Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジャービス・ランドリー

Week 17 対ビルズ戦

マイアミドルフィンズの2017年シーズンが終了しました。最終戦はホームでのバッファロービルズ戦ということで、しっかりと勝利してビルズのプレーオフ進出を阻止して終わってもらいたかったんですが、両チームのモチベーションの差でしょうか、序盤から得点を重ねられてリードを奪われ、結局最後は追いつけませんでした。

22-16というたったの6点差での敗戦となったんですが、得点差以上の敗北感がありました。また、WRジャービス・ランドリーとRBケニアン・ドレイクの退場劇もあって本当に後味の悪い試合となりました。反則も多くて、負け方は2週間前の対戦と同じでまったく進歩がない、あの敗戦から何も対策が講じられていないように思えました。

そういうことから考えると本当に現政権で来シーズンも大丈夫なのかという疑問も湧いてきますが、まあ差し当たってシーズンが終了しましたので、来シーズンに向けた新しいスタートを切ることになり、何らかの変化があるかもしれません。選手も入れ替わるでしょうしQBライアン・タネヒルなど怪我人も復帰してきますのでまた期待をして見ていきたいと思います。

この試合に関してですが、まず先発したQBジェイ・カトラーがたった1シリーズで退いてしまったのはちょっと驚きでした。しかしこの起用を見るとカトラーは来シーズンの構想にはないということがはっきりしましたね。カトラーについては急遽引退から復帰してよくやってくれたと思います。

代わって出場した控えQBのデビッド・ファレスですが、ある意味ファレスにとっては来シーズンに向けての査定試合だったと思います。それだけに注目してみていたんですが、やはり力不足というかNFLの先発はもちろん、控えとしても疑問の残るプレー内容でした。最後はあわやというところまでいきましたが、あれで逆転まではいかなくても敵陣深く攻め込んでビルズを苦しめていたら印象も違ったんですが、さあこれからという時にあっけなくインターセプトとは、残念な結果でした。

それと問題の大乱闘からの退場劇ですが、感情的になることはある程度は仕方がないと思います。その前にビルズに派手なTDセレブレーションを2回も見せつけられているんですから。(2回目は判定が覆って幻のTDとなりましたが)ただしその後がいけません。どういう状況だったのかははっきりとわかりませんが、退場になるほどやってはいけませんし、ドレイクもヘルメットを投げ捨てたのはやりすぎでした。

あの後、まだ試合は6分以上残っていて、得点差は13点だったので2回TDを取れば逆転可能でした。それなのにオフェンスのもっとも重要な2人、エースWRとエースRBが共にいなくなるような行為を犯しているんですから大ボーンヘッドと言わざるを得ません。

実際にあと一歩で逆転できるところまで試合を作ったんですから、もしランドリーとドレイクが最後までプレーしていたら、逆転できる可能性はいない時よりも高かったはずです。その意味でも本当にやってはいけない行為だったと思います。

ただ、冷静に見ればそう思えるのであって、今シーズンはチーム全体が本当にフラストレーションが溜まるばかりだったと思います。それが最後の最後になって一気に爆発したように思えましたので、冷静になれというのが難しかったのでしょう、その気持ちも理解できるだけに複雑な心境でした。

ランドリーについては今シーズン終了後に無制限FAとなることが決まっています。ランドリー自身はドルフィンズに残りたい旨の発言をしているようですが、フロント陣はどう考えているのか。それは今後徐々にわかってくるかもしれませんが、ランドリーは確かに怪我に強いですしチームに欠かせない選手だと思います。ただし、この試合のように感情的になる場面がしばしば見受けられます。それがチームに及ぼす影響ということも考えなければいけないのかなとこの試合を見て感じました。

ドルフィンズにとっては残念な結果に終わったんですが、ビルズやビルズファンにとっては最高の結果に終わりましたね。この試合が終わった時点ではボルチモアレイブンズの勝利が濃厚だったので、私もビルズがプレーオフに進出できるとは思わなかったんですが、レイブンズがまさかの逆転負でした。あんな信じられない結果を見ると、今シーズンはビルズのシーズンだったということでしょうね。

ドルフィンズは開幕前にタネヒルが怪我をして、大方の予想が5勝から6勝、よく勝って8勝ということだったんですが、終わってみれば予想どおりの結果でした。カトラーに期待したんですが過剰な期待をしていたようで、この試合のファレスのプレーを見ているとカトラーと大差はないと感じました。そういう意味ではカトラーを復帰させた意味があったのかどうかが疑問になってきますが、これはもうあとの祭りですね。

ドルフィンズファンにとっては本当に悔しく残念で、また失望もさせられたシーズンだったんですが、ただ今シーズンも最後まで楽しませてもらったと思います。今シーズン残念だった分、来シーズン以降にまた期待をしたいと思います。個人的にも長年ファンをしてきていますが、最近では年々思い入れが強くなってきているように感じます。

最後に今シーズンもこのブログを見ていただいたすべてのフットボールファンの皆様に感謝いたします。本当にどうもありがとうございました。そして、新しい年の幕開けにあたって一言、新年あけましておめでとうございます。今年も変わらずよろしくお願いいたします。皆さまにとって輝かしい1年となることを心よりお祈り申しあげます。


Week 17 対ビルズ戦 プレビュー

2017年シーズンの最終戦、マイアミドルフィンズはホームでバッファロービルズと対戦します。ドルフィンズはすでにプレーオフ進出の望みは消えていますが、ビルズはまだ可能性を残しています。

ビルズはこの試合に勝利して、かつ他チームが敗れるなどとなった時に1999年シーズン以来のプレーオフ進出が決定します。しかしその条件は厳しく、ボルチモアレイブンズが敗れるか、ロサンゼルスチャージャースとテネシータイタンズの両方が敗れなければいけないという、ほとんど可能性のないものです。ただし、この試合に向けてのモチベーションはホームのドルフィンズよりもビルズの方が高いと思われます。

両チームは2週間前にも対戦しており、この時はビルズのホームゲームであったこともあり、24-16でビルズがドルフィンズに勝利しています。ドルフィンズはビルズのオフェンスの武器であるRBルショーン・マッコイとQBタイロッド・テイラーを抑えられず敗れ、その敗戦により実質的にプレーオフ進出の可能性を絶たれています。

昨シーズン10勝6敗という成績をあげて2008年シーズン以来のプレーオフ進出を果たしたドルフィンズでしたが、今シーズンは開始前からQBライアン・タネヒルなどの主力選手の怪我に見舞われるなどで期待外れのシーズンに終わりました。この最終戦はホームでの最終戦であることもあり、また同地区のライバルであるビルズのプレーオフ進出を阻むためにも是非とも勝利したいところです。

そのドルフィンズですが、この試合にはLTラレミー・タンシルが足首の怪我のために欠場が濃厚となっています。代わりに出場するのがNFL初先発となるOTザック・ステラップです。当然ビルズのディフェンスはそこを狙ってパスラッシュを仕掛けてくるでしょう。反対サイドのRTサム・ヤングも本来は控えの選手で、オフェンシブラインの不安がありQBジェイ・カトラーを守りきれるかがポイントとなります。

そのカトラーですが、この試合では先発が予定されていますが、試合展開によっては控えQBのデビッド・ファレスが途中から出場することが考えられます。すでに勝敗が関係なくなったドルフィンズですので、来シーズンを見越しての選手起用も考えられます。ファレスの起用は来シーズンの控えQBとしてチームに残れるかどうかのテストの場でもあるかもしれません。現在のロースターで来シーズンもドルフィンズに残留する可能性が一番高いのがファレスですからね。

個人の記録的なことから見ると、WRジャービス・ランドリーは現在103回のパスレシーブを記録していますが、これまでの最多の110回を更新することができるか、またDEキャメロン・ウェイクが二桁QBサックを記録できるか、RBケニアン・ドレイクが100ヤード以上を走れるかというところが注目されます。

またカトラーも現役続行を希望しているようですので、この試合のパフォーマンスは来シーズンへのアピールの意味でも重要になってくるかもしれません。過去2試合は内容が悪かったんですが、ホームでニューイングランドペイトリオッツを破った時のようなプレーができるかどうかでしょうね。

この試合はドルフィンズのホームゲームであるんですが、ビルズの方が3ポイント有利という予想が出ています。ドルフィンズは勝ってもあまり意味はなく、逆に負ければ来年のドラフト指名順が10番以内になるということで負けた方がいいのでは? という見方もあるようですが、やはり試合をする以上は勝つために戦ってもらいたいです。いろいろと悪いニュースが多かった今シーズンですので、最後ぐらいは気持ちよく勝って終わってもらいたいと思います。

勝つためには、やはりビルズよりも先に得点をあげて試合の主導権を握ることですね。そのためにはなんとしてもディフェンス陣の奮起に期待したいです。そしてオフェンスでは3rdダウンコンバージョンを成功させてできるだけボールを保持し、ビルズに攻撃時間を与えないことです。そうすればビルズ側にも焦りが出てくると思うので、より試合を優位に進められるでしょう。あとは絶対にターンオーバーをしないことですね。

シーズン最終戦を迎えるにあたって、実に16人もの選手が故障者リスト入りしているドルフィンズですが、シーズン後半には若い選手の活躍が目立ってきていますので、この試合でも若い選手のプレーに注目したいです。ドレイク、WRジャキーム・グラント、CBザビアン・ハワードとコードレイ・タンカーズレイ、DEチャールズ・ハリスあたりに期待しています。

それとこの試合は両チームとも1970年台のスローバックジャージを着用して試合に臨むようです。ドルフィンズにとっては昨シーズンから無敗のスローバックジャージでの試合ですので、3週間前のペイトリオッツ戦同様、素晴らしい勝利を見せてもらいたいです。


Dolphins Daily News 12.20ーSジョーンズがプロボウルへ

NFLではプロボウル選出選手の発表があり、ドルフィンズからはSレシャッド・ジョーンズがただひとり選ばれました。

ジョーンズは2015年シーズンに次いで2度目のプロボウル選出です。前回は代替選手としての選出でしたが、今回は先発選手としての選出となりました。

今シーズンのジョーンズはこれまで14試合すべてに先発出場して、チーム2位の99タックル、そして0.5QBサック、2インターセプト、3ファンブルリカバー、4パスディフェンスを記録しています。

ジョーンズはファンブルリターンTDを2度記録していますが、これは今シーズンのNFLでは唯一の選手となっています。また99タックルはAFCのセーフティの選手としてはトップの成績です。ジョーンズは10月8日の対テネシータイタンズ戦で38ヤードファンブルリターンTDを、そして11月26日の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で14ヤードファンブルリターンTDを記録しています。

ちなみにドルフィンズでは昨シーズンは代替出場も含めて4人の選手がプロボウルに選出されています。DTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイク、WRジャービス・ランドリー、そしてRBジェイ・アジャイでした。

しかし今シーズンは今のところジョーンズだけです。今後代替出場で誰かが選ばれる可能性がありますが、もしこのままひとりしか選ばれないとなると、2007年シーズンにDEジェイソン・テイラーがひとりだけ選ばれて以来のことになります。

プレー内容で見るとジョーンズの他にスーも選ばれてもいいと思うのですが、プロボウルの選出はチームの成績に比例するようなところもありますから、ある程度仕方がないと思います。ただ、スーやランドリーは代替選手として選ばれる可能性は高いと思います。

また、スペシャルチーム選手でマイケル・トーマスも選ばれてもいいと思いますが、その部門ではペイトリオッツのマシュー・スレイターが選ばれています。スレイターは今シーズンはわずか7試合しか出場していませんが、トーマスは13試合に出場してチームトップの11スペシャルチームタックルを記録しています。これは明らかに不適切な選出だと言わざるを得ません。

まあ、プロボウルもその存在価値そのものが毎年のように議論の的になっていますし、人気投票の要素もありますので、プロボウルに選ばれなかったからと言ってその実力が疑われるものでもありません。プロボウルというものを残すのならばしっかりとした評価方法や選出の仕方を考えるべきではないでしょうか。


Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 10.13―Injury Report

今週末の対アトランタファルコンズ戦のInjury Reportが発表されています。

それによると、先週の対テネシータイタンズ戦で足首を痛めて途中欠場したWRデバンテ・パーカーは現地時間水曜日と木曜日の練習を休んでいます。おそらくファルコンズ戦への出場は難しいでしょうね。

昨シーズンは怪我で苦しんだパーカーですが、今シーズンは活躍の予感があったんですが、また怪我で苦しんでいます。大怪我ではないようなので長引くことはないと思いますが、次の試合は残念です。


ところで、先週のタイタンズ戦ではQBジェイ・カトラーがそのプレー内容の酷さから、地元のファンから "We want Moore" という大合唱を受けました。しかしWRジャービス・ランドリーはそんなファンの行為を非難して、カトラーのことを擁護しています。

まあ、確かにランドリーの気持ちもわかるんですが、カトラーのプレー内容はそれ以上に酷かった。しかも3試合連続ですからなおさらですね。ファンの気持ちとしてはドルフィンズを愛するが故ですので、心情的にはよくわかります。

ドルフィンズのファンならば、本当は誰もカトラーに罵声など浴びせたくはないでしょうが、まあこればかりはプロの勝負の世界ですから仕方ないでしょうけどね。

次の試合、パーカーが試合に出れないとなると、カトラーはまた苦しむでしょうね。なんとか素晴らしいプレーを見せてもらいたいんですが。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ