思われます。

タネヒルは昨年、不幸にも左膝靭帯に大きな怪我を負ったわけですが、その怪我からは順調に回復しているようで、ゲイスの言葉では『昨年と同じように見える』という状態となっています。

今後、オフシーズンの練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを経て本番のレギュラーシーズンに向かうわけですが、そこでどんなプレーができるのか若干の不安はあるものの、期待は持てそうです。今シーズンは少なくとも昨年並か、あるいは昨年以上の活躍を期待したいところです。



フィッシャーはラムズへ?

ドルフィンズが新しいヘッドコーチ候補として目論んでいたジェフ・フィッシャーですが、どうやらセントルイスラムズ行きが濃厚になってきたようです。ラムズにはサム・ブラッドフォードという将来有望なQBがいますし、今年のドラフト順位は全体の2位指名権を持っているなど魅力のある部分がありました。そういうことも影響してのことでしょうね。

というわけで、ドルフィンズはまた新たなヘッドコーチ候補を模索していくようです。Miami Heraldなどのウェブサイトによると、アトランタファルコンズのオフェンシブコーディネーターであるマイク・ムラーキーとシンシナティベンガルズのディフェンシブコーディネーターであるマイク・ジマーとの面談を行うだろうとのことです。

ムラーキーは2004〜05年にかけてバッファロービルズのヘッドコーチを務めており、その後ドルフィンズで2006年はオフェンシブコーディネーターを、2007年はタイトエンドコーチを務めていました。またジマーは12年間にわたってNFLでディフェンシブコーティネーターを務めており、ダラスカウボーイズ時代には現GMジェフ・アイルランドと友好関係にあったようです。

ただ、ムラーキーのファルコンズとジマーのベンガルズはいずれもプレーオフで敗退しており、すぐにでも交渉は可能でしょうが、今回の敗戦でちょっと印象を悪くした感は否めません。

ちなみに現地時間金曜日と土曜日の両日にわたって面談したグリーンベイパッカーズのオフェンシブコーディネーター、ジョー・フィルビンは好感触だったと報じられていますが、パッカーズはまだシーズンが終了していませんのでどうなんでしょうかね。

あと関係ない話ですが、ドルフィンズを解雇されたトニー・スパラノがニューヨークジェッツの新しいオフェンシブコーディネーターの候補にあがっていると報じられています。ジェッツは現オフェンシブコーディネーターのブライアン・ショッテンハイマーの去就が未定なのでどうなるかわかりませんが、もしスパラノがジェッツに加わったらドルフィンズファンはますますジェッツを嫌いになるでしょうね。




ディープパスの能力

Palm Beach Post のブログでドルフィンズのQBチャド・ヘニーがディープパスの成績が悪いというのが指摘されていました。昨シーズンのヘニーは20ヤード以上のパスの成功率が40回投中10回成功でわずか25%でしたが、これはNFL全体で20ヤード以上のパスを30回以上投げたQBの中では31人中29番目だったそうです。ちなみにヘニーより悪かったのはカンサスシティチーフスのマット・キャッセルが57回投中14回成功の24.56%で、サンフランシスコ49ナーズのアレックス・スミスは36回投中9回成功の25%でヘニーと同じ成功率でした。

成績のいい方はというと、1位がテネシータイタンズのビンス・ヤングで35回投中16回成功(45.71%)、2位がジャクソンビルジャガーズのデビッド・ギャラードで51回投中23回成功(45.1%)、3位がヒューストンテキサンズのマット・シャウブで48回投中21回成功(43.75%)でした。

一流と思われるQBについては、インディアナポリスコルツのペイトン・マニングは95回投中29回成功(30.53%)で22位、ニューイングランドペイトリオッツのトム・ブレイディが49回投中18回成功(36.73%)で12位、そしてスーパーボウル制覇をしたグリーンベイパッカーズのアーロン・ロジャースは86回投中33回成功(38.37%)で10位とそんなに特出した数字でもありません。ディープパスの成功率が高いからといってチームの成績とはあまり関係ないということですね。

したがって、ヘニーのディープパスの成功率がよくなればドルフィンズの成績がよくなるということはないんですが、やはりディープパスが通ればオフェンスにも勢いが出ますし試合の流れを変えることもできます。ただ、ヘニーは成功率も悪いんですが試投数でも20ヤード以上のパスの回数は40回でパスの全試投数491回のわずか8.15%です。これは前述の31人のQBの中で30番目、ヘニーより悪かったのはセントルイスラムズの新人QBサム・ブラッドフォードの6.78%のみでしたが、それでも回数は40回で同数でした。

ドルフィンズは今年のドラフトでスピードに定評のあるWRエドモンド・ゲイツを指名しました。このゲイツの加入によってヘニーのディープパスの回数が増えてくればオフェンスにも幅ができるでしょうし、パス成功率の向上も期待できます。それがチームの成績にも反映してくるんじゃないでしょうか。まあ、その前にヘニーが先発QBの座を勝ち取れるかどうかということも課題になりますけどね。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ