ダミアン・ウイリアムス

April 20, 2017

Dolphins Daily News 4.20

制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスですが、まだドルフィンズのオファーにサインしていないようです。ちなみにニューイングランドペイトリオッツと面談をしていましたが、そのペイトリオッツはバッファロービルズの制限付きFAのRBマイク・ギリスリーに2年間総額640万ドル(約6億9700万円)のオファーを提示しています。

ビルズが同等の条件を提示して引き留めない限り、ギリスリーはペイトリオッツに移籍してしまうことになります。そうなるとウイリアムスを獲得する必要はないわけですが、まあギリスリーにオファーを出した時点でウイリアムス獲得はなくなったということですね。

ウイリアムスが他チームからオファーを受けられるのは4月21日(日本時間22日)が期限となっていますので、このままドルフィンズに残りそうですね。


Palm Beach Postのウェブサイトで、今度は最高のドラフトをした年はいつかというのを投票で決める企画を始めています。候補となっているのが、1983年、1997年、1977年、1969年、1990年、1996年、1968年、2012年です。

この中で意外に思ったのが1997年で、この年のドラフト1巡目指名はWRイェイティル・グリーンでした。グリーンはドラフトの失敗例としてたびたび報道されているにも関わらず、この年が最高の候補にあげられているというのは2巡目以降がよかったからですね。

1997年のドラフト2巡目ではCBサム・マディソンを、3巡目ではDEジェイソン・テイラーを指名しており、他にも3巡目でLBデリック・ロジャースとOGブレント・スミス、6巡目でTEエド・ペリーといったところを指名しています。

この1997年はジミー・ジョンソンの時代だったんですが、ジョンソンの時代は他にも1996年がノミネートされています。ジョンソンがドルフィンズに在籍していたのはたったの4年間だったんですが、その中で2年間がノミネートされているというのはさすがにジョンソンだと言えるでしょう。

最高のドラフトだった年がこの中のいつになるのか楽しみですね。本命はやはりQBダン・マリーノを指名した1983年でしょうか。


CBSのピート・プリスコ氏が現役のNFLのHCのトップテンをランク付けしており、それによるとドルフィンズのアダム・ゲイスが8位にランクされています。

HCの経験がまったくなかったにも関わらず、就任1年目で1勝4敗スタートからチームをプレーオフ進出に導いたのですから、そのあたりが評価されたのだと思います。

ちなみにそのランキングは次のようになっています。

1位:ビル・ベリチック(ペイトリオッツ)
2位:マイク・マッカーシー(グリーンベイパッカーズ)
3位:アンディ・リード(カンサスシティチーフス)
4位:ピート・キャロル(シアトルシーホークス)
5位:マイク・トムリン(ピッツバーグスティーラーズ)
6位:ショーン・ペイトン(ニューオーリンズセインツ)
7位:ジョン・ハーボウ(ボルチモアレイブンズ)
8位:アダム・ゲイス(ドルフィンズ)
9位:ブルース・アリアンズ(アリゾナカージナルス)
10位:ビル・オブライエン(ヒューストンテキサンズ) 

ゲイスの順位が今後上がってくる可能性は決して低くないと思います。ということはドルフィンズの成績が上がってくる可能性は高いということで、期待してみていきたいですね。



 

dolphin_one at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 18, 2017

Dolphins Daily News 4.18

制限付きFAだったSマイケル・トーマスが、ドルフィンズが提示していた1年間180万ドル(約1億9600万円)のオファーにサインし再契約したようです。

Palm Beach Postのウェブサイトによると、トーマスは他の2チームから興味を持たれていて、そのうちの1つからは3年契約のオファーを受けていたようですが、ドルフィンズに残る決断をしたということです。

トーマスはスペシャルチームの中心選手として、またニッケルCBやSの控えとして貴重な活躍をしてくれていますので、今回ドルフィンズに残ってくれたことは嬉しいですね。

トーマスが再契約したことにより、ドルフィンズの制限付きFAで去就が決まっていないのはRBダミアン・ウイリアムスだけとなりました。ウイリアムスについてはニューイングランドペイトリオッツと面談を行ったということですが、その後の情報はありません。ウイリアムスもドルフィンズに残ってくれればいいんですが。


ドルフィンズのオフシーズンプログラムが4月17日(日本時間18日)から始まっています。各選手の参加は自由で、練習内容はコンディショニングが主なメニューとなっていますが、QBライアン・タネヒルやCマイク・パウンシー、WRジャービス・ランドリーなどの主力選手も参加しているようです。

そのランドリーについてですが、一部報道ではオフシーズンプログラム開始までに契約延長を締結するかもしれないと言われていましたが、まだ交渉はまとまっていないようです。しかし、自由参加の練習に参加しているということは契約も間近なのではないかなと思います。少なくともシーズン開始までにはまとまるのではないでしょうか。 


Palm Beach Postのウェブサイトではドルフィンズ史上最悪のドラフトとなったシーズンはいつか、というのを投票により決める企画をやっています。それによると、最後の2つが2006年と1984年となっています。

1984年は1巡目でLBジャッキー・シップを指名していますが、このシップという選手はドラフトの失敗例としてたびたび紹介されています。また、2006年はHCニック・セイバンの2年目のシーズンで、1巡目ではSジェイソン・アレンを指名しており、2巡目の指名権はQBダンテ・カルペッパーを獲得するために譲渡しています。そのカルペッパーがまったく使い物にならなかったことは、当時からのファンの方ならよくご存知だと思います。

いずれにしても、数日後にはどちらが最悪のドラフトだったかという結果が出るものと思います。個人的には1984年当時のことはよくわからないので比較のしようがないのですが、2006年に指名された選手の名前を見ると史上最悪候補だと言われるのも頷けます。



 

dolphin_one at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 14, 2017

Dolphins Daily News 4.14

RBダミアン・ウイリアムスが4月12日(日本時間13日)にニューイングランドペイトリオッツと面談を行っていたようです。ウイリアムスは制限付きFAとなっており、ドルフィンズからオファーを受けていますが、それにまだサインをしていません。

ペイトリオッツがウイリアムスに提示した契約と同等の契約をドルフィンズが提示すれば移籍を阻止することができますが、もしドルフィンズが同等の条件を出さなければ移籍が認められて、その代わりにドルフィンズはペイトリオッツからドラフト指名権を譲渡されることになります。

もしもドルフィンズがウイリアムスを失うことになれば、2007年のウェス・ウェルカー以来の制限付きFA選手の喪失となります。2007年にペイトリオッツに移籍したウェルカーは、その後5度のプロボウル、4度のオールプロ選出と大活躍し、ドルフィンズにとっては大きな損失となりました。

ウイリアムスは2014年にドラフト外でドルフィンズに入団し、昨シーズンは15試合に出場してランとパスレシーブでそれぞれ3TDを記録しています。3rdダウンRBとしてドルフィンズのオフェンスでは貴重な存在で、またスペシャルチーム選手としてもチームに貢献しています。

HCアダム・ゲイスもウイリアムスの存在を重視しているようですので、まさかペイトリオッツに取られるようなことはないでしょうが、なんとも嫌らしい動きです。ただ、ペイトリオッツが狙ってきたということはウイリアムスがそれだけ評価されているということですから、ドルフィンズとしては絶対に手放したくないところですし、ファンとしては失ってほしくないですね。


ドルフィンズの話題ではないですが、デトロイトライオンズのオーナー、ロッド・ウッド氏によると、今シーズンのNFLのスケジュールが次の木曜日である4月20日(日本時間21日)に発表されるということです。ちなみにその日はドラフトのちょうど1週間前になります。

昨年はドラフトの2週間前だったので今週かと思っていたんですが、どうやら来週となるようです。ドルフィンズの今年のスケジュールがどうなるのか、注目されます。



 

dolphin_one at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 02, 2017

Week 17 対ペイトリオッツ戦

レギュラーシーズン最終戦、ホームゲームでもありあわよくばと期待したんですが、やはりペイトリオッツは強かった。というか、強かったというより巧妙でスキがないという感じですかね、とにかく一枚も二枚も上だということを感じた試合でした。

13点を追う第4Q、RBダミアン・ウイリアムスのファンブルによるターンオーバーがクローズアップされるかもしれませんが、そこは大きな問題ではなく、一番の問題は序盤から20得点を連取されたところだったと思います。ペイトリオッツを相手にする時には先に得点を取ってターンオーバーをしない、ということが重要だと思いますが、この試合ではいずれも当てはまりませんでした。

ターンオーバーはこの試合で2つあり、その結果計11得点を奪われておりそれも敗因の1つではあると思いますが、それよりも序盤2つのTDが一番痛かったですし、絶対に与えてはいけないものだったと思います。

特に最初のTDですが、あのTDドライブでは最初の2プレーを抑えて3rdダウン残り6ヤードまで追い込んだんですが、次のプレーでQBトム・ブレイディのスクランブルにより1stダウンを更新されてしまいました。そしてその後はリズムをつかんだペイトリオッツのオフェンスがテンポよくエンドゾーンまでボールを運んでしまいました。

あのブレイディのスクランブルはプレーが壊れてしまった結果のものですので、それを抑えてパントを蹴らせていたらこの試合はもっと違う展開になっていたと思います。まあ、普通に考えてブレイディが走るとは思わないですから難しかったでしょうが、本当に悔やまれるプレーだったと思います。

ドルフィンズは今シーズンの第2週にペイトリオッツと対戦しており、その時はブレイディはいなかったんですが、この試合はその時と同じような負け方をしています。前回の対戦でも最初に24得点を連取されて、結局最後に追い上げたんですが追いつかず7点差で敗れています。今回は得点差こそ21点だったんですが、ウイリアムスのファンブルがなければTDを取れてて6点差になって、結局最後は追いつかずという展開が予想されます。

ということはドルフィンズは同じパターンでペイトリオッツにやられていることになります。そのあたりディフェンスはもっと考えなければいけなかったのかなと思います。それも含めて今シーズンは本当に最初に相手に得点を与えてしまうというケースが非常に多く、それがディフェンスを苦しくし、加えて試合展開を苦しくしています。

まあ、見方を変えればペイトリオッツの試合に対する準備が完璧で、1つの勝ちパターンになっているんでしょうね。最初に得点を重ねて相手チームより優位な展開で試合を進めていく、そういう戦い方をすれば勝つ確率は高くなってくるのは当然と言えます。

それとこの試合に限らず毎回感じることですが、得点を取った直後にすぐに取り返されるというのは非常にまずいです。第3QにQBマット・ムーアがWRケニー・スティルスにTDパスを決めて6点差に追い上げました。そのドライブは3rdダウンコンバージョンを3回連続成功させてリズムよく攻撃したもので、次のオフェンスにも期待をさせるものとなりました。

しかし、直後にビッグプレーでTDを取り返されてしまいました。まあ、ペイトリオッツ側としてもまさかあんなビッグプレーを期待してはいなかったでしょうが、ドルフィンズの反撃ムードを打ち消すには大きな効果がありました。事実上あのTDで試合は決まってしまったと言ってもいいでしょうね。 

ただ、ドルフィンズのディフェンスも人材不足の上に故障者続出で厳しい面もあるでしょうし、その上にペイトリオッツの上手さというかブレイディの上手さで仕方のないところでしょうか。結局ブレイディは0QBサックでペイトリオッツは0ターンオーバー、パスラッシュなどのプレッシャーもあまりかかっていなかったんですが、それもブレイディの上手さですね。

ムーアはインターセプトでターンオーバーを犯してしまいましたが、それほど悪くはなかったと思います。QBサックも受けなかったのでオフェンシブラインもよくムーアを守っていたと思います。それとペイトリオッツもそれほどパスラッシュが厳しくなかったです。

ただし、RBジェイ・アジャイのランプレーは特に序盤は完全に抑えられました。ペイトリオッツ側はランプレーを警戒していましたが、それに正面から挑んでいって、結局オフェンスが進めなかったので、序盤のオフェンスでもう少し工夫が欲しかったという気もしました。実際に得点差が開いてディフェンスが引いて守るようになったらそこそこランが出ていましたから、それを考えると残念な面もあります。

それとあと気になったのは、細かいことですが、ドルフィンズはTEへのパスが1つもなかったということです。正確には1つありましたが、プレーが崩れた末のパスでしかもインターセプトされてしまいました。TEへのパスが使えなかったのがオフェンスの幅を狭めた要因だったような気がします。

これでレギュラーシーズンの全日程が終了しました。最後はあまりいい終わり方ではなかったんですが、来週からはプレーオフが始まりますので気持ちを切り替えて次のピッツバーグスティーラーズ戦に臨んでもらいたいと思います。ちなみにスティーラーズに勝利すればまたペイトリオッツと対戦することになります。

その時にリベンジを、と期待したいのですが、怪我人も多いですしやはり難しいでしょうかね。ただ、ペイトリオッツは確かに上手くて強いんですが、決して勝てない相手ではないということもこの試合を振り返って見て感じました。それほど今シーズンのドルフィンズのチーム状態はよくなっていると思います。



 

dolphin_one at 20:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 14, 2016

Week 10 対チャージャース戦

3連勝中のドルフィンズでしたが、苦手としている西海岸での試合でどういう展開になるのか注目していました。結果は先週に続いてこの試合でも第4QにリターンTDで決着をつけました。今回のリターンTDはディフェンスの活躍、インターセプトリターンでした。

今シーズンはディフェンスのビッグプレーがあまりなかったんですが、この試合ではリターンTDも含めてインターセプトを4つ決めました。決勝点をあげたLBキコ・アロンソとCBバイロン・マックスウェルのトレードコンビ、そして2年目のCBトニー・リペットは2つのインターセプトを決めてくれました。

アロンソとマックスウェルに関してはシーズン前には失敗トレードか? とも言われていただけに、この活躍は素直に嬉しいです。またリペットに関しては、元WRということでキャッチングは上手いと思っていたんですが、その他の面についても徐々に成長してきている気がしています。ひょっとするとリペットは素晴らしいCBに成長してくれるのではないかとも思っています。

そのインターセプトもあったんですが、この試合の勝因としては、第4Q序盤にPRジャキーム・グラントがパントキックをファンブルして絶対絶命の場面になったんですが、その後のチャージャースの攻撃で得点を許さなかったディフェンスにあると思います。もしあの時にTDを取られて逆転されていたら、試合は一気にチャージャース側に流れていったのではないかと思います。結局はその後に逆転されてしまうのですが、あの場面は1つのポイントだったと思います。

それだけに、あの時のドルフィンズのディフェンスはチームを救ったディフェンスと言えるのですが、同時にミスを犯したグラントも救ったものだったと思います。ファンブルを犯した後のグラントはうつむいて、あるいは涙を流していたんでしょうか、悲壮感が漂っていたんですが、ディフェンスが無失点に抑えてくれてグラント自身も嬉しかったでしょう。ただ、グラントはこの試合では最初からボールが手につかなかったようなところがありましたから、その点は反省点ですね。

ちなみにそのチームを救ったディフェンスで最後を締めたのがリペットの最初のインターセプトでした。あのインターセプトなどはまさにWRのパスレシーブみたいな感じで素晴らしかったです。TDを取られるのを覚悟していましたので、リペットがインターセプトしてくれた時は爽快な気分になりました。

一方そのインターセプトを犯してしまったチャージャースのQBフィリップ・リバースですが、この試合では通算300TDパスを記録し、ホームゲームでもありましたし勝利していれば素晴らしい記念の試合になったことでしょう。しかし結果は自己ワーストの4インターセプトで300TDパス達成もどこかに吹き飛んでしまったようです。

ただ、インターセプトがすべてリバースのせいだというわけでなく、そこにはドルフィンズディフェンスのパスラッシュの影響が大きかったと思います。この試合を迎えるにあたってはリバースへのパスラッシュが勝利の鍵になると思っていたんですが、ディフェンシブラインがよくプレッシャーをかけ続けたと思います。それとあとはリバースとWRの連携ミスにも助けられたようですね。

それとアロンソのインターセプトの場面ですが、その前のオフェンスでTDが取れずにFGで同点止まりだったので嫌な気がしていました。なにしろFGでもサヨナラ負けですから気が気ではなかったんですが、あのインターセプトは明らかにリバースのミスでしょうね。まあアロンソの動きもよかったんでしょうが。

あとディフェンスではRBメルビン・ゴードンのランプレーをよく止めていました。特にこの試合から復帰したDTアール・ミッチェルがよかったのではないでしょうか。ゴードンに自由に走らせなかったからリバースがパスを投げざるを得ず、その結果勝利に繋がったとも言えると思います。

また前半TEアントニオ・ゲイツへのパスをよく決められていたんですが、後半は1つも通させませんでした。というか前半はゲイツに8回パスを投げられて4回通されたんですが、後半は1回しかパスを投げさせず、それも不成功でした。たまたまだったのか、それともディフェンスが修正できたのか、どちらかはわかりませんが、ゲイツへのパスがポイントだと思っていたので、後半抑えたのも勝因だったでしょう。

一方オフェンスではRBジェイ・アジャイが19キャリーで79ヤード獲得でした。チャージャースのディフェンスがよかったこともありますが、そうそういつも100ヤード以上走れませんね。それでも40ヤードと21ヤードのランがありましたし、よかったのではないでしょうか。

それとQBライアン・タネヒルはパス24回投中17回成功で240ヤード獲得と平凡な記録だったんですが、特筆すべきは3rdダウンロングでディフェンスのQBサックをかわして18ヤードを走ったスクランブル、そしてWRケニー・スティルスへの39ヤードTDパスとWRデバンテ・パーカーへの56ヤードパス、加えてパーカーには反則で取り消されたんですが、41ヤードパスも通しています。 

そのパーカーですがこの試合では5回のパスレシーブで103ヤードを獲得しました。最近怪我の影響かほとんど目立たなかったんですが、これをきっかけにまたオフェンスの大きな武器としての活躍を期待したいところです。

あとオフェンスで見逃せないのがRBダミアン・ウイリアムスの活躍ですね。この試合ではランとパスレシーブの両方でTDを記録しました。特にTDパスレシーブは難しいキャッチだったと思いますが、素晴らしいプレーでした。あまり目立たないんですが、オフェンスの要所で秘密兵器的な活躍をしてくれていると思います。正直言ってシーズン開始前はロースターに残れないんじゃないかと思ったりもしましたが、今やなくてはならない存在です。

これで4連勝でほぼ1ヶ月負けなしです。これだけ負けないとファンとしては本当に気分がいいんですが、4連勝は2008年以来ということで、本当に久しぶりなんですね。そして今シーズンの成績も5勝4敗となりプレーオフ進出の可能性も高まりました。こうなると序盤の1勝4敗(借金3)が響いてくるんですが、新政権になっての1年目ということで、本当の勝負は来年以降だと思っていますので、今年は運よくプレーオフに滑り込んでくれれば御の字でしょうね。ただ、シーズン終盤に向かって楽しみと期待が高まってきました。




 

dolphin_one at 19:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック