Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジェイソン・テイラー

Dolphins Daily News 12.8―Walter Payton NFL Man of the Year

ドルフィンズは Walter Payton NFL Man of the Year の候補者としてWRケニー・スティルスを選出しました。

この賞はフィールド上での活躍に加えて、フィールド外での地域活動への貢献が認められた選手に与えられるもので、各チームの候補者の中から3人が最終候補者として選ばれ、最終的にその中の1人がスーパーボウルの前夜に同賞を受賞することになります。

ドルフィンズでは過去に、Cドワイト・スティーブンソン、QBダン・マリーノ、そしてDEジェイソン・テイラーが受賞しており、同一のチームから3人以上選ばれたのはわずかに7チームしかなく、ドルフィンズはそのうちの1つです。


第14週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦の Injury Report が発表されています。

ドルフィンズでは7人の選手が練習を欠席しています。DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、QBマット・ムーア、DTダムコン・スー、CBコードレイ・タンカーズレイ、Sマイケル・トーマス、そしてRBダミアン・ウイリアムスですが、このうちウェイクは怪我をしてなくて休養日だということです。

また、先週の対デンバーブロンコス戦をひざの怪我のために欠場したDTダボン・ゴッドチョーは練習に復帰していますが、限定的なメニューだったようです。同じくブロンコス戦で臀部を痛めて途中退場したCマイク・パウンシーも練習を行っています。


Dolphins Daily News 12.3―ジェイソン・テイラー

明日の対デンバーブロンコス戦のハーフタイムにはジェイソン・テイラーが殿堂入りのリングを授与されるセレモニーがあるようです。

そのセレモニーに華を添える意味でも、ドルフィンズにとっては絶対に勝利したい試合です。

ドルフィンズとブロンコスは同じAFCのチームなんですが過去の対戦はあまり多くなく、プレーオフも含めて通算18試合で、ドルフィンズが11勝6敗1引分とリードしています。

直近の対戦は2014年シーズンで、この時はドルフィンズが36-39で敗れています。ドルフィンズはブロンコスの執拗なランプレーによりディフェンスが崩され、第4Qに22失点するなどで逆転負けを喫しています。ちなみにその時のブロンコスのオフェンシブコーディネーターは、現HCのアダム・ゲイスでした。


この日ロースターの変更がありました。Sモーリス・スミスをリザーブリストに登録して、その代わりにDEキャメロン・マルビューを練習生から昇格させてロースターに加えています。スミスはフットボールでの怪我ではなく、内臓疾患でプレーができないようです。

DEウイリアム・ヘイズが故障したため、マルビューはその補完の意味があると思いますが、いきなり試合に出場することはないでしょう。今後状況によってはまたロースターから外れる可能性もあります。


Dolphins Daily News 11.24―Thanksgiving Day

アメリカでは11月の第4木曜日がサンクスギビングデーということで感謝祭の祝日です。NFLではこの日に3試合が行われるんですが、ドルフィンズは過去にサンクスギビングデーにおいて7試合を行っています。

通算成績は5勝2敗で勝率.714ということで、これはサンクスギビングデーに5試合以上行ったチームの中で2位タイの成績だということです。ちなみに1位はフィラデルフィアイーグルスの勝率.857だそうです。

7試合の対戦相手はダラスカウボーイズが最も多くて5試合、その他はセントルイスカージナルスとデトロイトライオンズです。カージナルスとライオンズにはいずれも勝利しており、カウボーイズとは3勝2敗です。

その中で最も印象的なのは1993年のカウボーイズとの対戦で、この時は積雪のテキサススタジアムでの試合だったんですが、試合終了間際に逆転のFGをブロックされて失敗したドルフィンズだったんですが、転がったボールにカウボーイズDTレオン・レットが雪で滑って触れてしまい、そのボールをドルフィンズ側がカウボーイズ陣内1ヤード地点でリカバーし、再びFGを蹴ってこれを成功させて16-14で勝利しました。

この試合は今でも語り草となっており、サンクスギビングデーが訪れるたびにその映像がネット上に流されています。当時のドルフィンズのHCはドン・シューラ、一方カウボーイズのHCはジミー・ジョンソンでした。その時はまさかジョンソンがシューラの後を受けてドルフィンズのHCに就任するとは夢にも思わなかったことでしょう。

その他には2003年のカウボーイズとの対戦ではQBジェイ・フィードラーがWRクリス・チャンバースに3本のTDパスを決め、DEジェイソン・テイラーがファンブルリターンTDを決めるなどで40-21で圧勝した試合も印象に残っています。

Dolphins Daily News 8.9―カトラー、チームに合流

昨日入団発表をしたQBジェイ・カトラーがチームに合流し、初めて練習を行いました。ちなみにカトラーのジャージNo.はシカゴベアーズ時代と同じく6番になり、6番を着けていたQBブランドン・ドーティは7番に変更になり、7番を着けていたWRジョーダン・ウェスターカンプが1番に変わっています。

そのカトラーですが、肩の調子はいいようで最初のパスはWRデバンテ・パーカーへのスラントパスでした。また長いパスも投げていたようで、WRジャキーム・グラントに40ヤードのTDパスをヒットさせた場面もあったようです。

HCアダム・ゲイスによると、カトラーは最後にゲイスがフィールド上で見た時と変わらないような状態だったようです。またゲイスはカトラーがオフェンスに関することはすべて覚えていたと言っています。

カトラーはこの日の練習でQBマット・ムーアと1stチームのオフェンスを分け合って練習していたということですが、2日後に迫ったプレシーズンゲームの初戦には出場しないでしょうが、もしかしたら2戦目にはプレーできるかもしれませんね。

その他、この日の練習では脳震とうのため欠場していたRBジェイ・アジャイが復帰しています。ただし、まだ脳震とうのプロトコル中でした。

カトラーにジャージNo.を譲ったドーティですが、グラントにロングTDパスを決めたほか、WRドリュー・モーガンにもいいパスを通していました。ジャージNo.を変えた効果があったんでしょうか。

またグラントですがこの日は2つのロングTDパスレシーブを決めています。グラントの課題はボールの扱いで、ファンブルせずにしっかり捕球できればプレー内容も向上します。現在同期のWRレオンテ・カルーと第4WRの座を争っています。

あとかつてのドルフィンズのハート&ソウル、ザック・トーマスがキャンプに訪れました。1990年代後半から2000年代にかけてドルフィンズのディフェンスを支えたトーマスですが、共にプレーした義兄弟のジェイソン・テイラーは先日殿堂入りを果たしています。ドルフィンズ在籍時、12シーズン中10シーズンでチーム最多タックルを記録したトーマスもいずれは殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 7.14―Top 10 MLBs

Sun Sentinelのウェブサイトで、ドルフィンズのミドルLBの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-ilbs-pg-20120710-photogallery.html

1位はニック・ボニコンティ、2位はザック・トーマス、ジョン・オファドール、A.J.デュー、5位はブライアン・コックスといった面々で、順当なところでしょう。

個人的にはトーマス、オファドール、コックスですね。ボニコンティは殿堂入りしている選手ですから1位は当然ですが、実際にプレーを見たことがないのでよくわかりません。

ボニコンティは1962年にドラフト13巡目指名でボストンペイトリオッツ(現在のニューイングランドペイトリオッツ)に入団しています。そして1969年にトレードでドルフィンズに移籍し、1972年のパーフェクトシーズンを支えた選手です。

公式な記録が残されていないのでどれぐらいのタックルを記録したのかわかりませんが、インターセプトだけは通算で32個という記録が残っています。

身長180cmという小柄な体格だったのですが、トーマスと同じ身長です。ということはトーマスのようなガッツあふれるプレーが身上だったのでしょうか、ふたりともドルフィンズのハート&ソウルですね。

トーマスは1996年ドラフト5巡目指名でドルフィンズに入団し、2007年まで在籍しました。その後ダラスカウボーイズ、カンサスシティチーフスを経て、最後は2010年5月18日に1日だけドルフィンズと契約して、ドルフィンズの選手として引退しています。

同世代に活躍した義兄弟であるジェイソン・テイラーが今年殿堂入りしましたが、ザック・トーマスもいつか殿堂入りすることでしょう。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ