Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジミー・ジョンソン

Dolphins Daily News 6.20―テイラー、ジョンソンを選ぶ

今年、NFLの殿堂入りを果たした元DEジェイソン・テイラーが、8月5日にオハイオ州カントンで行われる殿堂入りのセレモニーで、元HCのジミー・ジョンソンをプレゼンターに指名した模様です。

テイラーは1997年に当時ヘッドコーチだったジョンソンにドラフト指名されてドルフィンズ入りしましたが、今度はテイラーがジョンソンを選んで檜舞台の大役に指名しました。

テイラーは1997年ドラフト3巡目(全体73番目)指名でドルフィンズに入団しましたが、その年のドラフトでは計14人の選手を指名しており、主なところは次のようになっています。

1巡目:WRイェイティル・グリーン
2巡目:CBサム・マディソン
3巡目:DEジェイソン・テイラー
3巡目:LBデリック・ロジャース
3巡目:OTブレント・スミス
6巡目:TEエド・ペリー

テイラーはドラフトされた当時は、線が細くてNFLでは大成できないだろう、という酷評をされていた記憶があります。大きく注目されていたのは1巡目指名のグリーンだったんですが、グリーンがその後どうなったのかについては、このブログでも再三触れてきましたので省略します。

つまりテイラーはほとんど注目されていなかったと言ってもいいんですが、新人の年から先発DEに定着してその年5.0QBサックを記録、翌年には9.0QBサックを記録して大きく注目されるようになりました。

そしてNFL15年のキャリアで通算QBサック数は歴代6位の139.5、さらに4度のオールプロ、6度のプロボウルに選出され、2006年にはNFLの最優秀守備選手に選ばれるなどチーム史上最高のDEとなりました。

テイラーはジョンソンに指名されたことに感謝しており、今回のプレゼンターへの指名もジョンソンへの恩返し的な意味合いもあるんでしょうね。それにしても、ドラフト3巡目でテイラーを指名したジョンソンの眼力もさすがだったと言えるでしょう。

テイラーのジャージNo.99はテイラーの引退後誰も着用していません。今年の殿堂入りを契機に永久欠番となる日も近いのではないでしょうか。



Dolphins Daily News 5.15

ドルフィンズの人事担当だったジョー・ショーンという人がバッファロービルズのアシスタントGMに就任することが報道されています。

ビルズは先日ブランドン・ビーンが新しいGMに就任したばかりですが、ショーンはビーンを補佐する立場になるんでしょうか。ビルズはドルフィンズにとって同地区のライバルで、ドルフィンズとしてはショーンのビルズ行きを阻止することもできたようですが、そうしなかったということです。

ところで、ビルズは2000年以降、NFLで唯一プレーオフに出場していないチームだそうです。32チームのNFLで他の31チームはすべて2000年以降プレーオフに進出していたというのは、正直言って意外でした。

ビルズはドルフィンズにとってニューヨークジェッツと並ぶライバルチームで、特に1990年台はドルフィンズにとっては目の上のたんこぶ、すなわちビルズがいたから地区優勝ができなかったというくらいの強豪チームでした。かつては4年連続スーパーボウル出場という、あのニューイングランドペイトリオッツも成し遂げていない記録も持っています。

ビルズと言えばQBジム・ケリーを擁したノーハドルオフェンスが思い出されます。ドルフィンズはそのビルズにいつも辛酸を嘗めさせられ、ファンとしては悔しい思いをさせられました。オフェンスのチームという印象がありましたが、ディフェンスも強かったです。

ビルズになかなか勝てなかった1990年台でしたが、1998年シーズンのプレーオフでビルズに勝利した試合は特に印象に残っています。ちなみにその時はジミー・ジョンソンがヘッドコーチで、ビルズのQBはケリーではなくてダグ・フルーティでした。



Dolphins Daily News 4.20

制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスですが、まだドルフィンズのオファーにサインしていないようです。ちなみにニューイングランドペイトリオッツと面談をしていましたが、そのペイトリオッツはバッファロービルズの制限付きFAのRBマイク・ギリスリーに2年間総額640万ドル(約6億9700万円)のオファーを提示しています。

ビルズが同等の条件を提示して引き留めない限り、ギリスリーはペイトリオッツに移籍してしまうことになります。そうなるとウイリアムスを獲得する必要はないわけですが、まあギリスリーにオファーを出した時点でウイリアムス獲得はなくなったということですね。

ウイリアムスが他チームからオファーを受けられるのは4月21日(日本時間22日)が期限となっていますので、このままドルフィンズに残りそうですね。


Palm Beach Postのウェブサイトで、今度は最高のドラフトをした年はいつかというのを投票で決める企画を始めています。候補となっているのが、1983年、1997年、1977年、1969年、1990年、1996年、1968年、2012年です。

この中で意外に思ったのが1997年で、この年のドラフト1巡目指名はWRイェイティル・グリーンでした。グリーンはドラフトの失敗例としてたびたび報道されているにも関わらず、この年が最高の候補にあげられているというのは2巡目以降がよかったからですね。

1997年のドラフト2巡目ではCBサム・マディソンを、3巡目ではDEジェイソン・テイラーを指名しており、他にも3巡目でLBデリック・ロジャースとOGブレント・スミス、6巡目でTEエド・ペリーといったところを指名しています。

この1997年はジミー・ジョンソンの時代だったんですが、ジョンソンの時代は他にも1996年がノミネートされています。ジョンソンがドルフィンズに在籍していたのはたったの4年間だったんですが、その中で2年間がノミネートされているというのはさすがにジョンソンだと言えるでしょう。

最高のドラフトだった年がこの中のいつになるのか楽しみですね。本命はやはりQBダン・マリーノを指名した1983年でしょうか。


CBSのピート・プリスコ氏が現役のNFLのHCのトップテンをランク付けしており、それによるとドルフィンズのアダム・ゲイスが8位にランクされています。

HCの経験がまったくなかったにも関わらず、就任1年目で1勝4敗スタートからチームをプレーオフ進出に導いたのですから、そのあたりが評価されたのだと思います。

ちなみにそのランキングは次のようになっています。

1位:ビル・ベリチック(ペイトリオッツ)
2位:マイク・マッカーシー(グリーンベイパッカーズ)
3位:アンディ・リード(カンサスシティチーフス)
4位:ピート・キャロル(シアトルシーホークス)
5位:マイク・トムリン(ピッツバーグスティーラーズ)
6位:ショーン・ペイトン(ニューオーリンズセインツ)
7位:ジョン・ハーボウ(ボルチモアレイブンズ)
8位:アダム・ゲイス(ドルフィンズ)
9位:ブルース・アリアンズ(アリゾナカージナルス)
10位:ビル・オブライエン(ヒューストンテキサンズ) 

ゲイスの順位が今後上がってくる可能性は決して低くないと思います。ということはドルフィンズの成績が上がってくる可能性は高いということで、期待してみていきたいですね。



 

Dolphins Daily News 1.31

Palm Beach Post のウェブサイトの記事で、かつてドルフィンズのヘッドコーチであったジミー・ジョンソンがビル・ベリチックをディフェンスのアシスタントに加えることを考えていたというものがありました。

1996年、ドルフィンズは名将ドン・シューラの後任としてジョンソンをヘッドコーチに招聘しました。その時にベリチックを自身のスタッフに加えることに興味を持っていたようです。ジョンソンとベリチックはそれについて話し、ベリチックも考慮していたということです。当時のベリチックは前年までクリーブランドブラウンズのヘッドコーチを務めていましたが、1996年の2月に解雇されています。

ベリチックは1986、1990年シーズンにニューヨークジャイアンツのディフェンシブコーディネーターとしてスーパーボウル制覇に貢献しました。そして1991年からブラウンズのヘッドコーチに就任したわけですが、5年間での成績は通算36勝44敗と負け越しています。1994年シーズンには唯一プレーオフ進出に導きましたが、翌年は5勝11敗と大きく負け越しました。

もしベリチックがジョンソンの下でドルフィンズのディフェンシブコーディネーターを務めていたらどうだったかというのはわかりませんが、結局ベリチックはビル・パーセルズがヘッドコーチを務めていたニューイングランドペイトリオッツにスタッフとして加わっています。パーセルズがベリチックをドルフィンズに行かせなかったんですかね。

もしその時にベリチックがドルフィンズのディフェンスを作っていたら、その後のドルフィンズの歴史も変わっていたかもしれませんが、ジョンソン時代のドルフィンズはどちらかというといいオフェンスを作れなかったことがプレーオフで勝ち抜けなかった要因だと思っています。20年以上たった今、なぜその話がでてきたのかよくわかりませんね。


左膝の靭帯を痛めているQBライアン・タネヒルですが、どうやらこの先も大きな手術は必要ないだろうということが報じられています。別なMRI検査も受けるようですが、タネヒル自身はすでにバスケットボールがプレーできるぐらいに回復しているようです。

そしてもしかするとドイツに行ってひざの治療を行うかもしれないということです。その治療はNBAのスタープレーヤーであったコービー・ブライアントが受けたものとして有名な治療だそうです。



 

トーマス、ターナーの解雇に思う

前日に続いてまた大きな人事がありました。OGのダラス・トーマスとビリー・ターナーが揃って解雇されました。先日の対テネシータイタンズ戦のプレー内容では、今までのプレー内容と合わせて、解雇されても仕方がないような気もしますが、ただしトーマスとターナーに加えて練習生のOGジャミル・ダグラスも含めて一気にオフェンシブラインの選手を3人も解雇するのはどうかとも思いますが。

タイタンズ戦では試合当日にLTとして起用しようとしていたラレミー・タンシルが怪我をして使えなくなり、仕方なくターナーが先発LTを務めたんですが、そもそもターナーは1度もLTでプレーしたことがなかったようです。他に使える選手がいなかったこともあるかもしれませんが、RGのジャーモン・ブッシュロッドは本職がLTだったので、そのブッシュロッドをLTで起用する手もあったと思います。

ただ、それができなかったのはRTジャワン・ジェームスも不安で、右サイドにブッシュロッドを残しておきたかったというのもあるんでしょうか。いずれにしてもほとんどLTの練習もしていなかったターナーをあの試合だけで切ってしまったのは今後に大きな影響が残りそうです。

トーマスとターナーは確かにパスプロテクションは貧弱でしたが、ランブロックに関してはそんなに悪くはなかったです。トーマスはともかく、ターナーはもう少し残してもよかったのではないかと思いますが、ターナーにとってはちょっと酷な結果となったと思います。しかしそれで補強したのがシーズン開始前に解雇したOGサム・ヤングだけで、少なくともあと1人はオフェンシブラインの選手を補強する必要があるでしょう。とりあえず練習生は2人補強したようですが。

次の試合にはLTブランデン・アルバートが出場できるでしょうから、仮にタンシルが出場できない場合にはLGには控えCのアンソニー・スティーンが起用されるものと思います。スティーンが入れば少しはよくなるかと期待したいのですが。

その他にRBアイザイア・ピードも解雇されていますが、ピードの場合にはアリアン・フォスターが復帰してくるのでその代わりに押し出された格好になっています。ロースターにRBは5人いたのでちょっと多すぎたこともあり、一番中途半端な存在だったピードが解雇されたんですが、ピードはプレシーズンゲームで一番光っていたRBだったので残念です。

この人事に関してはHCアダム・ゲイスがほぼ決定したものと思われますが、ゲイスもまさかここまで酷い状況になるとは思っていなかったでしょう。HCとして1年目ですしそうとう混乱していると思いますが、期待度が高かっただけにその落差があまりにも大きすぎます。選手との間に溝ができなければいいのですが…。

かつてダラスカウボーイズの黄金時代を築いたジミー・ジョンソンだって1年目はカウボーイズで1勝15敗だったわけで、NFLで新人HCがすぐに勝てるようになるのは難しいと思います。まさかゲイスを今年限りで解任しないでしょうが、現状ではそれも怪しくなってきたような気がします。少なくとも残りのシーズンで来年につながるものを作り上げてもらいたいと思いますが、まだたった5試合終わっただけでこんな話をしなければいけないとは情けないです。

これはほとんどすべてのファンが感じていることでしょうが、なぜドルフィンズはここまで落ち込んでしまったのか、まったく理解不能です。メンバー的にも勝てる戦力があると思いますが、それをあまりにも活かせていないコーチ陣の責任は重いと思います。特定の選手に責任を負わせてもなんの解決にもならないんですけどね。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
好きな時間に「聞き流すだけ!」の英語教材  スピードラーニング
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ