Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ジョーダン・フィリップス

対ファルコンズ戦における評価

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が対アトランタファルコンズ戦でのドルフィンズを評価しています。それによると、次のようになっています。

パスオフェンス:D
ランオフェンス:A
パスディフェンス:B
ランディフェンス:C
スペシャルチーム:B−
コーチング:C
評価を上げた選手:DTジョーダン・フィリップス
評価を下げた選手:CBザビアン・ハワード

概ね妥当かなと思うのですが、コーチングがCというのはちょっと辛いような気がします。圧倒的不利と言われていたファルコンズに勝てたんですから、もう少し評価を上げてもいいと思います。

フィリップスは足首の怪我から復帰していいプレーをしていました。ハワードはそんなに悪かったとは思わないんですが、一発ロングTDパスを決められたんでそれがマイナスでしたね。


今シーズンのNFLはまれに見る大混戦で、全勝チームはなく、1敗もカンサスシティチーフスとフィラデルフィアイーグルスの2チームだけです。

ここまでで一番意外だったのはオークランドレイダースで現在2勝4敗です。昨シーズンの大躍進がウソのような成績です。昨日もロサンゼルスチャージャースにホームで敗れていますし。

ちなみにほとんど意味はないですが、第6週終了時点でのプレーオフ進出チームを見ると、ドルフィンズはプレーオフ第6シードとなっています。あの最低のオフェンスで勝ち越していること自体も意外ですよね。


Dolphins Daily News 10.5―対タイタンズ戦 Injury Report

第5週の対テネシータイタンズ戦を前にして最初の怪我人情報が発表されています。

ドルフィンズではCBザビアン・ハワードがただひとり、練習を休んでいます。ハワードは先日の対ニューオーリンズセインツ戦で肩を痛めたということです。

その他の選手は、DEテレンス・フーデイとLBマイク・ハルがいずれも肩を痛めており、限定的な練習に終わっています。また、RBジェイ・アジャイがひざを、CBバイロン・マックスウェルがハムストリングを、DTジョーダン・フィリップスが足首を、そしてCマイク・パウンシーが臀部を、それぞれ痛めているようですが、練習は行っています。

そして、今シーズン1度もプレーしていないLBレイ・マウアルーガですが、タイタンズ戦でいよいよドルフィンズデビューとなりそうです。

そのタイタンズ戦は、もしハワードがプレーできないとなるとマックスウェルが先発すると思われます。マックスウェルはハムストリングを痛めているとはいえ、先発を外されたのはどちらかといえばプレー内容によるものでした。

マックスウェルから先発の座を奪った新人のコードレイ・タンカーズレイですが、セインツ戦では及第点だったものの新人ですから波もありますし多くは期待できないでしょう。ハワードの怪我が重症ではないことを願うばかりです。


Dolphins Daily News 9.28―ティモンズ、練習に復帰

昨日、無期限の出場停止処分が解けたLBローレンス・ティモンズがドルフィンズに合流し、練習を行いました。

同時に会見も行いましたが、チームやファンに対する謝罪の言葉を述べたほか、チームに戻ってこれて嬉しいということも言っていました。しかし、出場停止処分の原因となった行動に関することは一切語らなかったようです。

まあ、ティモンズもフットボール選手ですからフィールド上で結果を出してくれればいいわけで、それに期待するしかないですね。結果を出せば周囲も静かになります。ちなみに今週末の対ニューオーリンズセインツ戦には出場する見込みです。


その他怪我人の状況ですが、ハムストリングを痛めて過去2試合を欠場していたLBレイ・マウアルーガがセインツ戦に出場するかもしれません。マウアルーガはこの日、限定的ながら練習に復帰しました。

また、DTジョーダン・フィリップスとRBジェイ・アジャイは練習をしませんでした。フィリップスは足首を、アジャイはひざをそれぞれ痛めています。特にアジャイは先週もほとんど練習をせずに対ニューヨークジェッツ戦に臨みましたが、自身最悪の内容に終わりましたので、怪我の状態が心配です。無理して出場してさらに悪化、なんていうことになってほしくないんですが。

アジャイはロンドンで生まれて7歳の時にアメリカに移住していますので、今回のセインツ戦は生まれ故郷での試合となります。それだけに、是非とも活躍を期待したいです。


Dolphins Daily News 9.22―怪我人情報

今週末の対ニューヨークジェッツ戦を前に怪我人情報が発表されています。

それによると、WRジャービス・ランドリーが前日の練習欠場から限定的な練習を行ったということです。また、WRデバンテ・パーカーとCマイク・パウンシーは前日に限定的な練習を行っていましたが、今日は練習を休んでいます。

そしてRBジェイ・アジャイとDTジョーダン・フィリップスは共に昨日に続いて練習をしていません。特にフィリップスは足首を痛めており、ジェッツ戦への出場は無理なのではないでしょうか。ただ、アジャイに関しては重症ではなく、ジェッツ戦への出場は可能なようです。

また、LBレイ・マウアルーガは依然として練習に参加できない状態です。ハムストリングを痛めていますので、簡単にはいかないですね。次の試合も先発LBはマイク・ハル、キコ・アロンソ、そしてドラフト外新人のチェイス・アレンですかね。

ちなみにドラフト外新人選手が開幕戦で先発したのは1970年のLBダグ・スイフトという選手以来、47年ぶりのことだそうです。


Dolphins Daily News 9.21―Kパーキーが週間MVP

Kコディ・パーキーが第2週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されました。パーキーは9月17日に行われた対ロサンゼルスチャージャース戦で決勝の54ヤードを含む4本のFGをすべて決めて、チームの19-17の勝利に大きく貢献しました。

ドルフィンズのスペシャルチーム選手が同賞を受賞するのは2015年シーズンの開幕戦でジャービス・ランドリーがパントリターンTDを決めて受賞して以来のこととなっています。また、キッカーの選手に限ってみると、2010年にダン・カーペンターが第6週と第8週に受賞していますが、その時以来のこととなります。


出場停止となったローレンス・ティモンズの続報ですが、試合を欠席したのはドルフィンズやフットボールではなく、個人的な出来事が原因となっているようです。それが何なのかはわかりませんが、私の推測が誤っていてよかったと思うと同時に、ドルフィンズでのプレーが嫌になったなどとティモンズに対して失礼なことを書いてしまいました。

そのティモンズの今後についてですが、Miami Heraldの記者であるアーマンド・サルゲロ氏は、ティモンズは最終的にはドルフィンズに戻ってくるだろうと考えています。またドルフィンズの選手たちもティモンズが戻るのを歓迎しているということです。こうなると問題を解決して早く戻ってほしいですね。


ティモンズの出場停止に伴ってトレードで獲得したLBステファン・アンソニーですが、現在25歳で2015年のドラフト1巡目(全体31番目)指名の選手です。

新人の年は16試合すべてに先発出場して112タックル、1QBサック、1インターセプト、2ファンブルフォースを記録して、プロフットボールの記者協会が選ぶオールルーキーチームの一員に選出されています。

しかし、2年目にはミドルLBからアウトサイドLBにコンバートされてから状況が一変し、3試合の先発を含む10試合の出場に止まりわずか16タックルしか記録できませんでした。そして今年はこれまで試合には出場していませんでした。

移籍後早速ドルフィンズの練習に参加したようですが、状態はいいようで週末の対ニューヨークジェッツ戦には出場できる状態だということです。ただ、アンソニーを使う場合にティモンズの代わりとしてプレーさせるんでしょうか。ドラフト1巡目指名選手ですからそれなりに能力はあるんでしょうが。


ドルフィンズはジェッツ戦に向けて練習を開始していますが、RBジェイ・アジャイ、ランドリー、DTジョーダン・フィリップスが練習を休んでいます。特にアジャイとランドリーはいずれもひざを痛めているようで心配されます。また、ハムストリングを痛めているLBレイ・マウアルーガは依然として練習ができず、ジェッツ戦も欠場が濃厚でしょうか。LBが手薄になっているんで早く復帰してほしいんですけどね。


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ