Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

サム・ヤング

Dolphins Daily News 11.8―Sマクドナルドが復帰

シーズン前半の8試合が終了しました。マイアミドルフィンズは4勝4敗で折り返すわけですが、この成績をどう見るかはいろいろと評価が分かれるかもしれません。

QBライアン・タネヒルの負傷、オフェンスの歴史的な大不振、アシスタントコーチの不祥事、そしてプロボウルRBジェイ・アジャイの放出とネガティブな話題が多かったシーズン前半なんですが、それでも勝率5割を保ってプレーオフ進出の可能性を残しているというのは、ある意味では不思議な状況なのかもしれません。

さて、8試合を消化したということで、出場停止処分を受けていたS T.J.マクドナルドがいよいよ復帰してきます。チームにとっては先発Sを務めていたネイト・アレンがシーズンアウトになったのですが、マクドナルドがその代わりを務めるということで戦力ダウンにならない、というよりも逆に戦力アップとなる可能性があります。

ディフェンスバック陣のパスディフェンスが不調なドルフィンズにあって、このマクドナルドの復帰がディフェンス向上のきっかけとなってくれればと願っています。


ドルフィンズはクリーブランドブラウンズの練習生だったOTザック・ステラップという選手と契約しました。このステラップは昨年ドラフト外でカンサスシティチーフスに入団しましたが、その後ニューヨークジェッツ、ブラウンズと所属を変わっています。いずれもNFLでのプレー経験はなく、練習生として過ごしていたようです。

ステラップと契約した背景にはRTジャワン・ジェームスの怪我の影響があります。ジェームスは先日行われた対オークランドレイダース戦でハムストリングを痛めて途中退場しています。現在の怪我の状況がわかりませんが、次の対カロライナパンサーズ戦への出場は無理なのではないかと思います。

ジェームスがプレーできないとなると、その代わりを務めるのはサム・ヤングかジェシー・デービスと考えられています。デービスはレイダース戦では先発LGだったんですが、LGには怪我から復帰したテッド・ラーセンが入ると思われますので、デービスはRTとしてプレーすることも可能です。ただ、ヤングとデービスのどちらを起用するのかはわかりません。

今回契約したステラップは身長203cm、体重143kgと非常に恵まれた体格を持っています。ドラフト外入団選手ですから多くは期待できないかもしれませんが、ドルフィンズで花開いてくれればいいのですが。大きなラインマンは相手ディフェンスにとってもやりにくいでしょうから。

ちなみにNFLのルールによると、他チームの練習生と契約したら、その選手は必ず53人ロースターの中に登録しなければいけないことになっています。


Dolphins Daily News 9.5―開幕戦変更の可能性?

ドルフィンズのシーズン開幕戦が変更となる可能性が出てきています。ハリケーン・イルマが南フロリダを直撃する可能性があり、土曜日から日曜日にかけて試合が行われるマイアミに最接近する予報となっています。

現在NFLはその動向に注目しているようですが、場合によっては木曜日か金曜日に前倒しで行われるか、あるいは偶然にもドルフィンズとタンパベイバッカニアーズがいずれもバイウイークとなっていることから、その週に変更となる可能性もあります。しかし、バイウイークをなくして16週連続で試合を行うというのは選手にとっては不評のようです。

いずれにしても、現在の予想進路を見るとハリケーンは完全にマイアミを直撃するコースとなっており、一両日中の決断が求められる状況と言えます。ひょっとしたら明日にでも試合日程変更のアナウンスが行われるかもしれません。


この日もまたロースターの変更がありました。OGテッド・ラーセンが故障者リストに登録され、その代わりに先日解雇されたOTサム・ヤングと契約しています。ミネソタバイキングスを解雇されたOGアレックス・ブーンがドルフィンズ入りを望んでいるというニュースがあったので、ひょっとしてブーンが来るかと思ったんですが…

ただ、ブーン獲得の可能性が全くなくなったわけではなく、開幕戦終了後に契約するという可能性も残されています。詳しくはわかりませんが、そうするとサラリーの関係でチームにとっては都合がいいようです。


HCアダム・ゲイスが開幕戦のオフェンシブラインのメンバーを発表しています。それによると、LTラレミー・タンシル、LGアンソニー・スティーン、Cマイク・パウンシー、RGジャーモン・ブッシュロッド、RTジャワン・ジェームスということです。

注目されたLGのポジションはジェシー・デービスではなくてスティーンでした。やはり開幕戦ということで経験のあるスティーンを起用することになったようです。スティーンは昨シーズン、7試合の先発を含む15試合に出場しています。


その他のポジションでは、CBがバイロン・マックスウェルとアルテラウン・バーナー、そしてDTがダボン・ゴッドチョーとジョーダン・フィリップスの先発争いが続いています。開幕戦で先発するのはそれぞれのポジションでどちらになるのか注目されます。


ドルフィンズと契約してからずっとジャージNo.が決まらなかったLBレイ・マウアルーガですが、この日ようやく古巣シンシナティベンガルズ時代と同じ58番に決定しました。そのマウアルーガは体重オーバーで調整中でしたが、やっと減量できて開幕の準備が整ったようです。ただし、プレシーズンゲームに全く出場していないので、試合でしっかり動けるかどうかが問題です。


Preseason Game 対レイブンズ戦

プレシーズンゲームの対ボルチモアレイブンズ戦、注目のQBジェイ・カトラーのデビュー戦でした。カトラーは2回のオフェンスシリーズでプレーしましたが、成績はパス6回投中3回成功で24ヤード獲得という結果でした。

結果の数字自体は特に問題ではないんですが、プレー内容を見る限り予想以上の仕上がり具合だったように思います。特にノーハドルオフェンスでプレーしていましたが、動きはとてもよかったと思います。数字には表れていませんが、反則で取り消されたWRデバンテ・パーカーへの31ヤードというロングパスも通しています。来週のプレシーズンゲームはもっと多くのプレー時間が与えられるでしょうから、また注目していきたいと思います。

さて、肝心の試合ですが、全体を通してみると、後半はまったくいいところがありませんでした。オフェンスもディフェンスもよくなかったですね。2ndチーム、3rdチームの選手ばかりだったんですが、特に印象に残る選手もありませんでした。

しかし試合前半、特に1stチームが出場した第1Qはいろいろと見どころがあったと思います。カトラー以外ではパーカーが好調でブレークを予感させる動きでした。また、脳震とうから復帰したばかりでこの試合の出場が懸念されたRBジェイ・アジャイがプレーしました。内容はともかく出場できたことが大きかったのではないかと思います。

ディフェンスでは2つのインターセプトを記録していますが、最初のCBザビアン・ハワードのインターセプトは見事でした。このハワードも今シーズンは大きな飛躍を期待したい選手なんですが、怪我を抱えていた昨シーズンと比べて動きはずっといいようです。

それと新人DTダボン・ゴッドチョーはジョーダン・フィリップスを追い越して完全に先発の座を獲得したようです。この試合でもプレー内容はよかったと思います。逆にフィリップスの方が心配で、前半終了時には何をやったのかわかりませんが、アンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られていました。

試合全体を通してですが、オフェンシブラインはよくなかったです。先発メンバーを見るとCマイク・パウンシーやRTジャワン・ジェームスが出場していないので仕方がないところはありますが、レイブンズとの差は歴然で、あれではオフェンスも進まないでしょう。特に3番目のOTサム・ヤングは連続して反則を犯すなど内容は酷かったです。

あとこの試合ではスペシャルチームの内容が最悪でした。前半の13失点のうち10点はスペシャルチームのミスで、敗戦の大きな要因ともなっています。まあ、プレシーズンゲームですから今後修正していかなければいけないでしょう。

若い選手で目についたのがまずRBセノリス・ペリーです。この試合で11ヤードのTDランを含めて6回のキャリーで25ヤードを獲得しています。アジャイに似たような走り方をするのでタイプ的に同じような選手なのでしょうか、今後注目したいです。

それとCBコードレイ・タンカーズレイです。この試合でインターセプトを記録しており、動きも悪くはなかったので今後楽しみな選手だと思います。

試合には敗れたんですが、プレシーズンゲームですしこんなものかと思います。今日はカトラーの動きがよかったのでそれだけでも収穫でした。あと先週の対アトランタファルコンズ戦で活躍した新人選手はこの試合ではまったく目立ちませんでしたが、プレシーズンゲームもあと2試合となっていますから、少しでも多くの若手選手の活躍に期待したいですね。



Dolphins Daily News 3.23

LBコア・ミーシーが契約の見直しを行いました。この見直しにより、今シーズン480万ドルだったミーシーのサラリーは280万ドルに下がる見込みだということです。

ミーシーは首を痛めて一時は選手生命も危ぶまれるほどだと言われていましたが、回復が見込めるということで、今年5月には復帰できる可能性もあるとのことです。ただし、ミーシーもすでに30歳となり、仮に怪我が完治したとしても先発LBとしてはやや厳しいかと思われます。

しかし、ミーシーが契約の見直しを行ってサラリーキャップの空きを増やしたということは、もしかしたら先日面談したLBザック・ブラウンと契約するのでしょうか。そのブラウンに対してドルフィンズはLBローレンス・ティモンズと締結した2年間総額1200万ドル相当の契約を提示しているようです。 

ただ、ティモンズとブラウンが同じFA選手で同額の契約というのはちょっと釣り合いが取れないとMiami Heraldのウェブサイトでは報じられています。その理由として次の3点があげられています。

1 昨シーズン、ブラウンはプロボウラーに選出されたがティモンズはされなかった
2 Pro Football Focusの評価ではブラウンが17位でティモンズが70位
3 ブラウンは27歳でティモンズより3歳若い

これで同じ契約内容というのはブラウンにとっては当然納得がいかないでしょう。ブラウンは古巣のバッファロービルズと面談したようですが、契約を締結したというニュースはありません。ドルフィンズが譲歩すればブラウン獲得の可能性はありますが、さてどうなるでしょうか。


OTエイブリー・ヤングとの契約が正式に発表されました。ヤングは昨年ドラフト外でニューオーリンズセインツに入団しましたが、リザーブリストに登録されていましたのでNFLでのプレー経験はありませんでした。ちなみにオーバーン大学時代には37試合中36試合に先発出場して両サイドのOGとRTとしてプレーしていました。

ところで、ドルフィンズのオフェンシブラインにはOTサム・ヤングもいますので、2人ともロースターに残ったら同じヤングでややこしくなりそうですね。



 

TEグレイも契約延長 ほか最新情報

昨日、OTサム・ヤングの契約延長の話題をお伝えしましたが、今日はTEマーキス・グレイの契約延長が報じられました。契約期間は2年間だということです。

今シーズンのグレイは7試合の先発を含む15試合に出場して、14回のパスレシーブで174ヤードを獲得しています。数字的にはそれほどでもないんですが、先発TEジョーダン・キャメロンと第2TEディオン・シムズが共に欠場した試合では、もうひとりの控えTEドミニク・ジョーンズと共に、パスレシーブだけでなくランブロックでもチームに貢献しています。

27歳のグレイは2013年にドラフト外でサンフランシスコ49ersに入団してNFLでのキャリアをスタートさせました。その後クリーブランドブラウンズ、ミネソタバイキングス、バッファロービルズと渡り歩いて、今年からドルフィンズに加わっています。

NFLではほとんどTEとしてプレーしてきましたが、ミネソタ大学時代にはQB、RB、WRなどのポジションをこなしていた器用な選手だったようです。QBライアン・タネヒルが負傷したときにも、QBとしてのプレー経験があることが紹介されていました。

今シーズンのドルフィンズの快進撃の陰では、このグレイの活躍も目立たないんですが、決して見逃すことはできません。ヤングについてもそうですが、グレイのような苦労人が活躍して評価されることはチームにとってもいい影響を及ぼすと思います。今後も、そして来シーズン以降も地味なところでの貴重な活躍を期待したいと思います。意外にドルフィンズの秘密兵器になるかもしれませんね。


Sマイケル・トーマスが2016年の “Good Guy Award"に選出されたことが公式に発表されました。この賞はプロフェッショナリズムとメディアに対する支援における礼儀正しさが評価されて与えられるものだということです。

トーマスはドルフィンズでは控えのSですが、昨日先発Sイサ・アブドル-クドゥスが故障者リスト入りしたことにより、今後は先発Sとしてプレーすることが期待されます。

トーマスといえば、今から3年前の2013年12月15日の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズと契約したばかりで試合出場し、試合終了間際にQBトム・ブレイディのパスをエンドゾーン内でインターセプトしてチームに勝利をもたらした選手です。あの時のプレーの再現を次のペイトリオッツ戦、そしてプレーオフで見せてくれることを期待しています。




 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ