Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジャキーム・グラント

Week 17 対ビルズ戦 プレビュー

2017年シーズンの最終戦、マイアミドルフィンズはホームでバッファロービルズと対戦します。ドルフィンズはすでにプレーオフ進出の望みは消えていますが、ビルズはまだ可能性を残しています。

ビルズはこの試合に勝利して、かつ他チームが敗れるなどとなった時に1999年シーズン以来のプレーオフ進出が決定します。しかしその条件は厳しく、ボルチモアレイブンズが敗れるか、ロサンゼルスチャージャースとテネシータイタンズの両方が敗れなければいけないという、ほとんど可能性のないものです。ただし、この試合に向けてのモチベーションはホームのドルフィンズよりもビルズの方が高いと思われます。

両チームは2週間前にも対戦しており、この時はビルズのホームゲームであったこともあり、24-16でビルズがドルフィンズに勝利しています。ドルフィンズはビルズのオフェンスの武器であるRBルショーン・マッコイとQBタイロッド・テイラーを抑えられず敗れ、その敗戦により実質的にプレーオフ進出の可能性を絶たれています。

昨シーズン10勝6敗という成績をあげて2008年シーズン以来のプレーオフ進出を果たしたドルフィンズでしたが、今シーズンは開始前からQBライアン・タネヒルなどの主力選手の怪我に見舞われるなどで期待外れのシーズンに終わりました。この最終戦はホームでの最終戦であることもあり、また同地区のライバルであるビルズのプレーオフ進出を阻むためにも是非とも勝利したいところです。

そのドルフィンズですが、この試合にはLTラレミー・タンシルが足首の怪我のために欠場が濃厚となっています。代わりに出場するのがNFL初先発となるOTザック・ステラップです。当然ビルズのディフェンスはそこを狙ってパスラッシュを仕掛けてくるでしょう。反対サイドのRTサム・ヤングも本来は控えの選手で、オフェンシブラインの不安がありQBジェイ・カトラーを守りきれるかがポイントとなります。

そのカトラーですが、この試合では先発が予定されていますが、試合展開によっては控えQBのデビッド・ファレスが途中から出場することが考えられます。すでに勝敗が関係なくなったドルフィンズですので、来シーズンを見越しての選手起用も考えられます。ファレスの起用は来シーズンの控えQBとしてチームに残れるかどうかのテストの場でもあるかもしれません。現在のロースターで来シーズンもドルフィンズに残留する可能性が一番高いのがファレスですからね。

個人の記録的なことから見ると、WRジャービス・ランドリーは現在103回のパスレシーブを記録していますが、これまでの最多の110回を更新することができるか、またDEキャメロン・ウェイクが二桁QBサックを記録できるか、RBケニアン・ドレイクが100ヤード以上を走れるかというところが注目されます。

またカトラーも現役続行を希望しているようですので、この試合のパフォーマンスは来シーズンへのアピールの意味でも重要になってくるかもしれません。過去2試合は内容が悪かったんですが、ホームでニューイングランドペイトリオッツを破った時のようなプレーができるかどうかでしょうね。

この試合はドルフィンズのホームゲームであるんですが、ビルズの方が3ポイント有利という予想が出ています。ドルフィンズは勝ってもあまり意味はなく、逆に負ければ来年のドラフト指名順が10番以内になるということで負けた方がいいのでは? という見方もあるようですが、やはり試合をする以上は勝つために戦ってもらいたいです。いろいろと悪いニュースが多かった今シーズンですので、最後ぐらいは気持ちよく勝って終わってもらいたいと思います。

勝つためには、やはりビルズよりも先に得点をあげて試合の主導権を握ることですね。そのためにはなんとしてもディフェンス陣の奮起に期待したいです。そしてオフェンスでは3rdダウンコンバージョンを成功させてできるだけボールを保持し、ビルズに攻撃時間を与えないことです。そうすればビルズ側にも焦りが出てくると思うので、より試合を優位に進められるでしょう。あとは絶対にターンオーバーをしないことですね。

シーズン最終戦を迎えるにあたって、実に16人もの選手が故障者リスト入りしているドルフィンズですが、シーズン後半には若い選手の活躍が目立ってきていますので、この試合でも若い選手のプレーに注目したいです。ドレイク、WRジャキーム・グラント、CBザビアン・ハワードとコードレイ・タンカーズレイ、DEチャールズ・ハリスあたりに期待しています。

それとこの試合は両チームとも1970年台のスローバックジャージを着用して試合に臨むようです。ドルフィンズにとっては昨シーズンから無敗のスローバックジャージでの試合ですので、3週間前のペイトリオッツ戦同様、素晴らしい勝利を見せてもらいたいです。


Week 16 対チーフス戦

プレーオフ進出にほんの僅かな望みを残していたマイアミドルフィンズですが、このカンサスシティチーフスとの対戦に敗れて、それも完全に消滅して、ドルフィンズの2017年シーズンが実質的に終了しました。

チーフスとの対戦は、いくら敵地での対戦とはいえ、まったく不甲斐ない結果に終わりました。まあ、地区優勝を争っているチームと負け越しているチームの差が歴然としていたという感じで仕方ないんでしょうかね。それにしてももう少しチーフスを苦しめてほしかったです。

QBジェイ・カトラーは、FGばかりでは試合に勝てない、というようなことを言っていたようですが、まさにその通りで、オフェンス力の違いがはっきりと現れていたと思います。

チーフスのディフェンスもそんなによくはなかったんですが、ドルフィンズがあげた得点はわずか13点で、TDは1つ取っているんですが、それは偶発的なもので、しっかりとオフェンスをした結果のものではありませんでした。

さらに試合後半はほとんどチーフスのオフェンスばかりで、ドルフィンズは反撃する時間さえ持てませんでした。後半チーフスがおよそ22分間攻撃していたのに対して、ドルフィンズの攻撃時間はおよそ8分だけでした。ただでさえ得点力のないオフェンスがこれではどうにもなりません。

ファンブルによるターンオーバーを2回犯したこともあるんですが、3rdダウンコンバージョンが8回すべて失敗、対するチーフスは16回中8回成功とこの違いが大きく影響しました。3rdダウンコンバージョンの成功率が悪いとあのニューイングランドペイトリオッツでも勝てませんからね。

最初から最後までチーフスの一方的なペースで進んだ試合だったんですが、振り返ってみるとドルフィンズが試合の流れを引き寄せられるチャンスはありました。第2QにカトラーからWRジャキーム・グラントへの65ヤードTDで4点差まで迫った後、チーフスの攻撃を抑えて再び攻撃権を獲得しました。

ここで逆転は無理でもせめてFGでも成功させて前半を終了していれば、また後半の展開も違ったかもしれません。しかしドルフィンズはあっさりとスリー&アウトで攻撃を終わらせてしまいました。さらに悪いパントキックでチーフスにチャンスを与え、反則で攻撃を継続させたあげくにFGで3点を追加されました。

その時点で点差は7点差で、7点差といえばTD1つで同点に追いつける状況なんですが、その点の取られ方が最悪でした。それが後半にも尾を引いたとは思えないかもしれませんが、チーフスにとっては大きな3点で、それが後半にもつながったことは間違いないと思います。

反則の多さもドルフィンズの自滅を招いたんですが、反則はメンタル的な要素が非常に大きいと思います。これも今シーズンはよく見られることなんですが、その原因としてはやはり先に得点を取られて常に追いかける試合展開となっていることが影響していると思われます。プレーするのも人間ですから感情があり、いつもリードされていて気持ちに余裕がない状態では反則を犯してしまうのも仕方がないでしょうね。

ディフェンスもチーフスに400ヤード以上を許してしまいました。結果的にTDは2つしか許していないんですが、チーフスのオフェンスの武器であるQBアレックス・スミス、RBカリーム・ハント、WRタイリーク・ヒル、TEトラビス・ケルシーの誰ひとり止められませんでした。

ドルフィンズのディフェンスの選手を見ると、DTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイク、LBローレンス・ティモンズ、Sレシャッド・ジョーンズなど、個々の選手の能力は決して悪くはないんですが、それがチームとして機能していないというか、個人個人の能力が活かされていないように思えます。

それはオフェンスの選手にも言えることで、だからペイトリオッツに素晴らしい勝ち方をした翌週にバッファロービルズにまったくいいところがなく敗れてしまう、そして今週もチーフス相手に同じことを繰り返している、というような不安定な状況がずっと続いています。

選手の能力を引き出してそれぞれを活かしていくというのはコーチ陣の仕事であり能力だと思うのですが、それをHCアダム・ゲイスをはじめDCマット・バークができているかというと、疑問視せざるをえないのかなと思ったりもします。特にバークは経験がないということもあるんですが、今後はちょっと厳しく、本当にディフェンスを向上させようと思うと経験のある人材に交代させる必要があるかもしれません。

かつてドルフィンズに在籍しており、期待外れで使いものにならずに今年解雇されたDEディオン・ジョーダンが、現在シアトルシーホークスでプレーしており4試合で3QBサックを記録しているそうですが、この事実をドルフィンズのコーチ陣やフロントはどう考えるのか興味深いところです。

ドルフィンズにとってほとんどいいところがなかったこの試合ですが、若い選手のプレーは今後に期待を抱かせました。TDパスレシーブを記録したグラントはオフェンスの武器として十分ですし、RBケニアン・ドレイクも100ヤードは走れなかったものの安定して4,5ヤードは走れます。またドラフト1巡目指名DEチャールズ・ハリスも徐々に実力を発揮しつつあります。

非常に残念な結果に終わったこの試合ですが、若い選手の成長を見られたことが来シーズンにつながる収穫でした。


Week 14 対ペイトリオッツ戦

第14週のマンデーナイトゲームは、大方の予想に反してマイアミドルフィンズがニューイングランドペイトリオッツを27-20で破りました。ペイトリオッツは連勝が8でストップするとともに、ロードゲームでの連勝も14でストップしました。さらにこの試合に勝てばAFC東地区優勝が決定していたんですが、それも決まりませんでした。

ドルフィンズにとってはHCアダム・ゲイスとなってから初めてのペイトリオッツ戦での勝利となりました。また、この試合では1972年のパーフェクトシーズンの時のスローバックジャージで戦ったんですが、昨年から数えてスローバックジャージでは3連勝で負けなしです。ここでもまだパーフェクトが続いています。

さて試合の方ですが、ドルフィンズの素晴らしい勝利で、今シーズンというか近年でのベストゲームと言ってもいいかもしれません。オフェンス、ディフェンスともペイトリオッツを上回り、大きなミスもなくて完勝と言っていいと思います。

この試合で一番の殊勲者はCBザビアン・ハワードでしょうね。ペイトリオッツの最初の攻撃でQBトム・ブレイディから見事なインターセプトを奪いました。試合開始直後の攻撃でドルフィンズがFGで3点を先制したんですが、その直後にペイトリオッツに反撃されていたら試合展開も変わっていたと思うんですが、それを防いだことが大きかったと思います。そのインターセプトをきっかけにオフェンスが追加点をあげているのでなおさらでしょう。

それとハワードは後半開始のペイトリオッツの攻撃でもブレイディからインターセプトを奪っています。ここでもドルフィンズのリードはわずかに3点だったので、その攻撃でペイトリオッツに得点されていたらその後の展開も変わっていたと思います。さらにそのインターセプトをきっかけにTDで7点を追加していますので、非常に効果的でペイトリオッツにダメージの残ったプレーだったと思います。

ハワードはシーズン開始前は期待されていたんですが、シーズンが開始されると相手チームのエースWRと相対することが多く、パスディフェンスの評価も低かったんですが、先週の対デンバーブロンコス戦での活躍で覚醒したんでしょうか、ブレイディというNFLNo.1のQBとペイトリオッツのNo.1オフェンスを相手に素晴らしい活躍でした。ちなみに2試合連続での複数インターセプトはチーム史上初の快挙です。

それから2番目の殊勲者はRBケニアン・ドレイクですね。ドレイクはこの試合で25キャリーで114ヤードを獲得しました。またパスレシーブでも5回で79ヤードを稼いでおり、ランとパスレシーブ合わせて193ヤードを稼いでいます。さらに目立たないんですが、ペイトリオッツディフェンスのブリッツをブロックしてQBジェイ・カトラーのパスプレーを助けています。

先週の対ブロンコス戦で120ヤードのラッシングを記録していますので、2試合連続で100ヤード以上のラッシングとなります。ペイトリオッツのランディフェンスはそれほどよくはないんですが、それでも前回の対戦では抑えられていました。この試合でドレイクがどれだけ走れるかがポイントだったんですが、予想以上の結果だったと思います。

この活躍でドレイクは欠場中のダミアン・ウイリアムスが復帰してもエースRBとして信頼されることでしょう。大学時代には控えRBだったドレイクをドラフト3巡目で指名したフロントの選択は正しかったということでしょう。ジェイ・アジャイが抜けてもまったく遜色ない、むしろアジャイよりいろいろな面で優れているのではないでしょうか。

ハワード、ドレイク共に2年目の選手なんですが、同じく2年目のジャキーム・グラントも活躍しました。素晴らしいTDパスレシーブを決めたのも含めて2回のパスレシーブで42ヤードを獲得しています。願わくば第4Qのロングパスもキャッチしてくれたらよかったんですが。ただ、グラントもオフェンスの武器となることが証明された試合でした。

それとカトラーの活躍も忘れてはいけません。この試合でパス38回投中25回成功で263ヤードを獲得、3TDパスを決める一方でインターセプトはなく、非常に安定したプレーを見せてくれました。ペイトリオッツ戦での初勝利となり、ブレイディに投げ勝ったことになります。カトラー自身にとっても今シーズンのベストゲームで、過去に遡っても久しぶりの会心のパフォーマンスだったのではないでしょうか。

あとはディフェンス陣の活躍ですね。ブレイディから2つのインターセプトを奪ったハワードも素晴らしかったんですが、それとともに驚かされたのがペイトリオッツの3rdダウンコンバージョンを11回すべて抑えたということです。NFLNo.1のオフェンスを相手に3rdダウン時に1stダウンを更新させなかったというのは素晴らしいことです。この試合の勝因は実はこれに尽きるのではないでしょうか。

その他、ペイトリオッツのランプレーをわずか25ヤードに抑えたのもよかったと思います。前回の対戦では196ヤードも走られていたので、今回の対戦ではそこを抑えることが絶対条件だったんですが、見事に抑えてくれました。それによってブレイディにもよりプレッシャーをかけられたので、効果はあったと思います。

試合終盤にゴール前1ヤード地点まで攻め込まれた場面があったんですが、あそこもTDを取られるかと思ったんですが、ディフェンスがよく抑えてFGに止めました。最後までよく守ったと思います。

本当にドルフィンズの素晴らしいところが目立った試合だったんですが、ペイトリオッツというか特にブレイディが不調だったこともあるんでしょうね。怪我をしているみたいですから、そのことも影響したんでしょうか、今ひとつ切れがなかったと思います。その不調にも助けられた勝利でしたね。

ただ、どんな状況であれ王者ペイトリオッツに勝ったことは事実で、圧倒的とも言える実力差を跳ね返しての勝利は誇れるものだと思います。この調子を継続させて、今シーズン残りの3試合にもできれば全勝してもらいたいですね。そうすればほとんど無理だと思われていたプレーオフも見えてくるかもしれません。


Week 13 対ブロンコス戦

マイアミドルフィンズとデンバーブロンコス、共に連敗中の両チームの対戦だったんですが、予想外に一方的な試合となり、ドルフィンズが35-9で圧勝しました。35得点は今シーズン最高得点で、アダム・ゲイス政権となってからも最高得点となっています。

とにかく11月は勝ちがなく、10月22日以来の勝利でしたので、ファンとしては久しぶりにいい気分です。得点差では圧勝ですが、内容的にはミスもあったりしてスッキリとしない部分もあったんですが、勝ったということでよしとしなければいけないでしょう。ただし、ブロンコスの不調に助けられたところもあります。

この試合、ドルフィンズはオフェンス、ディフェンス、スペシャルチームでそれぞれビッグプレーを見せてくれました。

まずオフェンスですが、RBケニアン・ドレイクがよかったです。23キャリーで120ヤード獲得はいずれも自己最高記録となりました。ドレイクは大学時代も控えRBだったので1試合に20回も走ったことはなかったんですが、この試合でNFLで十分1試合を任せられるRBであることを証明しました。

ダミアン・ウイリアムスが怪我をしたためにドレイクひとりに頼らざるを得なかったんですが、NFL4位のブロンコスのランディフェンスを相手にしたこの結果にはファンとしては満足ですし、ドレイクも自信が持てたのではないでしょうか。ファンブル癖があるという悪評を吹き飛ばしてくれましたね。

ディフェンスでは先制得点となったセーフティを記録するとともに、CBザビアン・ハワードが2つ、S T.J.マクドナルドが1つの計3つのインターセプトをブロンコスQBトレバー・シーミアンから奪いました。特にハワードの最初のインターセプトはリターンTDとなった価値あるものでした。

QBジェイ・カトラーがTEジュリアス・トーマスにTDパスを決めて逆転した直後、どうしてもブロンコスの攻撃を抑えなければいけない場面でターンオーバーを奪っただけでなく、得点を奪ってリードを広げたということで、一気にドルフィンズ側に試合の流れを引き寄せました。

ハワードは2年目となり期待された今シーズンだったんですが、ここまでインターセプトはなく、パスディフェンスでもほとんど目立った活躍はできていませんでした。それどころかCBとしての評価も非常に低かったんですが、この試合での活躍はハワードに自信をもたらすのではないでしょうか。

それとブロンコスの攻撃で3rdダウンコンバージョンを13回中1回しか成功させなかったのも勝利の要因の1つでした。しかもその1回も大量得点差がついた第4Qの試合終了間際ですから、3rdダウン時にまったく1stダウン更新を許さなかったと言ってもいいでしょう。

それからスペシャルチームですが、テレンス・フーデイのパントブロック、そしてKコディ・パーキーのオンサイドキック成功、さらにパントキックのカバーチームが記録したセーフティとビッグプレーの連続でした。ちなみに1試合で2度セーフティを記録したのはチーム史上初のことです。その他にもPRジャキーム・グラントが4回のパントリターンで計61ヤードを獲得したのも見逃せません。

あとはPマット・ハークのパントキックが素晴らしかったです。9回のパントのうちブロンコス陣内20ヤード以内に落としたパントが実に7回ありました。これによりブロンコスは自陣奥深くの厳しいフィールドポジションからの攻撃を強いられることになり、その結果インターセプトやセーフティを犯すきっかけとなっています。

ドルフィンズのオフェンスがいいフィールドポジションから攻撃を開始できたことは、ハークのパントキックによるところが大きかったと思います。

ただし、大差で勝利したとはいえ反省点もいくつかありました。カトラーはブロンコスのパスラッシュに苦しめられたとはいえ、2つのインターセプトを犯して、そのうちの1つはリターンTDを決められています。それも含めてパスは不安定なところもありました。

それから3rdダウンコンバージョンは15回中わずか4回しか成功していません。普通これだけの勝利ならばもっと数字がよくてもいいと思うのですが、3rdダウン残り1ヤードを更新できなかったのもいくつかあったと思いますので、そのあたりを確実に取れるようにならないといけません。

あとはランディフェンスですね。この試合でもブロンコスに100ヤード以上走られています。シーミアンのパスオフェンスが不調だったので助かっていますが、もう少しランプレーを止められるようにならないと成績のいいチームを相手にした時には厳しいでしょうね。

それと心配なのはWRデバンテ・パーカーです。連敗中はほとんど目立ったプレーはなく、この試合でもパスレシーブはわずか1回で獲得したのは5ヤードのみです。シーズン開始前は最も活躍するWRだと言われていたんですが、これではシーズン終了後には戦力外となってしまうかもしれません。なんとか復調してほしいのですが。

これで連敗を5でストップさせたわけですが、相手のブロンコスも連敗中だったということでこの勝利も少し割り引いて考えなければいけないでしょうね。それにしてもブロンコスの不振ぶりを見ていたら、なかなか得点が取れず苦しんでいた時のドルフィンズを見るようでした。ブロンコスHCバンス・ジョセフの苦悩する姿は、昨年ドルフィンズのディフェンシブコーディネーターだっただけに痛々しく感じました。

ともあれ、これで5勝7敗となり、残り4試合にも希望が持てるように感じました。プレーオフ進出は厳しいでしょうが、来週のニューイングランドペイトリオッツとの試合に勝利すれば、ひょっとすると光明が見えてくるかもしれませんね。


Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ