ジャワン・ジェームス

March 17, 2017

Dolphins Daily News 3.17

今週のドルフィンズにとって最も大きな話題であったDTドンタリ・ポーですが、ドルフィンズとの交渉が決裂した翌日、アトランタファルコンズと契約しました。契約内容は1年間で800〜1000万ドルだということです。

ポーはドルフィンズと交渉する前にファルコンズと面談しており、最終的にファルコンズに決めたということはドルフィンズとファルコンズを天秤にかけていたということでしょうね。これは推測ですが、どちらかといえばドルフィンズに行きたかったんじゃないでしょうか。

ドルフィンズがポーに対してどれだけの条件を提示したのかはわかりませんが、年俸とは別に保証とかプラスαのところで合意に達しなかったのかもしれません。

ポーに関しては2012年にドラフト1巡目指名(全体11番目)でカンサスシティチーフス入団しました。入団して最初の3年間はNFLでもトップクラスのパスラッシングDTとして活躍し、2013〜14年シーズンには2年連続でプロボウルにも選出されています。

しかし過去2年間は背中の故障に悩まされていたこともあったようで、必ずしもいいパフォーマンスをみせていなかったようです。昨シーズンは27タックルで1.5QBサックという平凡な記録に終わっています。ドルフィンズもそのあたりを考えて評価を下げたとも考えられます。

いずれにしても、これでドルフィンズはDTのポジションに関して、別な誰かを獲得するか、あるいは控えDTだったジョーダン・フィリップスを先発として起用するかということになります。個人的にはできればフィリップスにステップアップしてもらって、控えクラスのDTを補強するのがいいかと思います。


FAとなっていたOGジャーモン・ブッシュロッドと再契約しました。契約内容は明らかにされていません。

ブッシュロッドはHCアダム・ゲイスがシカゴベアーズから引っ張ってきた選手で、もともとはOTの選手だったんですが、ドルフィンズに来てOGに転向しました。そして昨シーズンは先発RGとして16試合すべてに先発出場しています。ちなみにドルフィンズのオフェンシブラインで16試合すべてに先発出場したのはブッシュロッドとRTジャワン・ジェームスだけでした。

ブッシュロッドは今年の8月には33歳となるので、おそらくドルフィンズで引退するものと思われます。今シーズンも先発RGとしてプレーするのかどうかはわかりませんが、今の選手層をみるとドラフトで有能なオフェンシブラインの選手が指名できなければブッシュロッドが先発ということになるのではないでしょうか。

ベテランらしい堅実なプレーをする選手ですので、今シーズンもドルフィンズのオフェンシブラインの一員としての活躍を期待しています。



 

dolphin_one at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 11, 2016

パンサーズ解雇のCB獲得、その他最新情報

先日カロライナパンサーズを解雇されたCBベネ・ベンウィケレと契約しました。ベンウィケレは2014年にドラフト5巡目指名でパンサーズに入団し、新人の年から先発ニッケルCBとしてプレーし、昨シーズンはパンサーズのスーパーボウル進出に貢献しました。

パンサーズを解雇されたのは第4週の対アトランタファルコンズ戦でのプレー内容が悪かったということで、ファルコンズのWRフリオ・ジョーンズを抑えられず300ヤードのパスレシーブを許していました。もちろんすべてがベンウィケレの責任というわけではないでしょうし、解雇に至ったのはそれ以外の理由もあったのかもしれません。

ベンウィケレは今シーズンはパンサーズで4試合すべてに先発出場していましたが、ドルフィンズに入団したらディフェンスのプレーブックも覚えなければいけないでしょうし、すぐには試合に出場できないでしょう。ドルフィンズとしては先発CBザビアン・ハワードが怪我でおよそ1ヶ月出場できませんし、ベテランCBバイロン・マックスウェルもプレー内容が悪く先発を降格されていますので、実績のあるベンウィケレには1日も早く試合に出場してもらいたいところでしょうが。

そのマックスウェルは第4週の対シンシナティベンガルズ戦ではベンチに下げられましたが、第5週の対テネシータイタンズ戦にはハワードの欠場もあり先発しました。しかしプレー内容はよくありませんでしたので今後も使いにくいのですが、代わりの選手がいないこともあり、使わざるを得ない状況になっています。

なお、ベンウィケレをロースターに登録したことにより、首を痛めているLBコア・ミーシーが故障者リストに登録されています。ただ今シーズン絶望というわけではなく、状態がよくなれば第13週には復帰することができるようです。ただ、ミーシーの首の怪我は深刻なようで、もしかしたらこのままシーズンエンド、さらには選手生命にも関わる重症だということです。


先日のタイタンズ戦を欠場したOLラレミー・タンシルについてですが、欠場した原因は練習ではなくて試合当日の朝にシャワーをしていて足を滑らせて足首を痛めてしまったということだったようです。まあ、不慮の事故ということでなんとも言えないのですが、復帰については今のところ未定で、次の対ピッツバーグスティーラーズ戦にも出場できるかどうかわからないということです。

タイタンズ戦ではタンシルに加えてLTブランデン・アルバートもプレーできず、その結果LTビリー・ターナー、LGダラス・トーマスという布陣で臨んだんですが、QBライアン・タネヒルは計6つのQBサックを受けています。RTジャワン・ジェームスも不安定で、このオフェンシブラインの不安が今後も続くとオフェンスもよくならないでしょうね。


その他タネヒルに関する話題ですが、先日のタイタンズ戦の試合後に、一部のファンがスタジアムの駐車場でタネヒルのジャージを燃やしていたそうです。本当に寂しいニュースであり、そうした行為は褒められたものではないのですが、ファンの心情もわからないではないです。

このニュースは当然タネヒルの耳にも入っているでしょうし、タネヒル自身がどう感じているのかはわかりません。しかし今後も先発QBとしてプレーするならば、こうした人たちを実際のプレーで納得させるよう努力しなければいけません。大きな精神力が必要になると思いますが、乗り越えなければいけない壁でしょう。




 


dolphin_one at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 27, 2016

Week 3 対ブラウンズ戦

ドルフィンズのホーム開幕戦、どうしても勝ちたい試合でしたが、結果は勝つには勝ったが…という試合でした。勝利するにしてもその勝利の仕方が問題で、今後に勢いやリズムをつける内容になればいいと思っていましたが、その期待とは違う結果になりました。
QBライアン・タネヒルがサックされてファンブルし、ブラウンズがFGを狙った時にはほとんどすべてのファンの方がドルフィンズの負けを覚悟したと思います。当然私もそうでした。しかし、ブラウンズがミスしてくれたおかげで、最終的にドルフィンズに勝利が転がり込んできました。

最後のRBジェイ・アジャイのTDランはちょっとあっけないものでしたが、その前のWRジャービス・ランドリーへのパス成功で試合が決してしまったようでした。1つよかったのはオフェンスがFGで終わらず、TDで決めてくれたのが幸いでした。

第3週目にして今シーズン初勝利をあげたわけですが、試合内容の数字的なものは負けた2試合よりも悪く、開幕からだんだん悪くなってきています。特にディフェンスはほとんどいいところがなく、悪いところばかりが目立っていた印象があります。

ディフェンス面から見ると、この試合で意外だったのはブラウンズのWRテレル・プライヤーを使ったワイルドキャットフォーメーション、そしてプライヤーがQBとしてプレーしたことでした。これはおそらくほとんどの人が予想をしていなかったことでしょう。実際にドルフィンズもこれは予想していなかったと思いますので、その点でディフェンスが撹乱されたというところはあったでしょう。そうしているうちに先発QBだった新人のコディ・ケスラーも自信を持ってきていいプレーをしてきましたから、なおさらディフェンスとしては慌ててしまったという印象がありました。

それと相変わらずランプレーが止められません。これも開幕戦からどんどん喪失ヤード数が増えてきており、この試合では169ヤードも走られています。試合前からブラウンズの武器はランオフェンスが主であろうと思っていましたが、それ以上にパスが好調だったのでランの方もよくなるという相乗効果があったと思います。

ドルフィンズのディフェンスを見ていると、何か動きが空回りしているような印象を受けます。気持ちは焦っているんだけど体がついていかず、各選手が自分の役割をしっかり守っていないという気がしました。パスラッシュについても激しくプレッシャーをかけているようですが、相手QBにはパスを通されていまい、それがさらに焦りを助長しているような気がします。確かにパスラッシュは必要ですが、そればかりに重点を置いて後ろがおろそかになっている印象があります。

この試合ではDEキャメロン・ウェイクが今までの倍ぐらいの時間でプレーしていたようですが、それにもかかわらず喪失ヤード数は最悪になっています。ディフェンスのシステムが本当にこれでいいのか疑問が残りました。バンス・ジョセフもディフェンシブコーディネーターとしては1年生ですから、その点は不安があります。 

オフェンスにしても第4Qに24-13と11点差をつけた時には、これでこの試合は余裕で勝てるかなと思ったんですが、その後のオフェンスがスリー&アウトの連続で、挙句の果てには同点に追いつかれた後に浮足立ってしまいファンブルを誘発させられたところは正直いってがっかりさせられました。

ちなみにそのファンブルのきっかけとなったプレーで、RTジャワン・ジェームスが先発から降格されられたようです。さすがにその1プレーだけで降格を決めたのではないと思いますが、試合に勝ったのに非常に後味が悪い状況になっています。ジェームスの代わりはビリー・ターナーが務めたようですが、次の試合はどうするのか、注目されるところです。

本当に悪いところばかりが目立った試合でしたが、いいプレーもいくつかありました。最初のタネヒルからWRデバンテ・パーカーへのTDパスとなったドライブはオフェンスのリズムもよかったですし、パーカーへのパスもよかった、素晴らしいドライブでした。その要因はやはりランプレーにあると思いますので、ランとパスのバランスが取れたオフェンスをすれば得点をあげられる可能性は高いです。

そのランプレーですが、先発RBケニアン・ドレイクの9キャリーで37ヤード獲得を筆頭に、チーム全体で25キャリー、115ヤード獲得(平均4.6ヤード)と悪くなかったです。今シーズン最高の数字なんですが、それでもまだ物足りなさはあります。

あと気になる点は、ボール保持時間がおよそ8分間ブラウンズより少なかったです。これはランプレーが少ないということもありますが、それに加えて3rdダウン時の1stダウン更新率が10回中わずか2回だったということもあります。ボール保持時間はこれまでの3試合でいずれも相手チームよりかなり少なく、今シーズンはこういう傾向が続くのでしょうか。そのあたりを改善しなければ本当に勝てる試合は少なくなってきます。

まあしかし、酷い内容でも勝ちは勝ちなので、この勝利が次につながってくれればいいのですが、怪我人も多く出ているようですし、次は木曜日の試合なので通常より間隔が短いです。オーバータイムを戦った後でもあり力を出し尽くした感もあって、しかも敵地での試合と厳しい条件が重なっています。ここをどう戦うのか、ある意味真価が問われるかもしれません。



 


dolphin_one at 19:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 29, 2016

ドラフト1日目

2016年のNFLドラフトが始まりました。3日間の予定で初日は1巡目指名のみが行われたんですが、ドルフィンズは全体13番目の指名でミシシッピー大学のOTラレミー・タンシルを指名しました。

RBかCBかLBか、と思われていた1巡目指名でしたが、タンシルの指名はまったくの想定外でした。確かこれまでのドラフト予想でもタンシルの名前はあがっていなかったように思いましたが…RBエゼキール・エリオットやCBバーノン・ハーグリーブスがすでに指名されて残っていなかったということもあったのでしょう。

しかしこの指名に関して、ドルフィンズのGMクリス・グリアーは、タンシルはドルフィンズで2番目に高い評価をしていた選手で、13番目まで残っているとは思わなかったと言っています。

実際に実力的には全体1位に指名されてもおかしくない選手だったということですが、ドラフト直前にガスマスクを着用して薬物を吸っているような映像がネット上に流れたことから、その素行面が懸念されて指名するチームがなかったようです。

ただ、映像が流れたことは誰かにツイッターのアカウントを乗っ取られたためだということで、大学時代にも薬物テストで陽性と判定されたことはなかったようです。

タンシルは大学時代にはLTでプレーしており、28試合の試合出場で許したQBサックはわずかに2つだったということです。ドルフィンズではブランデン・アルバートが先発LTなので、タンシルの起用方法としてはLGかRTが有力ですが、もしRTとなれば昨年までの先発RTジャワン・ジェームスがRGにコンバートされそうです。

ただし状況によってはアルバートが32歳ですので、早い段階でタンシルに先発LTを任せるかもしれません。そうなった場合にはアルバートをOGで起用するという選択肢も考えられるようですが、実際にどうなるのかはトレーニングキャンプが終わるまでわかりません。


ドラフト2日目は2巡目と3巡目の指名が行われますが、ドルフィンズはそれぞれ11番目と10番目の指名が予定されています。ドルフィンズがどんな選手を考えているのかわかりませんが、1巡目での指名が予想されていたLBのマイルズ・ジャックやレジー・ラグランドがまだ残っています。

またCBの選手ではマッケンジー・アレキサンダーやケンドール・フラー、ザビアン・ハワードなど、そしてRBの選手ではデリック・ヘンリーやデボンテ・ブッカーといったところの指名が予想されています。

どのポジションのどんな選手が指名されるのか、2日目の指名も楽しみにしたいと思います。



 

dolphin_one at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 03, 2016

Week 17 対ペイトリオッツ戦 プレビュー

新年あけましておめでとうございます。本年も『どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜』をどうぞよろしくおねがいします。また、皆さまにとって良き一年となりますことを祈念しております。

さて、新しい年の始まりなのですが、ドルフィンズの2015年シーズンは次の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で終了します。大変残念なのですがこれも仕方がありません。

この試合はペイトリオッツが勝てばプレーオフでの第1シードが決定します。一方のドルフィンズはすでに地区最下位とシーズン負け越しが決定しています。両チームのモチベーションの差もさることながら、ドルフィンズが勝てる見込みはまずないと思われます。

ただ、試合をする以上はドルフィンズが勝てる可能性がゼロというわけではありませんので、わずかな期待も込めてシーズン最終戦をしっかりと見届けたいと思います。この試合のポイントとしては次のようなことがあげられます。

1 ドルフィンズが先に得点を奪うこと

2 ペイトリオッツのランプレーを止めること

3 ドルフィンズがランプレーを数多く出すこと

4 QBライアン・タネヒルをパスラッシュから守ること

5 ペイトリオッツのTEとRBへのパスを防ぐこと

両チームとも主力選手に怪我人が多く出ています。ドルフィンズはCマイク・パウンシーとLBジェラニー・ジェンキンスが今週まったく練習をしておらず、出場できないと思われます。またWRリシャード・マシューズが故障者リスト入りしていますし、その他RTジャワン・ジェームスも練習は少しやったみたいですが、おそらくプレーしないでしょう。

ペイトリオッツもチームトップの12.5QBサックを記録しているDEチャンドラー・ジョーンズと先発OTセバスチャン・ボルマー、そしてWRジュリアン・エデルマンが不出場、RBレガレット・ブロウントとディオン・ルイスはすでにシーズンアウトとなっています。

ペイトリオッツに関しては主力選手に多くの怪我人を抱えながら今の成績を維持しているというのは驚きなのですが、今シーズンは開幕10連勝の後は5試合で3敗と少なからずその影響が出ていると思われます。

ドルフィンズは現在3連敗中でここ9試合でもわずか2勝しかしていません。前回の対戦では暫定HCダン・キャンベルとなって2連勝した後に試合をしていますが、7-36と惨敗しています。

またドルフィンズは得点力不足も深刻で、10月25日にヒューストンテキサンズ相手に44-26で勝利して以降は24点以上の得点を記録しておらず、平均得点は15.9点、オフェンスの総獲得ヤード数も297.0ヤードに止まっています。

最初に得点を取られるとその時点で試合が終わってしまいそうな雰囲気なんですが、ドルフィンズがどれだけ得点を取れるのかを注目したいと思います。

タネヒルは先週の対インディアナポリスコルツ戦で左足を痛めましたが、この試合ではプレーするようです。オフェンシブラインも万全ではありませんし、この試合での多くのプレッシャーを受けることになると思います。ペイトリオッツはNFL2位の48QBサックを記録していますので、積極的にブリッツなどを仕掛けてくるでしょう。

ドルフィンズの選手には勝敗はともかく、今シーズン最終戦ですので1つでも多くのいいプレーを見せてもらいたいと思います。チームMVPに選出されたWRジャービス・ランドリーとSレシャッド・ジョーンズ、新人のWRデバンテ・パーカーとRBジェイ・アジャイあたりに期待したいと思います。 



 

dolphin_one at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック