Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ザック・トーマス

Dolphins Daily News 11.9―DTスーがオールプロに選出

DTダムコン・スーがPro Football Focusが選ぶミッドシーズンオールプロチームに選出されています。

スーはこれまで24タックル、3.5QBサック、2ファンブルフォースを記録しています。24タックルはドルフィンズのディフェンシブラインマンの中では最多、また3.5QBサックはDEキャメロン・ウェイクに次いで2番目の成績です。


OTザック・ステラップとの契約が正式に発表されました。そのステラップのフルネームがザック・トーマス・ステラップというそうで、ドルフィンズファンにとっては非常に興味深い名前です。

ザック・トーマスといえば、古くからのドルフィンズファンの方ならよくご存知で、1990年代後半から2000年代前半にかけてドルフィンズのハート&ソウル、ディフェンスの要として活躍した選手です。

ポジションは違いますが、同じ名前を持っているステラップにはドルフィンズの一員として活躍してもらいたいですね。


Dolphins Daily News 8.9―カトラー、チームに合流

昨日入団発表をしたQBジェイ・カトラーがチームに合流し、初めて練習を行いました。ちなみにカトラーのジャージNo.はシカゴベアーズ時代と同じく6番になり、6番を着けていたQBブランドン・ドーティは7番に変更になり、7番を着けていたWRジョーダン・ウェスターカンプが1番に変わっています。

そのカトラーですが、肩の調子はいいようで最初のパスはWRデバンテ・パーカーへのスラントパスでした。また長いパスも投げていたようで、WRジャキーム・グラントに40ヤードのTDパスをヒットさせた場面もあったようです。

HCアダム・ゲイスによると、カトラーは最後にゲイスがフィールド上で見た時と変わらないような状態だったようです。またゲイスはカトラーがオフェンスに関することはすべて覚えていたと言っています。

カトラーはこの日の練習でQBマット・ムーアと1stチームのオフェンスを分け合って練習していたということですが、2日後に迫ったプレシーズンゲームの初戦には出場しないでしょうが、もしかしたら2戦目にはプレーできるかもしれませんね。

その他、この日の練習では脳震とうのため欠場していたRBジェイ・アジャイが復帰しています。ただし、まだ脳震とうのプロトコル中でした。

カトラーにジャージNo.を譲ったドーティですが、グラントにロングTDパスを決めたほか、WRドリュー・モーガンにもいいパスを通していました。ジャージNo.を変えた効果があったんでしょうか。

またグラントですがこの日は2つのロングTDパスレシーブを決めています。グラントの課題はボールの扱いで、ファンブルせずにしっかり捕球できればプレー内容も向上します。現在同期のWRレオンテ・カルーと第4WRの座を争っています。

あとかつてのドルフィンズのハート&ソウル、ザック・トーマスがキャンプに訪れました。1990年代後半から2000年代にかけてドルフィンズのディフェンスを支えたトーマスですが、共にプレーした義兄弟のジェイソン・テイラーは先日殿堂入りを果たしています。ドルフィンズ在籍時、12シーズン中10シーズンでチーム最多タックルを記録したトーマスもいずれは殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 7.14―Top 10 MLBs

Sun Sentinelのウェブサイトで、ドルフィンズのミドルLBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-ilbs-pg-20120710-photogallery.html

1位はニック・ボニコンティ、2位はザック・トーマス、ジョン・オファドール、A.J.デュー、5位はブライアン・コックスといった面々で、順当なところでしょう。

個人的にはトーマス、オファドール、コックスですね。ボニコンティは殿堂入りしている選手ですから1位は当然ですが、実際にプレーを見たことがないのでよくわかりません。

ボニコンティは1962年にドラフト13巡目指名でボストンペイトリオッツ(現在のニューイングランドペイトリオッツ)に入団しています。そして1969年にトレードでドルフィンズに移籍し、1972年のパーフェクトシーズンを支えた選手です。

公式な記録が残されていないのでどれぐらいのタックルを記録したのかわかりませんが、インターセプトだけは通算で32個という記録が残っています。

身長180cmという小柄な体格だったのですが、トーマスと同じ身長です。ということはトーマスのようなガッツあふれるプレーが身上だったのでしょうか、ふたりともドルフィンズのハート&ソウルですね。

トーマスは1996年ドラフト5巡目指名でドルフィンズに入団し、2007年まで在籍しました。その後ダラスカウボーイズ、カンサスシティチーフスを経て、最後は2010年5月18日に1日だけドルフィンズと契約して、ドルフィンズの選手として引退しています。

同世代に活躍した義兄弟であるジェイソン・テイラーが今年殿堂入りしましたが、ザック・トーマスもいつか殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 7.10―Top 10 DTs

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズの歴代DTのトップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-tackles-of-all-time-20170708-photogallery.html

チャック・クリングベイル、ティム・ボウエンス、ポール・ソリアイ、ダリル・ガードナー、マニー・フェルナンデス、ボニー・ホリデーなど懐かしい名前が上がっていました。現役ではダムコン・スーが4位にランクされており、1位はボブ・バウムハワーという1977〜86年まで在籍した選手となっています。

その中でボウエンスとともに印象に残っているのがガードナーです。ガードナーは1996年ドラフト1巡目(全体20番目)でドルフィンズに入団しました。

1996年といえばジミー・ジョンソンがヘッドコーチに就任して最初のドラフトでした。その年のドラフトでは3巡目でRBカリム・アブドル-ジャバー、4巡目でFBスタンリー・プリチェット、5巡目でLBザック・トーマス、6巡目でSショーン・ウッデンなど新人の年から先発として起用された選手が数多くいて、ガードナーもそのうちのひとりでした。

1年目の途中から先発DTとなったガードナーは16試合すべてに出場しています。それから1999年まで全試合に出場しているんですが、最初の3年間では計3.5QBサックしか記録することができませんでした。しかし1999〜2001年までの3年間では34試合で計11.5QBサックを記録しています。

しかし2001年には背中の怪我のために半分の8試合にしか出場できず、そのためにシーズンオフにはドルフィンズを追われ、2002年にはワシントンレッドスキンズに移籍しています。レッドスキンズでは15試合に先発出場して4.0QBサックを記録したんですが、翌年デンバーブロンコスに移籍したものの、わずか5試合にしか出場できずその年を最後にNFLから引退しています。

198cmという大型DTで威圧感は十分だったんですが、プロボウルレベルではありませんでした。しかし背中の怪我がなければもう少しドルフィンズで活躍してくれていたと思います。あのジョンソンが1巡目に指名したほどの選手ですから、素質は十分にあったんでしょう。

いつだったかよく覚えていませんが、ボディビルのコンテストに出場していた時の写真がウェブで公開されており、懐かしく見た記憶があります。

現在はどうしているのかわかりませんが、ウィキペディアを見ると2011年にガールフレンドへのドメスティック・バイオレンスで逮捕されたという残念なニュースも掲載されていました。



Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ