ジャービス・ランドリー

February 28, 2017

Dolphins Daily News 2.28

WRケニー・スティルスのドルフィンズ残留が難しくなりました。スティルスはドルフィンズが支払うことができる金額以上のサラリーを望んでいるようです。

Miami Heraldの情報によると、スティルスとの再契約は年平均1200万ドル(約13億4800万円)程度の契約が必要になるだろうと報じています。ドルフィンズ側にこの金額を支払うことはできないでしょうから、スティルスはFA市場に出ていくことになり、新天地はフィラデルフィアイーグルスが有力だと言われています。

この1200万ドルという金額ですが、ピッツバーグスティーラーズのWRアントニオ・ブラウンが新たにチームと結んだ契約が年俸1500万ドルで、WRとしては史上最高額だということです。それと300万ドルしか差がないということで、いかに大きな金額かということがわかります。

スティルスはドルフィンズでの2年目となった昨シーズン、チームトップとなる9つのTDパスレシーブを記録しました。ジャービス・ランドリーとデバンテ・パーカーがそれぞれ4TDパスレシーブですから、スティルスの貢献度は高かったと言えます。ただし、パス獲得ヤード数はランドリー、パーカーに次いで3位となっています。

ドルフィンズはランドリーとの契約延長も視野に入れており、仮にスティルスがドルフィンズに残ったとしてもNo.3のWRという扱いでしょうし、当然ランドリーよりもサラリーは低くなります。そう考えればスティルスとしてはFA市場で自らの価値を図り、適正な金額を提示してくれるチームと契約するという道を選択するのは当然と言えます。

ただ、スティルスが活躍できたのはHCアダム・ゲイスのオフェンスシステムに適合したことが大きな理由だったと思いますので、そのオフェンスシステムから離れて、果たして同等もしくはそれ以上の成績が残せるかというと疑問が残るところです。TD数が多かったというのも相手チームのディフェンスがランドリーやパーカーをより警戒し、その結果スティルスへのマークが緩くなっていたということも考えられます。

まあどんな結果になるかはやってみなければわかりませんので、スティルスが他チームに移籍してエースWRとなり、プロボウルに選出されるような活躍をするかもしれません。そうなれば1200万ドルという金額に見合った選手と言えるのでしょうが… いずれにしても今後の動向を見守るしかありませんね。



 

dolphin_one at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 19, 2017

Dolphins Daily News 2.19

DEキャメロン・ウェイクと2年間の契約延長を締結したことを発表しました。ウェイクは2018年シーズンまでドルフィンズでプレーすることになりました。契約内容は2年間で総額1900万ドル(約21億4000万円)で、そのうち1100万ドル(約12億4000万円)が保証されます。

ウェイクは2015年のアキレス腱断裂という大怪我から復帰した2016年シーズンは、当初控えDEという扱いでしたが第6週の試合から先発の座に復帰し、最終的にチームトップの11.5QBサック、5ファンブルフォース、1インターセプトを記録しました。11.5QBサックはAFC3位でNFLでは6位の成績でした。

正直言って怪我から復帰しただけでも素晴らしいと思うのですが、その上に好成績を残してプロボウルにも選出されたことは驚きでした。34歳という年齢のこともあったので、まさかここまで活躍してくれるとは思いませんでした。昨日解雇されたDEマリオ・ウイリアムスはウェイクより若いんですが、そのプレースタイルを見るとウェイクの方がはるかにスピード、パワーともに上でした。

今年35歳となったウェイクですが、まだまだNFLのトップパスラッシャーとして活躍してくれると期待しています。

なお、ドルフィンズではWRジャービス・ランドリーとSレシャッド・ジョーンズも契約延長が考慮されています。両選手ともに2017年シーズン終了後にFAの権利を得ることになっています。


昨日解雇されたDTアール・ミッチェルですが、早くも次の所属が決まりそうです。ミッチェルはシアトルシーホークス、サンフランシスコ49ers、アトランタファルコンズ、デンバーブロンコスの4チームと面談を行う予定だと報じられました。

特にシーホークス、49ers、ファルコンズはいずれも4-3のディフェンス隊形を採用しており、ミッチェルが過去3年間ドルフィンズでプレーしていた隊形と同一なので、この3チームが有力候補となりそうです。

ミッチェルもいい選手なんで残ってほしかったんですが、決して安くないサラリーと昨年怪我をしたことが放出の要因となってしまいました。新天地での活躍を祈念しています。



 

dolphin_one at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 12, 2017

Dolphins Daily News 2.12

Sun Sentinel.com のコラムニストであるデーブ・ハイド氏が、ドルフィンズがこのオフにやるべきこととして10項目を提案していますが、その中からいくつかを紹介します。

まずベテラン選手をカットすることとして、DEマリオ・ウイリアムス、LBコア・ミーシー、DTアール・ミッチェル、そしてOTブランデン・アルバートの4選手の名前をあげています。この4人をカットすることにより、サラリーキャップにおよそ2400万ドルの余裕を生むことができるということです。

ウイリアムス、ミーシー、ミッチェルの3人はおそらくカットされると思います。ウイリアムスは期待外れ、またミーシーとミッチェルは怪我のリスクが大きいです。特にミーシーは昨年痛めた首の怪我が選手生命をも危うくさせるほどの大怪我でしたので、NFL自体から退く可能性もあります。

アルバートに関しては、もしカットするとしたら大きな決断です。まだ先発LTとしては十分にプレーする実力はあると思いますが、今年33歳になるという年齢的なものもありますし、昨シーズンも怪我で数試合4試合欠場しています。そしてカットすることによりおよそ700万ドルの金銭的余裕を生むことができます。

今年2年目を迎えるOTラレミー・タンシルが先発LTとして使えそうですので、アルバートをカットする可能性は低くないでしょう。ただ、その場合はオフェンシブラインの選手を補強しなくてはいけませんが、そことの兼ね合いが難しいところでしょうね。


そしてFAのWRケニー・スティルスとの再契約をあげています。昨シーズン、チームトップの9TDパスレシーブを記録したスティルスですので是非とも残したいところでしょう。ただし、再契約するには5年間で総額3500万ドル以上の契約が必要になると見られています。多くの補強ポイントを抱えるドルフィンズにとっては決して安くない金額です。

ドルフィンズはWRジャービス・ランドリーの契約延長も視野に入れていますし、スティルスに関してはフィラデルフィアイーグルスをはじめ複数のチームが興味を持っているようです。FA解禁までに再契約がまとまらなければ、おそらくドルフィンズには戻らないでしょうね。


またベテランLBの獲得も必須です。ミーシーの解雇は確実でしょうし、LBジェラニー・ジェンキンスもFAとなります。ジェンキンスと安価で再契約する可能性もあり、またドラフトで指名するということも考えられますが、それにしてもLBのポジションをアップグレードするためにはベテラン選手の補強が必要です。

ハイド氏はバッファロービルズのザック・ブラウンやニューイングランドペイトリオッツのドンタ・ハイタワー、ロサンゼルスチャージャースのメルビン・イングラム、グリーンベイパッカーズのニック・ペリーといった名前をあげていますが、それらの選手を獲得するためには今年クリーブランドブラウンズとジェイミー・コリンズが締結した4年間総額5000万ドルという契約が必要になるかもしれないということです。


さらにTEの獲得にも言及しており、ジャクソンビルジャガーズのジュリアス・トーマスの名前をあげています。FAのTEではマーテラス・ベネットがいますのでそちらも候補なんですが、トーマスもベネットもかつてアダム・ゲイスのオフェンスの下でプレーしていた選手ですが、ベネットに関しては今年30歳となりますし、FAなので大きな金額での契約が必要になります。

それに対してトーマスの場合は28歳とベネットより若く、2015年にジャガーズと5年間総額4600万ドルで契約しているものの、ジャガーズの首脳陣の体制が代わったことによりカットされる可能性があります。したがって低位のドラフト指名権との交換で獲得できるかもしれません。

ただし、トーマスについて注意すべきは、NFL6年間のキャリアで1度も全試合に出場したことがないことです。昨シーズンは背中の怪我の影響で9試合しか出場していません。トーマスを獲得するにしても健康状態を十分勘案しなければいけないでしょう。



 

dolphin_one at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 11, 2017

Dolphins Daily News 2.11

Pro Football Focus のウェブサイトで2016年シーズンのNFLトップ101選手が発表されていました。

https://www.profootballfocus.com/pro-top-101-players-from-the-2016-nfl-season/?utm_content=bufferb800a&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=nfl

それによると、ドルフィンズの選手はその101人の中に3人が入っています。RBジェイ・アジャイが31位、DEキャメロン・ウェイクが45位、そしてDTダムコン・スーが52位ということです。

いずれもプロボウルに選出された選手なんですが、プロボウルに選ばれた選手ではWRジャービス・ランドリーがこのランキングに入っていません。ちなみに101人の中でWRの選手は10人が入っています。

昨シーズンのランドリーはNFL7位の94回のパスレシーブを記録しており、3rdダウン時のパスレシーブも26回でこれも同7位です。

Pro Football Focus がどんな基準で101人の選手をランク付けしたのかわかりませんし、ランドリーのようにプロボウルに選ばれていてもこの101人の中に入っていない選手もいます。

まあ、これに限らずいろいろなランキングなどの数字は、本当に参考程度に見た方がいいんでしょうね。個々の選手の本当の価値を図る基準なり指標は難しいと思います。



 

dolphin_one at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 04, 2017

Dolphins Daily News 2.4

このオフにFAとなるWRケニー・スティルスについて、フィラデルフィアイーグルスが獲得に興味を持っているという報道がありました。

スティルスはドルフィンズ2年目の2016年シーズン、42回のパスレシーブで726ヤードを獲得し、チームトップの9TDパスレシーブを記録しています。ドルフィンズのFA選手の中では最優先で残留させようという動きもあるなど、チームにとっては必要とされている選手です。スティルス本人も残留を希望しているようですが、NFLのビジネスの世界ではどう転ぶかわかりません。

スティルスがドルフィンズと再契約する可能性は高いと思われますが、ドルフィンズはWRジャービス・ランドリーとの契約延長も締結したいと考えており、その場合にランドリーとスティルスどちらを重視するかというとやはりランドリーの方だと思います。したがって、ランドリーにより多くのお金をかけなければいけないとなるとスティルスは諦めるかもしれません。

ランドリーは2017年シーズン終了後にFAとなる予定で、ドルフィンズとしてはその前に契約延長をしてランドリーの移籍を阻止するとともにサラリーを抑えることを考えています。ちなみに契約延長の締結には年平均1100〜1300万ドルのサラリーが必要となるかもしれません。

また、もしスティルスと再契約しようとするとどのぐらいのサラリーが必要かというと、spotrac.comというウェブサイトの試算によると年平均820万ドルだということです。イーグルスに限らずWRを必要としているチームはスティルスを狙う可能性は大きいでしょう。スティルスはNFLで4年のキャリアがありますがまだ24歳と若く、FAでの市場価値も高いでしょうね。



 

dolphin_one at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック