Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジョン・デニー

Dolphins Daily News 5.9

Palm Beach PostのウェブサイトにLSジョン・デニーの記事が掲載されていました。デニーはこれから24歳のウィンストン・チャップマンという選手とのポジション争いが予想されています。

デニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団しました。Palm Beach Postの記事の中では36歳と紹介されているんですが、実際には1978年12月13日生まれの38歳です。そして新人の年からLSとしてプレーし、これまで192試合連続出場で1試合も欠場していません。

LSですから当然目立った記録はないんですが、41タックル、3ファンブルリカバーという記録があります。また2010年と2012年にはプロボウルにも選出されています。

2005年といえば、ニック・セイバンがドルフィンズのヘッドコーチに就任した年で、その年にドルフィンズ入りしたデニーはその後カム・キャメロン、トニー・スパラノ、トッド・ボウルズ、ジョー・フィルビン、ダン・キャンベル、そしてアダム・ゲイスと、暫定ヘッドコーチも含めて計7人のヘッドコーチの下でプレーしてきました。

プロボウルにも選出されていますから非常に堅実な選手で、192試合連続出場はもちろんチーム記録で、それが今シーズンも継続される可能性は高いと思います。しかしチャップマンとのポジション争いがどうなるのか注目すべきポイントとなります。

チャップマンは現在25歳で、ミシシッピー州立大学の出身なんですが2015年の4年生の時に靭帯を痛めています。ただし、その怪我も今は完治しているようです。ちなみにPalm Beach Postの記事の中ではチャップマンの年齢も間違っていて、24歳と紹介されていました。

スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーによると、チャップマンは非常に堅実なプレーをするスナッパーだそうです。チームの運営としてはよりサラリーが安くて若いチャップマンがベテランのデニーを上回る結果を出してほしいところもあるでしょうが、デニーとしても簡単にはポジションを明け渡さないでしょうね。




Dolphins Daily News 3.11

FA解禁2日目、この日もいろいろな動きがありました。

まず、FAで獲得したOGテッド・ラーセン、トレードで獲得したDEウイリアム・ヘイズの入団が正式に発表されました。それに伴ってDEアンドレ・ブランチ、LSジョン・デニーとの再契約、そしてSイサ・アブドル-クドゥスの解雇も発表されています。

それと新しい動きとしてピッツバーグスティーラーズからFAとなっていたLBローレンス・ティモンズとオークランドレイダースからFAとなっていたSネイト・アレンを獲得したことも発表しています。

ラーセンは2010年にドラフト6巡目指名でニューイングランドペイトリオッツに入団しましがが、その年の9月に解雇されています。そしてタンパベイバッカニアーズに移籍してからLGとしてNFLでのキャリアをスタートさせました。キャリアの大部分をLGとしてプレーしてきましたが、RGもこなせますし、控えのCとしてもプレーしていました。
 
またヘイズは2008年ドラフト4巡目指名でテネシータイタンズに入団しました。今年5月に32歳となりますので決して若いとはいえません。しかし、ランディフェンスには定評があるようで、昨シーズンのPro Football Focusの評価ではNFLで11位となっています。また過去5年間では年平均5.3個のQBサックを記録しています。ドルフィンズではバックアップのDEとなるでしょうが、そこそこ期待はできそうです。

そしてティモンズは2007年ドラフト1巡目(全体15番目)指名でピッツバーグスティーラーズに入団し、昨年まで10年間スティーラーズ一筋でプレーしてきた選手です。それだけに今回スティーラーズに残留しなかったのが不思議なくらいなんですが、今年の5月に31歳となる年齢がネックになったんでしょうか、スティーラーズ側もそれほど引き留めなかったということでしょうね。

ドルフィンズとの契約は2年間で総額1200万ドル(約13億7700万円)ということで、どちらかというと低額の契約に収まっています。ティモンズについて特筆すべきは10年のキャリアで欠場したのがわずかに2試合だけということです。LBという消耗の激しいポジションでほとんど怪我をしていないというのは驚異的とも言えます。

ドルフィンズではミドルLBのポジションを務めることになるでしょうが、スティーラーズ時代とディフェンス隊形が違ってきますので、その点が不安材料なんですが、ティモンズ自身は、ただボールを追いかけるだけだ、というようなことを言って特に問題としていないようです。今年1月のドルフィンズとのワイルドカードプレーオフでは14タックル、2QBサックを記録していますが、今度はその活躍をドルフィンズの選手としてやってもらいたいです。

最後にアレンについてですが、2010年にドラフト2巡目指名でフィラデルフィアイーグルスに入団して先発Sとして活躍しました。その後2015年にレイダースに移ったんですが、膝の靭帯を損傷してわずか5試合の出場に止まりました。昨シーズンは14試合に出場していますが、そのうち先発出場はわずか4試合だけでした。

アレンが先発Sとして使えるかどうかは正直言ってわからないところだと思います。ただ、アブドル-クドゥスが使えなくなってしまったので誰かでその穴を埋めなければいけない苦しい事情からアレン獲得に至ったとも言えます。一度大きな怪我をしてしまったので先発Sとしては苦しいかもしれませんが、可能性はあると思うので復活してくれることを望みます。



 

Dolphins Daily News 2.22

ドルフィンズはウィンストン・チャップマンという24歳のロングスナッパーの選手と契約しました。

チャップマンは2012〜15年までミシシッピー州立大学に在籍していましたが、4年生の時に靭帯を痛めるまで通算40試合に出場して、その間一度もスナップミスを犯したことがなかったようです。

卒業後はドラフトにもかからず、ドラフト外でもNFLのチームと契約することはなかったようで、今回ドルフィンズと契約したのがNFLとの最初の関わりです。

現在の先発LSデニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団して以来、12年間に渡ってドルフィンズでプレーし1試合も欠場したことがありませんでした。そしてその間、ニック・セイバン、カム・キャメロン、トニー・スパラノ、トッド・ボウルズ、ジョー・フィルビン、ダン・キャンベル、アダム・ゲイスと暫定も含めれば7人のヘッドコーチの下でプレーしてきました。

38歳となるデニーは今年FAとなりますので、今回のチャップマンとの契約により、もしかしたらドルフィンズには戻ってこないかもしれません。しかしデニーは非常に安定したLSで、2010年と2012年にはプロボウルにも選出されていますので、再契約してチャップマンと競争させるということも考えられます。

ただ、ドルフィンズとしてはデニーの年齢のこともありますので、若い選手に出てきてもらいたいということもあるんでしょうね。2017年シーズンの開幕時にドルフィンズのLSが誰になっているのか、気になるところですね。




 

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 

今週のドルフィンズ 10.24―10.28

今週はRBアリアン・フォスターの突然の引退表明から始まり大変驚かされたんですが、フォスターに関しては前に触れているのでそれ以上詳しくお伝えすることもあまりありません。ただ、ドルフィンズの若いRB陣の中にあって、ベテランらしいリーダーシップを発揮してくれていたようで、その点が少なからずRBジェイ・アジャイの活躍に結びついているのではないかと思っています。そういう面から見ると、フォスターはわずか3ヶ月ほどしかドルフィンズに在籍していませんでしたが、チームに貢献してくれていたことに感謝したいと思います。

そのアジャイの話題ですが、予想通りというか順当に、今週もAFCの週間最優秀攻撃選手に選出されました。2週連続200ヤードラッシングを達成したんですから当然の結果とも言えます。ちなみに過去には2002年にRBリッキー・ウイリアムスも2週連続で200ヤードラッシングを達成しているんですが、その時には2週連続で最優秀攻撃選手には選出されませんでした。

ウイリアムスは2002年の第13、14週に連続で200ヤード以上のラッシングを記録しているんですが、第13週の対バッファロービルズ戦では228ヤードを走って2TDランを記録したにも関わらず、週間最優秀攻撃選手には選出されていません。その試合ドルフィンズはウイリアムスの活躍にも関わらずビルズに38-21で敗れているんですが、それが選出されなかった大きな理由だったのかもしれません。そして翌週の対シカゴベアーズ戦では216ヤードを走って2TDランを記録し、その試合では選出されています。


Sレシャッド・ジョーンズがシーズンアウトとなっているんですが、その代わりの選手としてSバカリ・ランボと契約しました。ランボは2013年にドラフト6巡目指名でワシントンレッドスキンズに入団して翌2014年の9月に解雇されています。そしてその年の11月にビルズと契約して、昨シーズンはビルズで8試合の先発を含む15試合に出場して58タックル、1QBサック、1インターセプト、6パスディフェンスを記録しています。

ランボがいつから試合に出られるのかわかりませんが、ドルフィンズではCBクリス・カリバーがそろそろ復帰できそうですし、今月カロライナパンサーズから獲得したCBベネ・ベンウィケレもプレーできるようになっているかもしれません。ディフェンスバック陣の控えの層が少しずつ厚くなってくると楽しみです。

その他DEジュリアス・ワームズレイが解雇されています。ワームズレイはプレシーズンゲームで活躍して、レギュラーシーズンに入っても期待していたんですが、やはり難しいところがあってここ数試合は出場していませんでした。故障者リスト入りしているDTアール・ミッチェルの復帰が間近ということで解雇されたものと思います。

またフォスターが引退したのでその代わりのRBを獲得するかもしれません。Miami Herald の記事ではピッツバーグスティーラーズで練習生契約をしているカルロス・ウイリアムスが適任ではないかと言われています。ウイリアムスは昨年ドラフト5巡目指名でビルズに入団し、3試合の先発を含む11試合に出場して517ヤードラッシング、7TDランを記録しています。しかし今年の8月にビルズを解雇され、その後NFLから4試合の出場停止処分を受けました。

ビルズを解雇されたのは自己の体調管理が不十分だったためのようですが、確か昨年のビルズ戦ではドルフィンズはウイリアムスに結構走られた印象があります。しかしタイプ的にはダミアン・ウイリアムスと同じような選手かなとも思いますし、前述の自己管理能力に疑問があるのでドルフィンズが契約するかどうかはわかりません。


最後に、これも故障者リスト入りしたジョーンズとの関連ですが、ジョーンズは今シーズンのチームキャプテンの1人に選ばれていましたが、シーズン全休となったので新たにLSジョン・デニーがチームキャプテンに選ばれています。デニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団し、現在まで183試合に連続出場しています。

当然現在のドルフィンズでは最も在籍年数が長くなっており、2010年と2012年にはプロボウルにも選出されています。経験年数や実績も去ることながら、選手やコーチからの信頼も厚いんでしょうね。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
好きな時間に「聞き流すだけ!」の英語教材  スピードラーニング
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ