Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ザビアン・ハワード

Preseason Game 対レイブンズ戦

プレシーズンゲームの対ボルチモアレイブンズ戦、注目のQBジェイ・カトラーのデビュー戦でした。カトラーは2回のオフェンスシリーズでプレーしましたが、成績はパス6回投中3回成功で24ヤード獲得という結果でした。

結果の数字自体は特に問題ではないんですが、プレー内容を見る限り予想以上の仕上がり具合だったように思います。特にノーハドルオフェンスでプレーしていましたが、動きはとてもよかったと思います。数字には表れていませんが、反則で取り消されたWRデバンテ・パーカーへの31ヤードというロングパスも通しています。来週のプレシーズンゲームはもっと多くのプレー時間が与えられるでしょうから、また注目していきたいと思います。

さて、肝心の試合ですが、全体を通してみると、後半はまったくいいところがありませんでした。オフェンスもディフェンスもよくなかったですね。2ndチーム、3rdチームの選手ばかりだったんですが、特に印象に残る選手もありませんでした。

しかし試合前半、特に1stチームが出場した第1Qはいろいろと見どころがあったと思います。カトラー以外ではパーカーが好調でブレークを予感させる動きでした。また、脳震とうから復帰したばかりでこの試合の出場が懸念されたRBジェイ・アジャイがプレーしました。内容はともかく出場できたことが大きかったのではないかと思います。

ディフェンスでは2つのインターセプトを記録していますが、最初のCBザビアン・ハワードのインターセプトは見事でした。このハワードも今シーズンは大きな飛躍を期待したい選手なんですが、怪我を抱えていた昨シーズンと比べて動きはずっといいようです。

それと新人DTダボン・ゴッドチョーはジョーダン・フィリップスを追い越して完全に先発の座を獲得したようです。この試合でもプレー内容はよかったと思います。逆にフィリップスの方が心配で、前半終了時には何をやったのかわかりませんが、アンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られていました。

試合全体を通してですが、オフェンシブラインはよくなかったです。先発メンバーを見るとCマイク・パウンシーやRTジャワン・ジェームスが出場していないので仕方がないところはありますが、レイブンズとの差は歴然で、あれではオフェンスも進まないでしょう。特に3番目のOTサム・ヤングは連続して反則を犯すなど内容は酷かったです。

あとこの試合ではスペシャルチームの内容が最悪でした。前半の13失点のうち10点はスペシャルチームのミスで、敗戦の大きな要因ともなっています。まあ、プレシーズンゲームですから今後修正していかなければいけないでしょう。

若い選手で目についたのがまずRBセノリス・ペリーです。この試合で11ヤードのTDランを含めて6回のキャリーで25ヤードを獲得しています。アジャイに似たような走り方をするのでタイプ的に同じような選手なのでしょうか、今後注目したいです。

それとCBコードレイ・タンカーズレイです。この試合でインターセプトを記録しており、動きも悪くはなかったので今後楽しみな選手だと思います。

試合には敗れたんですが、プレシーズンゲームですしこんなものかと思います。今日はカトラーの動きがよかったのでそれだけでも収穫でした。あと先週の対アトランタファルコンズ戦で活躍した新人選手はこの試合ではまったく目立ちませんでしたが、プレシーズンゲームもあと2試合となっていますから、少しでも多くの若手選手の活躍に期待したいですね。



Dolphins Daily News 8.6―キャンプ9日目、カトラー続報

トレーニングキャンプ9日目、この日もいろいろな情報が伝えられています。

まずこの日の練習の様子ですが、先発QBマット・ムーアは最初のパスでいきなりインターセプトされました。WRデバンテ・パーカーに投じたパスをCBザビアン・ハワードにインターセプトされ、そのままリターンTDとなっています。しかしその後は5回のパスをすべて成功させて66ヤードを獲得、WRジャービス・ランドリーへのTDパスも決めています。

またWRケニー・スティルスがハムストリングを痛めたようです。ハムストリングの怪我は長引きそうなので心配されますが、現時点では復帰などの詳細は不明です。ドルフィンズはWR陣は豊富なのでそんなに大きな痛手ではないと思いますが、怪我人も続いているので嫌なムードです。

それも含めてこの日の練習には多くのオフェンスの先発選手が欠場しています。スティルスの他にはQBライアン・タネヒル、RBジェイ・アジャイ、Cマイク・パウンシー、OGテッド・ラーセン、OTのジャワン・ジェームスとラレミー・タンシルといったところです。ジェームスについては原因不明、タンシルは個人的な理由で怪我ではないようです。

その他の話題としては、ドラフト5巡目指名のDTダボン・ゴッドチョーが1stチームで練習しています。ジョーダン・フィリップスを押しのけて先発となる可能性も匂わせているんですが、フィリップスもこれに奮起して、いい競争ができればいいと思います。


さて、この日もジェイ・カトラーの話題がいくつか報じられていました。まず昨日紹介した、カトラーとドルフィンズが契約合意したというニュースは誤報だったようで、ドルフィンズがカトラーに接触をとった事実はあるものの、その後は何も進展がないようです。HCアダム・ゲイスによると、カトラーはドルフィンズ入りに関心は持ったものの、突然のことなので具体的な話もできていないとのことです。

そして最新情報では、ESPNが報じていますが、現在のFOX Sportsの仕事を優先するとのことです。ただ、このニュースがどこまで信頼できるのかはわかりません。また、元NFLのWRであったマイケル・アービンは、カトラーがドルフィンズの第1の選択肢ならばそれは悪い選択だと言っているようです。

確かにカトラーはゲイスのオフェンスをよく理解しているので、特に控えQBとしては適任なのかもしれませんが、気になるところでは昨年右肩を怪我していてわずか5試合しか出場しておらず、手術もしています。年齢も34歳ですし肩の回復具合と合わせて不安は残ります。

今は先発QBがムーアであるという以外は何もわからない状態ですが、ベテランの控えQBを加入させることは必須です。誰が加わってくるのかわかりませんが、ちなみにランドリーはインタビューの中で、ムーアでもカトラーでも他の誰かでも、QBが誰でもドルフィンズは勝てると自信を持っています。



Dolphins Daily News 7.30―トレーニングキャンプ3日目

トレーニングキャンプ3日目、この日初めてショルダーパッドを着けての練習が行われました。また、Cマイク・パウンシーがトレーニングキャンプに初めて参加しました。

パウンシーは最初の2日間はリハビリのために制限されたメニューだったようですが、この日の練習により復帰に向けての第一歩を踏み出したと言ってもいいでしょう。

その他、3日目の練習での話題を拾ってみます。

・新人CBコードレイ・タンカーズレイが練習に復帰しました。怪我ではなくて脱水状態だったようで、熱中症のような症状だったのでしょうか。

・WRデバンテ・パーカーは相変わらず好調のようで、CBバイロン・マックスウェルと相対して素晴らしいパスレシーブを決めました。

・QBライアン・タネヒルのパスをCBザビアン・ハワードが弾いて、そのボールをLBローレンス・ティモンズがインターセプトしました。

・インターセプトはその他に2つあり、新加入のCBアルテラウン・バーナーがQBマット・ムーアのパスを、LBキコ・アロンソがタネヒルのパスをそれぞれインターセプトしています。

・ドラフト外入団の新人WRドリュー・モーガンがパントリターナーの練習をしました。パントリターナーはWRジャキーム・グラントが務める予定なのですが、グラントはボールの扱いに不安定感があり、モーガンの内容次第ではレギュラーが入れ替わるかもしれません。

・ドラフト7巡目指名のWRアイザイア・フォードがひざを痛めました。重症でないことを祈りたいのですが、詳細は不明です。



Dolphins Daily News 7.29―トレーニングキャンプ2日目

ドラフト2巡目指名のLBレークワン・マクミランが1stチームのミドルLBで練習を行いました。昨日の初日はマイク・ハルがミドルLBに入っていたんですが、今日はマクミランでした。

現在マクミランはキコ・アロンソ、ローレンス・ティモンズに次ぐ3番目のLBという立ち位置なんですが、ハルやネビル・ヒューイットと競争させているところです。5月、6月のチーム練習ではマクミランよりハルの方が優れているという報道もあったんですが、最終的にマクミランが先発LBとなるのか、今後注目されます。

その他、キャンプ2日目の話題を拾ってみると次のようなことがありました。

・RBケニアン・ドレイクが昨日に続いて素晴らしいパスレシーブを見せています。ドレイクも今シーズンはオフェンスでのプレー機会が増えそうなので期待したいです。

・昨日はWRデバンテ・パーカーを抑えられなかったCBザビアン・ハワードですが、今日はパーカーへのパスを見事に防ぎました。

・QBライアン・タネヒルからRBジェイ・アジャイへのパスをアロンソがインターセプトしました。

・WRケニー・スティルスがTDパスレシーブを記録しました。

・新人CBコードレイ・タンカーズレイが怪我をしたようですが、重症ではないようです。

・新加入のDEウイリアム・ヘイズがQBサックを決めました。その他、ディフェンシブラインの動きは概ねよかったようです。



Dolphins Daily News 7.18―Top 10 CBs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのCBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-cornerbacks-of-all-time-20170715-photogallery.html

1位がサム・マディソン、2位がパトリック・サーティン、3位がトロイ・ビンセント、そして4位にブレント・グライムスが入っています。

マディソンとサーティンはジミー・ジョンソンがドラフトした選手です。この2人がほぼ同時期にドルフィンズでプレーしていましたが、その時代を知っているだけに、最近のディフェンスバック陣は随分見劣りします。

マディソンは1997年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2005年まで在籍し、2006年にニューヨークジャイアンツに移籍しました。そして2008年を最後にNFLを引退しています。

ドルフィンズでの9シーズンで計31個のインターセプトを記録し、4度のプロボウルと4度のオールプロに選出されています。さらにジャイアンツ時代の2007年シーズンにはスーパーボウル制覇に貢献しています。

またサーティンは1998年のドラフト2巡目指名選手です。ドルフィンズには2004年まで在籍し、2005年にドラフト2巡目指名権との交換でカンサスシティチーフスに移籍しました。そして2008年シーズンまでチーフスでプレーした後、NFLを引退しています。

ドルフィンズでの7シーズンで計29個のインターセプトを記録し、3度のプロボウルと2度のオールプロに選出されています。

ちなみに、サーティンのトレードで獲得したドラフト2巡目指名権で、ドルフィンズが指名したのはDEマット・ロスでした。ロスはドルフィンズでは期待外れに終わった選手だったので、サーティンの代わりとしては大損だったんですが、サラリーの問題などもありトレードは仕方なかったんでしょうかね。

現在のザビアン・ハワードがマディソン、サーティンに匹敵する選手に成長してくれればいいんですが、2年目の今シーズンに期待したいと思います。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ