Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

ザック・トーマス

Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



Dolphins Daily News 4.24

ESPNのウェブサイトで、ドルフィンズの各ポジションごとのベストドラフト指名が紹介されていました。それによると次のようになっています。

【オフェンス】
クォーターバック:ダン・マリーノ 1983年1巡目
ランニングバック:ラリー・ゾンカ 1968年1巡目 
ワイドレシーバー:マーク・クレイトン 1983年8巡目
タイトエンド:ランディ・マクマイケル 2002年4巡目
オフェンシブタックル:リッチモンド・ウェブ 1990年1巡目
オフェンシブガード:キース・シムズ 1990年2巡目
センター:ドワイト・スティーブンソン 1980年2巡目
 
【ディフェンス】
ディフェンシブエンド:ジェイソン・テイラー 1997年3巡目
ディフェンシブタックル:ティム・ボウエンス 1994年1巡目
ラインバッカー:ザック・トーマス 1996年5巡目
コーナーバック:サム・マディソン 1998年2巡目
セーフティ:ジェイク・スコット 1970年7巡目 

【スペシャルチーム】
キッカー:ユー・ボンシャーマン 1979年7巡目
パンター:レジー・ロビー 1983年6巡目

これを見ると、いずれもなるほどと思わせる名前ばかりなんですが、特に1983年はマリーノの他にクレイトンとロビーも指名しているんですね。

それと1990年はウェブとシムズが1巡目と2巡目で指名されていて、この2人は以後1997年までコンビを組んでマリーノのブラインドサイドを守るオフェンシブラインマンとして活躍しました。

あとこの中で唯一見劣りすると言ってもいいのがマクマイケルです。タイトエンドのポジションではこれまであんまりドラフトではいい選手を指名していないんですね。もっともドラフトで指名すること自体が少なかったのかもしれませんが。 



 

今週のドルフィンズ 1.25ー1.30

ドルフィンズとは関係がないんですが、今週1週間は寒波の影響で我が家も断水しとても不便な思いをしました。おかげさまで水道も元通りに出るようになり安堵しているところですが、いまだに断水で悩まされている方々にはお見舞いを申し上げます。

というわけで、この1週間はウェブサイトやブログの更新も滞っていたんですが、ようやくこちらも復旧しそうです。ドルフィンズの今週を振り返ってみたいと思います。

まず新たに2人の選手がプロボウルに加わりました。Sレシャッド・ジョーンズとCBブレント・グライムスです。ジョーンズはレジー・ネルソンの、そしてグライムスはアキブ・タリブの代替ということですが、特にジョーンズに関しては正規に選出されてもおかしくなかったですね。

これでドルフィンズからは5人の選手がプロボウルに選出されました。ジョーンズとグライムスの他にCマイク・パウンシー、LTブランデン・アルバート、そしてWRジャービス・ランドリーですが、パウンシー以外は代替選出です。

ちなみに5人が選出されたというのは、2002年シーズンに7人が選出されて以来の多数選出です。プロボウルの選出方法や価値も変わってきていて単純には比較できないかもしれませんが、それにしても今シーズンのドルフィンズはそれだけタレントが揃っていたということでしょう。

参考までに2002年シーズンの選出メンバーは、CBパトリック・サーティン、DEジェイソン・テイラー、LBザック・トーマス、RBリッキー・ウイリアムス、DTティム・ボウエンス、CBサム・マディソン、そしてSブロック・マリオンでした。そうそうたるメンバーなんですが、代替選手はウイリアムスとマディソンで、特にウイリアムスはプロボウルMVPに選出されています。


そして今週は新しいコーチングスタッフのメンバーがすべて決まっています。結局前政権のコーチ9人がチームに残留しています。そのうちレシーバーコーチだったケン・オキーフィとアシスタントディフェンシブバックコーチだったブルー・アダムスはリサーチアナリストということで現場からは離れることになります。

懸案だったディフェンシブラインコーチは、適任者が見つからなかったんでしょうか、結局テレル・ウイリアムスが留任ということになりました。また暫定ディフェンシブコーディネーターを務めていたルー・アナルモがディフェンシブバックコーチに戻っています。

アナルモに関しては一時ジャクソンビルジャガーズのディフェンシブコーディネーター候補となり、面談もしたようですが、結局ジャガーズ入りはならずドルフィンズに残留となりました。アナルモは地味ながら堅実なコーチだったので残ってくれたことは新政権にとってもプラスになると思っています。

一時はスペシャルチームコーディネーターのダレン・リジー以外は全員いなくなるのではという報道もされていましたが、やはり20人以上のコーチを新たに集めるのは難しいんでしょうね。



 

シーズン前半終了…そして後半戦へ

2015年シーズンも前半が終了しドルフィンズは半分の8試合を消化しましたが、結果は3勝5敗と2つ負け越しでAFC東地区の最下位に低迷しています。HCジョー・フィルビンが解任されて、TEコーチだったダン・キャンベルが暫定HCを務めている現状からは、後半の8試合も厳しい結果が予想されます。

ちなみに1シーズンが16試合制となってからのドルフィンズは前半を3勝5敗で終了したことは過去に4回あるようです。2009年、2005年、1991年、1986年の4シーズンですが、それぞれの最終成績を見てみると、9勝7敗で勝ち越したのが2005年で、1991年と1986年はいずれも8勝8敗です。そして2009年は7勝9敗の負け越しで終わっています。

結果的に大きく負け越したシーズンはなく、大体勝率5割前後でシーズンを終えています。3勝5敗といえば勝ったり負けたりという感じですから、今後もそういう結果で進んでいくんでしょうか。ただ、現在のチーム状態を考えると、大きく負け越すことはあっても勝ち越す可能性はほとんどないでしょうね。

ファンの期待を裏切りつつある今シーズンですが、そんな中でも優れた記録もいくつか残しています。まずキャンベルの采配による最初の2試合で計82得点していますが、これはチーム史上最多で、これまでは1996年にジミー・ジョンソンが就任した時に記録した計62得点をはるかに上回っています。

また対ヒューストンテキサンズ戦では試合前半に41得点のチーム新記録、そして試合前半に50ヤード以上のTDプレーを4回記録したNFL史上最初のチームとなっています。

NFLでトップ10にランキングされているチームカテゴリーをみると、平均攻撃獲得ヤード数で8位、平均ラン獲得ヤード数で2位、平均パントリターンヤード数で8位、そして4thダウンディフェンスで10位となっています。

また個々の選手についてみると、RBラマー・ミラーが平均ラン獲得ヤード数で5.25ヤードを記録しており、これは2009年にRBリッキー・ウイリアムスが記録した5.36ヤードに次ぐものです。ちなみにミラーの5.25ヤードはNFLでは7位にランクされています。

さらにミラーはラン・アフター・キャッチでも平均11.59ヤードを記録しており、これはサンディエゴチャージャースのRBダニー・ウッドヘッドの11.87ヤードに次ぐNFL2位の記録です。

そしてWRジャービス・ランドリーはこれまで53回のパスレシーブを記録していますが、このままのペースを持続すればWR О.J.マクダフィーのチーム記録の90回を更新する可能性が大です。

また新人Pマット・ダーはNFL2位の平均49.1ヤードのパントを記録しています。ちなみに1位はボルチモアレイブンズのPサム・コッチで49.4ヤードです。

QBライアン・タネヒルはこれまで3試合でQBレイティング100以上を記録しており、昨年記録した6試合を更新するかもしれません。またショートパスの成功率は73.45%と高く、これはNFL3位の成績です。

期待外れかと言われているDTダムコン・スーですが、これまで7つのロスタックルを記録しており、これはNFLのDTの選手としては3位タイの成績です。

さらにディフェンスの選手ではSレシャッド・ジョーンズがNFLのディフェンシブバックの選手では最多の74タックルを記録しています。シーズン前半での数字としてはドルフィンズのディフェンスの選手で最高の成績で、あのLBザック・トーマスよりも多い数字だということです。

これ以外にも他チームよりも優れた数字を記録しているものはありますが、チーム状態がよくない中でもこのような記録が残せるのですから、本当にチームを上手くマネージメントすればもっと勝率もよくて順位も上にランクされているはずです。

そう考えると現在のドルフィンズの低迷ぶりは非常に残念なのですが、本当に何かのきっかけでガラッと変わってくれることを期待したいのがファンの心理だと思います。この先どんな結果が待っているのかはわかりませんが、最後まで諦めずに応援していきたいと思います。




ドラフト2日目

NFLドラフトの2日目、この日は各チームが2巡目と3巡目の指名を行いましたが、ドルフィンズはWRケニー・スティルスのトレードで3巡目指名権を失っており、2巡目だけの指名になりました。

その2巡目ですが、当初は15番目の指名順だったんですが、予定していた意中の選手が次々と他チームに指名されてしまったからでしょうか、結局フィラデルフィアイーグルスとのトレードで20番目まで指名順がダウンしました。

その結果、これも意外な指名だったんですが、オクラホマ大学のDTジョーダン・フィリップスを指名しました。LBやCBの選手が必要であったと思うのですが、その時点ではそれよりもフィリップスがいいという判断だったんでしょうか。ドルフィンズのDTはジャレッド・オドリックとランディ・スタークスが抜けて、その代わりに獲得したのがダムコン・スーだけなので1人足りないといえばそうなんですが。

オクラホマ大学は3-4のディフェンスシステムを採用しており、フィリップスはそのディフェンスでNTのポジションでプレーしていました。ドルフィンズは4-3のディフェンスシステムなのでそのあたりが違うのですが、システムが違っても適応できるということでしょう。

昨年は13試合すべてに先発出場して7つのロスタックルと2つのQBサックを記録しています。専門家の中では1巡目指名されてもおかしくないという評価もされており、196cm、149kgという体格で能力的には優れた選手であるようです。

イーグルスとのトレードの結果、ドルフィンズは明日の3日目は4巡目が1つ、5巡目が4つという計5つの指名権を持つことになっています。明日も指名権の交換があるかもしれませんが、その5つを使ってLB、DB、RBの選手を指名してくるものと思われます。特にLBは数が足りないだけに、かつてのザック・トーマスのような掘り出し物に期待したいですね。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ