Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジャービス・ランドリー

Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 10.13―Injury Report

今週末の対アトランタファルコンズ戦のInjury Reportが発表されています。

それによると、先週の対テネシータイタンズ戦で足首を痛めて途中欠場したWRデバンテ・パーカーは現地時間水曜日と木曜日の練習を休んでいます。おそらくファルコンズ戦への出場は難しいでしょうね。

昨シーズンは怪我で苦しんだパーカーですが、今シーズンは活躍の予感があったんですが、また怪我で苦しんでいます。大怪我ではないようなので長引くことはないと思いますが、次の試合は残念です。


ところで、先週のタイタンズ戦ではQBジェイ・カトラーがそのプレー内容の酷さから、地元のファンから "We want Moore" という大合唱を受けました。しかしWRジャービス・ランドリーはそんなファンの行為を非難して、カトラーのことを擁護しています。

まあ、確かにランドリーの気持ちもわかるんですが、カトラーのプレー内容はそれ以上に酷かった。しかも3試合連続ですからなおさらですね。ファンの気持ちとしてはドルフィンズを愛するが故ですので、心情的にはよくわかります。

ドルフィンズのファンならば、本当は誰もカトラーに罵声など浴びせたくはないでしょうが、まあこればかりはプロの勝負の世界ですから仕方ないでしょうけどね。

次の試合、パーカーが試合に出れないとなると、カトラーはまた苦しむでしょうね。なんとか素晴らしいプレーを見せてもらいたいんですが。


Week 4 対セインツ戦 プレビュー

NFL第4週、ドルフィンズはニューオーリンズセインツとロンドンで対戦します。ロンドンでの公式戦はドルフィンズにとってこれが4試合目で、過去の成績は1勝2敗となっています。一方セインツは過去ロンドンでは1戦して1勝という記録が残っています。

この試合のポイントは何と言ってもセインツQBドリュー・ブリーズ対ドルフィンズのパスディフェンスということになるんですが、これまでの結果と数字から見るとブリーズが圧倒的に有利と言えます。

今シーズンのブリーズはこれまでの3試合でパス成功率は68.5%でパス獲得ヤード数は867ヤード、6TDパスに対してインターセプトは犯していません。

逆にドルフィンズのパスディフェンスは相手QBに対して平均8.6ヤードのパスを許しており、これはNFL最下位となっています。そしてこれまで2試合消化していますが、相手QBのパス成功率はおよそ80%となっています。

ディフェンスバック陣が不安要素のドルフィンズではパスラッシュに頼らざるをえないところがあるんですが、相手チームもそれは十分承知していますし、ブリーズはパスのリリースが速いのであまり通用しないかもしれません。ちなみにブリーズは111回のパスプレー中3度しかQBサックを受けていません。

しかもセインツはブリーズがいるためにパスに特化したチームとなっており、当然相手チームのパスディフェンスに勝ってパスを通す戦術には長けていますから、単純なパスディフェンスではブリーズのリズムを崩すことは難しいでしょう。何かブリーズのリズムを崩すディフェンスの戦術が必要になりますが、今のドルフィンズでは厳しいでしょうね。

そうなるとセインツにある程度得点を取られるのは覚悟しなければいけないのですが、それに対抗するためにはドルフィンズもオフェンスで得点を重ねていくしかありません。ただ、先週の対ニューヨークジェッツ戦のオフェンスを見ていると、それも難しいと思われます。

僅かな救いとしてはセインツのディフェンスがよくないということで、トータルディフェンスはNFL31位の452.3ヤード、また失点も同ワースト3位の26失点となっています。ただ、これも数字的なことは試合が始まったらまったく違う展開になるのであてになりません。

ジェッツ戦でもランディフェンスが最下位だったにも関わらず、RBジェイ・アジャイはわずか11キャリーで16ヤード獲得に抑えられました。それに伴ってQBジェイ・カトラーのパスプレーも低調で、ドルフィンズのオフェンスはジェッツに対して最後の最後で完封を免れるのがやっとという状態でした。

アジャイやWRのジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカーが怪我を抱えているということもありましたが、オフェンス全体にリズムがなく、オフェンシブラインもパスプロテクションがしっかりできていません。さらに3rdダウン時の1stダウン更新率もNFLワーストとなっています。

こういう状況の中でドルフィンズが試合に勝つことは難しく、当然戦前の予想でもセインツが圧倒的に有利となっています。しかしそこを何とか打開していかなければいけないわけで、勝つためにはやはりアジャイのランプレーを中心に組み立てていかざるを得ないでしょう。ランプレーで時間を消費してオフェンスを保持し、セインツの攻撃時間をなるべく少なくしなければいけません。

幸い今シーズンのドルフィンズはランディフェンスはよくてNFL5位の70.5ヤードとなっています。セインツのランオフェンスは平均96.7ヤードで決してあなどれないんですが、LBローレンス・ティモンズも復帰してきますし、もうひとりのベテランLBレイ・マウアルーガもプレーする可能性があり、ランに対してはしっかり守れるのではないかと思います。

相手のランを止めればパスディフェンスもしやすくなり、逆に自分たちのオフェンスではランプレーを出していけばパスも通しやすくなるということでリズムも出てくると思います。そのリズムが出てくることによりオフェンスが噛み合えば得点力も上がってきます。そうすれば試合に勝利する可能性も高まってくるでしょう。

この試合はドルフィンズのホームゲーム扱いなんですが、マイアミから遠く離れていますのでロードゲームのような状況だと思います。ただ、過去のロンドンでの試合を見ているとドルフィンズに対する観客の声援はかなりありますので、そのファンの期待に応えるためにも素晴らしいプレーを期待しています。

開幕がハリケーンで流れて西海岸に遠征し、それからマイアミに戻った後にニューヨークに遠征、さらにマイアミに戻ってロンドンへと連続する移動で選手も厳しいと思いますが、なんとかもうひと踏ん張りして自分たちのフットボールを取り戻してもらいたいと思います。


Week 3 対ジェッツ戦

戦前の予想ではドルフィンズが圧倒的に有利だったんですが、試合はやはりやってみないとわからないものですね。これでドルフィンズは1勝1敗となり、数字的にはそんなに問題ではないんですが、内容とか今後を占うとかいうことを考えると、本当に深刻な敗戦だったと思います。

まず感じたことは、ニューヨークジェッツはRBジェイ・アジャイを徹底的に止めにきていたと思います。その戦術が見事にハマったというところもあるんですが、アジャイ自身も怪我をしていたので本調子ではなかったところもあるのではないでしょうか。

いかにジェッツがNFL最悪のランディフェンスだったとはいえ、いざやってみるとこういうことが起きるわけですから、改めて思うことは数字というのは全くあてにならないということですね。

アジャイのランプレーが止められたこともあるんですが、本質的な敗因はQBジェイ・カトラーにあったと思います。この試合ではパス44回投中26回成功で220ヤード獲得で1TD、1インターセプトということだったんですが、内容が非常に悪かったです。

直感的に感じたのはパスがしっかり投げられていないということです。まあ、アジャイのランが止められたということでパスラッシュがより厳しかったということもありました。ジェッツ側は時には6〜7人ぐらいでパスラッシュを仕掛けていたこともあって、さすがにそれでは思うようにパスを投げられないですね。ただ、それを差し引いてもパスの精度や内容はよくなかったです。

ここで思い出されるのが先週の対ロサンゼルスチャージャース戦なんですが、この試合でドルフィンズは非常に保守的なプレーコールが目立ちました。アジャイのランプレーが中心だったんですが、カトラーのパスも短いものが多くてしかもWRジャービス・ランドリーに異常に集中していました。

なぜそうせざるを得なかったのかというと、やはりカトラーがパスを投げられないからということになるんだと思いました。カトラーは一度引退した選手で、復帰してからまだ2か月ほどしかたっていませんし、公式戦は2試合目です。プレシーズンゲームではよかったんですが、所詮プレシーズンはプレシーズンだったということでしょうね。

カトラーのパスはスピードがないし不正確でした。試合の後半だったと思いますがエンドゾーン内でオープンになっているランドリーにパスを投げられなかったことやインターセプトを犯したパスもですが、状況判断がよくできていませんでした。これはやはり一度引退していたということが大きく影響しているのだと思います。

今後試合を重ねていってそのあたりが修正できればいいんですが、シーズン中は本格的には練習ができないでしょうから難しいところもあると思います。シーズン開始前にはプレシーズンのカトラーの調子を見て結構勝てるのではないかと思っていましたが、この試合を見た後はかなり厳しく感じました。まあ、私の予想が外れてくれればいいんですけどね。

最後のTDパスはおまけですね。完封されてもおかしくない試合でしたが、最後はジェッツのディフェンスもソフトになっていたのでパスも通りやすかったと思います。したがって、あれが本来の姿だと思うと大きな間違いで、これからの試合は本当に苦しくなってくるでしょうね。

オフェンスが行き詰まってフェイクパントを敢行しましたが、あれは完全に愚策でした。トリックプレーというのはチームの調子がよくてリズムがある時にやって効果があるもので、追い込まれた状態でやっても成功する可能性は低いです。まあ、それだけ打つ手がなくなってどうしようもなくなったということでしょうが、やってはいけない状況だったと思います。パントを蹴ればそこからターンオーバーということもよくあるんですから。

これでドルフィンズの攻略法が今後対戦するチームにわかってしまった形になりましたが、この敗戦を教訓にどういう対策を考えるのかが課題となります。オフェンスをどのように立て直すのか、カトラー次第だと思いますが、その点に注目したいと思います。


Week 3 対ジェッツ戦 プレビュー

NFL第3週でドルフィンズはニューヨークジェッツと敵地で対戦します。現在ドルフィンズは1試合を消化して1勝、対するジェッツは2試合を消化して2敗、両チームの成績は対照的で、戦前の予想ではアウェイながらドルフィンズが圧倒的に有利となっています。

ドルフィンズは先週のロサンゼルスチャージャースとの開幕戦では19-17で勝利しましたが、相手のミスに助けられての勝利で、どちらかといえば幸運な結果でした。しかし試合内容を見ればRBジェイ・アジャイが122ヤードを走り、QBジェイ・カトラーが堅実なプレーでチームを牽引し、Kコディ・パーキーが4本のFGをすべて成功させるなど、鍵となる選手が活躍して、ミスを犯さなかったところが勝利につながっています。

このジェッツ戦でも同様な戦い方ができれば勝利する可能性は高いと思いますが、いろいろと懸念される材料もあります。まず怪我人ですが、アジャイとWRのジャービス・ランドリーとデバンテ・パーカーがいずれも怪我を抱えているということです。アジャイとランドリーはひざを、そしてパーカーは足首を痛めています。

この3人はいずれもチャージャース戦では活躍し勝利に貢献しているだけに、100%の状態ではないところが不安です。仮にアジャイのランプレーが出なければドルフィンズのオフェンスは苦しくなり、カトラーにも負担がかかって思うように得点が取れないかもしれません。特にチャージャース戦では敵陣レッドゾーン内でTDが取れていないので、さらに苦しくなる可能性があります。

一方のジェッツはオフェンスがパス29位、ラン22位でディフェンスがパス18位、ラン32位と低調です。ただ、まだ2試合しか消化していませんし、その2試合がいずれもアウェイだったということもありますし、数字というのはほとんど信用できず、いざ試合が始まってみれば状況が全く違うというのはよくあることです。

また、ドルフィンズはチャージャース戦ではQBフィリップ・リバースのパスに苦戦してパス成功率79%で331ヤードを許しています。ジェッツのパスオフェンスは29位なんですが、QBジョシュ・マッカウンはパス成功率67%とそれほど悪くありません。マッカウンに自由にパスを通されるようだとジェッツのオフェンスにリズムを与えてしまうことになります。

パスに対するディフェンスは結構苦しむことが予想されますので、QBへのパスラッシュが非常に重要になってきます。DEキャメロン・ウェイクは過去15試合のジェッツ戦で計7つのQBサックを記録していますが、そのウェイクを中心としたパスラッシュでマッカウンのリズムを崩すことが必要です。

ドルフィンズが勝利するためにはアジャイのランプレーが欠かせません。ジェッツは過去2試合でランで計370ヤードを喪失していますので、そこは1つのポイントとなるでしょう。ただし、アジャイが本調子でなかった時に控えRBケニアン・ドレイクやダミアン・ウイリアムスがどこまで走れるかというのもポイントとなります。

それとドルフィンズのオフェンスで課題となるのはより積極的な攻撃です。チャージャース戦ではやや保守的なオフェンスとなっていたような気がします。カトラーがドルフィンズでの最初の公式戦だったということもあるでしょうが、HCアダム・ゲイスのオフェンスとしては物足りませんでした。そこが今回の試合では改善されてくると思います。

いろいろな角度から見てもドルフィンズが優位なんですが、ジェッツも今シーズン初めてのホームゲームなので初勝利に向けて全力を尽くしてくるでしょう。試合は本当にやってみなければわかりませんので、とにかくミスをせずに堅実なフットボールをすることですね。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ