Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジュリアス・トーマス

Dolphins Daily News 8.23―イーグルスとの合同練習2日目

昨日に続いてフィラデルフィアイーグルスとの合同練習の2日目です。

・RBケニアン・ドレイクが脳震とうのプロトコルから復帰しました。また肩を痛めていたRTジャワン・ジェームスも練習に復帰しています。

・QBジェイ・カトラーがWRデバンテ・パーカーとTEジュリアス・トーマスにTDパスを決めています。パーカーには40ヤードのTDパス、そしてトーマスには昨日に続いてのTDパスです。さらにカトラーはWRケニー・スティルスにも40ヤードのTDパスを通しています。

・Cマイク・パウンシーは練習を休みましたが、イーグルスとのプレシーズンゲームには出場する見込みです。

・この日のドルフィンズのオフェンシブラインは、LTラレミー・タンシル、LGジェシー・デービス、Cアンソニー・スティーン、RGジャーモン・ブッシュロッド、そしてRTジェームスでした。スティーンのところにパウンシーが入れば現時点でのベストメンバーです。

・LBレイ・マウアルーガはまだ練習に参加していません。地元フロリダに戻るまでは練習しないようで、プレシーズンゲームにも出場しない見込みです。

・DBウォルト・エイケンズ、LBネビル・ヒューイットは相変わらず欠場しています。



Dolphins Daily News 8.15―カトラー、プレシーズンゲーム出場?

QBジェイ・カトラーが8月17日(日本時間18日)のボルチモアレイブンズとのプレシーズンゲームに出場する可能性が出てきました。HCアダム・ゲイスは正式決定はまだだとしていますが、順調に何もなければドルフィンズでのデビュー戦となりそうです。

引退していた選手がわずか1週間ほどでドルフィンズのQBとしてプレーするわけで、おそらく多くは期待できないでしょうが、レギュラーシーズン開幕に向けては大きな一歩と言えるでしょう。プレー時間は限定的となるでしょうが、そのプレー内容に注目したいと思います。

脳震とうで欠場していたRBジェイ・アジャイが100%ではないにしろ練習に復帰したという矢先に、今度はもうひとりのRBケニアン・ドレイクが頭部を痛めて欠場しました。脳震とうの可能性もあるということで、主力RBの2人が使えない状態になっています。

ドレイクはDBトリー・マッタイヤーとヘルメット同士で衝突したようです。マッタイヤーのタックルが危険だったということでしょうが故意ではないし、ゲイスもフットボールのプレー中だから仕方がないというようなことを言っています。正式な診断はまだのようですが、これでドレイクは少なくとも今月中はプレーできないのではないでしょうか。レギュラーシーズン開幕に間に合えばいいんですが。

それにしても今年のドルフィンズは怪我人が多いです。今日新たにTEジュリアス・トーマスが背中を、WRレオンテ・カルーとジョーダン・ウェスターカンプがハムストリングを痛めています。またWRではアイザイア・フォードもひざを痛めて練習を休んでいます。

昨年のトレーニングキャンプではほとんど怪我人がいなかったような記憶がありますが、今年はファンの皆さんもご承知のように非常に多いです。ハードな練習をこなしているのかどうなのかわかりませんが、これ以上は大きな怪我人は出ないように願いたいです。

というわけで、WR陣が手薄になったこともあり、新しいWRと契約したようです。トレイ・グリフィーという選手ですが、この選手のお父さんはケン・グリフィーJrです。メジャーリーグベースボールのファンの方はご存知だと思いますが、1990〜2000年台にかけて活躍した外野手です。主にシアトルマリナーズで活躍したスーパースターで、背番号24は永久欠番となっています。ちなみにおじいさんのケン・グリフィーもメジャーリーグベースボールの選手でしたが、トレイはベースボールではなくてフットボールを選んだんですね。

トレイは今年ドラフト外でインディアナポリスコルツに入団しましたが、怪我をしたということでコルツを解雇されていました。しかしその怪我も癒えたのでしょうか、今回ドルフィンズ入りすることになりました。アリゾナ大学時代は4年間で通算79回のパスレシーブで1241ヤード獲得、6TDパスレシーブという成績でしたが、父親が偉大なスポーツ選手だったにも関わらず、今年のドラフトで話題にならなかったのは実力が劣っているということだったんでしょう。

怪我人が多いとはいえドルフィンズはWR陣が豊富ですから最終ロースターに残るのは難しいでしょうが、可能性はゼロではないので可能な限り挑戦してもらいたいですね。



Dolphins Daily News 7.2―best offense

QBライアン・タネヒルは今シーズンのドルフィンズのオフェンスについて、本人がプレーした中で最高のオフェンスになるだろうと言っています。

今年6年目を迎えるタネヒルですが、これまでWRマイク・ウォレス、LBラマー・ミラー、RBレジー・ブッシュなど数々の選手とともにプレーしてきましたが、確かに今シーズンのオフェンスのメンバーはこれまでと比べて充実していると思われます。

RBにはジェイ・アジャイ、ケニアン・ドレイク、ダミアン・ウイリアムス、TEにはジュリアス・トーマスとアンソニー・ファサーノ、そしてWRはジャービス・ランドリー、ケニー・スティルス、デバンテ・パーカーが揃っています。

特に最も飛躍が期待されているパーカーが予想どおりブレークして、さらに移籍してきたトーマスがかつての輝きを取り戻せるならばオフェンスの武器としては十分です。

ただ、不安が残るのはオフェンシブラインで、オフェンシブラインの出来次第では最高のオフェンスとはなりえません。2年目のラレミー・タンシルが本来のポジションであるLTに入るんですが、Cマイク・パウンシーは開幕してみなければわからず、両OGは残念ながらリーグでも下位のレベルだと思われます。

タネヒルが考えているとおり最高のオフェンスになればいいんですが、1つ歯車が狂ってしまうと昨年並のオフェンスとなる可能性もあります。そのあたりはHCアダム・ゲイスの手腕が問われるところですが、トレーニングキャンプやプレシーズンゲームでどんな結果を残すのかもポイントとなります。

昨年NFL24位のトータルオフェンス(332.8ヤード)と同17位の得点力(22.7点)が大きく向上することを期待しています。




Dolphins Daily News 6.19―ミニキャンプ等総括

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が今年のドルフィンズのチーム練習からミニキャンプまでの総括を行っています。

【トッププレーメーカー】
オフェンス:QBライアン・タネヒル
ディフェンス:DEチャールズ・ハリス
【最も驚かされた選手】
オフェンス:WRデバンテ・パーカー
ディフェンス:CBザビアン・ハワード
【最も失望させられた選手】
オフェンス:TEジュリアス・トーマス
ディフェンス:LBレークワン・マクミラン
【最も向上が必要な選手】
オフェンス:LTラレミー・タンシル
ディフェンス:DTジョーダン・フィリップス

トーマスとマクミランはちょっと心配です。トーマスは少なくとも10個ぐらいのTDパスレシーブを記録するとOCクライド・クリステンセンが太鼓判を押していたんですが、もしかしたら昨年のディオン・シムズにも及ばない結果となる可能性も否定できないかもしれません。

またマクミランは先発LBのポジションを勝ち取れると思っていましたが、現時点ではマイク・ハルの方が上だということです。今後の状況次第でいい方に変わってくれればいいんですが、コア・ミーシーの体調次第ではベテランLBを補強しなければいけないかもしれません。

その他ケリー氏は、トレーニングキャンプでのポジション争いで最注目はボビー・マッケインとマイケル・トーマスの先発ニッケルCB争い、そしてドルフィンズが再びプレーオフに進出するためにはフィジカルなランオフェンスを構築しなければならないと言っています。




Dolphins Daily News 6.10―チーム練習でわかったこと

OTAと呼ばれるチーム練習が終わりました。計10日間のチーム練習からわかったことを、公式ウェブサイトのコラムニストであるアンディ・コーエン氏が紹介していました。

1 QBライアン・タネヒルは大丈夫
2 WRデバンテ・パーカーは今までとは見違えるようだ
3 DEチャールズ・ハリスの指名は間違いなかった
4 RBジェイ・アジャイはパスレシーブが向上している
5 TEジュリアス・トーマスはビッグプレーが期待できる
6 DTジョーダン・フィリップスは成長している
7 Cマイク・パウンシーとLBコア・ミーシーは怪我からの回復に時間がかかる
8 Sレシャッド・ジョーンズは怪我をする前と同じようにみえる
9 DCマット・バークは選手から信頼されている
10 HCアダム・ゲイスは昨年と少しも変わっていない

ポジティブな要素ばかりで、今シーズンが楽しみになってくるんですが、来週の火曜日6月13日(日本時間14日)からは3日間の予定でミニキャンプが行われます。これまでのチーム練習よりは内容の濃いものとなりますが、そのミニキャンプから7月下旬に始まるトレーニングキャンプを通じたポジション争いも注目です。

今後予想されるポジション争いのトップ10をSun Sentinelのオマー・ケリー氏が紹介しています。

1 ダミアン・ウイリアムス、ケニアン・ドレイクの第2RB争い
2 クレイグ・アービック、アンソニー・スティーンの控えC争い
3 ジャキーム・グラント、ドレイクのリターナー争い
4 アンドレ・ブランチ、チャールズ・ハリスの先発DE争い
5 マイク・ハル、レークワン・マクミランの先発LB争い
6 ボビー・マッケイン、マイケル・トーマスのニッケルCB争い
7 ニック・ウイリアムス、ダボン・ゴッドチョー、ビンセント・テイラーの第3DT争い
8 バイロン・マックスウェル、トニー・リペット、コードレイ・タンカーズレイの先発CB争い
9 マット・ダー、マット・ハークのP争い
10 ブランドン・ドーティ、デビッド・ファレスの第3QB争い

この中でブランチとハリスの先発DE争いを最も注目したいです。ハリスの動きがとてもいいようなので、もしかしたら開幕から先発もありうるかもしれませんね。


昨シーズンまでドルフィンズに在籍していたLBスペンサー・ペイシンガーがニューヨークジェッツと契約しました。ジェッツはLBデビッド・ハリスを解雇したばかりで、そのハリスの穴埋め的なところもあるんでしょうか。ただ、ペイシンガーはLBというよりスペシャルチーム選手でしょうね。

ペイシンガーは2011年にドラフト外でニューヨークジャイアンツに入団して2014年まで在籍していましたので、ジャイアンツと同じホームスタジアムを使用するジェッツに移籍したというのは、古巣に戻ったようなものなのかもしれません。




livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ