Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

サム・マディソン

Dolphins Daily News 12.14ーCBハワードが週間MVP

CBザビアン・ハワードが第14週のAFC週間最優秀守備選手に選出されました。ハワードは12月11日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦で2インターセプト、3パスディフェンスを記録して、ドルフィンズの27-20の勝利に大きく貢献しました。

ハワードが同賞を受賞したのはドルフィンズのCBとしては5回目で、過去にはサム・マディソン、テレル・バックリー、ブレント・グライムスが受賞しています。直近では2014年にグライムスが受賞していますね。また、ディフェンスの選手としては2015年のDEキャメロン・ウェイク以来の受賞となります。

今シーズンに関してはKコディ・パーキーが第2週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されており、ハワードの週間最優秀選手賞の受賞は2回目となります。

ちなみにハワードは第13週の対デンバーブロンコス戦でも2つのインターセプトを記録しており、2試合連続で複数のインターセプトを記録したのはドルフィンズのチーム史上でハワードが初めてとなっています。


ところで、第15週の対バッファロービルズ戦を前にしたInjury Reportが発表されていますが、ドルフィンズでは9人の選手が水曜日の練習を休んでいます。その中には週間最優秀選手賞を受賞したハワードも含まれており、内臓疾患ということですが、重症ではないと思われます。

その他にはDEアンドレ・ブランチ(ひざ)、OGジャーモン・ブッシュロッド(足)、QBマット・ムーア(足)、Cマイク・パウンシー(臀部)、DTダムコン・スー(ひざ)、CBコードレイ・タンカーズレイ(足首と肩)、Sマイケル・トーマス(ひざ)、そしてRBダミアン・ウイリアムス(肩)となっています。

ブッシュロッド、ムーア、タンカーズレイ、ウイリアムスの4人はペイトリオッツ戦を欠場していますが、次のビルズ戦の出場はどうなんでしょうか。ウイリアムスにはそろそろ帰ってきてもらいたいんですけどね。


Dolphins Daily News 12.6―対ブロンコス戦にまつわる数字

先日の対デンバーブロンコス戦でドルフィンズは35得点をあげましたが、これはアダム・ゲイスがヘッドコーチになってからの最高得点だったんですが、26点という得失点差も最高でした。ちなみに、これまでは昨年の対ニューヨークジェッツ戦での34-13という勝利が最も得失点差が多かった試合でした。

ドルフィンズはブロンコス戦で2つのセーフティと1つのインターセプトリターンTDを記録したんですが、これはNFLでは1961年のニューヨークジャイアンツとワシントンレッドスキンズの対戦以来のことで、大変珍しい記録となっています。

CBザビアン・ハワードは2つのインターセプトを記録したんですが、そのうちの1つはリターンTDでした。これはドルフィンズでは2003年にCBサム・マディソンがリターンTDを含む2つのインターセプトを記録して以来のこととなり、チーム史上ではハワードが10人目の選手となっています。

またハワードは5つのパスディフェンスを記録しましたが、これはチーム史上でトップタイの数字でした。その他には1994年にCBトロイ・ビンセントが対ロサンゼルスレイダース戦で、1998年にマディソンが対ピッツバーグスティーラーズ戦で、そして2008年にCBアンドレ・グッドマンが対カンサスシティチーフス戦で記録しています。

Pマット・ハークは敵陣20ヤード以内に落とすパントを7回記録しましたが、これはドルフィンズではチーム新記録となっています。NFL全体では2015年にテネシータイタンズのPブレット・カーンが7回記録していますが、それ以来のこととなっています。ちなみに、NFL記録は8回で、1994年にスティーラーズのPマーク・ロイヤルズが、そして1999年にジャクソンビルジャガーズのPブライアン・バーカーが記録しています。


Dolphins Daily News 7.18―Top 10 CBs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのCBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-cornerbacks-of-all-time-20170715-photogallery.html

1位がサム・マディソン、2位がパトリック・サーティン、3位がトロイ・ビンセント、そして4位にブレント・グライムスが入っています。

マディソンとサーティンはジミー・ジョンソンがドラフトした選手です。この2人がほぼ同時期にドルフィンズでプレーしていましたが、その時代を知っているだけに、最近のディフェンスバック陣は随分見劣りします。

マディソンは1997年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2005年まで在籍し、2006年にニューヨークジャイアンツに移籍しました。そして2008年を最後にNFLを引退しています。

ドルフィンズでの9シーズンで計31個のインターセプトを記録し、4度のプロボウルと4度のオールプロに選出されています。さらにジャイアンツ時代の2007年シーズンにはスーパーボウル制覇に貢献しています。

またサーティンは1998年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2004年まで在籍し、2005年にドラフト2巡目指名権との交換でカンサスシティチーフスに移籍しました。そして2008年シーズンまでチーフスでプレーした後、NFLを引退しています。

ドルフィンズでの7シーズンで計29個のインターセプトを記録し、3度のプロボウルと2度のオールプロに選出されています。

ちなみに、サーティンのトレードで獲得したドラフト2巡目指名権で、ドルフィンズが指名したのはDEマット・ロスでした。ロスはドルフィンズでは期待外れに終わった選手だったので、サーティンの代わりとしては大損だったんですが、サラリーの問題などもありトレードは仕方なかったんでしょうかね。

現在のザビアン・ハワードがマディソン、サーティンに匹敵する選手に成長してくれればいいんですが、2年目の今シーズンに期待したいと思います。



Dolphins Daily News 6.20―テイラー、ジョンソンを選ぶ

今年、NFLの殿堂入りを果たした元DEジェイソン・テイラーが、8月5日にオハイオ州カントンで行われる殿堂入りのセレモニーで、元HCのジミー・ジョンソンをプレゼンターに指名した模様です。

テイラーは1997年に当時ヘッドコーチだったジョンソンにドラフト指名されてドルフィンズ入りしましたが、今度はテイラーがジョンソンを選んで檜舞台の大役に指名しました。

テイラーは1997年ドラフト3巡目(全体73番目)指名でドルフィンズに入団しましたが、その年のドラフトでは計14人の選手を指名しており、主なところは次のようになっています。

1巡目:WRイェイティル・グリーン
2巡目:CBサム・マディソン
3巡目:DEジェイソン・テイラー
3巡目:LBデリック・ロジャース
3巡目:OTブレント・スミス
6巡目:TEエド・ペリー

テイラーはドラフトされた当時は、線が細くてNFLでは大成できないだろう、という酷評をされていた記憶があります。大きく注目されていたのは1巡目指名のグリーンだったんですが、グリーンがその後どうなったのかについては、このブログでも再三触れてきましたので省略します。

つまりテイラーはほとんど注目されていなかったと言ってもいいんですが、新人の年から先発DEに定着してその年5.0QBサックを記録、翌年には9.0QBサックを記録して大きく注目されるようになりました。

そしてNFL15年のキャリアで通算QBサック数は歴代6位の139.5、さらに4度のオールプロ、6度のプロボウルに選出され、2006年にはNFLの最優秀守備選手に選ばれるなどチーム史上最高のDEとなりました。

テイラーはジョンソンに指名されたことに感謝しており、今回のプレゼンターへの指名もジョンソンへの恩返し的な意味合いもあるんでしょうね。それにしても、ドラフト3巡目でテイラーを指名したジョンソンの眼力もさすがだったと言えるでしょう。

テイラーのジャージNo.99はテイラーの引退後誰も着用していません。今年の殿堂入りを契機に永久欠番となる日も近いのではないでしょうか。



Dolphins Daily News 4.24

ESPNのウェブサイトで、ドルフィンズの各ポジションごとのベストドラフト指名が紹介されていました。それによると次のようになっています。

【オフェンス】
クォーターバック:ダン・マリーノ 1983年1巡目
ランニングバック:ラリー・ゾンカ 1968年1巡目 
ワイドレシーバー:マーク・クレイトン 1983年8巡目
タイトエンド:ランディ・マクマイケル 2002年4巡目
オフェンシブタックル:リッチモンド・ウェブ 1990年1巡目
オフェンシブガード:キース・シムズ 1990年2巡目
センター:ドワイト・スティーブンソン 1980年2巡目
 
【ディフェンス】
ディフェンシブエンド:ジェイソン・テイラー 1997年3巡目
ディフェンシブタックル:ティム・ボウエンス 1994年1巡目
ラインバッカー:ザック・トーマス 1996年5巡目
コーナーバック:サム・マディソン 1998年2巡目
セーフティ:ジェイク・スコット 1970年7巡目 

【スペシャルチーム】
キッカー:ユー・ボンシャーマン 1979年7巡目
パンター:レジー・ロビー 1983年6巡目

これを見ると、いずれもなるほどと思わせる名前ばかりなんですが、特に1983年はマリーノの他にクレイトンとロビーも指名しているんですね。

それと1990年はウェブとシムズが1巡目と2巡目で指名されていて、この2人は以後1997年までコンビを組んでマリーノのブラインドサイドを守るオフェンシブラインマンとして活躍しました。

あとこの中で唯一見劣りすると言ってもいいのがマクマイケルです。タイトエンドのポジションではこれまであんまりドラフトではいい選手を指名していないんですね。もっともドラフトで指名すること自体が少なかったのかもしれませんが。 



 
livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ