Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジャキーム・グラント

Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


Week 6 対ファルコンズ戦 プレビュー

先週テネシータイタンズにホームで勝利したドルフィンズですが、今週はこれまでで最大の難敵であるアトランタファルコンズとアウェイで戦います。ファルコンズは第4週にホームでバッファロービルズに敗れていますが、先週はバイウイークで試合がありませんでした。

ファルコンズは23-17でビルズに敗れたんですが、その最大の要因はターンオーバーでした。試合後半にQBマット・ライアンが3つのターンオーバー(2インターセプト、1ファンブル)で計13失点してしまったことが致命傷となっています。

また、試合途中でエースWRフリオ・ジョーンズが怪我のために欠場したこともファルコンズにとっては痛手だったと思います。

それに加えてもう一つの敗因としては、あまり目立たないかもしれませんが、ビルズのディフェンスがファルコンズのオフェンスを要所で抑えていたということです。ビルズはファルコンズに前半10点しか与えていませんでした。

開幕3連勝の後、ビルズにまさかの敗戦を喫したファルコンズですが、このバイウイークでしっかりと修正され、さらに怪我をしていたジョーンズも復帰して、万全の態勢でドルフィンズを迎え撃ちます。

対するドルフィンズですが、タイタンズ戦ではエースQBマーカス・マリオタが不在だったとこもあり、16-10で勝利しています。相変わらずオフェンスは最悪で、得点を取るどころか1stダウンを更新するのもやっとという状態だったんですが、ディフェンスの活躍で計10得点したこともあり、タイタンズに競り勝ちました。

しかし、オフェンスの低迷は深刻で、過去13クォーターで意味のあるオフェンスTDはタイタンズ戦での1つだけという状態です。このファルコンズ戦でも果たしてオフェンスが得点をあげられるのかが大きなポイントという情けない状況と言えます。

その最大の要因といえるのがQBジェイ・カトラーの低パフォーマンスです。タイタンズ戦では地元のファンから激しいブーイングの嵐を受けていました。それでも第4Qには試合を決めるTDドライブを演出して勝利に貢献しましたが、依然としてプレー内容に対する不安は払拭できていません。

ファンの間からは控えQBマット・ムーアに交代させることが望まれていますが、HCアダム・ゲイスはカトラーを先発QBから下ろすことは100%考えていません。

ドルフィンズがファルコンズに勝つためにはビルズがやったように、ファルコンズのオフェンスを最少失点に抑え、なおかつターンオーバーを奪ってそれを確実に得点に結びつけることが最低条件だと思います。ドルフィンズのオフェンスの現状を考えれば、おそらく20点以上は取れないでしょうから、ファルコンズをそれ以下に抑える必要があります。

ドルフィンズのディフェンスはパス22位、ラン4位で平均失点は16.8点です。このディフェンスがファルコンズを数字どおりに抑えることができるかがこの試合のポイントと言えます。ドルフィンズのディフェンス陣にとっては大きな挑戦となるでしょう。

一方オフェンスで気になるところは、カトラーのプレー内容もそうなのですが、最大の武器と言ってもいいWRデバンテ・パーカーが足首の怪我のために欠場濃厚だということです。控えWRのジャキーム・グラントやレオンテ・カルーの奮起が望まれますが、期待薄でしょうか。

またオフェンシブラインが安定したプレーができるかも疑問です。それを指導すべきアシスタントコーチが不祥事のために辞任したことも影響するかもしれません。せめてRBジェイ・アジャイが数字を残せるようなオフェンスが展開できれば活路は見いだせるのですが。

戦前の予想ではファルコンズが圧倒的に有利で、ドルフィンズの勝利を予想する人はほとんどいません。Palm Beach Postの記者の1人が唯一でしょうか、ドルフィンズの勝利を予想していましたが。

個人的にも、どうひいき目に見てもドルフィンズが勝利するというイメージが見えてこないのが残念なのですが、試合は実際にやってみないとわかりません。1つのプレー、1つの得点が試合の流れを大きく変えていくこともありますので、試合が終わるまでドルフィンズの勝利を信じたいと思います。


Week 5 対タイタンズ戦

ドルフィンズ、今シーズン初の地元ハードロックスタジアムでの試合に勝利しました。16-10でテネシータイタンズを破ったわけですが、内容はとても手放しで喜べないですね。16点のうち10点はディフェンスで取った得点ですから。

QBジェイ・カトラーはパス26回投中12回成功で92ヤード獲得、1TD、1インターセプトでQBレイティングは52.1でした。数字を見るととても勝利チームのQBとは思えません。試合途中の “We want Moore" の大合唱は本当にファンの切実な声ですね。

何か試合を重ねるたびに悪くなっていくような気がするんですが、それでもなんとか試合に勝てたので、これで少しはよくなってくれるのかと期待したいんですが、どうなんでしょうか。

その他オフェンスではRBジェイ・アジャイが25キャリーで77ヤード獲得でした。過去2試合よりはよかったんですが、それでも内容的には物足りないです。オフェンシブラインが過去2試合よりはよかったようなので、今後もっと安定感が出てくるといいのですが。

それからWRデバンテ・パーカーが足首を痛めて途中欠場しました。カトラーのパスがより通らなくなったのはパーカーがいなかったせいもあると思います。パーカーの代わりはWRジャキーム・グラントが務めていましたが、TDパスを落球するなど、パーカーと比べるとかなり見劣りします。パーカーの怪我が長引けばドルフィンズのオフェンスはますます苦しくなるでしょうね。

一方ディフェンスは素晴らしかったです。この試合ではタイタンズの2人のRB、デマルコ・マレーとデリック・ヘンリーのランをどれだけ止められるかが1つのポイントだったんですが、マレーを14キャリーで58ヤード獲得、ヘンリーを4キャリーで9ヤード獲得に止めました。この試合からLBレイ・マウアルーガが復帰したんですが、マウアルーガが加わったことによりランディフェンスがさらにしっかりした感じに見えました。

それとタイタンズのQBはマーカス・マリオタではなくてマット・キャッセルだったんですが、それもドルフィンズには幸いしましたね。キャッセルへのパスラッシュがよく効いており、ドルフィンズは計6.0QBサックを浴びせました。その中で、遂にドラフト1巡目指名のDEチャールズ・ハリスがQBサックを決めてくれました。

ハリスは試合を重ねるたびによくなってきているんですが、この調子でこれからもQBサックを数多く決めてもらいたいですね。そしてそのハリスと先発DEの2人、キャメロン・ウェイクとアンドレ・ブランチのパスラッシュは見ごたえがありました。

試合展開から見ると、ターンオーバーが2つあったんですが、その2つをFGによる3点だけという最少失点に抑えたこともディフェンス陣の功績だったと思います。

それと第1QにターンオーバーからのFGで先制した直後、キャッセルからTEデラニー・ウォーカーへの59ヤードTDパスが反則で取り消された場面があったんですが、あれはラッキーでした。もしあれが反則が取られなくてTDになっていたら、この試合は負けていた可能性が高かったかもしれません。

そしてその直後にSレシャッド・ジョーンズがファンブルリターンTDを決めていますが、それも大きなポイントでした。あれもパス失敗と判定されていたら、またその後の試合展開も違っていたと思います。ほとんどの選手がパス失敗と思って止まっていたんですが、ジョーンズはよくエンドゾーンまで走っていたと思います。それも当然とはいえファインプレーでした。

全体の試合内容としては、ディフェンスがよかったとはいえ、とても快勝だったとは言えないでしょう。特にオフェンスに関しては非常に不安が残りました。しかし、勝利したことでまた少しチームが変わってくるかもしれませんし、それに期待をしたいと思います。


Preseason Game 対バイキングス戦

プレシーズンゲームの最終戦ということで主力選手は両チームともほとんど出場しなかったんですが、ドルフィンズファンとしてはそれなりに見どころがあった試合でした。

結果としては30-9で、オフェンスが4つのTDを決めるなどで30得点する一方、ディフェンスもバイキングスのオフェンスを1TD、1FGに抑えて素晴らしい内容でした。

まずオフェンスではWRジャキーム・グラントが素晴らしい活躍でした。4回のパスレシーブで141ヤードを獲得してTDパスレシーブも記録しています。昨シーズンはリターナー専門だったグラントなんですが、今シーズンは春のチーム練習からオフェンスの武器として期待され、それに見合う結果をこの試合で証明したと言ってもいいかもしれません。

今シーズンもグラントがリターナーを務めることになるでしょうが、それに加えてオフェンスの武器としてのプレーも増えてくると思います。HCアダム・ゲイスもこの結果に満足しているようで、オフェンスのプレーに使ったら、スピードもあるし相手チームにとっては結構脅威なのではないかと思います。

それとRBケニアン・ドレイクが出場していましたが、トレーニングキャンプで脳震とうを起こしたこともあり、怪我をしないかとヒヤヒヤしながら見ていました。結果は8キャリーで27ヤード獲得で1TDランと平凡な内容だったんですが、オフェンシブラインが控え選手なので割り引いて考えなければいけません。

それよりも怪我をしなくてよかった、それが一番でした。RBダミアン・ウイリアムスが練習で怪我をしていたみたいなので、もしドレイクまで怪我をしてしまったら開幕を目前にして大変なことになっていたと思います。

その他、QBはブランドン・ドーティとデビッド・ファレスが交互にプレーした格好となりましたが、対象的な内容でした。ドーティはいきなりTDドライブを演出していい感じかと思ったんですが、その後はあまりよくなかった。それに対してファレスは終始安定した内容で、パス20回投中12回成功の193ヤード獲得、3TDパスでQBレイティングは131.9でした。

おそらく両選手とも53人のロースターの中には入れないでしょうが、ファレスは練習生として残る可能性があり、ドーティは解雇される可能性が高いのではないかと思います。特にドーティについては、第3Qに敵陣11ヤード地点まで攻め込みながらQBサックを受けて大きく後退し、その結果FGミスにつながったドライブには失望させられました。

ディフェンスに関しては、TDを1つしか与えなかったのでよかったんですが、バイキングスのオフェンスもよくなかったので、その部分は割り引いて考えなければいけません。

ただ、ディフェンスでの見どころは第3Qに自陣1ヤード地点まで攻め込まれながらTDは与えずFGに終わらせたところでした。特にQBミッチ・ライドナーが自らのランプレーでTDを狙ったところを見事に止めて後退させたディフェンスは見ごたえがありました。ライドナーは脚力があるQBだという紹介があったので、それを警戒していたんでしょう。

ドラフト1巡目指名DEチャールズ・ハリスに注目していたんですが、この試合でも相手QBにプレッシャーをかけた場面もあったものの、タックルは1つも記録できませんでした。プレシーズンゲーム4試合でのトータルもわずか2つしかなく、期待外れの感は否めません。春のチーム練習では非常によかっただけに、この結果には失望しています。ハズレのドラフト1巡目指名とならなければいいんですが。

プレシーズンゲームも終了し、いよいよロースターカットが行われます。すでにPマット・ダーが解雇されたという報道も伝わってきていますが、その他にも意外な名前があがってくるかもしれません。最終的に誰が残るのか、明日の発表を注目したいと思います。



Dolphins Daily News 8.30―DTスーがキッカー?

今日の練習でDTダムコン・スーがFGを蹴ったようです。33ヤードと39ヤードのFGを決めて、もう1本33ヤードにトライしたようですが、それは失敗しました。

巨漢のスーがキッカーとはかなり違和感がありますが、サッカーをやっていたようで脚力はかなりあるということです。実際に2010年、新人だった頃にデトロイトライオンズでエクストラポイントのキックを蹴っています(結果は失敗)。

まあ、もしキッカーが試合途中に怪我をしたらあるいはスーがFGを蹴る場面が出てくるかもしれませんが、そういう必要がないことを願いたいです。やはりスーはディフェンスに専念してもらいたいですね。


Sun Sentinelのコラムニストであるデーブ・ハイド氏が、トレーニングキャンプ中にいい意味で驚かされた選手と失望した選手をそれぞれ5人あげています。

驚かされた選手はDTダボン・ゴッドチョー、OGジェシー・デービス、CBアルテラウン・バーナー、WRジャキーム・グラント、QBジェイ・カトラーです。

個人的に一番驚かされたのはカトラーです。またゴッドチョーは今年のドラフト組で唯一先発選手に抜擢されています。デービスとバーナーは当初は控え選手だったんですが、開幕先発という可能性も出てきています。グラントは先日の対フィラデルフィアイーグルス戦でのTDパスレシーブでそのスピードを見せつけました。

逆に失望した選手はDEチャールズ・ハリス、CBバイロン・マックスウェル、DTジョーダン・フィリップス、TEジュリアス・トーマス、WRレオンテ・カルーです。

ハリスは5月、6月のチーム練習では非常に評判がよかったんですが、トレーニングキャンプに入ってから目立たなくなってきました。プレシーズンゲームでも期待されたQBサックは決められていません。

マックスウェルはイーグルス戦での醜態が先発の座を危うくしています。カルーもプレシーズンゲーム初戦の対アトランタファルコンズ戦ではTDパスレシーブを決めていいスタートかと思われたんですが、怪我をしたせいもあるんでしょうか、その後目立っていません。

フィリップスとトーマスはイーグルス戦で活躍して復調の兆しが見えます。特にフィリップスはゴッドチョーに完全にポジションを奪われたんですが、減量に成功して再び先発ポジション争いに加わってきそうな雰囲気です。

ここにあがっている10人の選手は全員開幕53人ロースターには残ってくるんでしょうが、全員が持ち味を発揮して活躍しチームの勝利に貢献してくれることを願っています。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ