Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

ジャーモン・ブッシュロッド

Dolphins Daily News 5.11

NFL.comのバッキー・ブルックス氏が2017年シーズンのオールルーキーチームの予想をしています。まだトレーニングキャンプもプレシーズンゲームも始まっていない段階での予想はやや強引すぎるんじゃないかと思いますが、ドラフトが終わって最も話題に乏しいところですから、こういう企画もありなんでしょうね。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000807670/2017-allrookie-team-predictions

これを見ると、ドルフィンズのLBレークワン・マクミランが選出されています。他のLBはというと、デトロイトライオンズのジャラッド・デービスとサンフランシスコ49ersのルーベン・フォスターとなっています。

またNFL.comの別の企画ではグレッグ・ローゼンタール氏が各チームの先発選手の予想をしており、それによるとドルフィンズのLBはミドルLBがローレンス・ティモンズであとの2人はキコ・アロンソとマクミランとなっています。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000806974/article/afc-east-projected-starters-patriots-offense-absolutely-loaded

マクミランについてはベテランのコア・ミーシーとのポジション争いが予想されていますが、両氏ともマクミランの方が上だと見ているんでしょうね。ドラフトされた当初はマクミランではなくてザック・カニンガムを指名するべきだったという声も聞かれましたが、それなりに実力はあって1年目から期待ができるんでしょうか。

ちなみにドルフィンズのドラフト指名選手7人のうちで最も先発選手となる可能性が高いと思われていたのはOGアイザック・アシアタですが、ローゼンタール氏の予想ではドルフィンズのOGはRGがジャーモン・ブッシュロッド、LGがクレイグ・アービックとなっています。

この結果はちょっと意外でした。いろいろな見方があると思いますが、ブッシュロッドは昨シーズンの先発RGだったので納得ですが、アービックは控え選手だったのにアシアタよりも上だと考えられているんですね。ただ、これは実際に始まってみないとわかりませんね。

ブルックス氏の予想どおり、マクミランにはシーズン終了後にオールルーキーチームに選ばれるような活躍を期待したいですね。



ドラフト3日目

NFLドラフト3日目、この日は4巡目から7巡目までの指名が行われました。ドルフィンズは4巡目指名権を保有していなかったため、5巡目からの参加となっています。当初は5巡目が3つと7巡目が1つの指名権だったんですが、5巡目の最初の指名後、指名権のトレードがあって最終的には次のような指名結果となっています。

5巡目20番目(164番目) OGアイザック・アシアタ(ユタ大学)
5巡目35番目(178番目) DTダボン・ゴッドチョー(ルイジアナ州立大学)
6巡目10番目(194番目) DTビンセント・テイラー(オクラホマ州立大学)
7巡目19番目(237番目) WRアイザイア・フォード(バージニア工科大学)

OGとDTという必要性のあるポジションの選手は指名できました。あとSの選手も指名できればよかったんですが、それについては今後ベテラン選手を補強することになるんでしょうか。

アシアタはガードの他にセンターでもプレーできる選手です。ランブロッカーで、今回のドラフト指名選手の中では、前日までの3人も含めて最も先発選手に近いのではないかとの見方もあります。いずれにしても、ジャーモン・ブッシュロッド、テッド・ラーセンとのポジション争いが予想されます。

ゴッドチョーは大学時代は1年生の時から先発DTを務めています。昨シーズンは6.5QBサックを記録しており、大学3年間での通算では34試合の先発を含む37試合に出場して145タックル、12.5QBサック、2ファンブルフォースを記録しています。

テイラーは昨シーズンは7.0QBサック、13ロスタックルを記録するとともに、スペシャルチームではキックのブロックを4回記録しています。3巡目までに指名されてもおかしくない潜在能力はあるようです。フットボールとは直接関係はないんですが、2005年8月に発生したハリケーン・カトリーナの被災者であったということです。

フォードは昨シーズンは79回のパスレシーブで1094ヤードを獲得して7TDパスレシーブを記録しており、大学3年間での通算では2967ヤードを獲得して24TDパスレシーブを記録しています。高校時代はバスケットボールの選手だったようですが、大学ではフットボールを選択したということです。

3日間のドラフトが終了して計7人の選手を指名しました。当初の予想どおりディフェンスの選手が主体となり7人中5人が指名されました。全体的に見ると7人とも開幕の53人ロースターには残りそうな選手ばかりで、そのうちの何人かはもしかすると先発となっているかもしれません。

今後ドラフト外の新人選手も加わってチーム練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを通じて競争が行われるわけですが、ベテランの先発選手を脅かすような新人が数多く出てきて、レベルの高いポジション争いが展開されることを期待し、また楽しみにしています。




Dolphins Daily News 3.17

今週のドルフィンズにとって最も大きな話題であったDTドンタリ・ポーですが、ドルフィンズとの交渉が決裂した翌日、アトランタファルコンズと契約しました。契約内容は1年間で800〜1000万ドルだということです。

ポーはドルフィンズと交渉する前にファルコンズと面談しており、最終的にファルコンズに決めたということはドルフィンズとファルコンズを天秤にかけていたということでしょうね。これは推測ですが、どちらかといえばドルフィンズに行きたかったんじゃないでしょうか。

ドルフィンズがポーに対してどれだけの条件を提示したのかはわかりませんが、年俸とは別に保証とかプラスαのところで合意に達しなかったのかもしれません。

ポーに関しては2012年にドラフト1巡目指名(全体11番目)でカンサスシティチーフス入団しました。入団して最初の3年間はNFLでもトップクラスのパスラッシングDTとして活躍し、2013〜14年シーズンには2年連続でプロボウルにも選出されています。

しかし過去2年間は背中の故障に悩まされていたこともあったようで、必ずしもいいパフォーマンスをみせていなかったようです。昨シーズンは27タックルで1.5QBサックという平凡な記録に終わっています。ドルフィンズもそのあたりを考えて評価を下げたとも考えられます。

いずれにしても、これでドルフィンズはDTのポジションに関して、別な誰かを獲得するか、あるいは控えDTだったジョーダン・フィリップスを先発として起用するかということになります。個人的にはできればフィリップスにステップアップしてもらって、控えクラスのDTを補強するのがいいかと思います。


FAとなっていたOGジャーモン・ブッシュロッドと再契約しました。契約内容は明らかにされていません。

ブッシュロッドはHCアダム・ゲイスがシカゴベアーズから引っ張ってきた選手で、もともとはOTの選手だったんですが、ドルフィンズに来てOGに転向しました。そして昨シーズンは先発RGとして16試合すべてに先発出場しています。ちなみにドルフィンズのオフェンシブラインで16試合すべてに先発出場したのはブッシュロッドとRTジャワン・ジェームスだけでした。

ブッシュロッドは今年の8月には33歳となるので、おそらくドルフィンズで引退するものと思われます。今シーズンも先発RGとしてプレーするのかどうかはわかりませんが、今の選手層をみるとドラフトで有能なオフェンシブラインの選手が指名できなければブッシュロッドが先発ということになるのではないでしょうか。

ベテランらしい堅実なプレーをする選手ですので、今シーズンもドルフィンズのオフェンシブラインの一員としての活躍を期待しています。



 

Dolphins Daily News 1.14

ドルフィンズのオフェンシブラインコーチであるクリス・フォースターが、ロサンゼルスラムズからオフェンシブコーディネーター就任の面談を要請されたようですが、ドルフィンズ側がこれを断ったそうです。

ラムズはショーン・マクベイが新しくヘッドコーチに就任したんですが、そのマクベイは2010〜16年にワシントンレッドスキンズでオフェンスのアシスタントコーチを歴任していました。その同時期、2010〜14年までフォースターはレッドスキンズでオフェンシブラインコーチを務めていて、マクベイはその時の繋がりでフォースターをラムズのスタッフに加えたかったようです。

ドルフィンズのアシスタントコーチが他チームにリクルートされる可能性は否定できないんですが、このニュースを見る限り、その可能性は低いように思われます。


Pro Football Focus のウェブサイトによると、今シーズンのドルフィンズのオフェンシブラインはNFLで30位という評価がされています。ちなみにドルフィンズより悪いのは31位がサンディエゴチャージャース、32位がシアトルシーホークスとなっており、1位はテネシータイタンズとなっています。

https://www.profootballfocus.com/pro-ranking-all-32-nfl-offensive-lines-this-season/

ランオフェンスがNFL9位、被QBサック数も30回で少ない方から数えて10番目のドルフィンズだったので、この評価の低さは意外でした。

その大きな理由としてはCマイク・パウンシーがシーズンの3ぶんの2を欠場していることが大きいんですが、その他にもLTブランデン・アルバートやLGラレミー・タンシルが怪我で欠場していたこと、さらにRGを務めていたジャーモン・ブッシュロッドは本来LTが専門だということも理由としてあげられます。

オフェンシブラインについては、そのプレー内容がはっきりと数字で表れるわけではないのでいろいろな見方があると思います。来シーズンはオフェンシブラインの入れ替えが予想されますが、より安定したオフェンシブラインになればドルフィンズのオフェンスはさらに向上することになると思われます。



 

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ