Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ダミアン・ウイリアムス

Dolphins Daily News 5.5

ドラフト5巡目指名のOGアイザック・アシアタが4年契約を締結したようです。契約内容は4年契約で総額260万ドル(約2億9200万円)だということです。

公式ウェブサイトでの正式発表はまだなんですが、アシアタ自身がTwitterで契約の様子をアップしています。それと同時にアシアタが着用するジャージのナンバーも伝えており、68番だということです。

今年のドラフト指名の新人選手7人の中では最も早い契約となり、今後残りの6選手も順次契約を締結するものと思われます。


Miami Heraldの記者であるアーマンド・サルゲロ氏が、ドルフィンズにはベテランのセンターと走れるランニングバックが必要だと言っています。

センターを獲得することについては、現在の先発であるマイク・パウンシーは健康に問題がなければNFLで5本の指に入るセンターだということですが、慢性的とも言える臀部の怪我によりフルシーズン健康でいられる保証がありません。

控えにはクレイグ・アービック、アンソニー・スティーン、ジェイク・ブレンデルといった選手がいますが、いずれもNFLの先発センターとしては物足りません。そのため、経験のあるベテランの控え選手がいれば心配はないだろうということです。

ニューヨークジェッツを解雇されたニック・マンゴールドの名前もあげていますが、昨年怪我のために8試合しか出場できず、33歳となるマンゴールドにドルフィンズが興味を持っているかどうかは不明です。ちなみに、ボルチモアレイブンズやニューヨークジャイアンツは興味を持っているようですが、実際に契約するまでには至っていません。

また、ランニングバックを獲得することについては、先発はジェイ・アジャイなんですが、もしアジャイが怪我をしてしまった時に2年目のケニアン・ドレイクで十分なのか、という問題があります。

その他の控え選手はいずれも経験がない選手ですし、ダミアン・ウイリアムスは再三お伝えしているようにまだドルフィンズの提示にサインをしていませんし、ウイリアムスがサインをしたとしても、ドレイク同様にアジャイの代わりにはなれないでしょう。

いずれにしても、控え選手の層の薄いポジションは他にもあるわけですが、トレーニングキャンプなどに参加できるロースター90人の枠にはあと2人余裕があるようです。




Dolphins Daily News 5.4

NFL選手会が昨年の選手のジャージなどのグッズの売上のランキングを発表しています。それによると、ドルフィンズから上位50人にランクされたのはWRジャービス・ランドリーただひとりで、順位は42位でした。

https://www.nflpa.com/players/top-50-player-sales-list-fy17-annual

昨シーズンのドルフィンズはシーズン前の予想を覆して10勝6敗という好成績をあげて2008年シーズン以来のプレーオフに進出しましたが、その躍進も選手のグッズの売り上げには結びついていません。予期せぬ大ブレークをしたRBジェイ・アジャイのグッズがどのぐらいの売上だったのか興味があるところでありますが、それはわかりません。

上位50人の顔ぶれを見ると、RBエゼキール・エリオットが1位、QBダック・プレスコットが2位、WRデズ・ブライアントが4位とダラスカウボーイズの選手が上位4位までに3人ランクされています。昨年のカウボーイズはは無名の新人プレスコットが先発QBとして大成功を収め、同じく新人のエリオットも活躍し、その若手2人がチームに勢いをもたらした恰好で素晴らしい躍進を遂げました。グッズの売上もそれに比例して多かったものと思われます。

あとはニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディは貫禄の3位で、それも含めてQBが50人中19人を占めています。やはりQBは人気のある選手が集中しますが、ここにライアン・タネヒルが加わってくれたらと思うのですが、まだまだですかね。


これまで再三に渡ってお伝えしていますが、制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスがいまだにドルフィンズが提示したオファーにサインしていません。

ウイリアムスは最終的にはドルフィンズのオファーにサインするでしょうが、この状態が長く続くことはあまり意味がありません。なぜならば、ウイリアムスがNFLでプレーするためにはドルフィンズのオファーにサインするしかなく、もしそれをしなければプレーすることができないからです。

ドルフィンズの提示している条件では、ウイリアムスは今シーズンは180万ドルのサラリーとなっています。昨シーズンが60万ドルでしたので3倍になるということですが、ウイリアムスはおそらくそれでは満足していないということでしょう。

ウイリアムスはペイトリオッツと面談しましたが契約には至りませんでした。ペイトリオッツはウイリアムスの後にバッファロービルズで制限付きFAとなっていたRBマイク・ギリスリーと面談し、その結果ギリスリーに2年間総額640万ドルのオファーを出しました。それに対してビルズが同等の条件を提示しなかったため、ギリスリーはペイトリオッツと契約することになりました。

ウイリアムスにとってはこのギリスリーの契約も面白くないでしょうね。ペイトリオッツが自分よりギリスリーを選んだこと、そしてサラリーがギリスリーの方が高額だということです。これらのこともウイリアムスがドルフィンズとの契約を保留している要因だと思われます。

しかし前述のように、ウイリアムスはドルフィンズと契約するしか選択の余地はなく、ドルフィンズがこれ以上の好条件を出すこともありませんから、ここは素直にサインして、そして今シーズンまたいい成績を残して新しい契約を勝ち取るようにすべきだと思います。とにかく、この問題は1日も早く決着を着けてもらいたいですね。




Dolphins Daily News 5.1

NFLドラフトが終了して、様々なメディアで各チームのドラフトの結果を評価しています。ドルフィンズについて見ると、AからCまで評価はばらついており、どれが信頼できるのかまったくわかりません。まあ、ドラフト自体がギャンブルのようなものですから、1年経ってみないと本当の評価はわかりませんね。

そんな中で、ESPNのアナリストであるメル・キッパー氏がドルフィンズのドラフトについて言及しています。それによると、ドルフィンズは2巡目指名でオハイオ州立大学のLBレークワン・マクミランを指名しましたが、キッパーはマクミランではなくてバンダービルト大学のLBザック・カニンガムを指名すべきだったと言っています。

その理由として、マクミランはパスカバーにおいてカニンガムより劣ることをあげています。また別な見方では、マクミランはミドルLBとしてプレーしていたので、アウトサイドLBを必要としているドルフィンズにはカニンガムの方がよかったというものもあります。ちなみに、カニンガムはドルフィンズがマクミランを指名した後の3番目にヒューストンテキサンズに指名されています。

これについてもいろいろな考え方があると思いますが、前述のようにどっちが正解だったかというのは今の時点では結論が出ないでしょう。ただし、ドルフィンズがマクミランをミドルで育てるのかアウトサイドで育てるのかというのは興味深いところで、注目したいですね。

ドラフト2巡目で指名したんですから当然即戦力として期待してのことでしょう。となれば、ベテランLBコア・ミーシーと競わせてアウトサイドLBとして育てるというのが普通に考えられますが、果たしてどうでしょうか。


正式発表はまだですが、ドラフトされなかった選手14人との契約を行ったようです。ドラフト外入団の選手はなかなか53人のロースターに残るのが難しいのですが、近年のドルフィンズではドラフト外入団でロースター入りする選手が目立っています。LBのネビル・ヒューイットやマイク・ハル、Kアンドリュー・フランクス、Pマット・ダー、そしてRBダミアン・ウイリアムスなどがいます。

そのウイリアムスについてですが、制限付きFAだったんですが、いまだにドルフィンズからのオファーにサインしていないようです。ウイリアムス自身は複数年契約を望んでいたようですが、今となっては、もしウイリアムスがプレーしたければドルフィンズからの1年180万ドルというオファーにサインせざるを得ません。最終的にはいつかの段階でサインするでしょうが、ちょっと気になるところではあります。

昨シーズンのウイリアムスはHCアダム・ゲイスのオフェンスで重要な役割を果たしてきました。RBとして、あるいは3rdダウン時のレシーバーとして貴重な働きをし、ランとパスレシーブで計6つのTDをあげ、スクリメージから計364ヤードを稼いでいます。




Dolphins Daily News 4.20

制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスですが、まだドルフィンズのオファーにサインしていないようです。ちなみにニューイングランドペイトリオッツと面談をしていましたが、そのペイトリオッツはバッファロービルズの制限付きFAのRBマイク・ギリスリーに2年間総額640万ドル(約6億9700万円)のオファーを提示しています。

ビルズが同等の条件を提示して引き留めない限り、ギリスリーはペイトリオッツに移籍してしまうことになります。そうなるとウイリアムスを獲得する必要はないわけですが、まあギリスリーにオファーを出した時点でウイリアムス獲得はなくなったということですね。

ウイリアムスが他チームからオファーを受けられるのは4月21日(日本時間22日)が期限となっていますので、このままドルフィンズに残りそうですね。


Palm Beach Postのウェブサイトで、今度は最高のドラフトをした年はいつかというのを投票で決める企画を始めています。候補となっているのが、1983年、1997年、1977年、1969年、1990年、1996年、1968年、2012年です。

この中で意外に思ったのが1997年で、この年のドラフト1巡目指名はWRイェイティル・グリーンでした。グリーンはドラフトの失敗例としてたびたび報道されているにも関わらず、この年が最高の候補にあげられているというのは2巡目以降がよかったからですね。

1997年のドラフト2巡目ではCBサム・マディソンを、3巡目ではDEジェイソン・テイラーを指名しており、他にも3巡目でLBデリック・ロジャースとOGブレント・スミス、6巡目でTEエド・ペリーといったところを指名しています。

この1997年はジミー・ジョンソンの時代だったんですが、ジョンソンの時代は他にも1996年がノミネートされています。ジョンソンがドルフィンズに在籍していたのはたったの4年間だったんですが、その中で2年間がノミネートされているというのはさすがにジョンソンだと言えるでしょう。

最高のドラフトだった年がこの中のいつになるのか楽しみですね。本命はやはりQBダン・マリーノを指名した1983年でしょうか。


CBSのピート・プリスコ氏が現役のNFLのHCのトップテンをランク付けしており、それによるとドルフィンズのアダム・ゲイスが8位にランクされています。

HCの経験がまったくなかったにも関わらず、就任1年目で1勝4敗スタートからチームをプレーオフ進出に導いたのですから、そのあたりが評価されたのだと思います。

ちなみにそのランキングは次のようになっています。

1位:ビル・ベリチック(ペイトリオッツ)
2位:マイク・マッカーシー(グリーンベイパッカーズ)
3位:アンディ・リード(カンサスシティチーフス)
4位:ピート・キャロル(シアトルシーホークス)
5位:マイク・トムリン(ピッツバーグスティーラーズ)
6位:ショーン・ペイトン(ニューオーリンズセインツ)
7位:ジョン・ハーボウ(ボルチモアレイブンズ)
8位:アダム・ゲイス(ドルフィンズ)
9位:ブルース・アリアンズ(アリゾナカージナルス)
10位:ビル・オブライエン(ヒューストンテキサンズ) 

ゲイスの順位が今後上がってくる可能性は決して低くないと思います。ということはドルフィンズの成績が上がってくる可能性は高いということで、期待してみていきたいですね。



 

Dolphins Daily News 4.18

制限付きFAだったSマイケル・トーマスが、ドルフィンズが提示していた1年間180万ドル(約1億9600万円)のオファーにサインし再契約したようです。

Palm Beach Postのウェブサイトによると、トーマスは他の2チームから興味を持たれていて、そのうちの1つからは3年契約のオファーを受けていたようですが、ドルフィンズに残る決断をしたということです。

トーマスはスペシャルチームの中心選手として、またニッケルCBやSの控えとして貴重な活躍をしてくれていますので、今回ドルフィンズに残ってくれたことは嬉しいですね。

トーマスが再契約したことにより、ドルフィンズの制限付きFAで去就が決まっていないのはRBダミアン・ウイリアムスだけとなりました。ウイリアムスについてはニューイングランドペイトリオッツと面談を行ったということですが、その後の情報はありません。ウイリアムスもドルフィンズに残ってくれればいいんですが。


ドルフィンズのオフシーズンプログラムが4月17日(日本時間18日)から始まっています。各選手の参加は自由で、練習内容はコンディショニングが主なメニューとなっていますが、QBライアン・タネヒルやCマイク・パウンシー、WRジャービス・ランドリーなどの主力選手も参加しているようです。

そのランドリーについてですが、一部報道ではオフシーズンプログラム開始までに契約延長を締結するかもしれないと言われていましたが、まだ交渉はまとまっていないようです。しかし、自由参加の練習に参加しているということは契約も間近なのではないかなと思います。少なくともシーズン開始までにはまとまるのではないでしょうか。 


Palm Beach Postのウェブサイトではドルフィンズ史上最悪のドラフトとなったシーズンはいつか、というのを投票により決める企画をやっています。それによると、最後の2つが2006年と1984年となっています。

1984年は1巡目でLBジャッキー・シップを指名していますが、このシップという選手はドラフトの失敗例としてたびたび紹介されています。また、2006年はHCニック・セイバンの2年目のシーズンで、1巡目ではSジェイソン・アレンを指名しており、2巡目の指名権はQBダンテ・カルペッパーを獲得するために譲渡しています。そのカルペッパーがまったく使い物にならなかったことは、当時からのファンの方ならよくご存知だと思います。

いずれにしても、数日後にはどちらが最悪のドラフトだったかという結果が出るものと思います。個人的には1984年当時のことはよくわからないので比較のしようがないのですが、2006年に指名された選手の名前を見ると史上最悪候補だと言われるのも頷けます。



 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ