ジャービス・ランドリー

April 18, 2017

Dolphins Daily News 4.18

制限付きFAだったSマイケル・トーマスが、ドルフィンズが提示していた1年間180万ドル(約1億9600万円)のオファーにサインし再契約したようです。

Palm Beach Postのウェブサイトによると、トーマスは他の2チームから興味を持たれていて、そのうちの1つからは3年契約のオファーを受けていたようですが、ドルフィンズに残る決断をしたということです。

トーマスはスペシャルチームの中心選手として、またニッケルCBやSの控えとして貴重な活躍をしてくれていますので、今回ドルフィンズに残ってくれたことは嬉しいですね。

トーマスが再契約したことにより、ドルフィンズの制限付きFAで去就が決まっていないのはRBダミアン・ウイリアムスだけとなりました。ウイリアムスについてはニューイングランドペイトリオッツと面談を行ったということですが、その後の情報はありません。ウイリアムスもドルフィンズに残ってくれればいいんですが。


ドルフィンズのオフシーズンプログラムが4月17日(日本時間18日)から始まっています。各選手の参加は自由で、練習内容はコンディショニングが主なメニューとなっていますが、QBライアン・タネヒルやCマイク・パウンシー、WRジャービス・ランドリーなどの主力選手も参加しているようです。

そのランドリーについてですが、一部報道ではオフシーズンプログラム開始までに契約延長を締結するかもしれないと言われていましたが、まだ交渉はまとまっていないようです。しかし、自由参加の練習に参加しているということは契約も間近なのではないかなと思います。少なくともシーズン開始までにはまとまるのではないでしょうか。 


Palm Beach Postのウェブサイトではドルフィンズ史上最悪のドラフトとなったシーズンはいつか、というのを投票により決める企画をやっています。それによると、最後の2つが2006年と1984年となっています。

1984年は1巡目でLBジャッキー・シップを指名していますが、このシップという選手はドラフトの失敗例としてたびたび紹介されています。また、2006年はHCニック・セイバンの2年目のシーズンで、1巡目ではSジェイソン・アレンを指名しており、2巡目の指名権はQBダンテ・カルペッパーを獲得するために譲渡しています。そのカルペッパーがまったく使い物にならなかったことは、当時からのファンの方ならよくご存知だと思います。

いずれにしても、数日後にはどちらが最悪のドラフトだったかという結果が出るものと思います。個人的には1984年当時のことはよくわからないので比較のしようがないのですが、2006年に指名された選手の名前を見ると史上最悪候補だと言われるのも頷けます。



 

dolphin_one at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 13, 2017

Dolphins Daily News 4.13

WRジャービス・ランドリーが、今シーズンはドルフィンズがニューイングランドペイトリオッツに連勝すると言っています。かなり強気な発言ですが、可能性はゼロではないので、ファンとしてはそうなるように期待したいです。

ちなみに昨シーズンはペイトリオッツに連敗していますが、ドルフィンズが最後にペイトリオッツに同一シーズンで連勝したのは、なんと2000年シーズンにさかのぼります。その年はQBトム・ブレイディが先発QBではなく、ビル・ベリチックがHCとして1年目のシーズンでした。そしてペイトリオッツは5勝11敗でシーズンを終了しています。

それ以降、16シーズンに渡ってドルフィンズはペイトリオッツに同一シーズンで連勝できていないんですが、連勝できていないのはドルフィンズだけではなく、NFL全体で見ても2002年以来同ディビジョンの同一の対戦相手に連敗をしていないのはペイトリオッツだけだということです。これはある意味驚くべき結果と言えます。

そんなペイトリオッツですから成績がいいのは当然で、過去16シーズンで14回地区優勝を果たしています。直近で地区優勝できなかったのは2008年シーズンですが、その時も地区優勝したドルフィンズと勝率では11勝5敗で並んでいましたので、実質的に地区優勝と同じレベルでした。

ランドリーの予言が現実のものになれば、ドルフィンズの2008年シーズン以来の地区優勝は間違いないと思いますが、そう簡単にはいかないでしょうね。しかし、可能性がある限り期待してみていきたいですね。



 

dolphin_one at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 09, 2017

Dolphins Daily News 4.9

Miami Heraldの記事でドラフトに関する興味深いものが掲載されていました。それによると、2000年以降のドラフト指名選手とプロボウル選出回数の関係をAFC東地区のチーム別に見たものがあり、次のようになっています。

ドラフト指名された選手がプロボウルに選出された延べ回数です。

ニューイングランドペイトリオッツ:17選手が63回選出
ニューヨークジェッツ:14選手が36回選出
バッファロービルズ:13選手が30回選出
マイアミドルフィンズ:12選手が19回選出

プロボウル選出はチームの成績に比例することもありますので、ペイトリオッツの数字が圧倒的に多くなっているということは当然と言えるかもしれません。

しかし、この数字を見ると、プロボウルに選出された選手の数は4チームでそんなに大きな差はないのに、選出の延べ回数は大きく違ってきており、ドルフィンズはジェッツやビルズと比べても大きく劣っています。チームが強くなっていかなかったというのもこの数字を見れば頷けます。

ただ、ドルフィンズにとって明るい部分としては、ペイトリオッツのドラフト指名選手でプロボウルに選出されたのは2103年のジェイミー・コリンズ以来ありませんが、ドルフィンズでは2014年のジャービス・ランドリー、2015年のジェイ・アジャイと2人います。そして昨年のラレミー・タンシルも近いうちにプロボウルに選出されるかもしれません。


また、同じ記事の中で今年のドラフト1巡目指名選手の候補者を予想しています。それによると、ディフェンスの選手が8人でオフェンスの選手が2人となっており、それぞれ次のようになっています。

【ディフェンス】
CBガレオン・コンレイ(オハイオ州立大学)
LBジャラッド・デービス(フロリダ大学)
LBルーベン・フォスター(アラバマ大学)
DEチャールズ・ハリス(ミズーリ大学)
CBケビン・キング(ワシントン大学)
DTマリック・マグドウェル(ミシガン州立大学)
Sジャブリル・ペッパーズ(ミシガン大学)
LBハッサン・レディック(テンプル大学)

【オフェンス】 
TEデビッド・ニョック(マイアミ大学)
OGフォレスト・ランプ (ウエスタンケンタッキー大学)

ドルフィンズの1巡目指名は全体の22番目で、その時点で誰を指名するのか予定通りにはいかないでしょうが、順当にいけばディフェンスの選手で、もしランプが残っていればランプを指名する可能性が高いというところでしょうか。

いずれにしても、4月27日(日本時間28日)のドラフト初日が注目されます。



 

dolphin_one at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 07, 2017

今年のドラフト指名権

今年のドルフィンズのドラフト指名権は全部で8つで、その詳細は次のようになっています。

1巡目:22番目(全体22番目)
2巡目:22番目(全体54番目)
3巡目:33番目(全体97番目)
5巡目:22番目(全体166番目)
5巡目:35番目(全体178番目)
5巡目:41番目(全体184番目)
7巡目:5番目(全体223番目)
7巡目:22番目(全体240番目)

ちなみに4巡目と6巡目の指名権を持っていないのは、NFL全体でドルフィンズだけとなっています。

しかし、このドラフト指名権も当日になってトレードが考えられますので、最終的に何人の選手を指名するのかはやってみなければわかりません。

ESPNのウェブサイトではドルフィンズがドラフトで指名しないであろうポジションが予想されていました。それによるとQB、WR、TEだということです。

QBは先日デビッド・ファレスを獲得しましたので、現在4人体制となっています。あとはドラフト外でQBを拾う可能性はあるでしょうが、ドラフトで指名する必要はないと見ています。

また、WRはケニー・スティルスと再契約したことでジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカーを含めた3人、そして昨年ドラフト3巡目指名で獲得したレオンテ・カルーがいますので、こちらもドラフト外で獲得すれば十分だと思われます。

最後のTEもトレードでジュリアス・トーマス、FAでアンソニー・ファサーノを獲得し、マーキス・グレイとも契約延長してますのでベテラン3人は確定しています。そして、こちらも昨年ドラフト7巡目指名で獲得したトーマス・デュアルテがいます。

その他のポジションはスペシャルチームを除いては指名される可能性はありますが、その中でも一番可能性が低いのはRBでしょうかね。昨年はオフェンスが中心の指名だったのですが、今年はディフェンス中心になるのは間違いないでしょうね。



 

dolphin_one at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 28, 2017

Dolphins Daily News 2.28

WRケニー・スティルスのドルフィンズ残留が難しくなりました。スティルスはドルフィンズが支払うことができる金額以上のサラリーを望んでいるようです。

Miami Heraldの情報によると、スティルスとの再契約は年平均1200万ドル(約13億4800万円)程度の契約が必要になるだろうと報じています。ドルフィンズ側にこの金額を支払うことはできないでしょうから、スティルスはFA市場に出ていくことになり、新天地はフィラデルフィアイーグルスが有力だと言われています。

この1200万ドルという金額ですが、ピッツバーグスティーラーズのWRアントニオ・ブラウンが新たにチームと結んだ契約が年俸1500万ドルで、WRとしては史上最高額だということです。それと300万ドルしか差がないということで、いかに大きな金額かということがわかります。

スティルスはドルフィンズでの2年目となった昨シーズン、チームトップとなる9つのTDパスレシーブを記録しました。ジャービス・ランドリーとデバンテ・パーカーがそれぞれ4TDパスレシーブですから、スティルスの貢献度は高かったと言えます。ただし、パス獲得ヤード数はランドリー、パーカーに次いで3位となっています。

ドルフィンズはランドリーとの契約延長も視野に入れており、仮にスティルスがドルフィンズに残ったとしてもNo.3のWRという扱いでしょうし、当然ランドリーよりもサラリーは低くなります。そう考えればスティルスとしてはFA市場で自らの価値を図り、適正な金額を提示してくれるチームと契約するという道を選択するのは当然と言えます。

ただ、スティルスが活躍できたのはHCアダム・ゲイスのオフェンスシステムに適合したことが大きな理由だったと思いますので、そのオフェンスシステムから離れて、果たして同等もしくはそれ以上の成績が残せるかというと疑問が残るところです。TD数が多かったというのも相手チームのディフェンスがランドリーやパーカーをより警戒し、その結果スティルスへのマークが緩くなっていたということも考えられます。

まあどんな結果になるかはやってみなければわかりませんので、スティルスが他チームに移籍してエースWRとなり、プロボウルに選出されるような活躍をするかもしれません。そうなれば1200万ドルという金額に見合った選手と言えるのでしょうが… いずれにしても今後の動向を見守るしかありませんね。



 

dolphin_one at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック